コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ショパン協会がCDを出しているのですが、昨年行われた第16回ショパン国際ピアノ・コンクール・ライブのCDが発売されています。
既に1位だったアヴデーエワと2位だったヴンダーは発売されています。
今回同じく2位だったゲニューシャスと3位だったトリフォノフのものが出ました。
チラシも出来ましたね。
e0046190_2018396.jpg

1位 アヴデーエワ 「45年振りの女性優勝者! そして最優秀ソナタ賞の栄冠に輝いたロシアのニューヒロイン」
2位 ヴンダー 「才気煥発! 堂々の第2位! 幻想ポロネーズ賞、コンチェルト賞に輝いたハラシェヴィチ門下の天才!」
3位 ゲニューシャス 「第2位&ポロネーズ賞! 名教師ゴルノスタエヴァの才能を受け継いだ、輝く個性と成熟度」
4位 トリフォノフ 「第3位&マズルカ賞! きらめくロシアの若きファッツイオーリ弾き」
というそれぞれのキャッチコピーも付いています。

この4種、2枚組。一応メーカーさんからサンプルを頂き、全部聞いてみました。
e0046190_20415957.jpg

うーん。
私がいいなと思ったのを順位にすると
ヴンダー、ゲニューシャス、アヴデーエワ、トリフォノフのなるのかな〜と。
今回コピーを見ていただいてもわかるのですが、各部門賞を一人で総なめと言うことはなかったんですね。
1位のアヴデーエワなんですが、通の方が聴けばすごさがもっとわかるのかもしれません。
ただ素人が聴いた時の輝く魅力というものがヴンダーとゲニューシャスにはあるんですね。
それは実際にこのコンクールを見て来たコンチェルト4号からも聴いていました。
彼女もアヴデーエワが1位で驚いたそうです。
特にヴンダーのコンチェルトの時の盛り上がりはすさまじかった。
ゲニューシャスも大本命だったそうです。ただゲニューシャスは最終でかなり緊張していたのが客席からもわかったそうです。
アヴデーエワはしっかりとまとめていて、実力もあるのはわかるけれど、ひきつけてくる魅力というとどうなのか。。ピアノのこともあるかもしれませんけど。(アヴデーエワはヤマハ)

アヴデーエワがぱっとしないというより、むしろヴンダーとゲニューシャスが魅力たっぷりなんですね。
そういうこともあってかコンクール後最初のメジャーレーベルでのCDデビューはヴンダーのDGデビューでした。

でも当店のピアノの通の方に御聴きしたら、いやいやアヴデーエワの力はすごいよ!
とのことです。
この4人がこれからどうなっていくか楽しみですね。
また、このライブCDは出来としてもとても面白いものに仕上がっています。お勧めです。ちょっと価格下げました。いかがでしょう。

4号。。。といえば。
今日、ぽっぽや。。。い、いや新発田圏内の人間にはその言葉はタブー! 4号が今日、蒸気パンを持って遊びにきてくれました。遊びにと言うか、またしてもお別れの挨拶に。
あさってからまた東京出向1年だそうです。がんばれよ〜4号。

コンクール。。。といえば。
先日、予選が終わった新潟県音楽コンクール。
ピアノ一般の部は皆さん「蝶々&木枯らし」という課題曲に汲々されてましたね。
その予選をご覧になられてた某先生から、衝撃の一言を御聴きしました。
「蝶々はね、最初のズズタカ タカタカ♪の最初から3番目と4番目の音でもう力がわかるのよ。」
とのこと。このズズタカの「タカ」がちゃんと音を出せているかでわかるんだとのこと。
恐ろしい世界です。そうしたら後の2分ちょっとは聞くだけ無駄みたいなものですよね。
でもそれがコンクール! シビアであってこそコンクールなんです。
改めて厳しさを知りました。

そのピアノ一般の部には新潟大学音楽科さんからお二人本選に出られます。
頑張って下さい。

その新大音楽科さんがまた西区と提携してコンサートイベントを行われるようです。
e0046190_204130100.jpg

中を開けると
e0046190_2044247.jpg

いくつもいくつもコンサートが企画されています。
詳しくはこのチラシを見つけてご覧下さい。
中でも驚きは10月29日に黒埼のホールに
ジュリアード弦楽四重奏団が来る!!
ハイドンの弦楽四重奏曲第57番、ベートーヴェンの大フーガ 他
を演奏されるそうです。
すごい。うーん黒埼かぁ。。。新大さんって中央区と提携とかされないんでしょうかw

明日はもう7月です。早い。。6月はもうほんとうにいろいろあった月でした。いいこともあれば、よく無かったこともあったし。よく無いことは一度リセットしていければと思っています。

で、明日は7月1日。前からご紹介していますが、こちらがありますよ!
e0046190_2049348.jpg

りゅーとぴあコンサートホールで山本真希さん&Noism&アプリコットの合同イベントがあります。
ぜひいかがでしょうか。けっこうお客様も来られそうだといううれしい情報も御聴きしました。
19時開演です。いかがでしょうか。

こちらもあります。
e0046190_20503133.jpg

オカリナ&ギターのコンサートです。
こちらもぜひよろしくお願いします。きっといいですよ1

今年も秋になると、いよいよこちらが!
チケット取扱スタートです!
e0046190_20514793.jpg

古楽フェスティバルです。
9月10日(土曜日) スタジオAです。 
今年の大きな売りは4種類のクラヴィコードでしょうか。
よろしくお願いします。

上古町2でしょうか。喫茶&イベント&占いなどをやられている素敵なお店「もめんの花束」様にも8月27日のポスターをお店先に貼っていただけました。
e0046190_20543334.jpg

チケット扱っております。よろしくお願い致します。

今日は独り日。私のお昼の主食。。
e0046190_20555014.jpg

セブンイレブンの新商品「たっぷりソースの明太子パスタ」です。
いつぞや、セブンのおにぎりに文句を付けました。
この明太子スパはグッジョブです!
ソースを新鮮にするため容器をつくってそこにソースを隔離してく事で麺にかけた時絶妙の合わせ具合になります。
低価格でここまで作ったのはなかなか。
新しいビーフカレーライスに続くヒットですね。

震災の影響もあってか新商品はパッケージがシンプルです。個人的にすごくいいことだと思っています。
そもそもセブンのパッケージデザインはださかったので。

明太子スパ、なかなかいけます。

明日の金曜日は午後に某大物演奏家さんと某若手演奏家さんとの初顔合わせを設定したので立ち会って来ます。
また人の輪が広がるといいな。
場所決めてない。。どこにしょう〜。。
お二人、場所連絡はあしたになるかもしれませ〜〜ん。
晴れるいいなぁ。。
by concerto-2 | 2011-06-30 21:03 | CDの紹介 | Comments(0)
なんのこっちゃわからんタイトルだと思いますが。
まずはこちらをご覧下さいね。
e0046190_1912856.jpg

すごくきれいなデザインですよね。
これは現在イギリスに在住、京都出身のヴァイオリニスト 高雄敦子さんのパンフです。
「My Favorite Things 〜日本の皆様へ あつこ通信 From London」
というもの。中を広げると
e0046190_19142636.jpg

こんな感じで、高雄さんのイギリスでのことや、日本での公演のことなどが書かれています。
なんで私がこのようなものを持っているかと言うと
先日京都のお母様がご来店になられて、その時にいただいたんですね。

なんで来られたかと言うと。
この夏に一時帰国されていくつか演奏会をひらかれるんです。
新潟ではたくさん公演があるんですよ!
場所は佐渡と燕!!
高雄さんのお父様が佐渡のご出身ということで、まず佐渡の公演が決まって、そして燕の方はとてもご熱心な方々がいらして、その方々の熱意で公演が決まりました。
これってすごいことです。
私もその燕の方ともお会いしましたが、とっても熱意とやる気に溢れた方々。
コンサートを開くのははじめてでとおっしゃいますが、ここまでのところの行程を見事にこなされていらっしゃいます。
きっとコンサート本番も皆さんが楽しめるようなものになるのではないかなと予想される。そんな素晴らしい主催者の皆さんでした。
その公演予定を書いておきますね。

8月14日(日曜日) 佐渡金井キリスト教会コンサート  会場:佐渡金井キリスト教会(佐渡千種丙) 16時半開演 入場無料

8月15日(月曜日) Cafe一葉コンサート 会場:Cafe一葉(佐渡東大通) 18時半開演 入場料1500円

8月16日(火曜日) 佐渡畑野町6ヶ校コンサート 会場:畑野中学校(佐渡畑野甲) 10時半開演 入場無料

以上が佐渡公演。次が燕公演です。

8月17日(水曜日) 燕市こどもの森 親子コンサート〜親子で楽しむ音楽のランチ 
会場:児童研修館こどもの森 10時半開演 入場料500円(中学生以下無料 要整理券)

8月18日(水曜日) 元気いっぱいコンサート特別企画〜児童館の子どもたちにクラシックのプレゼント〜
 会場:燕市文化会館 14時開演 入場無料要整理券

8月19日(木曜日) 漫画家さんとのコラボ演奏会 特別出演 中村恵美子(漫画アーティスト)
会場:立正保育園 10時開演 入場無料要予約

いずれも問い合わせ先は会場になるのですが、御知りになりたい場合は私までお問い合わせいただいても良いです。

この中でも8月17日の公演に関しては、別個にチラシができています。
こちらです。
e0046190_1937938.jpg

裏は
e0046190_19373391.jpg

高雄さんのヴァイオリンにソプラノの永野歌織さんとピアノの柴田春菜さんが加わってのコンサートだそうです。皆さん京都の方でいらっしゃいます。

こうしてお父さんのご実家が佐渡だということはあっても、こうしてイギリスから来られた時に新潟県での公演をいくつもしてくださるというのはとてもうれしいことだと思います。
そしてそのコンサートの招聘、準備をされてらっしゃる丸山さんや石田さん、その他関係されてらっしゃる方々の努力もあってのことだと思います。
ぜひ今後とも燕からの発信ということで楽しみにいたしております。
私も行ければいいんですけどね〜。。。燕って新幹線使えばあっという間ですしね。
その頃の予定がはっきりしないのでなんとも。。行ければ行きたいと思っております。

ということで、この夏にイギリスから戻られて新潟県でコンサートをやられる京都出身のヴァイオリニスト高雄敦子さんについてでした。。。。

で、実は話は終わらないんですよ。
この話には後にサプライズがついたんです。

つい先日、夜に長岡のピアニスト村山薫さんが来られて、いろいろ話をしてたんですが。
ふと
「そうだ、村山さんもイギリス帰りだよね。この人とか。。。知らないよね〜」
と、この豪華なパンフをお見せしたら。。

「う〜〜ん、わからないな。。。えっ、、ええっ! あつこちゃーーーーーーん!!」

なんとよく知ってる間柄だったんですね。
そっか高雄さんの母校、英国王立音楽院って村山さんの母校でもあるんだ!
年齢は村山さんの方が少し上で、よく学食とかで会って話をしてたんだそうです。
思わぬ再会! (再会と言っても会ったわけでは無いですけどw)
村山薫さんも多忙なスケジュールなんですが、なんとか燕公演のどれかに会いにいければな〜
とのことでした。
なかなか世の中広いようで狭いものです。
こうしてどんどん人の輪が広まっていくといいですね。
もちろん音楽の仕事の上でもとてもいいことだと思います。
人ひとりがもたらしてくれる世界ってバカになりません。とっても大きな広がりになることだってあります。
ぜひ村山さんが高雄さんに会えることを私も祈っていますね。

今日はせっかくなのでヴァイオリンものの中から、隠れたお勧めを。
まず実はこれは隠れたベストセラーなんです。
e0046190_1952252.jpg

ヴァイオリン2台での作品集。
ヴィエニャフスキーのエチュードカプリス、アラールの華麗なる二重奏曲、モシュコフスキーの2台のヴァイオリンとピアノのためのソナタ。が収録されています。
特にヴィエニャフスキーのエチュードカプリスは問い合わせがあるんです。
こういうヴァイオリン弾きさんしか知らない、でも大切な曲というものがもっともっとCDあるといいんですよね。

そういう意味ではこれも貴重。
e0046190_19545746.jpg

このCDに収められているのはマスネのタイースの瞑想曲、サンサーンスのヴァイオリンソナタ第1番
そして!
ダンクラの小さなメロディ教本作品123の12曲全曲。今の所CDになっているのはこの1種類のみのようです。
ダンクラ!! も〜ヴィエニャフスキー以上にヴァイオリン弾きでなければ、何それ?という作曲家さんではないでしょうか。
でも貴重なんですよね〜。
きっとこれ読まれてらっしゃる方で「えっ!そんなんあったの。欲しい!」という方がわんさか。。。。いらしたらいいなぁ〜
いかがでしょ。

今日は新潟市美術館に行って来ました。
お目当ては今日からスタートした常設展スペースを使っての企画展
e0046190_19584055.jpg

「版画の魅力 コレクション展2」
今日より9月25日まで行われています。

なかなかいいですよ。
それにしても新体制になって新潟市美術館さん頑張っています。
こういう企画展はいちかばちかの思い切った賭けではないかと思うのです。
だってメインの企画展会場は赤塚不二夫展を行っているわけです。
そしてこの版画展もやる。
ということは通常今まであった常設展というものが無いというような感じになります。
ボナールやルドンやピカソや横山操が、行っても全く展示していないということです。
9月まで。
これをいつまでも同じものばかり出すのはどうかということで良しと思う人もあるでしょう。
いや、せっかく高いお金を出して購入した名作と呼ばれるものは絶えずどれか出しておくべきだ。と思う人もあって当然でしょうね。
私も一年前はそう思いました。
実際好きな収蔵品がいつも1点は出ていましたが、こういうことになると1点も出ていないこともあります。
それでもテーマに沿った収蔵品をどんどん出していこうという市政は評価していいと思います。
まだ良い悪いを決まるのは早いかもしれません。
それよりなによりたくさんの御客様にまず来ていただくことが先決でしょう。
ぜひ新潟市美術館さん、行かれてみてください。
版画と言うと地味なイメージがありますが、そうではありません。
ぜひ足を御運びください。
コンサートとかもたまにまたあるといいですね。

ちなみに同館内のギャラリーでは素晴らしい写真展も行われていますよ。
こちらは7月3日までです。こちらも一見の価値有り。

暑くなって来ましたね。
ソフトでも食べましょう。
e0046190_2065570.jpg

私がもっとも気持ちをほっこりとリラックスする場所、亀ジャズ内の喜久水庵さんのミックスソフトです。
あ〜なごむ〜〜。

明日は一人番です。
天気がいいといいですね。雨ふらないでほしい。
たくさん御客様がいらっしゃいますように。。
by concerto-2 | 2011-06-29 20:08 | 演奏会のこと | Comments(2)
今日はこんな所に行って来ました。。。
e0046190_19523992.jpg

どこ?

e0046190_1953236.jpg

NHK新潟さんです。

いやぁ〜ちょっち、ゆかこちゃんにテレビ出てって言われちゃって〜

なんつーことは無くって
これです。これをぼけ〜っと見てて。。
e0046190_1953266.jpg

あっ!今日必着じゃないか!まずい!!何人かの人に「当たったらあげちゃおっかな〜」
とか豪語してたのに! いかんではないか。
早速NHKさんに問い合わせたら局に持って来てくれればいいとのこと。
とりあえず何通か書いて(笑)届けて来ました。
ついでにちょっと中をぶらぶらと見学。
前に来てこれはいいじゃん!と思ったライブラリーコーナー(過去の番組とかが見れる)
は残念ながら2席埋まってました。やはり人気あるなぁ。

どうかリリックの収録、当選しますように。。

昨日の休日はシネウインドに行って来ました!!
こちらを見るため。
e0046190_19535293.jpg

先週末からスタートしました、作曲家映画シリーズ第1弾
「マーラー 〜君に捧げるアダージョ〜」
どうせ月曜日の昼なんてすいてるでしょ〜。。。
と、思いきやなんと長蛇の列。えっ!み、み、皆様マーラーお好きなんすか?
なんか信じられない感じでした。
ウインドはやはり5、6人で見るのがウインドらしいです。
でもそれではウインドつぶれちゃいますからねw
やはり御客様はたくさん来られた方が良いでしょう。

でもって、この映画。
結論から言えば、うーん、どうかなーー。まず音楽的な映画としてみたらちょっとがっかりするかも。
でもその分、水っぽいと言うかわかりやすく言えば、ちょっと艶っぽいというか大人の愛情のなんたらかんたら。。。
ま、このサブタイトルがよく日本サイドで考えたものですよ。
「君に捧げるアダージョ」なんてメロドラマでしょ。
この原題って「ソファのマーラー」なんですよ。
この意味は、マーラーがフロイトの診療を受けて、その回想からつくられていく展開なんですね。
内容はマーラーと妻アルマとの修羅しゅしゅしゅのような事が描かれています。
ちょっとこの描き方だとアルマかわいそうかな〜と言う気もしたんですけどね。
それと役のことで、もうちょっとアルマって若さがあってもいいのでは?
劇中で「年の離れた夫婦」ということが多く出て来るのです。実際マーラーとアルマは19歳違うのですけど
役の人たちを見るとそんな離れているように見えない。
アルマといえば20世紀芸術畑での最高のあげ◯んとまで言われる、目をかけた男性が全て歴史に残る存在になるというスーパーウーマン。
それがちょっとどうなのかな〜と思いました。私個人の好みの問題かもしれませんが。

それにしても、この映画を見て思ったのはヨーロッパにおけるフロイトという存在の大きさですね。
やはりフロイト! というか。
この分野ではフロイトよりユングの方が進んでいると思います。時代のずれもありますが、それでもこの映画のことはさておいても
フロイトとユングでは人気と知名度において、ものすごい差があります。
高尚に考えれば論理によって考察したりも出来るのでしょうけど。
凡人である私なんかが思うに
「やっぱ人間って下ネタ話すきなんだよね」
みたいな感じにも思えてしまいそう。あっ、でもこういう風に書くと詳しい方に起られてしまうかもしれませんね。
ただ映画見てて「やっぱフロイトかぁ〜」と思いました。

ちなみにこの映画の監督のパーシー・アドロン監督は、あの名作「バグダッド・カフェ」の監督です。
音楽はサロネン指揮スウエーデン放送交響楽団。使われている曲は10番、5番、そして4番のアダージョより。
フロイトの診療がはじまるところから10番から5番に音楽が変わるのは感動ポイントでしたね。

とても映像的には美しい映画でした。
まぁ一見の価値はあると思いますよ。ぜひウインドにお越し下さい!

このマーラーは7月8日までです。

その後はこちらです! モーツアルトのお姉さん!
e0046190_19542330.jpg

「ナンネル・モーツアルト 〜哀しみの旅路〜」
7月9日から7月22日まで上映されます。

予告編見ましたが、音楽の才能あるお姉ちゃんだったけど、天才の弟の陰にかくれて、というか隠されてかわいそう。
みたいな感じでした。

アルマ・マーラーも作曲をやっていたのに結婚する際に作曲することを止められた
という描写が劇中にありました。
やはり女性には苦難の時代だったのだと思います。

もしクラシックの女性の作曲家などの人生について知りたい!という方は、ほんぽーとにそういう本がありますので読むと面白いですよ。
ぜひ知っていただきたいのは19世紀最高の音楽プロデューサーというかアドバイザーともいうべき強大な影響力をもった唯一の女性。
ポリーヌ・ヴィアルド=ガルシア。
この人について調べると面白いですよ〜。ほんとすごい女性なんです。
ベルリオーズからリヒャルトシュトラウスに至るまで著名な作曲家全てを魅了した存在です。
ベルリオーズやブラームスがなぜアルトやメゾのための曲を書いたか。この人のために作ったからです。
ワーグナーの相談相手であり、ショパンが唯一伴奏を頼まれれば喜んで引き受けた。この方は歌手ですから。
そしてショパンが亡くなった後伴奏相手を巡って争奪戦になって、見事その座をいとめたのがサン=サーンスだった。
おまけに文豪ツルゲーネフはこの人のなんというか、、、召使いに希望してなった。。ちょっと違うんですけど、あまりリアルに書けないので。
そういうものすごい女性がいたこともぜひ知ってもらいたいです。映画にでもなればいいのに。

話それましたが、ぜひこのシネウインド作曲家シリーズを見に来てください。
月刊ウインド最新号も当店で販売しております。
e0046190_19545787.jpg

よろしくお願いします!

マーラーの映画には実名で当時の芸術家が数多く出て来ます。
そんな中にブルーノ・ワルターも出て来てました。マーラーの弟子だから出て来るのは当然なんです。
役の人もちょっと似てておかしかったです。
そんな師匠マーラーの曲を演奏した名録音がこちら
e0046190_19551911.jpg

マーラーの交響曲「大地の歌」です。
ワルターの数多い録音の中でも最高の一枚と言われる名演です。
しかもここにあげたのは盤鬼、平林直哉氏のグランドスラムレーベルのものです。音いいですよ。
ぜひグランドスラムもよろしくお願いします。
平林直哉氏も7月に来られることが決まりましたので。
今回は「平林直哉氏と飲みたい人集まれ〜」会をよびかけてやろうと思っております。
また後で日時とか発表しますね。

7月1日にりゅーとぴあスタジオAでオカリナ&ギターの素敵なコンサートがありますよ。
e0046190_19555014.jpg

オカリナ茨木智博さんとギター大柴拓さんとのデュオ。
これなかなかいいらしいですよ!
もう何回か来られていらっしゃるのでファンの方も多いようです。
当店ではチケット扱っておりません、スタジオAなのでりゅーとぴあさんで扱ってらっしゃると思います。前売りは2000円ですね。
ぜひいかがでしょうか。
夜にはコンサートホールで金森穣さんと山本真希さんとのコンサート&パフォーマンスがあります。そちらもよろしくお願いします。

今日、西堀の蔵織さんにも行ってきました。
e0046190_19561464.jpg

よかった、間に合った〜
今日が最終日でしたが、長岡造形の現役&卒業生の皆さんによるグループ展があったんです。
いやぁやはり長岡造形さんはすごいです。もうプロです。
見に行けて良かったです。
そして丁寧に説明してくださった院生の小林留奈さんありがとうございました。小林さんの作品もすっごくよかったです。
素晴らしいグループ展でした。早く行って紹介すればよかったー!

そんなせかせかする気持ちを、スローダウンして。。。
e0046190_1956345.jpg

クレーシェルのケーキです。ダークチェリーのは新作でしょうか。
なかなか美味。。いけない。。肉となってしまう。。セーブして。。二つともいただきました(笑)
おいしゅうございました。.ごちそうさまでした。

明日は天気が良いといいですね〜。
by concerto-2 | 2011-06-28 19:57 | 映画のこと | Comments(6)
朝4時におきて新聞配達様をお待ちしてます。。。まだかな。。

待っている間に
昨日載せ忘れましたが、県民の新聞さんの二週間に一度の楽しみ
「楽器はともだち」
今回はヴィオラでした。そしてヴィオラといえば~
e0046190_4304159.jpg

も~この方、山際さん!! 新潟音楽界に欠かせない方です。
ヴィオラっていいですよね~、私も大好きですよ。。

。。。まだ来ないかな。。。ただいま4時半。。。

まだかな。。。
きたー!!! 5時2分! 遅いよ~!
ではぱぱー!っとうちます。

ピアノ部門 独奏
小学1,2年
中野万留さん(新発田東豊)
大塚麻由さん(十日町西)
長谷川泰人さん(新潟江南)

小学3,4年
刈谷優さん(新潟青山)
中野久太郎さん(新発田東豊)
斉藤ゆりのさん(新潟桜が丘)
田中来実さん(新潟鳥屋野)
成田みやかさん(新潟立仏)
竹内優姫乃さん(上越高志)
平山千博さん(上越大潟町)

小学5,6年
岡本真生子さん(新潟南万代)
小杉卓万さん(新潟結)
加藤優里さん(長岡川崎東)
清森勇貴さん(上越小猿屋)
小林千花さん(上越教育大付属)
片山奈菜子さん(新発田猿橋)
佐藤海月さん(燕吉田)
深海侑希さん(燕燕西)
古市航さん(糸魚川青海)


中学生
阿部彩乃さん(弥彦)
三宅月海さん(弥彦)
山崎慶子さん(燕中等教育)
相田汐莉さん(燕分水)
安原奏さん(妙高新井)
荒井玲奈さん(上越教育大付属)


高校生
星野文香さん(新潟中央)
佐々木智美さん(新潟明訓)
篠原由梨さん(長岡)
末武英恵さん(長岡)
鈴木桃子さん(長岡大手)


一般
柴野絢子さん(新潟大)
清水明日香さん(新潟大)
二宮麻里子さん(新潟市中央区)


弦楽部門
小学生
石橋真世さん(新潟小針 ヴァイオリン)

中学生
石井柚花さん(新潟小新 ヴァイオリン)


声楽部門
ジュニア 
木村沙紀さん(新潟第一高校)
近藤美里さん(新潟清心女子高)
中村友里香さん(新潟中央高校)

一般
高橋希絵さん(国立音大)
中森千春さん(上越教育大院)
伊東大智さん(埼玉)
熊倉由佳さん(田上町)


管楽部門
一般
渡辺梨乃さん(武蔵野音大 フルート)
岡田宏枝さん(新潟市東区 フルート)
吉田秀行さん(新潟市西区 クラリネット)
小武内茜さん(武蔵野音大 ファゴット)
小林陽平さん(新潟大院 サックス)
蔵品太平さん(埼玉県 テューバ)

という皆さんが予選を通過されました!!
おめでとうございます。

本選会は7月31日にりゅーとぴあコンサートホールで行われます。
チケットは当店でも扱っております。

いやぁ~個人的には今回の結果は、やったー!という方もいらっしゃいますが
えっ!と思わず言ってしまうような残念な方もいらっしゃって。。ちょっと複雑です。
そっかー厳しいなぁと。

とりあえず感想は少し店に行ってから付け足します。

ほんとうに通過の皆様おめでとうございました!

で、ここ書いてる今は店に来てて9時15分です。正直眠い。。。月曜日は朝7時ちょっと位からいるのですが
メールを数本打って。。。あと意識があまりなく。。さっき銀行に行って外気を吸って元気になりました。
でもって予選結果をみての感想。

うーん、なるほどねぇ〜と思いました。
私が見たのはピアノで小学5、6年生、一般、高校生、中学生のそれぞれ半分とかです。
なので見てなかった方も多いので公平な意見はかけません。
その上でなのですが
残念!と思う方が多いですね〜。一般の新潟会場からの二宮さんと柴野さんは予想通り。もし枠が3であれば玉木さんが入ったと思います。
高校生はけっこう意外だったりしました。阿部沙衣子さんは入ったとおもったんだがな〜。私的には一番楽しめたのですが。実は昨日書いたのは阿部さんだったのです。私はとても好きな演奏でした。
でも末武さんが入られたのは嬉しかったです。末武さんが小学校6年の時に本選で弾かれたメンデルスゾーンはとてもよくて記憶に残っていた方でした。

中学生では阿部彩乃さんはまず間違い無しだと思ってたのでよかったと思ってます。
しかし新潟予選で私は男性の方お二人をいけるんじゃないかなと思っていました。前田さんと二瓶さん。
特に前田さんはいいと思ったのですが残念。
あと上越予選に出られた堀江さんは残念。また受けてください。

小学5、6年生は今回すごい激戦中の激戦の部門でした。
ここには鈴木さんや島田さんや丸山さんや長浜さんなど常連とも言える優れた方がいらっしゃるゾーンでしたが、皆さん今回は残念でした。でも皆さん力ある方々なので、まだこれから次もあるのでぜひまた演奏を聴きたいですね。
小杉さんや佐藤さんは順当かな〜と思いました。上越会場からは小林さんがまた上がってこられましたね。楽しみです。

小学生1〜4年生の方は全く見れませんでした。ここのゾーンでは楽しそうに弾いていて、でもすごい!という方が出て来る可能性があるので本選が楽しみです。

弦楽器は石井さんに期待しています。あと弦楽器の皆さんぜひ予選うけてくださーい。このままでは消滅してしまいます。。。

声楽部門ではお名前を見て、やった!と思う方がお一人。
それは熊倉さん!! 昨年初チャレンジで残念ながら予選どまりでしたが今回は見事本戦出場です!
新大オケでも頑張ってた熊倉さん、1年生の頃から存じ上げています。ぜひ頑張って欲しいですね。
それとやはり数年前より存じ上げていた、ちょっと面白い思い出もある高橋希絵さん。ついに本選ですね、
中森さんはもう余裕の本戦出場かな。
ジュニアの方では昨年にひき続き2年連続の本戦出場となった中央の中村さん。昨年の優秀賞より上を狙ってこられるでしょう。皆さん頑張ってください。

最後に管楽部門。
今回いっちばんうれしいのがここです!! 思わず朝の5時頃に市橋靖子さんにメールしました!
フルートの渡辺梨乃さんが見事本選に戻って来ます!
特に今回はとても強力なフルート奏者さんも受けられていたはず、ちょっときついかな〜と思っていましたが
見事やってくれましたね。本選も楽しみにしています。
あとサックスの小林さんという大賞まで手が届きそうな方もいらっしゃいますし
ファゴットの小武内さんをまた本選で聴けるのも嬉しいです。いつもなんで優秀賞にまでも小武内さんが入らないかな〜といつも見てて思ってました。今回こそは! 期待しています。

まだまだ私が聴いてないだけで、実はすごいという方も中にたくさんいらっしゃるはずです。
あくまで個人的な感想ですので。
ぜひ本選楽しみにしましょう! そしてぜひ会場に聴きに行きましょう! チケット取り扱っております。
よろしくお願いします!
by concerto-2 | 2011-06-27 05:28 | 演奏会のこと | Comments(7)
あぁ「JIN-仁」最終回見ながらだと書き進まない・・

それにしても、このドラマって音楽いいですよね~。

ふりしぼって今日のリポートを。。

今日は新潟県音楽コンクールの新潟市予選最終日に行って来ました。
今日はピアノの小学生と高校生の部。

私は午後から行って来たので聞けたのは小学5,6年生の途中からと高校生の部の前半。
それでも小学生5,6年の部って50人以上もいらっしゃたんですよ。
私は7人目くらいの方から入りました。
いやぁ~さすがに数十人同じ曲での演奏を聴くというのは面白いけど、、、ちっとハード。
つくづく審査員の先生は偉い。
ずび~zzとかできませんもんねw

皆さん真剣です。小学5,6年生ではとても聞きたかったお二人がいらっしゃいました。
ずっと出てこられなかったので最初のほうだったかな~
と思ったらお二人とも最後のほうでした。
とても個性的なお二人、まさに剛と柔。お二人とも本選のご常連ですが、今回もりゅーとぴあで聴けるといいなぁと思いました。

高校生の部では皆さんさすがにうまい。
ただとっても緊張されている方が多かったです。
普段こんなことはないんだろうな~少しもったいないな。と思うこともありますね。
そんな中、やはり実力ある皆さんは見事な演奏をされていました。
個々にお名前を出して書けばいいのかもしれませんが。。。

今日、会場で昨日一般の部で弾かれた方にお会いしました。
発表まで夜も眠れないそう。
やはりご本人はそれだけの想いで発表を待たれている。

今この段階で第三者があーだこうだと書いてしまうのはよくないですね。

ただ高校生の部では、お一人とっても楽しい音色が飛び出てきそうな演奏を聞かせてくれた方がいらっしゃいましたよ。
「のだめカンタービレ」でのだめがどっかの古城でミニコンサートやる場面がありますよね。
モーツアルトおたくの城主でずっとモーツアルトばっかの演奏が続いて
でも最後にのだめがラヴェルの道化師の朝の踊りをやったら、ぱー!と明るい音がひろがる。
そんな感じを受けた瞬間が今日ありました。本選に残ってらっしゃるといいなぁ。

さて予選も終わりました!!
いよいよ明日の県民の新聞朝刊で発表が出ます!
私も明日は朝4時半頃に起きて、その本選出場者さんをすぐにここに書きたいと思います!!
感想はその後に。

おきるぞー!

ひとつだけ宣伝を。
西川でちーまま様たちがおこなっている、7のつく日コンサート!
明日の27日にもありますよ!
こちらです。
e0046190_22132885.jpg

ぜひ聴きにいけそうな方はよろしくお願いします。

では「JIN-仁」も後半。
早く寝て明日は早く起きます!

私も結果が楽しみです。

ただいま「JIN-仁」完了。。うーん、こうきたか。
全然違うラストになってましたね。ちょっと展開が苦しいか。
原作のはテレビにしにくい内容でしたしね。
でもやはり
原作の最終回のほうが感動します。
ぜひテレビで感動された方は原作のラストも読んでみてください。

寝なくては!
by concerto-2 | 2011-06-26 22:15 | 演奏会のこと | Comments(0)
ま、ま、またやってしまった。。
2時間かけて書いて、最後の食べ物を写真を載っけて、その写真を消そうとクローズの◯ポチをクリックしたら。。。なんとそれはブログ入力画面の◯ポチだったー!! しゅるると消えたメイン画面。。
当然消そうと思った写真だけ残った無情のデスクトップ。。
またしても真っ白に燃え尽きてしまった。。


でも奮い立ちます。くぅ〜切ない。。。10時までには終わらせるぞ〜。。しんどい。。
11時からはFMPORTクラシックホワイエ聴きましょうねー。Tさん宣伝したぞ〜。

き、き、今日はついに始まった新潟県音楽コンクールの新潟予選会に行ってきました!
会場は新潟市音楽文化会館。
そして今日の審査はピアノ中学生の部、弦楽部門、ピアノ連弾、ピアノ一般の部です。
そのうち私は午前中のピアノ中学生の部の前半のみと午後のピアノ一般の部を聴いて来ました。
中学生は前半だけですが15人だったかな。一般は12人。

中学生さんの演奏は皆さん上手い。ただやはり差が出始めますね。
今の段階で誰がよかったとかの感想を言うのは適切ではないと思うので言いませんが
3人くらいこれは!と思う方がいらっしゃいましたよ。
本選までいけるといいですね。特にAさんには本選行って欲しいな〜。

さすがに一般の方は課題曲がショパンの「蝶々」&「木枯らし」という難しい組み合わせだったこともあってか、いつもより参加が少なかったですね。
それだけ実力が問われるということも言えるでしょう。
こちらも結果が月曜日発表になるまで、安易なことは言えません。

この方はまず大丈夫でしょうという人がいらっしゃいましたので。
それは二宮麻里子さん。
今回の一般の中では頭抜けていましたね。
もともと二宮さんは高校生の頃から表現力には定評がありました。
そこにテクニックがかなりついてきたことで、難曲であっても揺るがず、余裕があるかのような安定した演奏が出来ています。聴かせどころを提示できる、というか華のある所に華を咲かせることが出来る。
そんな演奏でした。
木枯らしと蝶々と言う難しい組み合わせの課題曲を汲々しないで演奏されてたのはさすがでした。

二宮さんが活躍されるのは個人的にとっても嬉しいんです。
というのは二宮さんの高校時代の同級の皆さんには存じ上げている方がとても多くて、思い出もたっくさんあるんですよね。
高校生の二宮さんもとってもかわいかったですよ。今はもうすっかり大人になっちゃって。。
って、じい様のようなことを書いていますな私。
でもほんと懐かしいです。やはり今日出られた玉木さんもたしかそうでしたよね。
みんな立派に頑張っていらっしゃいますね。

今日演奏された皆様お疲れさまでした。
明日はピアノ小学生の部と高校生の部の予選が行われます。
ぜひ明日の皆さんも頑張ってください!

明日はその音文さんの県コンの他に
りゅーとぴあさんではこちらがあります。
e0046190_21142997.jpg

シティブラス越後さんです。
エキストラでDaaさんが入ってらっしゃいます。ぜひ聴きに行かれた方はクラリネットパートにご注目を!

オルガン研究会さんもありますよ。
e0046190_2118984.jpg

会場は東新潟教会さんです。新潟駅のすぐ近くの教会ではないのでご注意を。
ぜひよろしくお願いします。

りゅーとぴあマガジン最新号も出ましたね。
e0046190_2120147.jpg

6階展望ラウンジのとこですね。
ここいいですよね〜私は大好きです。たまに外に出て1周します。信濃川がきれいなんですよ〜。
ぜひりゅーとぴあさんの屋上庭園遊歩道も歩いてみてくださいね。

それで、りゅーとぴあさんの自主事業公演でオーディションがあるのをご存知でしょうか。
こちらです。
e0046190_2122261.jpg

来年3月3日にりゅーとぴあさんでオペラ「リゴレット」ハイライト版公演がおこなわれるんだそうです。
なんとそこでのヒロイン役ジルダを公募オーディションとのこと。
しかしそれは新潟向けのものということではないようですよ。
オーディション会場はすみだトリフォニーで9月24日に行われるそうです。
ちなみに相手役の方はイタリアでオーディションを行って選ばれるんだそうです。
けっこう大規模な企画です。
でもやっぱり新潟に縁ある人にとってほしいですよね。
詳細はこのパンフに書かれています。応募要項&申し込み用紙にもなっています。
我こそは!と思われるソプラノさん、ぜひぜひご応募を!

今朝の県民の新聞さんには尺八鯨岡さんのプロデュース公演があーとぴっくすに出ていましたね。
e0046190_21265473.jpg

これ行きたいんだけど木曜日で動けないんですよね。残念。
鯨岡さんや琴の藤崎さんは新潟邦楽界の宝だと思っていますよ。ぜひ聴きに行かれてください。とっても面白いですから。
あっ藤崎さんにメールする用事があるのにしてない! ドクターKさんごめん。明日には。。

なんとか最後まで持って来れました。。
最初書いた記事の半分以下になってしまいました。。(どんなだけ長いんだ最初の記事w)
入れられなかったものはまた次回に。。
とにかくネタがたくさんありすぎますよ新潟音楽界!!
嬉しい悲鳴が出るくらいに楽しいもの、いいものがたくさんあります。ぜひそういうものにのっかりましょう!
みんなで盛り上げて行きましょうね。

ときにはまったりと。。
e0046190_21311224.jpg

知る人ぞ知る名品。とりたま工房さんの「にわとりの卵」プリンです。
これは超絶おいしいですよ。
お勧めです。

プリンと言えば
昨年よくプリンつくって持って来てくれてた私の友人の料理人君。
というか、えんやで団子つくってた元パティシエ君。
転職して道路作る仕事についたとたんに東日本大震災。
最初の赴任地が仙台。
頑張って道路作ってるかな〜。
カネコンまるこめ君(ぼうず頭の金子君なので勝手に私が命名してました)がんばれよー!

とりあえず今日はこんなところで。
オカリナ&ギターとか、ちーままさまのとか、ギエルミのCD紹介とか、みんな次回に。。

明日いい天気でしょうかね。。
天気がよかったらどうぞオルガン研究会さんのコンサートにお越し下さいね!
はぁぁぁアップだぁぁぁ
by concerto-2 | 2011-06-25 21:38 | 演奏会のこと | Comments(6)
今日も雨でした。でももう峠は越えた。。。のかな。
ぜひ週末はいい天気であって欲しいです。

今日はベルガルモの公演もありましたが
なんといっても第一にお知らせをしたいのは明日からいよいよ始まります
新潟県音楽コンクールの予選!!
上越では既に先週終わっています。今週末の新潟音文と長岡リリックでの予選で本選通過者が決まります。
今回リリックでは声楽と管楽の部門が行われます。
声楽も管楽も予選者の方々は昨年並、もしくは昨年以上のチャレンジされる方がいらっしゃるそうです。
特に昨年は近年まれにみるとまで言われた管楽器がハイレベルなコンクールでした。
その影響もあって今回管楽を受けてみよう!という方が増えたかもしれませんね。
個人的に頑張って欲しい方もいらっしゃいます! 某フルートWさん。頑張ってください。

そして新潟市音楽文化会館会場ではピアノ部門と弦楽器部門が行われます。
となると、いつなんの審査が行われるかが興味津々ですよね。
私のわかる範囲で調べてみました。たぶんこれであっていると思うのですが。。

明日の土曜日は
10:30〜13:05 ピアノ部門中学生の部
13:15〜13:40 弦楽器部門
14:00〜14:10 ピアノ部門連弾の部
14:15〜15:30 ピアノ部門一般の部

日曜日は
10:30〜11:15 ピアノ部門小学生1&2年の部
11:25〜13:05 ピアノ部門小学生3&4年の部
13:30〜16:35 ピアノ部門小学生5&6年の部
16:50〜19:05 ピアノ部門高校生の部

でいいと思います。。。もし違ってたらごめんなさい。それに時間って動きますからね。
この部門を聴きたい!という方は余裕を持って会場に行かれてください。
小学生が激戦の様子ですね。

私は土曜日の中学生と一般のピアノをなるべく聴いてこようと思っています。
前回急な事情で出れなかったある方、リベンジ頑張りましょう。楽しみにしています。
「木枯らしがひけないよぉ〜」と最近もおっしゃってた某Mさまw 楽しみにしてますよぉ〜。

たしかに今回一般の皆さんの演奏される「木枯らし」は私も楽しみにしています。

なかなか緊張がはりつめるのが県コン予選会。
ぜひ突破してりゅーとぴあコンサートホールに立って演奏しましょう! 皆さん頑張ってください!

そんな新潟県音楽コンクールでかって中学生という若さで大賞を獲得したのがヴァイオリンの井上静香さん!!
先日、県民の新聞さんのあーとぴっくすにコンサート紹介がでてましたね。
e0046190_20415925.jpg

まさに新潟県音楽コンクールの本選がりゅーとぴあで行われている、その当日にだいしホールで行われるコンサートなんですよね。
こちらです。
e0046190_20432351.jpg

7月31日(日曜日) だいしホール 14時開演
「井上静香と仲間たち」
こちらチケットは3000円。取り扱っております! よろしくお願いしますね。

そして同じ日の新潟県音楽コンクール本選会。こちらも当然!チケット取り扱っております。
よろしくお願いします。

で、やっとなんですが
今日の金曜日は午後1時から西堀8にあります。真城院というお寺でのトリオ・ベルガルモのコンサートに行って来ました。
なんとこのお寺様、本堂にアップライトピアノがある! このことがまずスゴイ!

私が入った頃はしとしと雨でしたが。。
e0046190_20485671.jpg

演奏している頃は大雨! でもおっきな雨音を聴きながらクラシック演奏を聴くという機会はほとんどないと思うので貴重な体験でした。でも楽器のコンディションを保つのは大変だったと思います。

御客様も開演時間の頃は20人くらいで、まぁこの天候だし、こういうとこでのコンサートだから仕方ないか。。
と思ったら
開演時間になった頃から続々とつめかける御客様!!
開演を伸ばしての対応で、結局ぎっしり満員でした。さすがはベルガルモ。支持層が広い。
演奏は日本歌曲の編曲や映画音楽の編曲、あるいは白鳥やチャルダッシュなどソロが引き立つ曲
そして最後はベルガルモといえば「ボレロ」
1時間の公演は中身がぎっしりと詰まったものでしたよ。
こういうポピュラーコンサートってとっても大切だと思います。
手を抜いたらわかりますよ。
今日の演奏も3人の力が発揮されたものでした。特に渋谷さんのチェロはいつにもまして雄弁だった気がします。
3人ともきれいなドレスで、御客様に非日常感を与えてくれたと思います。
これも大事なんですよね。
あるコンサートで運営の方から「ドレスで来て欲しかった。。」という事を御聴きしたことがあります。
この方、とても音楽好きな方で素人さんではありません。
御呼びになられた御客様のことを考えての言葉でした。
「きれーな女性がドレス着て優雅に演奏していればいいのか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
私は
「それもいいと思いますよ」と思っています。
やはり普通の御客様あっての音楽産業です。これはビジネスだから。
それに演奏という行為が優雅なものだけではないということは生を見ていただければわかりますしね。
白魚のような指が鍵盤をなだらかに奏でて〜などということは現実は違うんだな〜ピアニストって体力いりそうだな〜と思っていただければ、一歩詳しくなっていただけます。興味持っていただければ、また聴きに来ていただけますしね。
顧客満足度を考えないビジネスは続きませんからね。
それは演奏者というより主催者の意気込みも大事だと思います。

今日、たまたまそういう非常にガッツ溢れるコンサート運営に燃えてらっしゃる方々とお会いしました。
佐渡と燕でこの夏演奏会をおこなうべくがんばってらっしゃいます。
演奏者さんはイギリスから来られます。
とっても頑張ってらっしゃいますよ。
ぜひちゃんとご紹介したいので、後日また詳しくご紹介しますね。

ちなみにトリオベルガルモは9月の4日に燕、30日に弥彦でコンサートがあります。
こちらにはフルートの市橋さんも加わっての強力なる4人でのコンサートです。
また時期が来ましたらご紹介しますね。

ベルガルモのピアノ石井朋子さんのジャズギタリスト経麻朗さんとのジョイントコンサートは8月27日です。
おぉここにも大きなポスターが!!
e0046190_21113182.jpg

西堀の4になるかな。フラメンコギタリスト徳永さんのお店です。
「アンビアンテ」さん。生演奏でのフラメンコが聴けたり、また踊りも見れますよ。
アコーディオンの田中さんもよくここでコンサートをされたりしてますね。新潟の音楽の拠点の一つです。
貼っていただきどうもありがとうございました。
チケットも取り扱っております。よろしくお願いします。

チケットと言えば、本日でソプラノ今井あいさんのだいしホールでのコンサートのチケットが完売しました!!
当店のみならず全プレイガイド&今井さんのご実家でのもの全て完売です。
すごいですね。
チケットを買われた方はぜひ楽しみにしましょうね。私も楽しみです!

今日のCDはテレマンの12の幻想曲。
e0046190_21154943.jpg

テレマンの無伴奏ヴァイオリンの為の12のファンタジアの全曲です!
だから2枚組になっています。
演奏者はヴァイオリニスト寺神戸亮さん。もう日本が世界に誇るヴァイオリニストですよね。
このCDをちょっとだけダイジェストで聴きましたが、なかなかいですよ。演奏も良いけど音がまた良い。
オーディオ面でも優れたアルバムだと思います。

西堀と言えば、がっつり食べるにはここがあります。
西堀7にある「おぎ野」さんのランチ。
e0046190_21193316.jpg

ハンバーグ&海老フライのランチ。
これで680円。
けっこう量多いんです。そしていろんなメニューがあるので男性陣にはお勧めですね。
女性にはお腹いっぱいになるかも。
以前、某美貌の方に紹介したら、「食いきれなくて困ったよぉぉぉ」と言われてしまいましたw
そして周りはサラリーマンおじさまばかりで。。
いやぁその時は申し訳なかったね。Tさんw

今頃県コンにチャレンジされる方は練習で必死かな。
ぜひ思いっきりの良い演奏をやって来てくださいね。
りゅーとぴあ本選でお会いしましょう!
by concerto-2 | 2011-06-24 21:23 | 演奏会のこと | Comments(2)
雨です。。。しかもけっこ〜強し。。
ま、梅雨ですからね。
それにしても晴れないかな。。。

今日はワンコインコンサートがあったんですよね。
宣伝し忘れていました。
今日は豊栄のご出身のパイプオルガン奏者の安積道也さんによるパイプオルガンのコンサートでした。
行かれた御客様にお話を御聞きしたら、なかなかたくさんの方が聴きに来られていたそうです。
この悪天候の中、よかったですね。

ではいくつか最近出た、りゅーとぴあさん関連でのチラシからピックアップ。
まずは、私が一番驚いたものです。えーこんな方が来られるんだ!と。
e0046190_169559.jpg

パイプオルガン界の超大物です。ロレンツォ・ギエルミさんが来られるなんて!!
全く知らなかったので驚きました。
CDではもうおなじみのお名前、その方の演奏が新潟で聴けるだなんて。これは買いだと思います!
9月3日(土曜日) 15時開演 です。

ジュルネ新潟でも喝采を浴びた仙台フィルさんの新潟公演。本チラシができましたね。
e0046190_16164610.jpg

10月16日(日曜日) 17時開演
仙台フィルハーモニーさんの特別演奏会です。
指揮は首席客演指揮者の小泉和裕さん。
プログラムはオールベートーヴェンで
エグモント序曲、交響曲第4番、交響曲第3番「英雄」となっています。
またジュルネ新潟の時のような異様なる興奮が再び巻き起こりますでしょうか。
ぜひ楽しみにしましょう!

佐渡裕氏新潟に!
e0046190_16211021.jpg

佐渡裕指揮 ベルリン・ドイツ交響楽団 新潟&長岡公演
10月28日(金曜日) 19時開演 りゅーとぴあコンサートホール
プログラムは
ベートーヴェンのレオノレーレ序曲第3番、モーツアルトのピアノ協奏曲第23番、チャイコフスキーの交響曲第5番

10月29日(土曜日) 14時開演 長岡市立劇場
プログラムは
Rシュトラウスのドンファン、ラフマニノフのパガニーニの主題による変奏曲、ベートーヴェンの交響曲第7番

今や時の人となった感すらある佐渡裕さんの公演です。
新潟へは3月の公演が中止になったこともあって久しぶりです。チケット争奪戦になりますでしょうかね。

クアルテット・エクセルシオ、今年はベートーヴェン!
e0046190_16333327.jpg

ハイドン、モーツアルトときて、いよいよベートーヴェンです。
前の2シリーズはいずれも大好評でした。
またスタジオAが満員になることでしょう。
9月21日が弦楽四重奏曲第3、4、6番
10月21日が弦楽四重奏曲第10、13番、大フーガ
12月6日が弦楽四重奏曲第7、15番
という予定になっています。
エクセルシオさんいいですよ〜。まだ聴いてないんだという方は今度こそぜひ聞いてみてください。

それで仙台フィル公演もそうですし、エクセルシオさんもそうですが、りゅーとぴあさんでは
この9月から1月にかけて、ベートーヴェン・ツィクルスと題してベートーヴェンものを取り上げたコンサートを連続させる企画をやります。
その日程は
vol.1. 9月4日(日曜日)  東京交響楽団 新潟定期 「第九」
vol.2. 9月21日(水曜日) クワルテット・エクセルシオ 演奏会1
vol.3. 10月6日(木曜日) 平井千絵 フォルテピアノで弾くベートーヴェン
vol.4. 10月16日(日曜日) 仙台フィルハーモニー特別公演 「英雄」
vol.5. 10月21日(金曜日) クワルテット・エクセルシオ 演奏会2
vol.6. 11月19日(土曜日) 茂木大輔のオーケストラコンサートNo.7「田園」解説公演
vol.7. 12月4日(日曜日) イリーナ・メジューエワ ピアノリサイタル
vol.8. 12月6日(火曜日) クワルテット・エクセルシオ 演奏会3
vol.9. 12月20日(火曜日) イリーナ・メジューエワ ピアノリサイタル
vol.10. 2012年1月15日(日曜日) 東京交響楽団 新潟定期「田園」

となっています。
個人的にはメジューエワのリサイタルが楽しみです。何を弾くんでしょうかね。

もっと近々なことで。何度も宣伝をしていますが、7月1日のこちらの公演。
e0046190_165753100.jpg

金森穣さんと山本真希さん、そしてアプリコットさんが一挙に公演をする特別公演。
こちらの入場整理券は当店でもおいています。
ぜひチャリティー公演ですので見に行きましょう!
それとオルガン研究会様からご協力のお話がありました。ありがとうございました。
よろしくお願い致します。

さてそこで登場するアプリコットさん。
まだまだご覧になられていない方も多いのではないかと思います。
ジュニア音楽教室とならんでりゅーとぴあさんがバックアップしている子供達でつくる演劇です。
このアプリコットさん、私も何度も見ていますが、びっくりするほど素晴らしいですよ!
昨年の佐渡の民話を元にした作品は大感動したものです。
ぜひまだの方はご覧下さい。

そしてそこでのいわば全体の中の一部を見て、良いじゃないか!
と思われた方はぜひほんとうのフル公演にお越し下さい!! こちらです。
e0046190_1763749.jpg

8月19日〜21日 りゅーとぴあ劇場
「スーホの白い馬」

今回はこの名作の舞台化です。モンゴルの民族楽器である馬頭琴の由来にもなったこのストーリー
本や絵本にもなっていますので、ご覧になられた方も多いと思います。
ぜひこのアプリコット公演ではご存知の方もまだこのお話をご存知でない方も、きっと感動できる仕上がりになっていると思います。
だまされたと思っていただいていいですので、ぜひ一度見に来てください。全席自由で1000円です。

今回の音楽はヴァイオリン庄司愛さん、チェロ渋谷陽子さん、ピアノ野瀬珠美さんとなっておりますね。
ほんとうにいいですよアプリコット。

りゅーとぴあさんでは、まだこれ以外にも新しいものがありますし、これからも続々出て来ることでしょう。
その都度ご紹介していきます。
ぜひりゅーとぴあの来場者数をクロスパルには届かなくても、みなとぴあより少ないと言われることのないようにしたいものです。
実際まだりゅーとぴあに入ったことなくて〜敷居が高そうで〜という方がいらっしゃるんですよね。
常連の方の口コミの力で一人でも多くの人が来てくれるといいと思います。

先ほどの庄司愛さん、渋谷陽子さんといえば、、、、石井朋子さんを加えてトリオ・ベルガルモ。
そのベルガルモさんですが、明日公演があります。
これはここで宣伝していいものなのかが、よくわからないので私は書かないでおきますが
公開されていることなので普通に行けば聴けると思います。
何所で? 何時に? という詳細はベルガルモさんのHPをご覧下さい。
当然、私は行って来るつもりです。

りゅーとぴあさんといえば、お腹がすいたらぜひ6階の展望レストラン「柳葉亭」さんにお越し下さい。
リーズナブルでありあがら、とてもセンスの良く美味しいメニューがたくさんありますよ。
こちらは「ひやし茶蕎麦」です。
e0046190_17193362.jpg

冷たくて気持ちいいですよ。
展望ということで眺めもいいし。
e0046190_17213096.jpg

ビッグスワンや県庁、信濃川が見れます。
単に待ち合わせとか時間つぶしでもいいんですよ。
ぜひ御時間ありましたら6階まで上がってみてください。天気が良ければ屋上の遊歩道も歩けますので。

雨が上がりましたね。もう降らないといいのですが。。

今週末にはいよいよ新潟県音楽コンクールの音文での予選がスタートします。
私は土曜日のを聴きに行けるかなと思っています。
チャレンジされる方は今頃最終の追い込みでしょう! 頑張ってくださいね。楽しみにしています。
by concerto-2 | 2011-06-23 16:52 | 演奏会のこと | Comments(0)
まずは今朝の県民の新聞さん、ご覧になられましたでしょうか!
快挙ですよね!
e0046190_1858769.jpg

阿賀町出身のソプラノ丹藤亜希子さんがどーん!と載っています。
7月に行われる二期会オペラの「トゥーランドット」で主役の姫を演じることになってらっしゃいます! すごいですね。
丹藤さんは当店にもいらしたことがあって、ちょっとしたエピソードもあったりして私もよくおぼえています。
メールなんかもやり取りしたりして。
とてもスケールの大きな歌い手さんです、今や希少と言われるソプラノ・ドラマティコと言われる部類のソプラノさんです。ワーグナーなんかもやったりされてますが、とてもスケールの大きな歌を要求される役所を得意とするポジションです。
こういう方が新潟から出られたというのは嬉しいですね。
インタビューの中で、日常は地道な練習と 意外にも「アルバイト」
ここのところを意外と思われた記者さん。
やはりそういう認識なんだろうな〜とちょっと思いました。
演奏者さんってけっこうたいへんなんですよ。。
丹藤さんはこれからもっと大舞台に上がっていかれる方だと思います。頑張ってください!

先週ですがこういう記事も載っていましたね。リアルタイムに載せられなくてすいません。
e0046190_198137.jpg

新大付属新潟中学校で日本の伝統楽器を体験しようという授業がおこなわれたそうで、講師として藤崎浩子さんが招かれたとのことです。
こういう授業って楽しそうで良いですね。藤崎さんもきっと和楽器にお子さんが親しまれていくのを見て嬉しかったのではないでしょうか。

では本文で。
今月のナクソスの新譜が出ました!  って実は〜今月は月半ばが発売日だったのですが、こないな〜延びてるのかな発売日〜
いやいや、延びているのでなく私がオーダーし忘れていたんです。ひー!
ということで今日入って来ました。ちょっと数点欠けているのですが、今回もなかなかユニークなものが揃っています。
帯キャッチコピーの名手、ナクソス京香さんの名文とともにご紹介! (タイトルの前の数時は品番です)
****************

「暗い時代だからこそ、人の心は拠り所を求める 例えそれが許されない愛であっても」
8572597 バックス:冬の伝説 他

「心はいつも故郷ウェールズにあり 現代的な響きの中に懐かしい面影も」
8572292 マティアス:ヴァイオリンソナタ集

「ちょっと聞くとジョン・アダムス そのうちトルコ風味がじわじわきます」
8572553 インス:交響曲第5番「ガラタサライ」他

「師であるショパンは手掛けることのなかったヴァイオリン曲 彼の思いを継いだ弟子たちが思い思いの花を咲かせる」
8572460 ショパンの弟子たちによるヴァイオリンとピアノのための作品集

「オーケストラで聴いても、ピアノで聴いても ドビュッシーの色彩感覚は凄すぎる」
8572385 ドビュッシー:4手のための初期作品集

「楽譜さえ現存していれば正当な評価が与えられたはず 幻の作曲家、ストラーチェの変幻自在な音楽を」
8572209 ストラーチェ:チェンバロのための音楽集

「シベリウスの代表作登場! この曲には何か人の心を高揚させる成分が含まれているに違いない」
8572704 シベリウス:交響曲第2番、カレリア組曲他

「宗教曲だからと言って畏まることはありません 全ての人が一つになって高らかに歌えばよいのです」
8572653 ラター:グローリア/マニフィカト/テデウム

「ふくよかな楽器の響きと、鄙びたオルガンの音色、そして充実の合唱。 ハイドンの職人気質をとことん楽しむ1枚です」
8572128 ハイドン:神なる聖ヨハネのミサブレヴィス/テレジアミサ

「ほとんど同じ時代を生きた父と息子 共通する言葉は愛。ただそれだけ・・・?」
8570562 リスト;ワーグナー&ウェーバートランスクリプション集

「弦楽器がなくても、ここまでスゴイことができる 様々な素材を丁寧に紡ぎ、現代風の味付けを施した作品たち」
8572528 ファンファーレ、カプリッチョとラプソディ

「こんな作品を書いてもいいのだろうか? 晩年のサン=サーンスの逡巡が目に浮かぶ美しすぎる秘曲」
8572454 サン=サーンス:弦楽四重奏曲第1&2番

「あのマーラーも拝伏した早熟の才能 コルンゴルドの知られざる歌曲の全貌がついに明らかに!」
8572027 コルンゴルド:歌曲集第1集

「刺激的なものばかり書いていると 時には心休まるものも書いてみたくなるのでしょう」
8559644 ディロン:ヴァイオリン作品集

「全ての国境を越え、太古の時を経て繰り返される音たちの対話」
8559637 ゴンバー:ヴァイオリン協奏曲他

「弦楽器も管楽器も必要なし 打楽器の響きは人に眠る野生を呼び起こす」
8559683 打楽器のためのアメリカ作品集第1集

「新古典派から十二音まで、スコアを丹念に磨きあげて表出された音の像」
8557532 ストラヴィンスキー:協奏的二重奏曲 他

「現代の名演奏家たちが絶大なる信頼を寄せる作曲家 この1枚で彼の創作の原点がわかるかも」
8559638 カリアー:ピアノ作品集

「フォーレ?プーランク? いえいえ、最近人気のフローラン・シュミットの地味な室内楽」
8570489 フローラン・シュミット:ピアノ五重奏曲 他

「切なくも美しい響き満載。ハイフェッツの依頼で生まれた2つの協奏曲」
8111367 ウォルトン、テデスコ:ヴァイオリン協奏曲他/ハイフェッツ

「恐い話のあとは、ほほえましい話で口直し」
8111370 メノッティ:歌劇「霊媒」、歌劇「電話」/バラバン

が当店に本日入ってきたものです。
コピーとしては最初のバックスのものが心に残りますね。これがどういう意味なのかはぜひバックスの生涯を調べてみてくださいね。
内容ではショパンの弟子たちのヴァイオリン作品集というのは特別ユニークですね!
ショパンもヴァイオリンの作品書いてくれたらよかったのに。
それにしてもナクソスレーベルはいろいろと出しますね〜

次に日本のレーベルでオクタヴィアさんの新譜を数点ご紹介。
まずは今店内でかけています!
e0046190_19182535.jpg

新潟県にもゆかりがある実力派ピアニスト、藤原由紀乃さんの新録音。
ラヴェルのピアノ作品集です。
藤原さんと言うとドイツ系のイメージがある方ですが、このラヴェルもなかなか。
ファンタジー性というよりしっかりとしたラヴェルだと思います。
20歳でロン=ティボー国際コンクールの覇者になってからの藤原さんの人生については、アリアCDの松本社長が詳しく著書で御書きになられていますね。なかなかのラヴェルです。

これはヴァイオリンの方お喜びになられる。。。かなw
e0046190_1948133.jpg

ドントの24のエチュードとカプリースです。
弾いているのは木野雅之さん。
ドントってヴァイオリンやってらっしゃる方以外ほとんど知られていないと思います。
でもやってらっしゃる方にとってはこれは喜ばしいのではないでしょうか。
この前のチェロでもこういうのありましたけど、どんどんこういう練習曲たちってCDになってほしいです。
チェロのゴルダーマンどこかつくって〜。

最後はチェロもの。
e0046190_1951352.jpg

ラフマニノフとブリッジのチェロソナタです。
ブリッジのソナタとは、これまた渋い。
チェロはスタンツェライト、ピアノは新潟にも来られた川島基さんです。
根津要さんのチェロを見事に支えた川島さんのピアノ、ここでもきっと素晴らしいことでしょう。

とりあえず3点ほどご紹介。バボラークのモーツアルト&ハイドンの協奏曲なんて言うのも出ましたよ。

今日はソプラノの五十嵐尚子先生がいらっしゃいました!
五十嵐先生と言えば。。まぁ新たなチラシを見ていただきましょう。
e0046190_19561971.jpg

7月31日(日曜日) 18時半開演 ぽるとカーヴドッチ(みなとぴあ内)
「日本歌曲を楽しむ真夏の夕べ」
食事&ドリンク付きで5000円。
出演はソプラノ 五十嵐尚子さん  ピアノ宮下節さん。

そして五十嵐さんのお名前表記の右を、よ〜〜〜〜くご覧になってくださいね。
第22回奏楽堂日本歌曲コンクール奨励賞受賞。
とあります。
さすがは五十嵐先生! やりますね〜。北区の誇りでしょう! 

今日はネクスト21で行われている
「東日本大震災 報道写真展」
を見て来ました。
e0046190_2028298.jpg

既に雑誌等で目にした写真が多かったですが、大きなので見るとまた衝撃をうけます。
大変なことだったんだと改めて思い返しましたね。
ついつい過去のことに思ってしまいがちですが、そうでは全然ないんだということを強く訴えかけてくる写真展です。26日まで行われているようですね。

おぉここにも経麻朗さん&石井朋子さんのコンサートのポスターが!!
e0046190_204366.jpg

古町5にあります、老舗の酒屋さん「大久保酒店」さんです。ありがとうございます!!
チケット絶賛発売中です! よろしくお願いします。

セブイレファイブの新製品。あら、またやっちまったかな〜。。。
e0046190_2055741.jpg

ネーミングは面白い「一口目から豚焼肉マヨ」。
食べてみる。。。うーん、なるほど。豚焼き肉マヨをうす〜〜くして端まで入れてあるんですね。
しかし、、、私の採点は低い。これはいかんでしょう。
まず肝心の豚焼き肉マヨが今イチ美味しく無い。薄くした分ボリューム感がない。
それよりなにより!! こんな端まで具をうすくして入れると
「おにぎりのドラマ」がないではないですか!!!
おにぎりというのは、まず一口食べて。。その時は具なんか到達していないんですよ。
具の味はどうかな〜とかご飯の味を味わいつつ楽しみにする。そしてもう一口。
おっ具に到達。なかなかいいではないか。。そして最後はまたご飯だけとか。。
そういうストーリーがなければおにぎりではないと思います。
そもそもですね、最近のおにぎりは具が多すぎるんです! これは菓子パンもそう。クリームとか多すぎ!
入れれば良いってもんではないでしょう。
セブンもこんなん作ってたらローソンにはいつまでたっても勝てません!! 無駄な時間を費やすんではない!
早くコンビニおにぎり界では至難のわざと言われる「卵焼きおにぎり」を出すべき!
ローソンが一頃出してましたよね。数年前に。あれは名作でした!
ところがそのローソンも何をとち狂ったのか、出し巻卵に小魚みたいなの入れたものに変えたんです。
食えないでしょーが!!私が!!!
上質な卵焼きおにぎりを早くセブンにも開発して欲しいです。
なんかセブンってベクトルがおかしいんですよね。基本をもっと重視して欲しい。
変わったものはベーシックなものには勝てません。
と思わずコンビにおにぎりで熱くなってしまいました。
これもセブンに頑張って欲しいからです。

あんなセブンのシュークリームはクリームがとろとろで美味しい〜なんてテレビの提灯コメントにだまされてはいけないぞセブン! 
あのクリームだと危なっかしくて立って食べれません!
その上に昨年はスペシャルシューとか言ってとろとろクリームシューにチョココーティングなんかしちゃったりして! どこを持てっつんだい!手がチョコでべとべとになるし、クリームとろけて落ちるし最悪!! 盛ればいいっつーもんじゃない!

おっと、、またまた話が変な方向にまでいってしまいました。
やはりエンドユーザーがどうやってどういうタイミングで、どのようにして食べるんだろうということまで考えないとだめだと思います。

なんだかんだ言ってもコンビニが好きな私です。毎日行ってます。
良い商品がもっともっと世に出ると良いですね。

ってなんの話だっけ(笑)

次はりゅーとぴあさんの新しいチラシ関係をご紹介する予定です。
雨振るかな〜
by concerto-2 | 2011-06-22 19:39 | CDの紹介 | Comments(0)
今朝いつものようにセブイレファイブでおにぎりを買ったら。。
青50のボタンを押されてしまった。。あぁ〜朝からブル〜50かぁ〜。。

昨日の休日は新潟市美術館に行ってきました。
いつも月曜日は休館日なんですが、今週はやってたのでラッキー♪
お目当てはこちら
e0046190_1950250.jpg

「赤塚不二夫 展」
私は特にファンということでもありません。そもそも世代がちょっと違うかな。
それに天才バカボンも私の頃は末期状態で、ひどかった。
そのひどかった時期のも展示がありました。懐かしかったです。
たしかに希代の天才だったとは思います。
一つの時代を象徴するものという感じで見て来ました。
この展覧会は会期7月10日までです。もちろん大ファンという方もたくさんいらっしゃると思います。
ぜひそういう方はお早めに!

マンガと言えば。
ビッグコミックのオリジナルかな、今出ている最新号を立ち読みしてたら。。。
思わず!おぉー!!!と声を出してしまった広告がありました!
もうわたくし狂喜乱舞です。それはこちら!
e0046190_19503070.jpg

私が長篇マンガでは唯一あの名作「ブラックジャック」を凌ぐと思っているナンバ−1マンガ
「マスターキートン」がコミックで復活します!!
この大名作はいろいろなトラブルがあって、漫画界から抹殺されていたんですよ。浦沢さんのキャリアからも消されていたりして。
私は当然全巻持っていたのですが、2004年の7月に起った中越大水害の時にちょうどそっちのほうの友人に全巻貸していたら
みんな水没。。マンガコミック100冊くらいがが全部。。
それからは再び買ったりしてなかったんですね。中古本屋さんで読むだけ。
それがやっと出ます! 「JIN-仁」の原作も素晴らしいです。特にラストは素晴らしい。
しかし、このマスターキートンのラストの「僕はここにいる」という台詞の爽やかさ。あれは思わず連載のビッグコミックに載ったとき涙ぐんでしまったものです。
長篇マンガで私が第1位と思っている「マスターキートン」これはお勧めです! ちなみに単刊ものの第1位は大友さんの「童夢」だと思っています。

新規取扱チケットのお知らせです。
まず最初は新潟声楽協会さん。
e0046190_1950517.jpg

9月11日(日曜日) 新潟市音楽文化会館 14時開演
「新潟声楽協会 演奏会 〜日本歌曲とシューマンの歌曲〜」
チケット 1500円です。
新潟の声楽界の素晴らしさ、奥深さが聞ける演奏会になると思いますよ。

そして新潟屈指のエンターテイナー川崎祥子さんのライブ。
e0046190_19511845.jpg

8月21日(日曜日) 水の駅「ビュー福島潟」6階展望ホール
「ピアノコンサート with many MAHAKOS Ⅳ」
ピアノ&キーボードの川崎祥子さんが福島潟で行うコンサートはもういつも満員になるほどの人気です。
今回は全曲でもリクエストでやっちゃおうという企画コンサートです。
リクエストの応募はチラシにアドレス等が掲載されていますよ。

最後はなんか感動すらおぼえる。。こうしてチラシに載るくらいになったんだ〜と。
e0046190_19514155.jpg

10月10日(月曜祝日)長岡リリック 14時開演
「第1回 フルートアンサンブル du Reve」
チケット 一般2000円 学生1000円

私が勝手に第2代ミス新大オケと思ってた栗原さん。チラシでは浅利先生のお隣に写っています。
おっと、順序が逆になった、これは浅利守宏先生とその教えを受けられてた方とのカルテットになるかと思います。
その中の栗原さんは一番御若くして参加されています。
新大音楽科を出られた後、昨年は県コンでもついに優秀賞を獲得されました。
ぜひこれからも頑張って欲しい方です。栗原さんが出られるならリリック行こうかな〜。

新大と言えば。
朱鷺メッセでこういうフォーラムが行われます。
e0046190_19521157.jpg

日本ドイツ学会 第27回総会 「音楽の国ドイツ?〜音楽と社会」
朱鷺メッセ コンベンションセンター
第1部はフォーラムとなっていまして
第2部がシンポジウム。音楽とドイツというものに結びついた内容になっています。
ここで新潟大学の松本先生が「音楽の国ドイツの成立と崩壊」という内容を発表されます。
愛知県芸や桐朋などからも先生方が御越しになられるようですね。
参加費はなんと500円。当日払いでいいようです。詳しくはチラシをご覧下さい。

ご覧下さいといえば今朝の県民の新聞さんでは音楽に関連した今日に深い記事がいくつもありましたね。
上越の方の小学校でヴァイオリンの牧田由紀さんと佐々木友子さんのお二人がお子さんに向けてコンサートをされたそうです。
そして、コンサート紹介の「あーとぴっくす」では7月16日にある今井あいさんのコンサートが紹介されています。
山田先生が御書きになられた文章は県コンの本選で今井さんが歌われた時の事からスタートしています。あの時私も聴いていて全く同じようなことを感じました。
当店ではあと僅かチケットがあります。たぶんもう販売されているのって、この4、5枚で終りだと思うのです。歌に興味がある方には今井あいさんぜひ御聞き願いたいです。
e0046190_1955353.jpg

そしてそのページの上にはシネウインドでもうすぐスタートする映画音楽特集の大きな記事があります。
ぜひこれも御読みください。
新大の三浦教授が素敵な文章を御書きになられています。ぜひ観たくなること間違いなしですよ。たしかに今回の作品は通常と違った視点でスポットがあてられているのが面白いですね。
私も全部観てみたいと思っていましたが、この記事を読んで更に「観たい!」と思いました!!

当店名誉店長、盤鬼平林直哉氏のグランドスラムレーベル。
これから次に出るのが前にも載せたクナッパーツブッシュのポピュラーコンサート。そしてその次に出るのがこちらです。
e0046190_19553921.jpg

フルトヴェングラーのワーグナー前奏曲、リスト前奏曲、そしてボーナスとしてRシュトラウスの4つの最後の歌の補正する前のものが収録されています。
ま、これはいいんですけど。。たぶんこのフルトヴェングラーは7月中頃でしょう、出るのが。
問題はその後なんです! これが、、まだ発表できません。。くぅ〜もどかしい。
きっと発表されると、一部の人達、まぁ100人は最低でも関係されてる方がいらっしゃるでしょうかね。おぉ〜と思われるものが出ます。
私としては大キャンペーンを貼りたい所なんですけど。。一部の人たち以外は「何それ?」なんですけどね。

下新潟の名店の一つ、海老屋さんのそばです。
e0046190_1956169.jpg

古町地区って蕎麦の美味しいお店というのがちょっと少ないかもしれませんねぇ。

今日のお昼たまたま私が食べてた反対側に私の食の御師匠様が御食べになられていたのですが、師匠様のお昼をみてびっくりでした。
何を食べてたかはちょっと書けませんけど、さすがは師匠。質量ともにすごい。
それに師匠が食べているのを見るとすごく元気もらえるんですよね。そんな人を元気づけられるような人間に私もなりたいものだと思いました。

そろそろ雨でしょうかね。。
今日はマイミーもすみよさんもお疲れさまでした。(と業務連絡。。)
by concerto-2 | 2011-06-21 19:56 | 演奏会のこと | Comments(2)