コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ここ数日ずっとこんな暖かな陽気だったのに。。
e0046190_15391695.jpg

またちょっと寒くなって来ましたね。今日は雨模様です。。

そんな中
盤鬼、平林直哉さんも今日のお昼に東京へ戻っていかれました。
今回はコンサートを二つ聴かれたり、新潟では有名なオーディオ店のフォーミュージックさんにもPRに行ってこられましたし。
とても精力的に活動されていました。
お疲れさまでした。ありがとうございました。次は食の陣に! とか(笑)

今日は音文で合唱祭が行われているんですよね〜ちょっと時間が中途半端になってしまったので行きませんでした。
存じ上げている関係者の皆様ごめんなさいです。

それで一つ、これはまだあまり世に出ていない情報だと思うのですが、公開Okとの承諾も頂いたので書きますね。
地元の皆さんで行うオペラのことです。

2012年3月24日(土曜日) りゅーとぴあ能楽堂 13時開演
「モーツアルト作曲 オペラ コジ・ファン・トゥッテ」
です。

地元新潟の演奏家さんによる解りやすく楽しいオペラ上演で、能楽堂での衣装・演技付き、小編成オーケストラ伴奏による日本語公演とのこと。
チケットは前売り2000円を予定されているそうです。

主催は新潟オペラスタジオさん。新大音楽科卒業生の方々が中心となり、今までもドンジョバンニやモンテヴェルディなどの公演も行われています。
能楽堂での公演は2003年に行った古楽オペラ「ポッペアの戴冠」以来のようですね。

キャストは
フィオルディリージ 鈴木規子さん
ドラベッラ 田辺千枝子さん
デスピーナ 横田聡子さん
フェランド 長川慶さん
グリエルモ 長谷川徹さん
ドンアルフォンゾ 野口雅史さん

合唱

訳詞・演出 桂木農さん
編曲・指揮 坂井悠紀さん

管弦楽は
ヴァイオリン 井口歩さん、白井麻也さん
ヴィオラ 長尾幸さん
チェロ 瀬高伸一郎さん
フルート 福田聡子さん
クラリネット 渡辺菜緒美さん
チェンバロ 笠原恒則さん

という皆さんで行われるそうです。
これは楽しみですね。

やはり今、新潟の音楽状況は地元の演奏者さんがすごく頑張っていることで、以前よりも賑わっていると思います。
もちろん声楽の皆さんもそうですよね。
ただオペラとなると、まだまだ接する機会は少ないし、きても高いし、言葉の問題もあるし。
一般的に楽しまれているという状況まではまだなっていないと思います。
こうした活動を通じてオペラというものの敷居が少しでも低くなればいいですね。

それに歌う側においても、普段歌うことはあっても演技しておこなうという機会は新潟においてはあまり機会がないのではないでしょうか。
そういう体験をしていくことは今後オーディションとかうける場合においてもいいと思います。

新潟オペラスタジオさんのドンジョバンニの公演は私も見に行きました。
お恥ずかしい話なんですが、日本語で聞いて「あーなるほど」と思ったりしたとこもありました。
知ってるつもりでも中々わかんないものです。
原語でやらないと変、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そこはぜひチャレンジの一つと思って聴きにいらしてみませんか。

能楽堂ということもあって、満員になるかもしれませんよ。いや、きっとなるでしょう!
チケットの販売はまだ先で、おそらく12月になるでしょうかとのことでした。
ぜひ発売されましたら御早めに。

今日のCDはでは歌ものから。
こちら
e0046190_15413925.jpg

シラグーザが歌うトスティ歌曲集です。
いーーーーっつも思っていることなんですが、どうしてトスティのCDってあんまり無いんでしょうかね。
歌をやっている方であれば一度は学ばれたり、歌われたりするはずなのに。
男声でも女声でもCDってなかなか出てこないんですよね。
それなのに過去に出たものでも廃盤になったりして。もっとあっていいですよね。
トスティのナンバーはいいですね。聴くと幸せな気持ちになれそうです。

そんな気持ちにしてくれる楽器の一つにマンドリンがあると思いますよ。
あさっての火曜日にはこちらがあります。
e0046190_15443524.jpg

「マカオの夕べコンサート」です。
11月1日(火曜日) 新潟県民会館大ホール 18時半開演
入場無料なんですが、先着順とのこと。どうなんでしょね?入れないってことあり得るかな。
大丈夫ではないかと思うのですが。。。
新潟ドルチェマンドリンアンサンブルさんも出演されます。
ポルトガルギターが聴けるのも良いですね。いかがでしょうか。

前回書きました三味線プレイヤー小林史佳さんのリサイタルのチラシが出来ましたね。
こちらです。
e0046190_15485275.jpg

1月21日(土曜日) りゅーとぴあコンサートホール 13時開演
「心の旅〜未来へ」というタイトルです。
ヴァイオリンの庄司愛さんも参加ですね。小林さん頑張っていますねー。

昨夜のクラシックホワイエはいかがでしたか。
個人的にはパッパーノのマーラー面白かったですね。
ぜひ感想がございましたらコメントお寄せ下さい。
ポートさんの11月タイムテーブル到着です。
e0046190_1552309.jpg

どうぞご自由にお取り下さいね。

暖かくしていきましょう。
e0046190_1553538.jpg

私のいきつけスポット、えんやさんのお汁粉です。
ふ〜〜五臓六腑に染み渡ります〜。。

来週ももっともっとハッピーなことがありますように。
by concerto-2 | 2011-10-30 15:54 | 演奏会のこと | Comments(4)
今日もいい天気です。いや、昨日よりも晴天で暖かいですね。

昨日の夜は行ってきました、だいしホール!!
こちらへ。
e0046190_1721341.jpg

井上静香さんと成嶋志保さんのコンサート「耳で聴く風景」の第4弾。
今回はロシアプロ。ストラヴィンスキー&プロコフィエフでした。

プログラムは
プロコフィエフ:5つのメロディ
プロコフィエフ:ヴァイオリンソナタ第2番

ストラヴィンスキー:イタリア組曲
プロコフィエフ:ヴァイオリンソナタ第1番

アンコールは
ラフマニノフ:ヴォカリーズ

という内容。

いやぁ〜井上静香さんのヴァイオリンには圧倒されますね。
まず音が大きい。そして切れ味も鋭ければ、うねるようにメロディを歌う。
年々すごさを増していく気がします。
一緒に行った平林さんも絶賛されていました。

井上さんの剛な演奏に耳がついついいきがちですが、それを支える成嶋さんのピアノも私は大好きです。
実に懐が深いピアノだと思います。
プロコではピアノの聴かせどころとか強打なとことかもあるのですが、なんというか雰囲気や情景を頭に描ける。
うーん変な例えですけど、そんなピアノだと思いました。

井上さんも成嶋さんもお二人の良い所が存分で出ていたのではないでしょうか。

私の後ろの席の方がおっしゃられてましたが
新潟だけのコンサートではもったいないね。と。
まさに同感。

聴きに行ってよかったです。曲になじみがあるとか無いとか、そんなことを吹き飛ばすスゴイ演奏でした。

会場には枝並千花さんもいらしてて、盤鬼さんは枝並さんのデビューにも関係されてましたので。お知り合いの間柄。
いろいろとお話をされてました。東京に住むお二人がこうしてだいしホールで顔を合わせるなんて、偶然って面白いです。
三味線の小林史佳さんもいらしてましたね。小林さんはオケのコンサートとかにもほとんど聴きにいらしてます。
すごく勉強熱心な方です。
そういえば小林さんのりゅーとぴあでのコンサートのチラシも出てました。
それは次回ご紹介します。庄司愛さんとの共演にもなってましたね。

井上静香さんのこれからですが二つコンサート、本番がチラシがおかれてました。
まずはトリオで。
e0046190_1723965.jpg

11月4日(金曜日) ミューザ川崎市民交流室 19時開演
「アンサンブル エストレリータ ウイーンの巨匠と未来の星たち vol.2」
井上さんのヴァイオリンにチェロはウイーンフィル伝説の名手のアダルベルト・スコチッチさん、ピアノは酒井雅代さんというトリオです。
ソロ、オケのみならず室内楽にも積極的に取り組まれていますね。

そしてもう一つはこちら。
e0046190_173073.jpg

11月12日(土曜日)東京文化会館小ホール 10時半から〜。井上さんの出番は18時予定。
「東京音楽コンクール入賞者ガラコンサート」
これはすごいコンサートですね。10時半から夜まで行われてて、しかも出る皆さんの顔ぶれが凄い。
その中に井上静香さん入っています。第6回の時の弦楽部門第2位だったんですね。しかも大事なのはこの時、影の最高賞と言われる聴衆賞(御客様の投票で選ぶ賞)
これを獲得されたのは凄いです。

もし関東の方とかにいらっしゃる方、ご都合よろしければぜひ井上静香さん聴きにいらしてください。

受付では成嶋志保さんのフランス人の旦那様が頑張って応対されてましたね。すっごく良い方です!微笑ましいですね。
ぜひ成嶋さんのソロリサイタルも楽しみにしましょう。前回のリストはほんとよかったです。

ほんとうにいいコンサートでした。!
りゅーとぴあには負けなかったと思いますよ!

その後は盤鬼様と居酒屋で二人で音楽談義の夜でした。。盤鬼様高いとこにお連れできなくてすんません。。

新潟からはたくさん若手の良いヴァイオリン奏者さんが輩出されています。
こういう井上静香さんのような強いタイプのヴァイオリニストといえば、若手ではなんといっても大野有佳里さんがいらっしゃいます。
今日新しいチラシを見つけて来ました。
e0046190_1752659.jpg

1月8日の長岡リリックでの澤カルテットさんとアンサンブルリリックさんの公演に出られますね。メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を弾くのかな?
大野有佳里さんは現在桐朋の2年生。2004年の県コンで県知事賞、2008年の全日本学生音楽コンクールで中学生の部全国1位に輝いています。
それだけでなく2002年の県コンではピアノで優秀賞も獲得しているんですよね。すごい才能の持ち主。
私も何度か聞いたことがありますが、すごいです。
やがては井上静香さんを追いかける存在になるのではないかと思っています。まだまだ新潟市では知名度がそんなにないかもしれませんが
ぜひ聴く機会がありましたら注目してみてくださいね。

さて明日の日曜日は
新潟市音楽文化移管さんでは新潟市合唱祭があります。
e0046190_175535.jpg

13時半開演 入場無料

長岡リリックさんでは長岡市民合唱団さん
e0046190_1762150.jpg

14時開演

西川多目的ホールさんでは琴とヴァイオリン。
e0046190_1764714.jpg

奥村健一さんと松村牧子さん。14時開演 入場無料。

ぜひ足をお運び下さい。

今朝の県民の新聞を見て、うーんさすがぁ。と思いました。
e0046190_1771594.jpg

文化欄にでかでかと載ってましたね。
新発田で行われる展覧会「新発田モンパルナス展」のことが。
ここで書かれているのが前にOさんと私が書いていた方、小見さん。
新潟県立美術館、新潟近代美術館、万代島美術館の要職を歴任されて、退任された後、現在は新発田市に嘱託として招かれています。
もう新潟の美術界では知らない方がいない位の大物さんです。と書くとご本人から「やめろよぉ〜」なんて言われそうw
クレンペラーとかクライバーとか、とにかく熱く燃えるような演奏が大好きな熱血漢なおじさま。
もう着任早々にこういう大きな企画を動かしていますね。
ぜひ私もこの展覧会は見に行きたいと思っています。11月3日から新発田市生涯学習センターでスタートです。
それにしてもなぜ新発田市、美術館がないのか。。小見さんの力で作ってほしいなぁ〜。

今日は長岡で佐渡裕さんのコンサートが行われてて、先ほど聴かれた御客様から電話でリポートを聴きました。
ポジャノフいいね〜とのこと。

ポジャノフはこれからきっと有名になると思います。
ショパンコンクールの時のライブが出ています。
e0046190_1773796.jpg

なかなかいいですよ!

今回のショパコン、上位入賞者のライブCD全部聴きましたけど
ヴンダー>ゲニューシャス>ポジャノフの順で私はベスト3だと思いました。

新潟の西コミュニティセンターでのアルスノヴァさんのコンサートは当店から1号さんがいかれています。
リポートも載ると思いますよ。

今日は土曜日です!!
ということは夜11時からはFMPORT「クラシックホワイエ」があります!
今夜の内容はHPよりコピペで。


【マイニュー・スペシャル 〜気になる新譜から 】
最近リリースされたCDのなかから、いくつか話題のディスク、私が聴いてよかったな!と思ったディスクをご紹介したいと思います。


【曲目】

ブラームス〜シェーンベルク編曲:
ピアノ四重奏曲第1番 管弦楽版 より 第4楽章
ジプシー風ロンド
ラトル指揮 ベルリン・フィル


モーツァルト:
ピアノ協奏曲第25番ハ長調より 第3楽章 アレグレット
ダヴィッド・フレイ(p)
ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン指揮
フィルハーモニア管弦楽団


マーラー:交響曲第6番「悲劇的」から 第2楽章
スケルツォ
パッパーノ指揮
ローマ・サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団


ベートーヴェン:ディアベリ変奏曲から主題〜第3変奏
岡田博美(p)


アイヴズ:ヴァイオリン・ソナタ第4番
「キャンプの集いの子供の日」
ヒラリー・ハーン(vn) ヴァレンティーナ・リシッツァ(p)

*****
と5枚紹介されるようです。
私個人的には伴奏ですがヴァレンティーナ・リシッツァですね〜。ついに表舞台に上がって来ました。
今までは超入手困難でしたからね。
でも私は仕入れていたんですよ〜。(プチ自慢w)
youtubeではたっくさんの演奏が見れるリシッツァですが、はたしてメジャーでどうか!
興味あります。

ぜひ夜11時はクラシックホワイエ! よろしくお願いします。

テレビは妖怪人間が意外におもしろい。というより杏ちゃんのベラがいい!! 他はどうでもいいけど。

暖かくしていきましょう。
e0046190_178966.jpg

古町の大衆総合中華料理店では1番だと思っている「麺亭」さんの五目焼きそばです。
なかなか美味しいです。
でも焼きそばといえば、昔新潟駅前にあった東屋さんの焼きそばが好きでした。。
麺亭さんのも美味しいですよ。

明日もいい天気でありますように!
そして頑張っている人に幸運をがありますように!

あと晩鬼平林直哉さんは明日の午前中にまた来店されます。お会いしたいという方はぜひお越し下さい。




 
by concerto-2 | 2011-10-29 17:08 | 演奏会のこと | Comments(0)

今夜はプロコ!!

盤鬼様が来られるので夕方以降ブログを書いてる時間が無いのでささっと早めに。

今夜はなんかコンサートあるかな〜という方!
ぜひだいしホールいかがですか!
佐渡裕? も〜たっけー席しかありませんぜ〜御客様。
その何分の一の金額(3000円)で感動の熱演いかがでしょ。
こちら! よろしくお願いします。
e0046190_1352688.jpg

ストラヴィンスキーもありますが、プロコフィエフが3曲! これはなかなか珍しい。
私も直前のここ数日、CD聴き直しました。
特にソナタの1番。2番はよく聴きますけど1番はほとんど頭に残ってませんでした。
持っているこちらで予習。
e0046190_146348.jpg

ふむふむ2番に比べて長くて地味目な感じだけど、なかなか良いではないか、聞き込むと。
それにプロコの曲ってどれもピアノがカッコいいんですよね。
今晩楽しみです。
まだチケットあります!!! 皆さんいかがでしょうかー!

井上静香さんも頑張っていますが、ほぼ同年代のヴァイオリン、庄司愛さんも頑張っていますよ。
今日こんなチラシが出ていたのを発見しました。
e0046190_1484153.jpg

11月27日に庄司愛さんが三味線の小林史佳さんとのデュオでコンサートをするとのこと。
かってギターの井浦さんとやったことが庄司さんはありましたが、三味線だとギターより音が強いですからどんな感じになるんでしょうか。
このコンサートはホテル金寿さんでのコンサートなので、そうそう行きましょう! とは言えませんが、ぜひまたどこかのホールでやっていただけることを希望します。

それに近くにはこれもありますしね。
e0046190_14111554.jpg

明日です!! 西コミュニティセンターです。入場無料でもありますし、ぜひ皆様聴きに行きましょう。

そしてなんといってもこれもありますしね。
e0046190_1416335.jpg

庄司さんがヴァイオリンをつとめるトリオ・ベルガルモ。
11月23日が新潟公演、11月26日が長岡公演です。特に長岡公演では当日での販売はできないかもしれませんので、ぜひ前売り券をお求め下さい。よろしくお願いします。

ぜひ庄司愛さんにもご声援を!

昨日の県民の新聞さんに大きく掲載されていましたね。
e0046190_14184445.jpg

新潟交響楽団さんです。
社会人のアマオケでは日本で2番目に長い歴史を持つそうです。
今回の秋の公演も力入っているようですよ。
e0046190_14195368.jpg

また第九もありますしね。
第九公演はいつも早くチケットが完売になりますから御早めに。
当店では第九は扱っていませんが、定期公演の方は扱っています。自由席だけになりましたがいかがでしょうか。

田文さんの新商品です。
e0046190_14212344.jpg

社長さんから新製品だから食ってみてよ! と。
ふむふむ。。。って私は試食係か(笑)
まぁ普通に美味しいですよ。

ぜひ当店にお立ち寄りの際にはお向かいの田文さんもよろしくお願いします。
田文さんの名品と言えば日本酒ケーキ。これはすごいですよ。
私も小さく切ったのをいただいたことありますが美味しいです!
しかし香りがぷーんと漂います。これは子どもさんがいる所では食べない方が良いですね。
新潟県知事も一押しのこの日本酒ケーキ。
ぜひ大人だけの集まりでいかがでしょうか。

さてさてもうすぐ盤鬼様が新潟にお着きです。
今夜中に帰れるのでしょうか私。。w

この週末、頑張った人に幸運がありますように。

では井上さんと成嶋さんのプロコ楽しみにしています! 皆様もぜひ!
by concerto-2 | 2011-10-28 14:37 | 演奏会のこと | Comments(2)

この週末は。

いよいよ10月も最終の週末です。
あぁなんて月日の経つのは早いことよ。。

では今週の週末は。

このコンサートがあります。。。の前に。
いまや日本を代表するクラシック評論家となった盤鬼こと平林直哉さんがまた来られます!
金曜の午後から日曜日の午前までいらっしゃるんですが、他の用事などもあって
当店には、うーん金曜日の夕方と日曜日の午前中はいらっしゃるかな。
ぜひお会いしたい!という場合はお越し下さい。
日曜日の午前中の方が確実かもしれません。

で、金曜日の夜は盤鬼さまと一緒にこちらに行って参ります!!
e0046190_18514355.jpg

だいしホールでの井上静香さんと成嶋志保さんによる「耳で聴く風景」第4弾です!
今回はプロコフィエフプログラム。ということはピアノもカッコいいんですよね〜。
ぜひお二人の熱い演奏。いつもこのお二人の演奏はアンコールも含めると9時半頃までやる大熱演なコンサートです。今回も楽しみにしましょう! まだチケットあります。いかがでしょうか!お勧めです。
私と一緒にいるおじさまを見かけたら、あれが盤鬼さまか!と思ってください。

りゅーとぴあではこちらがあります。
e0046190_18543664.jpg

佐渡裕さん&ベルリンドイツ交響楽団&ポジャノフのコンサート!
これもだいしホールが無ければ行きたかったとこです。
ポジャノフが聴きたかったですね。昨年のショパンコンクールでも4位だったかな。エリザベートでは2位。
CDも当店にもあります。私も聴きました。なかなかいいですよ!
それにこの人、師匠がドミトリー・バシキーロフなんですってね。モスクワ音楽院を代表するすごい大物の先生です。やっぱこの前のショパンコンクールって実力者ぞろいだったということですね。
皆様ベルリンフィルではありませんので(笑)

そして西区ではこちらが始まります。奇蹟の二日間!
e0046190_185947.jpg

ジュリアードSQです。28日が新大で19時開演。29日は黒埼市民会館ホールで14時開演。
世界のジュリアード、ぜひお楽しみに。

新潟市東区では仙台フィルのメンバーさんによる室内楽演奏会があります。
e0046190_1905124.jpg

東区の聖徳保育園2階ホールで19時15分開演。
先日の演奏会で大好評だったトランペットの戸田さんの妙技が間近で聞けますよ。お楽しみに。

土曜日の29日は
先ほどのジュリアードSQが黒埼でありますね。
そしてやはり西区のコミュニティセンターではこちらがあります。
e0046190_1924860.jpg

15時半開演で入場無料。
新潟アルスノヴァの豪華な皆さんによる楽しい演奏会がおこなわれます。
入場無料ということもあり、ぜひご家族でとかいかがでしょうか。

あとは、だいしホールで13時開演の新潟ハーモニカ同好会さんのコンサートがありますね。
こちらも入場無料。

そして日曜日の30日はこちらが注目。
e0046190_1952648.jpg

新潟音楽文化会館で13時半開演
「第45回新潟市合唱祭」
入場無料です。
新潟市、や近郊の合唱団さん13団体が集まっての演奏会です。
一度にたくさんの団体を聴けるいい機会です。この時でないとなかなか聴く事が出来ない団体さんもありますからね。
個人的に注目は「Ewig Chor Niigata 男声合唱団」さん、すごく力強く、統制の取れた素晴らしい男声合唱が聴けると思いますよ。そしていつも楽しい舞台で客席を沸かせてくれる「新潟オペラ合唱団」さん。すみよさん頑張る!です。
他にも素晴らしい団体さんが出られます。ぜひ合唱好きならずとも聴きにいらしてください。

西川多目的ホールではこちらをよろしくお願いします。
e0046190_19105772.jpg

琴の奥村健一さんとヴァイオリン松村牧子さんとのデュオコンサートです。
14時開演で入場無料です。
こちらもお気軽にどうぞいらしてください。

長岡ではなかなかマニアックなコンサートが!
e0046190_19134559.jpg

長岡リリックホール で14時開演
長岡市民合唱団さんの第26回定期演奏会です。
演目がレーガーのカンタータにモーツアルトのアイネクライネはさんで、メインが佐藤眞作曲 尾崎左永子作詞の混声合唱のための組曲「蔵王」
なかなか聴けないプログラムです。
これは長岡の方うらやましいですね。
音楽監督の船橋さんとレクチャーもあるようです。

あとは、、29日の土曜日のスタジオAでは14時から経麻朗さんの新潟ドリームスクールオブジャズさんの生徒さんの発表会があります。入場無料です。

そういうものがあります。
当店一押しは明日の井上静香さんと成嶋志保さんのプロコ!!
ぜひぜひいかがですか! チケット販売しております。

今日のCDは
いや〜これすごいです。再度ご紹介。
e0046190_19201996.jpg

ラウラ・ライトの「ザ・ラスト・ローズ」
今日オーダーしてた分が入って来たんですが、かけてたらまた残り1枚になりました。
今日明日のポジャノフが弾くモーツアルトの23番協奏曲を買いにこられた御客様が、いや〜モーツアルトよりこっち買っていくよ。美しいね〜。
とおっしゃられてました。
うん、美しい。これがこのCDのポイントですね。見かけがどうの言うのでなく。
音楽が美しいです。
またオーダーしなくては。。

新潟では有名なチョコ。
e0046190_19233836.jpg

マツヤさんのロシアチョコレートです。
い、いけない。。。みんな食ってもた。。しかも一気に。
い、いけないリバウンドが。。。

明日はぜひだいしホールへ!!
盤鬼さんのお顔見にきてください。
実はその前にビール飲んでいくかと言う話もあったりして。。
二人で船漕いでたら優しい目で見てやってください。w

井上静香さんと成嶋志保さんの灼熱のプロコフィエフ!!
ぜひお楽しみに。
by concerto-2 | 2011-10-27 19:27 | 演奏会のこと | Comments(2)

新しめのチラシご紹介!

今日は天気がよくなりましたね。
とはいってもそんなにもう暑くはなりません。秋ですね。。。
実家に住んでた子どもの頃は今の時期は稲刈りの手伝いにかり出されたり
飽きるほど巨峰とか食べてました。巨峰なんても〜いらね〜。。。
なんて今思うと凄い贅沢だったと思います。
収穫の秋を肌で感じていました。街に住んでいるとそういう季節感って感じなくなりますね。
いつの間にか秋がきて、いつのまにか冬になる。。。
野菜や果物のとれる時期もわからなくなる。。

大人になってわかりました。いかに巨峰が高いものなのかを。。

さて今週末もいろいろとありますが、それは次にまわして最近いろいろと出ました新しいもの関係のお知らせを今回はします。

まずはチケット新規取扱のものを4つ。

11月3日。もうすぐです。
e0046190_11303477.jpg

11月3日(木曜日祝日) 新潟県民会館大ホール 14時半開演
「第30回 県立新潟商業高等学校吹奏楽部 定期演奏会」
チケットは前売り800円 当日1000円です。
新潟商業さんの吹奏楽部さんといえば老舗ですよね。きっと楽しい演奏会になることでしょう。
いかがでしょうか。

11月27日。おなじみオル研さんです。
e0046190_11383384.jpg

11月27日(日曜日) 新潟駅近くのカトリック花園教会 14時開演
「新潟オルガン研究会第54回例会  足鍵盤の秘密」
チケット 1000円 当日 1200円
毎度おなじみ新潟オルガン研究会さんのコンサートですね。
いつもテーマを設定したコンサートになっていますが、今回は足鍵盤!
気になりますね。ぜひいかがでしょうか。

12月21日。クリスマスコンサート。
e0046190_11443811.jpg

12月21日(水曜日 りゅーとぴあスタジオA 14時開演
「クリスマスコンサート2011 〜贅沢な響きで贈る、特別な聖夜〜」
チケット 2000円 当日 2500円
出演はソプラノ 柳本幸子さん オルガン 古川由起子さん 
二部構成になっていまして、裏面に第二部の内容があります。
e0046190_11581496.jpg

ここではピアノの佐藤眞理子さんとniigata歌声ひろば「野ばら」の皆さんが加わるようですね。
いかがでしょうか。

チェンバロの笠原さん大活躍です。笠原さんについての宣伝が別にあるのでそれは後半に書きます。

12月3日。たくさんの方が出られるようです。
e0046190_1213221.jpg

12月3日(土曜日) だいしホール 14時半開演
〜「このゆびとまれproject」と仲間たちによる 幸せとどける音楽会〜
「たとえ明日 世界が終わろうとも 今日 ぼくたちはりんごの木を植えよう」
チケット 1500円 当日 2000円
出演は飯野健広さん(ギター)、栄長敬子さん(ピアノ)、岡萌香さん(語り)、クロエさん(人形パフォーマンス)、佐藤杏香さん(語り)、佐野剛さん(ヴォーカル)、丹羽宏子さん(ピアノ)、樋口健太郎さん(サックス)、マジシャン・トモ(マジック)、山際規子さん(ピアノ)、松浜どんぐり合唱団with friendsさん、吉田薫さん(ヴォーカル)、平島郁子さん(ステージマネージャー)。さとうあいこさん(主宰、ヴォーカル)
という皆さんが出演になられるコンサートです。
個人的に注目は中学1年生のギター飯野さんですね。もう中学1年生になったんだ〜と思ってます。知る人ぞ知る新潟ギター界の村治佳織こと飯野なみさんの弟さんですね。
いかがでしょうか。

とこの4つがチケット取扱スタートです。
よろしくお願いします。
その他

タイフーン野口氏のコンサートは11月27日。
e0046190_12151733.jpg

11月27日(日曜日) 砂丘館 14時半開演
「薔薇のコンサート 2011 in 砂丘館」
入場料 2000円
出演は バリトンの野口雅史さん ピアノの栄長敬子さん
先日の洋楽の夕べでも粋な歌声を聴かせてくれた野口さん。
今度は盟友栄長さんと組んでのコンサート。これぞタイフーン!!といった感じの歌声を聴かせてくれることでしょう。
そもそも野口さんはバロックものよりこの砂丘館で歌うようなものがメインレパートリー。
ぜひ期待していいですよ。個人的には野口さんのもう一つの顔。ロックオペラものみたいなのも新潟で披露してもいいのではと思うんですけどね。
どっかでやる機会があるといいですね。
けっこう若手のクラシックやってる人でも実はロックバンドでドラムとかベースやってただとか、実はヤマハのポプコン受けたヴォーカルさんだとかいらっしゃるんですよ。そういう皆さんが集まるのも面白いかもしれませんね。
野口さんももおう新潟に腰を落ち着けて活動できるようになったので、これからいろいろなところで活動されると思います。ぜひご支援お願いします。とてもナイスガイですよ!

12月27日。これは一回は参加してみると面白いんですよね。
e0046190_1225864.jpg

12月27日 りゅーとぴあさん 13時半からと17時からの2回。
「りゅーとぴあバックステージツアー」
参加料 500円。
りゅーとぴあという大きな施設。この裏側を見せようというツアーです。
コンサートホールの裏側、能楽堂の後ろってどうなっているの? 劇場の楽屋は豪華だと聞いたけどどんなのだろ?とかそういう興味津々なところを見て回れます。
あとあのホールや劇場のステージにも立ちますので。客席ってこういう風に見えるんだーというのも一般の人には感激かも。
私も一度参加した事があって、とても面白かったです。
人気のツアーなのでお早めにご予約を。

新年14日から山本真希さん降臨!
e0046190_12451625.jpg

2013年1月14日 りゅーとぴあコンサートホール 11時半開演
「ニューイヤー・オルガンコンサート」
中学生以上入場料500円 小学生以下は無料!
いつものように大スクリーンを使ってオルガンの演奏の様子なども大映しで見れますよ。
プログラム的にもとても楽しく、ぜひ家族皆さんで見にきていただきたいコンサートです。
ちなみにこの日にはオルガン探検ツアーも企画されています。参加ご希望の方はお早めにお申し込みを。
そして11日には「思いっきりオルガン演奏体験」もありますよ。
詳しくはチラシをご覧下さい。

以上コンサート関係のお知らせをしました。

次に新潟で大活躍されているチェンバリスト笠原恒則さんに関してのお知らせです。
これからも本番予定が続々とある笠原さん。
そのあたりをまとめた笠原さんのHPが完成。。。うーん実はまだこれから手を加えられるのですが、とりあえず公開していいとのことですのでお知らせします。
タイトルが面白いんですよ。
「参ります」
ぜひこちらもご覧下さい。そしてぜひ笠原さんを応援してくださいね。よろしくお願いします。

今日のCDは新譜です。人気ありますよね〜池田さん。
e0046190_12504090.jpg

「アルビノーニ&マルチェッロ オーボエ協奏曲」
NHK交響楽団のオーボエ奏者、池田昭子さんの新譜です。
二つの協奏曲の他にもバッハのソナタBWV1030やCPEバッハのソナタも入っています。
いかがでしょうか。

段々寒くなってくると暖かなものがほしくなります。。
そんな時は当店近くのおなじみ
e0046190_12531963.jpg

青島ラーメン!
特に当店近くの東堀店の味は他のお店と少々違います。
パンチがあるんですよね。
ただこれを味が強すぎると思われるかもしれません。それは好きずきになると思います。
できれば両方、例えば東堀店と西堀店とか食べ比べてみるのもいいと思いますよ。

次はこの週末に関してのことを書きます!!
この週末ちょっと御客様がいらっしゃるんですよね〜。。
by concerto-2 | 2011-10-27 13:01 | 演奏会のこと | Comments(5)
次は新着のお知らせを書きます!
と前回ので書きましたが。
そういえばもう直前にせまっているコンサートがあるんです!
そちらの宣伝が先!
それはこちらです。
e0046190_14525884.jpg

10月28日、ですからあさっての金曜日。
だいしホールで夜7時から行われるのが
ヴァイオリン井上静香さんとピアノ成嶋志保さんのデュココンサートシリーズ
「耳で聴く風景」の第4回目の公演があります。
なんかよそではおおきなオーケストラの公演もあるようですけど。。それはさておいてです。
ぜひいかがでしょうか!

今回はプロコフィエフを中心に据えたコンサートです。
なかなか新潟では聞けないプログラムだと思います。
井上静香さんのダイナミックなヴァイオリンでのプロコって魅力的だと思いませんか!

そしてしっかり支えている成嶋さんのピアノがまた良いですよね。

そして今までこれは載せてませんでしたが、成嶋志保さんからもメッセージが届いていました!
こちらです。
***************

皆さま

 その後、いかがお過ごしでしょうか
来る10月28日に、ヴァイオリニストの井上静香さんと、
シリーズ第4弾になります「耳で聴く風景」コンサートを行います。

 今までは、フランス音楽を中心にプログラムを組んでまいりましたが、
今回は、オールロシアプログラムです。
まだ大震災の爪痕が痛々しく、コンサート活動を行うには適していないのかも
しれないと考えた時期もありました。
しかし、音楽を通じて、メッセージを発信すること意外に、音楽家に出来ることは
ないという結論にたどり着きました。やはり、演奏するしかありません。

 ロシア音楽は、時に暗く、メランコリックでどこか重たく、引きずるような部分と、
甘美なメロディーと、一度聴いたら忘れられないような強烈なリズムが入り混じり
独特な世界を持っています。第2次世界大戦前後に書かれたプロコフィエフの作品には、
どこか人間そのものを冷たく批判しているような印象さえも受けます。
今、日本が大変な時期だからこそ、選んだプログラムです。
今回の作品を通じて、絵画で例えましたら、リアリティのある、原色に近い音、そして
ロシアの幻想的な景色を表現したいと思います。

お忙しい時期とは思いますが、是非足を運んで頂きたく、ご案内申し上げます。

それでは会場でお目にかかれますことを楽しみにしております。

2011年 10月7日 ヌメアにて
成嶋志保

**************

という現在幸せいっぱいの成嶋志保さんからもこうしてPRが届いていました。
チケットは当店でも扱っております!
りゅーとぴあコンサートホールに負けない演奏ですよ。ぜひいかがでしょうか。

そして緊急でのお知らせです。
こちらのコンサート急遽開催決定です。チケットも扱いスタートです。
e0046190_15142529.jpg

11月5日(土曜日) 新潟駅近くの花園カトリック教会 14時開演
「テレマンって誰でしょう!? 〜その隠された真実と魅力 どこに彼の本当の姿はあるのか?〜」
チケット 3000円
演奏は
ヴァイオリン 赤津眞言さん
リコーダー ピーター・ファン・ヘイゲンさん
ヴィオラダガンバ 武澤秀平さん
チェンバロ 岡田龍之介さん

という豪華な顔ぶれの皆さんでの演奏です。いかがでしょうか。

おっと、たった今これも急ぎのチラシが届きました。
こちらです。
e0046190_152171.jpg

明日です! 7のつく日に行われている、にしかわサロンコンサート。
今回はちーまま様、バグパイプ神田さんに加えてヴァイオリンの加藤さんが加わってのトリオとのこと。
弦楽器が入るとまたゴージャスな感じになるでしょうね。
ぜひよろしくお願いします。

以上2つお急ぎ告知でした。

久々にCD紹介を。
今日入って来ました!
e0046190_15262267.jpg

カラヤンのベートーヴェンBOXです。13枚組。
交響曲全曲、序曲、ピアノ協奏曲全曲、ヴァイオリン協奏曲、ミサソレニムスなどが入ってこういう価格ですからね。なんかそれぞれが出た時の価格を知っていると少し嘆かわしい気もしたりして。
でも新しいファンに方には嬉しいですよね!
このBOXの売りの一つがピアノ協奏曲! 2〜5番のソリストがワイセンベルクなんですね。
そこだけEMIから音源をDGが借りて来たんですね。これは珍しい。
それだけ音源のやりとりビジネスが盛んになってきたということなのでしょう。
まーカラヤンのベートーヴェンといえば一時代を築いたもので、水戸黄門の印籠みたいなものです。
これが目に入らぬかー。みたいな。
ただ何度も書いていますが、カラヤンが生きている時にカラヤンのベートーヴェン最高! とは声を上げにくかった状況でしたよね。このへん若い世代の方には「矛盾してるじゃん」と言われそうなんですが、いろいろと複雑なものがありましたよ。
それだけ帝王カラヤンの存在というのはモンスターのごとくでかかったということです。
私自身ここに入っている交響曲の80年代のものはまともに聞いたことがないかもしれません。
今一度カラヤンのベートーヴェンというものに向き直るきっかけにもなるんではないかな。そんな感じもするボックスですね。

カラヤンといえば。
これまだ発売になっていません。11月には出ます!
盤鬼平林直哉氏のグランドスラム、次なる新譜がカラヤンなんです!
e0046190_160310.jpg

ウイーンフィルを振ってのモーツアルトの40番とブラームスの1番!!
これ元のロンドンの盤も私持ってますけど、すごいリアルな迫力でグランドスラム盤は迫って来ます!
これはいいですよ! 発売はもうちょっとお待ち下さいね。

ついでと言っては何ですが
晩鬼平林さんが所属のオケ、稲城フィルさん。暮公演のデータを平林さんからいただきましたので宣伝!!
e0046190_1634015.jpg

ぜひ行ける方は第1ヴァイオリンで頑張る平林さんに声援を送ってください。

当店ご近所のいしいパン屋さんピュアドゥさんといえばクリームパンやチョコパンが有名。
私もこちらのチョコパンは絶品だと思っています。
しかし調理パン関係もおいしいのです。
こちらは卵サラダパン。
e0046190_16192118.jpg

ちょっと中身をお見せするため一口かじっておりますがw
この卵サラダがまた優しい味なんですね。
なかなかやりますピュアドゥさん!! お勧めです。

では次は新た私意もの紹介としたいと思います!

井上静香さんと成嶋志保さんのコンサートよろしくお願いします!!
by concerto-2 | 2011-10-26 16:21 | 演奏会のこと | Comments(1)
昨日東京の知り合いから電話があって
「暑い!! こっちは半袖また出してるよ。」とのこと。
日本広し! なんせこっちは「涼しい!」てか、さぶいですよね。
秋も深まって来ました。。

そんな中、おとといの休日は北の方に行って来ました。
朝早くから鈍行電車に乗って、役1時間半。

そして到着!
e0046190_13233323.jpg

村上市です。

村上は久しぶり。同じ村上でも瀬波の方は8年前くらいに泊まりにいきました。
でも村上の街中の方は通り過ぎることはあっても、中まで入るのは20年振りくらいでしょうか。
新潟から村上だとすごく遠い感じがしますが、実家の方からでは村上はけっこう近いんですね。
だから20代はじめの頃まではよく行ったものです。

ただ、その頃行った村上の街中のイメージは、なんかなんにもないし、なんか暗いイメージでさほど何度も行きたいと思える場所ではありませんでした。
しかし今村上っていろんなものに取り上げられていますよね。
なんかかってとは全然違う街になったということは知っていました。
いつか行ってみたいと思っていたんです。

今回、村上に通じている村上近郊の方にご案内いただいたんです。
街中に行って車を停めて歩きました。

いやぁーびっくりしましたね。
私の頭にある村上とはかなり違っている街でした。

お店がいくつもクラシックな作りの構えになっててたり、見事な黒塀があったり
e0046190_1324313.jpg

これはすごいです。

そして案内をしてくださった方からいくつもお店を案内してもらいました。
中にはグランドピアノがあって、コンサートもよくやられているというすごく雰囲気のいいカフェもあったりして。
井筒屋さんというところでしたが、ここでソプラノの伊藤舞さんとピアノの二宮麻里子のお二人もコンサートをされたこともあるそうです。
とてもうらやましくなるようないいお店でした。
そしてそういう佇まいのお店はみんな中の方まで見せてくれるんですね。そこがまたいい。
カフェだけでなく和菓子屋さんとかも。町家というものをうまく活用していると言うことです。
どうしてこんなに素敵な町づくりになったのだろう。

その答えはこちらのお店にあったんですね。
e0046190_1324288.jpg

e0046190_13244458.jpg

e0046190_1325014.jpg

味生「吉っ川」さんという鮭を中心にしたお店ですね。酒も扱われています。本当はお店の名前の「吉」は古い文字なんですが、すいません変換の関係上「吉」を使います。
お店の中に入ると鮭がずらっと吊られています。
e0046190_13252086.jpg

これって懐かしい風景です。私の実家でも毎年冬はこうして何匹も吊っていました。

この今のご主人の方、そして奥様がリーダーとなって街中の改革を進めてこられた。
この奥様、マスコミ、新聞、雑誌、ラジオやテレビ、いたる所でお名前を聞く方です。最近でも私ラジオでお聞きしました。
全国的に有名な方なんです。
本も何冊もだされていらっしゃいます。
e0046190_13254183.jpg

お名前が吉川美貴さん。

今回案内をしてくださった方が吉川さんご本人とも面識があったということで、私もご挨拶することができました。
そして、ご挨拶の後、いろいろなお話をお聞きしました。
街づくりのことのみならず人生にはいろいろなタイミングがあって〜とかいうご自身のお話まで。
強調されたのは
この町づくりをしたのは誰がということでなく、みんなでやったからできたんですよ。
とのこと。
でもお話ししてわかるのは、とにかくすごい人です。
年齢は私より3歳ほどお若いんですよね。しかしそのバイタリティやスキルは圧倒的なものをお持ちの方ですね。
ついでにいえばとても私と3つしか違うようには見えません。肌なんかピッカピカだし、とてもきれいな若女将さんという感じの方。
いや〜世の中にはすごい人がいるもんだな〜と感じて来ました。

ちなみに吉川美貴さんの簡単なプロフィールはこちら
きっかわ みき
1966年生まれ。大阪教育大学教育学部卒業後、(株)神戸製鋼所人事部勤務を経て、結婚により、新潟県の城下町村上市へ。1998年から、本業の会社役員の傍ら、全国330カ所以上を視察して回りながら、観光カリスマ(国土交通省認定)である夫の吉川真嗣と共に、町おこし活動を始める(それらの活動は内閣総理大臣賞(あしたのまち・くらしづくり活動賞)、ティファニー財団賞他多数受賞)。2003年、町おこしのドキュメント著作により、BSN開局50周年記念ドキュメント賞正賞受賞。同年、村上市褒章受章

そして御夫妻の町おこしに関してはここに詳しく載っていました。
「地域づくり 記憶に残る街忘れ得ぬ人々」
これからもお店をクラシカルな外観に変える「町屋外観再生プロジェクト」というのと、黒塀を増やそうと言う「黒塀プロジェクト」の二つが進行中です。
これからもっともっとそういうイメージチェンジされたお店や黒塀が増えていくと、もっともっと魅力的な町になっていくことでしょう。

見に行ってよかったです。
そして人の力ってすごいものだと思いました。

町中を見た後は、なんかあるかな〜。。。そうだ城跡があるから城跡へGO!

いやぁ〜新発田城のような平城とは違って山城なんですね。
けっこう疲れる。。そんなたいした登り距離ではないんですけど。
海の方をながめると
e0046190_13284149.jpg

瀬波の方ですね。

一汗かいた後は瀬波温泉に!

という元気はなく

今や新潟市中央区ではなかなか見なくなった
e0046190_1329340.jpg

「どさん娘」ラーメンを食べてお昼ちょっと過ぎには村上を後にしました。

ちなみにけっこう「どさん娘」のラーメンって好きだったんですよね。
実家から新潟まで電車で通っている時には、帰りには佐々木駅近くにある「どさん娘」ラーメンをほぼ毎日のように食べていました。
味はその頃の方が美味しかったかな。
今でも時々こういう札幌ラーメンを食べたくなります。ふるさと村脇のとこがなくなったのは残念。

村上と言えば城跡の近くにある「おしゃぎり会館」というところで年明けだったかな。渋谷陽子さんがマイタウンコンサートをやられるはずですよね。
さっきも伊藤舞さんと二宮麻里子さんのコンサートがあったと書きましたが、やはりいろいろなコンサートが行われているんだと思います。
それこそ新潟まであまり伝わってこないだけで。
そういう情報も分かると良いですね。
例えば昼間のコンサートなんかであれば、コンサートだけでなく町中観光もその前後にできると思いますし、充分新潟辺りからでもいく価値があると思います。
知らないだけでいろいろなところでいろいろな人が頑張っているんだな〜と思いました。

NEW村上!! これはとてもお勧めでした!

次回はいろいろたまった新着情報などを書きます。

PS。ガイドをしてくれたM様ありがとうございました。私の暗い話なんかにもつきあわせたりしてすいませんでした。ありがとうございました。
by concerto-2 | 2011-10-26 13:32 | 街ネタ | Comments(0)
今朝店に来たらまたまたいろいろな新しいチラシが届いていました。いくつも!
そしてメールでの情報もこれまたいくつも。
よく「書くネタがありますね〜」とおっしゃっていただくことが多いのですが。
それは逆なんですよ。ネタの方がたくさんあって消化しきれていないんですよ〜。
漏れなきようご紹介しなければ!!

まずおとといの日曜日の夕方から
こちらに行ってきました。
e0046190_9515863.jpg

「洋楽の夕べ ジョイントリサイタル」

これは毎年行われている新潟洋楽協会さんが中心になって行われるコンサートですね。
かっては
「古くさい」とか「地味だ」とか言われて来ました。
私も正直ちょっとそう思ったこともあるかも。。。
しかし数年前に栄長敬子さんが企画面でいろいろとやれるようになってきてからだいぶ変わって来たと思います。
その数年前の時、栄長さんと言ってたんですよね。
「えーちゃん、うるさい◯◯◯たちを黙らせようぜ!」
ちょっと書くのは気が引けたんで◯でごまかしますけど(笑)
今回のコンサートもとてもききごたえのある、会員の皆様の努力が実っていると思わせてくれるコンサートだったと思います。

プログラムは
渡辺直子さん(パイプオルガン)
バッハ:プレリュードとフーガBWV543

渡邊倫子さん(ソプラノ)、渡辺直子さん(パイプオルガン)
ヴィヴァルディ:グローリアより「神なる主、天の王」
フランク:天使の糧
ヘンデル:私を泣かせてください

野口雅史さん(バリトン)、渡辺直子さん(パイプオルガン)
バッハ:至高の善なる者に賛美と栄光あれBWV117よりアリア慰めも救いもないとき
ヘンデル:メサイアよりラッパが鳴ると死者は復活して

渡辺直子さん(パイプオルガン)
エーレルト:甘美な喜びのうちに

アンサンブルカプリチオ
石井玲子さん、斉藤美和子さん (ピアノ)
大越玲子さん、本間美恵子さん(パーカッション)
バルトーク:2台のピアノと打楽器のためのソナタより第1楽章
アルチュニアン&ババジャニアン:2台のピアノと打楽器のための「祭」

休憩

藤田豊さん(テューバ)、栄長敬子さん(ピアノ)
R.ヴォーン・ウイリアムス:バステューバと管弦楽のための協奏曲

青池晴美さん(ピアノ)
ヘンデル:シャコンヌと変奏
ショパン:バラード第1番

市橋靖子さん(ピッコロ)、青柳佐和子さん(ピアノ)
ヒナステラ:アルゼンチン舞曲集作品2(ピアノソロ)
マイク・マウワー:ピッコロソナタ

大石綾子さん(ソプラノ)、斉木佳奈さん(ピアノ)
モーツアルト:モテット「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」K165


という3時間に渡る豪華なコンサートでした。

そうそう、忘れては行けませんね、全編を通じての総合司会は西谷純代さんでした。
すみよさんもお疲れさまー。(落ち着いたいい紹介と進行でしたよー)

前半はパイプオルガンの渡辺直子さん大活躍。全曲演奏されてましたからね。
渡辺さんは華もあるし、もっともっと注目されても良い方だと思います。
よく当店にもお越しになられますが、いつも思うのは山本真希さんにそっくりでいらっしゃるな〜と思います。
姉妹のようですよ。
何度も渡辺さんにお会いしたことがある私でも、山本さんが来られたかな?と間違いそうになります。
ソプラノの渡邊さん、バリトンの野口さんもオルガン前のところから素敵な歌声を届けてくれてました。
私注目の野口さん。親愛の情を込めてタイフーンの愚痴!なんて普段言ってる私ですが
最初のバッハはちょっとあら?って感じがして心配しました。
でもヘンデルでは一気に取り戻しましたね。リラックスできたんだと思います。
さすがはタイフーン野口! 嵐を呼ぶ男です(笑)

そして前半最後はバルトークの指定したポジションに2台のピアノと打楽器の各楽器がおかれての2台ピアノ&2人の打楽器による演奏。
バルトークはこの4人の皆さんの演奏で音文で聞きました。でもやはりりゅーとぴあで、そして上から見て聴いたら迫力が更に増して聞こえました。
本間さんや大越さんのようなパーカッション奏者がこうしていらっしゃるのは、ほんとうに素晴らしいことだと思います。

休憩時間に新大4年生音楽科のテューバの方からお声をかけていただきました。
ありがとうございます。
お聴きしたら「藤田さんの演奏はじめて聴くんです! 楽しみです!」とのこと。

後半のトップはそのテューバ藤田豊さん登場!!
新潟でテューバを広めるべく日夜頑張っている藤田さん。
なかなかこちらでは聴ける曲ではないので御客様も熱心に耳を傾けられていたようです。
そして
御客様が目をかたむけられてた?のが栄長さんではないかと。
赤のドレスよかったですね〜。って音楽のリポートではないかもしれませんが(笑)
でも生のコンサートって「魅せる!!」ということだって大事な要素だと思いますよね。
ピアノもよかったことはいうまでもないでしょう。

次は、おそらく今回一番驚かれた方が多いのではないかと思うのが、この青池晴美さんです。
というのは、あまり青池さんの演奏って聴かれた事がある方少ないのではないでしょうか。
毎年だいしで一門の方とやられてはいますが、どうですかね。
この方のピアノの冴えは素晴らしいです。凄いと言っても良い位です。
ショパンのバラードはいかにも青池さんらしいひんやりしているけど中熱い!みたいな演奏で素晴らしかったです。

そして市橋さんと青柳さん。
このお二人が良いな〜と思うのは、こうした大きな舞台でも少し、いやかなりw
マイナーな作品で攻めて来る所です。
マウワーのピッコロソナタなんか、いかにも市橋さんらしいなと思いました。
市橋さんと言えば学校とかホームコンサートみたいなところの市橋さんの顔もありますが、こうした近現代の作品も常に視野に入れて準備、練習されているんですね。
さすがはプロの仕事だと思います。

最後はやはり声楽が明るく終われていいですよね。
そしてモーツアルト。
きれいなモーツアルトでした。

日曜日の夕方から。
そして天候もあまりよくなく、おまけに各所でたくさんコンサートもおこなわれていた
ということもあって、御客様はもうちょっと入ってもいいかな〜と思いましたが
それはりゅーとぴあだということもあると思います。
音文でやっている時よりは多いですよ。
できればこれからもりゅーとぴあさんでやってほしいですね。
パイプオルガンが使えるというのはいいですよ。

聴きながらついつい三つのことを思いました。
まず一つは
これだけのメンバーです。でもこれだけの皆さんではありますが、りゅーとぴあコンサートホールでこの皆さんがこういうソロ、もしくはアンサンブルを演奏する機会ってあまり無いと思うんです。
おそらくは数えるほどでしょう。
りゅーとぴあさんは凄く頑張ってらして市民に愛されていると思います。その功績たるや誰もが認めます。
だからこそせっかくこういう地元に素晴らしいホールがあるのだから、地元の演奏者さんがもっとここで演奏できるような企画があればなおいいと思うのです。
例えば秋のリレーコンサートを春にもう一つりゅーとぴあの方でやるとか。
おととい演奏された皆さんがもっともっとこのホールで演奏する回数が増えれば、もっと慣れてもっともっとよく響く演奏になると思います。

二つ目は
これは私の勝手な聴いてて思ってたことです。
市橋さんたちの演奏の時にピアノの譜めくりをされてたのは、私の見間違いでなければフルートの高野めぐみさんではないかと思います。
やがてこういう人たちが、こういう皆さんに混じってこういう会に出て行ければな〜と思いました。
高野さんだけでなく、いろいろな人が思い浮かびました。まだ大学に在学中とか、高校生だとか中学生、あるいは小学のなかにだってこれから楽しみになっていくであろう方々がたくさんいらっしゃいます。
勝手に見ていながら、ふとそんな若い皆さん、具体的なお名前は出しませんが、あの人が歌ったら最後盛り上がるだろうな〜とかあの人が弾いたらきっとみんな驚くだろうな〜とか。
ぜひ新潟洋楽協会さんには若い方をもお仲間にどんどん入れていってほしいと思いました。

第三はこれはもっと超個人的な思ったことですが
今回市橋さんをはじめとして、栄長さんやすみよさん、野口さんや藤田さんなど、他の方もそうですが、個人的に存じ上げている方がとても多いんです。
そんな皆さんの演奏を聴きながら、初めて出会った時のこととか懐かしく思い出してました。
市橋さんと初めてお会いしたのはこんな時だったなーとか。
すみよさんとはメノッティが縁結びだったな〜とか。
栄長さんと初めて会った時にはあんな感じだったな〜とか。
みんなそれぞれが頑張っていらして、皆さん大きくなられています。立派だな。すごいな。
ってなんか、もう走馬灯がグルングルン頭の中でまわっていました。

こうしたとっても一生懸命な人たちが新潟で頑張っています。
ぜひまた来年の「洋楽の夕べ」コンサートも、もっともっと盛況であるように。
きっと会員の演奏者さんたちも頑張られると思います。
ぜひ御客様として聴きにいきましょう。

運営の皆様もお疲れさまでした。
いろいろと感慨深いいいコンサートでした。
ありがとうございました。

そんな日曜日があけて、月曜日。
県民の新聞さんを見て
やったー!!
e0046190_1113505.jpg

新潟市出身のハープ山宮るり子さんがフランスで行われた「リリー・ラスキーヌ国際ハープコンクール」で見事優勝されました!!!
日本人としては初めてだそうです。
ミュンヘン国際での2位に続いての快挙ですね。
実は土曜日の時点で某関係者の方から、本選に進んだということは聞いて知っていました。
それが優勝とは!!
山宮さんの演奏は何度か聞いたことがあります。いつも、へー!と素晴らしいというより驚くという方が大きかったですね。やはりハープってそんなにコンサートないので楽器の実力をマックスまで出すようなものはあまり聞きませんよね。
それが山宮さんの演奏では、ハープの力ってすごいんだね!
と思わされるんです。
いい楽器ですよ、ハープ。
私は知り合いになんとハープをやっている人がいて、間近で弾いているのを見せてもらった事がありますけど、あの足さばきはたいへんなんだな〜と思います。一般的に思われている優雅なイメージではありません。
7つのペダルで半音とかを操作する。なかなかバタバタしてますw
持ち運びが難しいし、そんなにピアノのように会場においてありますというとこも少ないので、生音にふれる機会があまり無く、ちょっと縁遠い楽器になってるかもしれませんが、こういうニュースでハープそのものに関心がもっと増えていくといいですね。

おっなんか今月号のキャレルでもどっかの誰かがハープのCDを紹介しているぞ。。
って私ですけど。微力ながらハープ普及にお力になれればと。。
日曜日に新発田の御客様で、喫茶店でたまたまキャレルみていいなと思って〜とそのCDをお買い求めに来られたお客様がいらっしゃいました。
もー神!!
反応があると嬉しいものですね。

山宮さんほんとうにおめでつございました!

あとは
昨日の休日は早いうちから電車で一路、北へ。
行ってきました。
ちょっと長くなったんで、次の記事にしますね。
すごい方に会ってきました。
そんで筋肉痛になりかけましたw

雨上がって来ました。いいことあるかなw

うわっコメントのお返事を書かないと!
皆様ありがとうございます。
by concerto-2 | 2011-10-25 11:26 | 演奏会のこと | Comments(4)
うーん雨の日曜日になっちゃいましたね。
まるちんすまん! 行けなくてごめんよ。 頑張ってくれい。

夕方からの「洋楽の夕べ」は行ってきたいと思っています。

昨日の夜はだいしホールで行われた田中弦楽さんのコンサートに行って来ました。
e0046190_14521455.jpg

プログラムは
ハイドンの弦楽四重奏曲「日の出」
ヤナーチェクの弦楽四重奏曲第1番「我が生涯より」

フランクのピアノ五重奏曲

という内容でした。
ご出演は
第1ヴァイオリンとヴィオラは全曲、田中御夫妻。
第2ヴァイオリンは松村牧子さん。
チェロはハイドンが津久井真里子さん、スメタナとフランクは安部信之介さん。
フランクでのピアノは高木明子さん。

という皆さんでの演奏でした。
田中弦楽さんの演奏会は毎年行われていて、もう今回が17回目だそうです。
なかなか聴く機会があまり無いような作品が聴けるのも楽しみの一つです。
今回もスメタナやフランクはあまり聴けないと思います。

個人的にはフランク楽しみにしていました。
でも今回一番感銘を受けたのはスメタナですね。
ソロ部分がとても多く、リズムも複雑なとこがあったりしますが、そんなに難解ではなく
とっつきは少し悪いけど妙に心に訴えかけてくる曲なんですよ。
よかったですね〜。生で聴いてこそわかる部分が多いと思いました。

フランクもよかったです。
もうちょっとステージが広ければなお良いと思いましたが、無い物ねだりはいけません。
二楽章なんかいかにもフランク! という感じがして好きです。

演奏がどうのこうのというよりも、こういう曲が聴けることがまず幸せなことだと思いました。

田中弦楽さんの活動は素晴らしいです。
ぜひこれからもいろいろな曲を紹介していただけたらと思いました。

会場内の撮影係を榎本正一師匠様が一生懸命やられていました。
ちょっとご挨拶してきたりしてw
師匠様もお疲れさまでした。

今日はたくさんのところでいろんなイベント、コンサートが行われています。
どの会場も盛況でありますように。


次に新しいチケットスタートのご紹介です。
こちらも人気のシリーズです。
e0046190_1452395.jpg

古町界隈のお寺を会場としてのコンサートシリーズ「寺宵」。
次回のチラシ&チケットが届きました。

11月19日(土曜日) 西堀通9にあります本覚寺さんにおいて16時半開演。カフェオープンは15時半からです。
チケットは一般 2000円 中学生以下は無料です。
そして内容が凄いですよ!
前に新津で行われた時に私も行きたいー!と思ったものです。
「声明」!!!

チラシの裏も載せますね。見えるかな〜
e0046190_1453286.jpg

サブタイトルが日蓮宗声明を聴く。です。
これこそなかなか生では聴けません。
声明って私はルネサンス以前の西洋音楽とも繋がる部分があると思っています。
アンサンブル・オルガヌムのマショーのノートルダムミサなんか、もう声明の世界ですよね。
生で聴くとすごいだろうなー。
これはお勧めです。

チケット取扱スタートしました。よろしくお願い致します。

あと最近新しいチラシ関係がいくつもあって、宣伝しきれていません。追いつかない〜
簡単にご紹介しますね。詳細はまた後日にでも。
日付順に行きます。

11月3日は巻で
e0046190_14531915.jpg

11月3日(木曜日祝日) 巻文化会館 18時半開演
「上原千佳子 ピアノリサイタルvol.3 〜ピアノソロと室内楽〜」
があります。
上原さんは巻のご出身なんですね。
こういう地方といったら指令ですが、コンサートがどんどんあるといいですね!

11月8日は小出。なんとアントネッロ!!
e0046190_14533850.jpg

11月8日(火曜日) 小出郷文化会館 19時開演。
さすがは小出文化会館さん、呼んで来るのが大物です。
アントネッロさんなんか新潟市にも来てくれると良いんですけどね〜。
天正遺欧使節の音楽でプログラムを組まれるようです。
世界のトップクラスと言っても良いアントネッロさん。お楽しみに。

11月13日。アントネッロにだって負けちゃいねーぞー。。。(というわけにはいかないかもしれませんが)
e0046190_1454576.jpg

11月13日(日曜日) まるやまヒーリングホール 13時半開演
「第6回 リコーダーアンサンブルのつどい」
新潟市内、近郊で活動されているリコーダー好きの皆様、団体によるコンサートですね。
楽しいコンサートになることでしょう。入場無料! いかがでしょうか。

11月20日。レベルは高いと聞いています!
e0046190_14542830.jpg

11月20日(日曜日) だいしホール 14時開演 入場無料
「新潟少年合唱団 第10回演奏会」
10回のという記念の節目となった演奏会ですね。
ご指導をされている相川先生も当店によくお越しになられます。
少年のみの合唱というとなかなかご指導も難しいと思います。
相川先生頑張られています! 
今回は久住先生の編曲作品も演奏されるようですね。

11月26日。今回は見附で。
e0046190_14545284.jpg

11月26日(土曜日) 日本キリスト教団見附教会 16時開演 入場無料
「フレーテン・シュピーレル古楽研究会 第22回発表会」
東京藝大講師の片岡先生が新潟で教えられている皆さんによる演奏会。
今回は会場が見附ということになりました。
Cantiさんも出られます!
ぜひ見附だけど行けそうかな〜という方はぜひ!

12月10日。小杉真二さん!
e0046190_14551258.jpg

12月10日(土曜日) 白根学習館ラスペックホール 14時開演
「小杉真二 ピアノリサイタル」

白根出身の人気ピアニスト、小杉真二さんのリサイタルです。
もう地元を中心に根強いファンの方がたくさんいらっしゃいますよね。
今回は後半をリストプログラムとされています。
最近でも新潟室内合奏団さんとリストのピアノ協奏曲を演奏されています。
リストはあっているかもしれませんね。
ぜひお楽しみに。

12月11日と17日。くるみ割り人形の季節。
e0046190_14553596.jpg

12月11日(日曜日) 新潟市東区プラザホール 13時半開演
12月17日(土曜日) だいしホール 14時開演
いずれも入場無料。でも要予約になっています。チラシの裏に申し込み記入でファックスかメールで申し込みをしてください。

くるみ割り人形のシーズンです。
ピアノデュオでの演奏は石井玲子さんと斉藤美和子さんです。
ドリーも演奏されますね。東区ホールを会場の一つに入れてくださっているのは感激!!

12月18日。いろいろな意味で特別なメサイアといえるでしょう。
e0046190_14555416.jpg

12月18日(日曜日) りゅーとぴあコンサートホール 14時開演 
「メサイア 第44回公演」

毎年おなじみのデザインのチラシです。
でも今回、指揮者の久住先生のお名前がありません。寂しいものですね。
毎年聞いていますが、昨年の公演でも久住先生はいつもと変わらずエネルギッシュな指揮をされていたと思っていたのですが。。
それだけに今回の演奏は全員がいろいろな想いがある演奏となることでしょう。もちろん聴く側にも。

12月25日。カーブドッチでクリスマスの夜を。。。
e0046190_14562385.jpg

12月25日(日曜日) カーブドッチホール 18時開演
「優しいチェンバロとクリスマスのオルガン音楽」

チェンバロ奏者の八百板正己さんによるクリスマスコンサートです。
これは雰囲気は最高でしょうね。
宮廷気分になれることでしょう。
ちょっとリッチなクリスマスコンサート&ディナーはいかがでしょう。

というところをご紹介しました。
ほんとうはまだあるんですけど。それはまたおいおいと。。。

よく県外の御客様が当店に来られて貼ってあるチラシをご覧になられて
「新潟ってたくさんコンサートあるんですねー!」
と驚かれます。
たしかに多いと私も思います。
それをとても幸せなことと思って、ぜひそこに参加してみませんか。
たしかにコンサートの会場に足を運ぶって、ちょっと面倒だったりします。
よーくわかります。
そこを思い切って!
怖い場所ではありませんからw
演奏者の方でも新たな御客様が来られるのを楽しみにしているはずです。
ぜひコンサートといいおつきあいをされてください。

さて夕方からの「洋楽の夕べコンサート」はかなり大掛かりになるようなので、今頃は準備に大忙しかな。
たくさんコンサートもあった週末の最後を飾る素敵なコンサートになりますように。
私も楽しみにしています。
ぜひ皆様もいらしてください。
そのレポートはあさってになるかもしれません。

ちょっと早いですが
来週もいいことがたくさんある一週間でありますように。
人生のチャレンジになる人にも栄冠あらんことを!
by concerto-2 | 2011-10-23 14:57 | 演奏会のこと | Comments(15)
週末は天候が崩れるかも、、、という予報もなんのその。
新潟市中央区東堀2は快晴です。むしろ暑いかな。
今日はこちらがあります。
e0046190_17102289.jpg

個人的にはフランクのピアノ五重奏が楽しみです。

で、その感想はまた後でですが。
今回はちょっと考えたこと。というか、かってから考えてはいたこと。

まずはその前に、こちらのチラシをご紹介。
e0046190_17104216.jpg

11月5日(土曜日) 新潟市立山潟小学校体育館 14時開演 入場無料
新潟市立高志等学校吹奏楽部「秋の・・・ 音楽会」
です。

当店のすぐお向かいにあります、看板のことならお任せ! 岩尾塗工(株)の社長様がこのコンサートの役員をされてまして
お話をお聞きし、チラシを頂きました。そしてお誘いを受けました。

注目は! 吹奏楽部さんの演奏がメインなのはわかっております。
そしてゲスト演奏がご注目! 
フルートの渡辺梨乃さんが登場です!!
そしてチラシには書かれていませんが、ピアノ伴奏が金川唯さんです!!
これはまた華のあるお二人!!
このお二人ならチラシに写真でも入れればよかったのに〜
と社長様にお話したら
「そっかー! わかっていれば。」と残念がられてました。
とにかく記念のイベントでもあるので、どういう理由でも良いけど、とにかく御客様にお越しいただきたいんだそうです。
とても強い思いを感じました。
ぜひ梨乃さんのファンの皆さん、金川さんのファンの皆さんはよかったら聴きにいらしてくださいね。
このお二人が組むというのは面白いですね。両方個性的なお二人だし、実力はコンクールなどでも実証済み。
社長様ぜひ写真を後で送ってくださいませ〜

ということで、梨乃さん、金川さんと言うまだ20代前半のお若い方の活躍されるのはいいことですよね。
私が店をスタートさせる時に心に決めた3つの柱がありました。
一つは、ネットでしか手に入らないと思われているようなものをも手に入れられる店にする。
二つは、全くクラシックを初めて聴かれるという方にも同じ目線でお話をする。
そして三つ目は、演奏される方々に近い店にする。ということでした。

その三つ目なんですが、やはり一般の人にしてみると
新潟でどんなコンサートが行われているかわからない(わかりにくい)
どんな演奏者さんが地元にいらっしゃるのかわからない(地元の演奏者さんを紹介してくれるものが圧倒的に少ない)
をなんとかできたらな。
と思っていました。
この三つは最初から今でも不動の三本柱として心に思っていたことですよ。

今でも聴かれることがあります。
「新潟在住のプロピアニストさんっているんですか?」
とか。ピアニストでなくてもヴァイオリンでもフルートでも、いわゆるプロのそういう方々がいらっしゃるかということ。
今こんなに地元の演奏者さんのコンサートが数多く開かれています。週末のそういうものが無いという週はないくらい。
だから数多くいらっしゃいます。
まぁルービンシュタインやハイフェッツみたいな人がいるかといえば、それはまた別の問題。

やはりこういう状況をちょっとでもよくしたい! ですよね。
演奏者さんなんか、そのへんにたくさんいらっしゃいます。街中歩いてますよw
別に雲の上にいるんではないんだということですよね。
近くにたくさんいるんだということをまず知っていただきたいと思います。

先ほど渡辺梨乃さんや金川唯さんが活躍されているということを書きましたが
彼女たちが10年後にプロ演奏者として活躍されているか。
それは、誰にも分かりません。
でもそれって大事なことだと思うのです。
音大を出て来て社会に出る、そこでプロとしてやっていく。
そう道は楽ではないと思います。特に20代後半、30前後は悩める時期では無いでしょうか。
逆に言えば、そこを一般の御客様が支援してあげることができればいいですよね。

それはどういうことになるかというと。

やはり演奏する側がスキルを高め、世に打って出る。
自主公演をするということです。

もっと具体的に言うと
有料の自主公演をする。
になるかと思います

そこに向けて頑張るべきだと思うのです。

私がやろうと考えて、やれなかったことがあります。
それは
若い人たちのコンサートのシリーズもの。
なんですね。
いっつも考えていました。

例えば会場をスタジオスガマタさんにして毎月2回
一組の演奏者、もしくは二組。
きちんと一コマ45分位のものをやる、それを前半後半で使えば一組。
分ければ二組。
そしてシリーズというものがわかるようなチラシを作成。
今後にも宣伝材料として使えそるような写真も撮って、プログラムには何回には誰が出てたと言う歴史も載せて。
やる側の思いを伝える文も入れて。

そして大事なことは無料にしない。
最低500円として、あと高くなるのは演奏者さんが決める。
そこまでの場を運営側が作る。
そして若い人に限ることではありませんが、若い人なら学生さんでも良しとする。
中央高校の生徒さんでも良いし、実力があれば中学生さんでもいいでしょう。

大切なのは500円であっても無料にはしない。
私は3組以上出るのであれば無料でも良いと思うのです。
というのは演奏時間が短いから。
単に1、2曲を発表するだけであれば、それはその演奏者のコンサートとは言えませんよね。
きちんと一コマ30分や45分なりをきちんと起承転結させた構成で、トークも入れて。
たとえミニであってもコンサートであるという形ははっきりさせる。
その為には無料にしてはいけないと思います。

当然プレッシャーもあると思いますが、そういう場をふんでいくからこそ得られるものがあると思います。
当然採算の面もきちんとして謝礼が出るだけ御客様がいらしたのであれば受けとる。

そういう若い人への修練の場みたいなものを作ってやれたらなーといつも考えていました。

でも思っていただけで、実行できなかったのはいかなる理由があるにしろ私の力が無いということなんです。

どなたかやろう!という方いらっしゃいませんかね。

そうやって頑張っている地元の皆さんはたくさんいらっしゃいます。
ぜひご支援をよろしくお願いします。

とにかく文化というものはたくさんの人の支援が無くてはやっていけません。
音楽の世界ももっともっと頑張れる余地があると思っています。

例えば
私は9月だったか、8月末に県民の新聞さんにお願いをしたんですよ。
あーとぴくすに11月19日の土屋朱帆さんの告知を書かせて欲しい! と。
2ヶ月前だったので大丈夫だと思いました。
知り合いの県民の新聞さんのAさんも大丈夫でしょう。と言ってくれました。
ところがだめでした。もうその時点でいっぱいだったとのこと。
く〜残念! そう思って、それからのあーとぴくすには注目してみてました。
そうすると
音楽コンサートものが少ないのです。
美術展ものがほとんどなんです。

あっ、これは県民の新聞さんのことを悪く言ってるものではありませんからね。
それだけ美術展、個展側の作家さんや関係者が一生懸命だったということです。
私も甘く見ていました。
e0046190_17113894.jpg

ほんとうに土屋朱帆さんには申し訳ないことをしてしまったと思っています。
やはりまだまだ「のびしろ」はあるということです。

7年より前のことは私もよく知りません。
でもこの7年間だけ見ても作曲家の小西先生が演奏者さんをとてもうまくまとめられています。
市橋靖子さんの後輩への目は優しいだけではなく時にとても厳しく、でもそこには思いやる気持ちがあふれています。
栄長敬子さんの常に目標を定め、真っすぐに進む姿勢には共感される力強い皆さんが集って来ています。
若い世代にもヴァイオリンの大野さんやフルートなら五十嵐さんとか既に全国レベルのトップにたっているホープもいらっしゃいます。
音大や留学先から戻ってこられる方もいらしゃいます。
ぜひ演奏者の皆さんが活躍できる場がたくさんある新潟であってほしいと思っています。
着実に新潟音楽界は上向いて来ていると思いませんか。これから楽しいこときっと多いですよ。

ぜひ地元の演奏者さんが頑張っているコンサートに足を運んでください。
よくコンサートの一覧があればいいんだけど。。というお声も聴きます。
たしかに。
紙での情報があると良いですよね。一覧表にして新聞に折り込めればいいんですよね。あぁそれも考えていたことなんです。

それとネット上ではそういう一覧をお作りになられている方がいらっしゃいます。
こちらをぜひブックマークされてください。
「新潟コンサート情報」
kondo先生がお作りになられています。
私も、りゅーとぴあさんも参考にしている素晴らしい予定一覧です。
他の方でもお作りになられてます。kondo先生のものが見やすいかなと思ってご紹介したわけですが
ぜひこういう素晴らしいものをご参考にされ、コンサートに足を運んでください。

では私もそろそろ田中弦楽さんに行く準備をしないと。。

ちょっとだらだらしたまとまりの無い記事になっちゃいましたね。
そういう気分だったと温かい目で思ってください。面白い内容でなくてすいません。
ぜひぜひ演奏者の皆さんにご支援を。
みんな頑張っています。よろしくお願いします。

おっと
演奏者さんだけではありません。
FMPORTのTディレクターも孤軍奮闘頑張っています。
民放FM局でクラシック枠を確立させる、これってたいへんなことなんです。
スポンサーの問題もあったりして。
「クラシックホワイエ」というのは、数年に渡るTさんの血と汗の結晶です。
私はその数年間、近くで見て来て、常にすごいなと感じて来ました。

今晩も午後11時からあります。
今回のテーマは先週に続いてのオーケストラ編曲もののテーマで
原曲を聴こうということですね。
ぜひお聴き下さい。

TNさん最後までお聴き下さいねー。
つか、最後だけ聴いても良いのか。
ってTさんに怒られるかw

明日の日曜日はたっくさんあります!!!!
前々回の記事をご覧くださーい! 今回は書く余裕がなくなちゃいましたー。

まるちん、ロック魂炸裂だー!
すみよさん司会頑張ってねー! 長いと思ったらくるくるまわしちゃうよー(笑)

いい天気でありますように。

では田中弦楽さんに行ってきまーす!
by concerto-2 | 2011-10-22 17:24 | 演奏会のこと | Comments(10)