コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

最新情報をばお知らせ。

まずは
土日に音文の喫茶コルで行われる、まるちん大作の出演するドラマリーディング公演
よろしくお願いします。
ひとつまるちん大作を助ける意味でもよろしくお願いします。

土曜日は午前11時、午後2時、午後5時の3回公演
日曜日は午後4時

チケットは前売りが1000円。当日は1200円です。
私は日曜日の公演に行こうと思っています。

ではいくつかまだ知られていない最新情報で解禁になったものがありますのでお知らせ!!
まだチラシなんかも出ていないものです。

まずは
9月4日(土曜日) 場所は西堀のギャラリー蔵織さんの蔵。
「蔵織コンサート 夢のあとで」
と題されたフランス歌曲のコンサートがありますよ。
ソプラノは柳本幸子さん、ピアノは内田美果さんです。
16時半開演予定 ワンドリンク込みで2500円です。お申し込みは当店まで。

9月18日(土曜日) 西川のホール 14時開演
旧西川町のホールで冬場以外で毎月行われているコンサートシリーズ。
この9月はピアニスト村山薫さんのショパンを中心としたコンサートになります。
無料コンサートですので、ぜひたくさんの方にお越しいただきたいですね。
長岡を代表する美人ピアニスト村山さん!
とってもチャーミングな方ですよ。

9月21日(火曜日) りゅーとぴあスタジオA 14時開演
「若林勉 バリトンリサイタル」
藤原歌劇団の若林さんによるイタリアカンツォーネや日本歌曲などのコンサートです。
伴奏は片桐寿代さんです。チケットは2000円。当店でも取り扱いますのでよろしくお願いします。

11月27日(土曜日) だいしホール 14時開演予定
現代作品のみによるコンサートがあります。
出演者は
ヴァイオリン 佐々木友子さん、庄司愛さん、廣川しょうこさん
チェロ 渋谷陽子さん
ソプラノ 北住順子さん、柳本幸子さん
尺八 鯨岡徹さん
フルート 市橋靖子さん
ピアノ 石井朋子さん、栄長敬子さん、内田美果さん

という豪華な出演者さんが予定されています。
ちょっとだけ私もある方にお話を聞いたんですが、びっくりなサプライズもあるようです。
ま、それは見てのお楽しみということで内緒。
この日の夜はゲルギエフがりゅーとぴあに来る日ですけど
ぜひ午後のこの公演もよろしくお願いします!
チケットもまだ先ですけど取り扱う予定です。
よろしくお願いします。

今回はとりあえずここまで。

本当はまだ大きというか、有名な海外演奏者さんの公演もあるんですが、まだそれは公表不可なのでいずれということで。

これから秋の予定も続々発表になってくることでしょう。
あっという間に秋が来るかもしれませんよ!

私の土曜日は午後、ちょっとしたシンポジウムに。そして夜は栄長敬子さんからのお誘いで某所における小さなコンサートに行ってきます。
このコンサートも宣伝しようと思いましたが、20名限定ということでたぶん満員ではないかと思います。
一応場所は上大川前12にある新潟米油販売イベントスペースOZさんというところでのフルート&オルガンのミニコンサートです。
この場所はなかなかご存知の方は少ないと思います。
私はかって、すごいきれいな建物だなぁと写真とったことあるんですよね。
これから定期的にコンサートをされるようですよ。
リポート書きますね。
雨が降りませんように。。。
by concerto-2 | 2010-07-30 23:58 | 演奏会のこと | Comments(0)
さて、、まるちんの宣伝もしようか。。。よっこい庄一。。。

おっと、いずこからかリコーダーが矢となって飛んでくるとわるいので
気分一新して

元気はつらつ!!共振劇場いかがっすか!!!

こちらです!
e0046190_1916176.jpg

「劇団共振劇場 第9回公演 花」
場所は音楽文化会館にありますKitchen&cafe コルさん。
なのでいずれも限定25席です。ちなみにワンドリンクつき。
7月31日(土曜日)は3回公演。11時から、午後2時から、午後5時から。
8月1日(日曜日)は午後4時から。
なんと31日の11時の回は昼食付きアフタートークもありますよ。食事代金は別途ね。
チケットは前売り1000円、当日は1200円。当店でも絶賛好評発売中です!

で、今回のは場所がカフェの中という事でもおわかりのように、いつものスタジオB公演のように、セットを組んでという芝居ではありません。
カフェの中で台詞のみでの芝居です。朗読劇とはまた違うんですね、あくまで情景説明とかは排除した台詞のみによるものです。これをドラマリーディングと言うのだそうです。

ストーリーは「花」にちなんだテーマの3作品。
これを3人の役者が台詞で進行していきます。
出演は
大作綾(劇団共振劇場)
今井明(劇団空志童)
石附弘子(演劇制作集団あんかーわーくす)

の3人の役者さん。
いずれも知る人ぞ知る役者さんです。
中越の大作さん、上越の今井さん、下越の石附さんと各所を代表される方々。
きっと台詞だけでも素晴らしい時間、空間を創り上げる事だろうと思います。
個人的には私もよくお世話になっている石附さんが楽しみですね。

なかなかこういう公演を見る&聞く事もないと思いますので、ぜひこの新たなスタイルでの公演。
聞きにいらしてみませんか!
公演時間はおよそ70分だそうです。

よろしくお願い致します。
私もどの時間に行こうかな〜と思案中なんです。

今日のCD
まずはこちら!!
e0046190_19381413.jpg

出すもの全てが素晴らしい、イリーナ・メジューエワの新譜です。
今回はショパンシリーズ第7弾として
ピアノソナタ第3番
3つのマズルカ作品56
即興曲第3番
幻想曲作品49
が収められています。
なんといっても素晴らしいと個人的にツボにはまったのが、幻想曲作品49!!
すごくいい。今までいろんな人が録音した幻想曲のイメージをふきとばすような演奏です。
また新潟に来て欲しいですね〜
昨年の新潟公演を聞かれなかった方が「きっと繊細な感じのピアノを弾かれるんでしょうね」と言われてました。
あーそういう人にこそ聞きにきてほしかった!! 全然正反対です!!こんな外見ですけどかなりのガッツリ系です!!
こういうピアニストさんが日本に住んでいる事は幸せな事ですね。
この1枚、当然ながらお勧めです!

そして今日はフルート関係でいいものが来てますので、そちらもご紹介。
まずはギターとのデュオもの。
e0046190_19491744.jpg

カヴァティーナデュオというフルート&ギターのデュオが演奏している
「ピアソラ フルート&ギター演奏集」です。
な〜んだ、よくあるでしょ。
と詳しい方なら思われる事でしょう。
が、しかし内容を見ると「リベルタンゴ」や「オブリビオン」など有名ナンバーがある最後に
「ブエノスアイレスの四季」
があるんですよ!
この曲のフルート&ギターのCDってなかなかないと思うんですよね。
かなり興味あります。

もうひとつ。というか2枚ですけど。
e0046190_19542232.jpg

名フルーティストのウィリアム・ベネットのフルート専門レーベル「BEEP」。
そこからリリースです。
右は御大ベネットのタファネル作品集。
まぁこれはいいとして、注目は左側!!
ベネット門下の俊英、デニス・ブリアコフ(現在メトロポリタン首席)がソロを吹いた1枚です。
内容がすごいです!!
シベリウス:協奏曲 ニ短調 Op.47(ヴァイオリン協奏曲 )
クライスラー:シシリエンヌとリゴドン(フランクールのスタイルによる)
J.S.バッハ:
 シャコンヌ(「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番 BWV1004」より)
チャイコフスキー:メランコリック・セレナード Op.26
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ Op.28

という内容。思わず聞きたくなりませんか!
まずなんといっても世界初録音のシベリウスのヴァイオリン協奏曲のフルート版。
3楽章なんかあの熱さをフルートでどう表現しているのだろうか!とか興味がわきますね。
そしてバッハのシャコンヌも聞いてみたいですね〜。

フルートの隠れたレパートリーや斬新な奏者や演奏を出してくると言うベネットのレーベル「BEEP」
フルートファンならずとも大注目ですね。
入荷も順調に来るとなお良いんでしょうけどね。期待しましょう!!

今日は、りゅーとぴあのインフォメーションでいつも明るい笑顔で御客様をお迎えされてた高橋さんの最後の日でした。
りゅーとぴあにインフォメーションがある意義って、すごく大きいと思います。
見事に務められた高橋さん。お疲れさまでした。
そしてありがとうございました。素敵な花嫁さんになってね!
by concerto-2 | 2010-07-29 20:12 | 舞台・演劇などのこと | Comments(2)
今日も用事があって、りゅーとぴあさん6階のレストラン「柳葉亭」さんへいったのですが
普段目にしなかった、いや単に私が気づいてなかったメニューを発見!
e0046190_18492269.jpg

なぬ!アイスにかける。。。。。醤油?
すぐにオーナーの平井さんに「この醤油ってアイス用の醤油なんですか?」
「うん、そうだよー。でももう醤油なくって」
(くぅ〜残念。。。)
「今、アイス用の味噌だけだね〜」
「なぬ!!!アイス用のみ、み、み、味噌ぉー!!!!」
こうなったら本題だったコンサートの打ち合わせをする前に、食べずんばおれません!(日本語変。。)

こんな感じです!
e0046190_18522717.jpg

なかなか旨し!!隣のちっさいとこに入ってるのがアイス用の味噌です。
へー、新たな味です。
そのアイス用の味噌というのを見せてもらいました。
e0046190_1902754.jpg

金沢の方でひっそりと作られているんだそうです。醤油も同じメーカーさん。
新潟で食べれるのはここだけ。たぶん金沢でも知っている人はそういないかも。
とのこと。
さすがはこだわりの食通、平井さんです。
しかもこのアイスは立山のアイスなんですが、この醤油と味噌に合うものを探して、これにいきついたんだとのこと。ちなみに富山のアイスです。
私も食べてみたいぞ!と思われた皆さんにショッキングなお知らせです。
なんと醤油は無くなって、あと味噌も一瓶あるだけ!
これが無くなったら、またレガーロのアイスに戻すそうですので、このアイス専用味噌を味わえなくなります!
普通だと1週間でなくなるね。とのこと。。ぜひアイス専用味噌を食してみたい方はお早めにGO!です。

久々に本の話。
出ました!!即買い!!そして一晩で読んでしまいました!!
e0046190_1975070.jpg

上橋菜穂子さんの大人気「守り人シリーズ」の第6弾「蒼路の旅人」です!!
待ってました! 東京のANDHYPENさんも読んでるかーい!
このシリーズものこすは最後の「天と地の守り人 三部作」で終りです。
実はその最終作も出てます。でっけー、そしてたっけー本で。
私はこつこつとシリーズの作品が文庫本になるのを待って買ってるんですね。うっいぢましい。。
やはり面白いです「守り人シリーズ」。
最初の頃の「聖霊の守り人」はアニメにもなりました。テレビでご覧になられた方もいらっしゃるでしょう。
ぜひ原作も最初から読んでみて下さい。
日本ファンタジー小説の名作です!

もう一つ。
本屋さんに言ったらモニターでアニメが流れていた。。。。ん?このストーリーは。。。あっ!「カラフル」じゃん!
原作はこれです。
e0046190_19181281.jpg

森絵都さんの代表作「カラフル」。
これいいー作品なんですよ!
第46回産経児童文芸賞を受賞していますが、決して子供向けのみの作品ではありません。
もちろん学生さんにもお勧めしたい作品ではありますが、大人でもワクワク&ハラハラしながら楽しめる作品です。
もー最後の方でのキモというか、なんというか、その時のあーそっかぁ!みたいなこの文庫の表紙のようなイエローなハッピー!そんな気持ちに包まれる作品なんです。
このイエローハッピーな感じがアニメで出せるのかなぁ。
ちょっと不安なんで、ぜひ原作読んでみて下さい。
なんか気持ちがすーーっと晴れるような作品です。

あと今の時期であれば「夏の庭」なんかもいいですよね〜。
「夏の扉」ではなくって「夏の庭」。
あぁいろいろと読み返したくなってきました!

本と言えば、私のバイブル本の中の一冊がこれです。
e0046190_1927130.jpg

新潟市がかって出した、新潟歴史双書4「白山公園あたり」です。
今これってなかなか手に入らないんだそうですよ。もし興味が有る方は、まだ歴史博物館にありましたね。
これは1冊まるまる使って白山公園とその周辺を解説した本です。
歴史から神社やいろいろな施設の事、記念碑や像などのこと。も〜事細かに書かれています。
この本を持って白山神社のあたりを3時間かけて一つ一つ巡ったことがあります。
へー!ほー!の連続です。
みんな一つ一つに意味や歴史があるんですよ。びっくりしますよ。
例えばりゅーとぴあとかが出来る前、県民会館の前は道路があって、歩道橋がありました。
今では歩道橋は無くなりましたが、唯一その名残があるんですね。それはあれです!とか。
白山公園内で一番古いものはあれです!
とか。
そもそも白山神社もあの裏に3つ神社があるという事はけっこう知られていません。ご存知でしょうか。
とにかくこれは目から鱗落ちまくりのガイドブックで、私も何度もこれ持って読みながら歩いたりとかしたんで、もう本がしなしな〜になってしまいました。
やはり人に説明出来るようになれればなぁ〜と思っています。
せっかくこうして歴史ある所の近くにいるわけですからね。

そういう白山公園、あるいは古町について素晴らしいブログをスタートさせた方がいらっしゃるのご存知でしょうか。
もう実はこのブログのリンクにも入れているんですけどね。
PCなら左のエキサイトリンクを見て下さい。一番下に「wabi sabi moe kire」というのがありますよね。
それをポチッとクリックして見に行ってみて下さい。(今書いたタイトルをクリックでもいきます)
素晴らしい歴史資料となり写真や地図がのせられていますよ。
これを書かれているのは,西堀「蔵織」のオーナー志賀さん。
生粋の古町生まれ、育ちの志賀さんはこうした資料を山ほどお持ちなんだそうです。
ぜひ日々更新して行かれるそうなので,時折リンクからとんでって見て下さいね。
勉強になるなぁ!

蔵織さんでもコンサートを時々やられています。
また決まった事があったらお知らせしますね。

こうした歴史を考えるという事は大事な事ですね。
演奏の録音の歴史っていつ頃からなんだろうと考えた事ありませんか?
昨年こんなセットが出ました。
今日のCDはぐぐっと遡ります!19世紀まで!!
e0046190_1955850.jpg

「レコーディングの夜明け 1890年〜1927年 ジュリアス・ブロック・シリンダー録音集」です。
話題になりましたね。
タネーエフやアレンスキーの演奏、ハイフェッツの10歳ちょっとの演奏。
そして一番おぉ!と思ったのはトルストイの声や、チャイコフスキーの声も収録されてます。
やっぱりチャイコフスキーはちょっとかん高い声だったのか!とか。
たしかに音は悪いですけど資料としては最高ですね。
私はロシアピアニズム伝説の女性ピアニスト、そしてモスクワ音楽院の女帝とも言われたアンナ・エシポヴァの演奏が残されていたのもびっくりでした。
たまにはこういうものに耳を傾けるのもいいですね。

という今回はちょっとコーヒーブレイクな話題でした。
。。。。なんか忘れているような。。。
。。。。。
。。ん?。。まるちん大作。。。
おっと!まるちん大作のとこのドラマリーディングが今週末あるんだ!!
宣伝せねば!
えっ!今週週末!!私ダブルブッキングやトリプルブッキングしてる。うへー
(といっても、優先するからじゃけんの〜。まるちんのをw)

次こそ劇団共振劇場さんの宣伝をば!!
by concerto-2 | 2010-07-28 19:51 | 書籍・コミックのこと | Comments(4)

最近の演奏会案内より。

火曜日夜のNHKドラマ「天使のわけまえ」、いいドラマですよね。
しかも今日のヒロインは藤井美菜さん。
あの「私のふるさとはりゅーとぴあです。新潟に戻るの楽しみです!」という新潟のお嬢さんです!
そしてりゅーとぴあのアプリコットの出身!
なんかうれしいですね。
アプリコットの皆さんって、すごく挨拶がよくて私になんかも「こんにちは!」とかいってくれるんですよ。うれしいんですよね~。

県コンも終わって、なんか一息つきましたね。。。。
でもこの間に続々と演奏会のチラシやらチケットが届いていたんです。
お持ちいただいた演奏者の皆さんごめんなさい!
お知らせ必ずしますからね。

ということで今回は3つほど。
まずはこちら
e0046190_22573258.jpg

トミオカホワイト美術館での高橋アキさんのコンサートです。
8月21日、15時開演です。
ゲストは超有名舞踏家、田中泯さん。
チケットは一般4000円 学生3000円(当日500円増し)
チケット当店にて扱っております!よろしくお願いします。

次には内田美果さん
e0046190_236173.jpg

カーブドッチホールにてのコンサートです。
「内田美果 ショパンライブvol.2」
10月17日 18時半開演
チケットは食事、飲み物つきなんですね。一般3500円 小学生以下2000円
場所が場所なので、内野駅から送迎バスをご用意されるそうです。
チケット当店にて扱っております!よろしくお願いします。

そしてこちら
e0046190_23121816.jpg

長岡の朝日酒造エントランスホールホールです。
「アンサンブルオビリー室内楽演奏会」
9月25日(土曜日) 14時開演
チケットは1000円
今回はゲストメンバーが市橋靖子さんです!曲目を見てください!
モーツアルトのフルートカルテット、ボルンのカルメンファンタジー、そして必殺のジェットホイッスル!!
もーリーダー片野氏にも直接「新潟でもやってくださいよ~」とお願いしました。
きっと!心優しき新潟県音楽界の市川団十郎!片野氏は新潟市でもやってくださることでしょう!
ね、ね!
当店でもチケットは扱う予定です。もう少々お待ちください。

ということで今回は新潟市中心部からはちょっと離れた場所でのコンサートのご紹介をしました。
まだまだお知らせしないのがあるので順を追ってご紹介しますね。

今日のCDは今最も人気のあるクラリネット奏者、カルボナーラ。。。おっとカルボナーレの新譜です。
e0046190_23215983.jpg

「驚異のヴィルトーゾ・クラリネット!」
というタイトルにふさわしい超絶技巧な演奏が収められています。
技巧ばかりではなくピアソラのタンゴの歴史カフェ1930(クラリネット&ピアノヴァージョン!)やシネマパラダイスやシンドラーのリストなどの音楽も演奏されてます。
いかにもイタリアのクラリネット奏者~って感じでいいですよ。
だてにパスタみたいな名前してません(笑)
お勧めです!

明日の水曜日にはこんなライブがありますよ。
e0046190_2329129.jpg

イタリア軒の向かいの地下にあるナインスアヴェニューさんで
川崎祥子さんと大越玲子さんのライブがあります。きっといいでしょうねー
暑さを吹き飛ばすようなライブになることでしょう。
まだ席はあるのかな?1500円だそうです。
ここのオーナーさんは、かって私も知り合いだったんですよね。
まだ彼が独立してなかったころや、独立したころ、よく一緒に夜遊びしたものです。
今では大きな店をかまえるまでになって、たいしたもんだなぁと思っています。
なかなかかわいいイラストですね。

ちょっとくらい雨が降ってもいいかなぁ。できれば夜降って朝晴れるみたいな。
豪雨はちょっとごめんですけどね。
またいい一日でありますように。。。
by concerto-2 | 2010-07-27 23:34 | 演奏会のこと | Comments(0)
昨日行われた新潟県音楽コンクール。
結果はこの前の記事にアップしておきましたし、今朝の新潟日報朝刊にも載ってましたね。
大賞は大方の予想通り、五十嵐冬馬さん。
実際の演奏も凄く良かったです。

ではもう結果も出ていますが
その結果をちょっと横に置いといての私の感想です。

順番通りに行きますね。
まず最初はピアノ部門小学1、2年生の部。
こちらはやはり優秀賞をとられた原田さんがよかったですね。
小学2年生にしてはしっかりとしたタッチでした。
でもこのクラスはこれから先がどんどん変わって来ますからね。堀さんも稲田さんもこれから期待です。

小学3、4年生の部は
私がいいと思ったのは佐藤海月さん、鈴木麻生さん、揚石真衣子さんでした。
特に目を(耳を?)引いたのは鈴木さん。弾かれたのはプロコフィエフの束の間の幻影でした。
小学4年生でプロコというのもたいしたものですが、なんかハングリーな雰囲気が感じられて、初めて宮崎真ひろさんを見た時のような感じを受けました。今後おそらくすごく伸びて来られると思います。

小学5、6年生の部は
小学生も本当はこのあたりにならないといろんなことは言えないんですよね。
というのは身長の関係でペダルの補助を使うか使わないかはやはり大きいと思います。
このクラスからは本当にピアノを弾いている!という感じになって激戦です。
私がいいなと思ったのはまず川上那弥さんと荒井玲奈さん、そして山田海さんと阿部彩乃さんでした。
川上さんのカバレフスキー「日本民謡による変奏曲」良いと思ったんだけどなぁ〜今回賞を逃された中で一番「えー」と思いました。
きっとあと2,3年もしたらもっと上の賞を確実にとれる人だと思います。

次は弦楽部門
ここで注目したのは鈴木和子先生門下の若手のエース堀安祐子さん。私も門下発表会の時に聞いて
上手いな〜と思いました。
今回のサンサーンスのロンカプもよかったと思いましたよ。
そして、やはりというか、今回私が一番楽しみにしていたのがラストに弾いた、木野裕り乃さん!!!
ここ数年の県コンの弦楽部門は河本彩さんと木野さんが引っ張ってきたと言っても過言ではないと思います。
河本さんが新大オケに入られたので当分は県コンにも出られないと思います。日程的に新大オケの現役さんは無理なんですね。
なので木野さんには大変期待してました。
素晴らしかったです!!私の心情的には大賞です。
今までよりスケールが大きくなりましたね。とっても骨太な演奏でした。
今まで時として自信なさげに弾かれてたと感じた時もありましたが、今回はステージ最先端にたって「どうだ!」と言わんばかりの演奏。
大野有佳里さんとか、あと若い所では近藤ほなみさんとかもいらっしゃいますが、ぜひ木野さんには大賞を狙って欲しいですね。弦楽器の大賞というのも井上静香さんが17年前にとってから出てないんですよ。
楽しみにしてます。
久々に木野さんの演奏を聴けて嬉しかったです!

お昼はダッシュで、りゅーとぴあ展望レストランへ。いつも私はここにはお世話になりっぱなしで。。
皆さんぜひりゅーとぴあにおこしの際は6階の柳葉亭さんへお越し下さいね。

ダッシュの時に今回ちょっと事情があって県コンに出られなかった柏崎の堀江琴子さんにお会い出来ました。
お元気そうで何より。次回はまたチャレンジしましょう!
レストランでは蝶さんにも会えたし。わざわざこの県コン見るために神奈川から戻ってきてくれてありがとうね。次は弦楽部門に出るとか。。。出ないとか。。(笑) トンボ帰りでしたね。お疲れさまでした。

午後はピアノ部門中学生からです。
ここで私がいいと思ったのは坂田理穂さん、阿部沙衣子さん、磯野莉花さん。
特に聞いてて耳がダンボになったのは糸魚川の磯野さんのイタリア協奏曲。
県コンで必ずお一人はいらっしゃるんですが、すっごく面白い。でも賞は貰えないのかも。
という方がいらっしゃるのですが、今回磯野さんをそう感じたんですよ。
悪い意味ではありません。良くとってほしいのですが、とても個性的なんですね。
いつかは賞を必ずとれる人だと思います。
ぜひまた聞いてみたいなと思いましたよ。

声楽部門です。
まずジュニア部門。ここは私も予選を聴きましたが、中央高校さんの独壇場でしたね。本戦に進んだのも3人が全員中央高校さん。とてもレベルが高い本選ジュニア部門でした。
ただこの本選で面白いものだな〜と思ったのは予選の時は古俣ひかるさんの圧勝だと思いました。
私が聞いてきた過去数年間の中央の声楽さんでは1番だと感じました。
でも本選ではなんか不完全燃焼だった気がします。特に1曲目の「私はジャスミンの花」に関しては予選の時の方が私はよかったと思いますね。リリコだから会場が大きくなるとそう感じるのでしょうか。
その点、中村友里香さんは声量の豊かさを存分に発揮されて予選の時以上の出来だったと思います。
もうお一人の高津亜美さんも通常であれば賞をとられてもおかしくなかったと思いますよ。
声楽部門一般の部は
やはり高野実可さんは抜けてたと思います。
でも伊藤舞さんの持つ不思議な魅力も、とてもいいですよ。
そして一番楽しかったのは五十嵐武さん。も〜コンクールとかは全然関係なくって、りゅーとぴあで俺の歌を聞いてくれ〜チャオ!イタリア〜ノ〜♪
こういう方がいらっしゃるとほんとうに会場がなごみます。それにとても上手でしたよ。楽しかったです。

そして今回おそろしくハイレベルだった管楽部門。
なんと本戦出場の4人全員が賞を受賞すると言う近来まれに見る管楽部門でした。
大賞をとった五十嵐さんについては、もう説明する事もないでしょう。
参加されたと聞いた時から「あぁ大賞〜」と思いましたから。
冗談で「もう日本一になった人は県コンには出ない事(笑)」なんて話も出るくらい。
でもそういうのってご本人にはプレッシャーだったかもしれませんよね。
実際たいしたものです。
だからこうなれば小山裕畿さんとか大野有佳里さんとかも県コンに出られたらどうですかね。

そして今回は五十嵐さんだけではありません。
住吉雄一さんもさすがでしたし、サックスの川村杏枝さんもいい音色でした。
それで、、、栗原茉莉子さん!よかったぁねぇ〜〜。優秀賞を発表された時に「やったー!!」と思いました。
会場には師匠の浅利先生もいらしてましたが、ほんとうに嬉しそうでした。
私もほんと嬉しかったです。いやぁよかったよかった。。。賞状を戴いている時は見ててウルっときそうでした。もう聖籠中学校も大フィーバーかもしれません。

ピアノ部門高校生の部
ここで私の隣にはピアノ弾きKAZさんがいらっしゃったので、意見を聞きながらきいてました。
私のいいなチェックは1、稲田夏帆さん 2、小黒英美里さんでした。
KAZさんは稲田さんとブラームスを弾かれた高橋萌香さんがいいですね。とのこと。
理由も聴きましたが、なるほどね〜と。さすがに弾いてる人の耳はチェック細かいと思いました。
稲田さんのバッハはよかったですね。優秀賞より上でも良いと思いました。姉貴分の小林浩子さんにも、すぐ連絡したら喜んでましたよ!

最後はピアノ一般の部
いつもこの辺りは頭ぼ〜〜〜なんですが、今回は最後のお二人が面白くってけっこうはっきり聴けてました。
関陽平さんと金川唯さん、お二人ともリストの曲でしたが、なかなか個性的だったのではないでしょうか。
きっちりした中に思い切りがいい関さんに豪快な金川さん。
KAZさんもけっこうミスタッチもありますけど、面白くていいですねー(だったっけ?)と言われてました。

最後に
やはり選曲って大きな問題なんだろうな〜と思いました。
リストとかってたしかに派手でコンクールにはいいのかもしれませんが、今年ならショパンとかでチャレンジされる方がもっと多くても良かったかもしれません。
今回小学5、6年生のピアノの部で島田美和さんがシューマンの子供の情景から数曲弾かれたんですね。
最後は「トロイメライ」でした。
なんか、、、感激しちゃいましたね。コンクールでこういう曲ってまず弾かれないんですよ。
意外に思われるかもしれませんが、このことはすごいチャレンジなんですね。
今回島田さんは惜しくも賞はとれませんでしたが、拍手をおくりたいと思います。

というのが私の感想です。
でも私の感想なんて所詮、素人の感想ですからね。お気になさらずに。
それに皆さんとってもよかったですよ。
ぜひこのコンクールをいいステップと思われて、また頑張って下さい。

とてもいい演奏を聴かせていただきありがとうございました。
by concerto-2 | 2010-07-26 09:35 | 演奏会のこと | Comments(8)
う〜私の肉薄なおシリが痛い。。。マッサージしてもらいたい。。

今日行われた県コン、10時15分からさっきの8時近くまで、ずっといました!
いろいろ思いはありますが
それは後にして、皆様が一番お知りになりたい結果だけ書きます!!

***********************
2010年 第45回 新潟県音楽コンクール結果発表

大賞
管楽部門 五十嵐冬馬さん(フルート 東京芸大付属高2年)

県知事賞
ピアノ部門 関陽平さん(武蔵野音大3年)
管楽部門 住吉雄一さん(フルート 北海道札幌市)

最優秀賞
ピアノ部門 金川唯さん(新潟大3年)
弦楽部門 木野裕り乃さん(長岡高1年)
声楽部門 高野実可さん(東京音大4年)

優秀賞
ピアノ部門 原田大希さん(新潟新潟小2年)
ピアノ部門 鈴木麻生さん(新潟小針小4年)
ピアノ部門 揚石真衣子さん(妙高新井中央小4年)
ピアノ部門 小林千花さん(上越教育大付属小4年)
ピアノ部門 阿部彩乃さん(弥彦小6年)
ピアノ部門 山田海さん(新潟桃山小6年)
ピアノ部門 荒井玲奈さん(上越教育大付属小6年)
ピアノ部門 相田汐莉さん(燕分水中2年)
ピアノ部門 阿部沙衣子さん(燕中等教育3年)
ピアノ部門 稲田夏帆さん(燕中等教育6年)

声楽部門 中村友里香さん(新潟中央2年)
声楽部門 古俣ひかるさん(新潟中央3年)
声楽部門 伊藤舞さん(胎内市)

管楽部門 栗原茉莉子さん(フルート 新潟市北区)

奨励賞
管楽部門 川村杏枝さん(サックス 東京都世田谷)

という結果でした。
賞をとれた皆さん、お疲れさまでした。
残念だった皆さんもいい演奏でしたよ、ぜひまたチャレンジしてみましょう!!

では私の感想は次の記事に書きます。
「俺のとはちょっと違うなぁ〜」(by 臨場)
というところもあるので。

く〜お腹がすいた。。。
by concerto-2 | 2010-07-25 20:24 | 演奏会のこと | Comments(6)
もうすぐコンクールに出かけます!
ちょっと緊張しますね〜。って私が出るわけでもないのに。
やはり知っている方々が数多く出られると、その意気込みや想いを知っているだけに

みんな全力をだしてがんばろうね!

と、結果如何に関わらず、そう願っています。
とはいうものの発表会ではなくてコンクール。
きちんと結果というものも楽しみにしたいと思います。

う〜まとまらない。

今朝、盤鬼さんから「つぶやき」が届いてました。
実はここで出ている御客様は当店の御客様なんですよ。
ではお読みください。

**************
盤鬼のつぶやき第31回

盤鬼が盤鬼でなくなる?

 最近、とある人からこう言われた。「平林さんは最近もっぱらオープンリールテープからの復刻をやっておられますが、そうなると、盤鬼ではなくなるんですか?」。確かに、ここ最近発売した復刻盤はすべてオープンリールからのもので、近々発売を予定しているパレーのフランス管弦楽曲集(GS−2051)、ワルターのドヴォルザークの「新世界」(GS−2052)なども同じくテープからの復刻である。
 SPやLPはディスク=盤なわけで、テープはテープである。では、今後は“テープの鬼”ということになるのか。でも、これだと盤鬼に比べると、ちょっと迫力に欠ける。また、テープは俗にヒモとも言うが、では“ヒモの鬼”にしたらどうか。だが、これだと団鬼六の世界に近づいてしまいそうだ。
 だが、CDの解説にも書いたように、オープンリールのカタログは非常に限られている。そのため、オープンテープからの復刻を出したくても出せないものの方が圧倒的に多いのである。ここ最近、たまたまテープの復刻が続いているだけで、来春にはLPからの復刻もいつくか用意しているので、安心していただきたい。
 このオープンリールを聴いていて気が付いたことがある。同一の音源をオープンリールから録ったのもと市販のCDと比較すると、後者は明らかに「高域に冴えがない」ということである。つまり、アナログのマスターテープは多かれ少なかれ「シャー」というテープ・ヒスが含まれる。これまでの復刻盤は、まずそうしたノイズを除去することから復刻作業が始められているような気がする。普通に考えれば、オリジナル・マスターからの方が圧倒的に情報量が豊かなはずである。しかし、途中経過で余計な手間をかけると、どうやら逆転現象が起きてしまうようだ。
 これはいつも書くことであるが、たとえば高域のきつい音源があったとする。その音を丸くしようとしてある高域を削ると、聴きやすくはなるが、同時に多くの音楽的成分も失われているのである。ちなみに、8月末に発売を予定しているワルター指揮、コロンビア交響楽団のドヴォルザークの「新世界より」(GS−2052)を聴いてみて欲しい。確かにテープ・ヒスは目立つ。しかし、全体の情報量の多さには改めて驚かされるだろう。このワルターも凄かったが、その次に予定しているトスカニーニ指揮、NBC交響楽団のブラームスの交響曲第1番とムソルグスキーの「展覧会の絵」(番号未定)にも仰天してしまった。演奏者の汗が飛び散ってくるような音、これぞまさしくトスカニーニではないか。
 リスナーの中にはそうしたノイズ成分のない音が好きだという人もいることは知っている。けれど、本当にワルターやトスカニーニを好きな人は、そんな無菌室的な音は望んでいないと思う。                                                                                            (平林 直哉)

 *****

これから平林さんの出すのはとってもいいものが次々出て来ます。
お楽しみに!

あと15分くらいしたらりゅーとぴあに出かけます。
う〜んと最後に持ち物チェックをしていかないとね(笑)

雨降るかな。。。
by concerto-2 | 2010-07-25 09:57 | サイト・ブログのご紹介 | Comments(0)
そろそろ、暑さが雨と変わりそうな予感もある週末。。。
ですが今の所今日も暑いまま。
そんな中、午後1時半からNSTのギャラリーで行われた
「絵画とルネッサンス音楽の世界 流れよ、我が涙」
に行ってきました。

ギャラリーで行われている展覧会は画家の猪爪彦一さんの展覧会です。
とてもいい作品展ですよ。

そして今日のコンサート、出演者はソプラノ柳本幸子さん、リュート白澤亨さん。
ルネッサンスの世界をしっとりと歌われてましたよ。
プログラムは
13世紀スペイン 「朱い本」より
に始まってフランスルネッサンスもの、イタリアルネッサンスもの、英国ルネッサンスものと続くのが前半。
全て曲間には柳本さんの情感たっぷりの解説が入ります。そしてそのバックには静かに白澤さんのリュートが奏でられてて。。。一編のドラマのよう。
後半はダウランドのリュート歌曲8曲、最後はサリーガーデン。
アンコールは鳥の歌、ダウランドの「あぁ、今去らねばならない」

とてもいいギャラリーコンサートでした。
柳本さんはきっとこれからたくさん聴ける機会が増えると思います。
とてもいい歌い手の方ですよ。
これからのご活躍をぜひお楽しみにされてください。

会場には猪爪さんもいらっしゃいました。先日までりゅーとぴあであったアートウエイブ2010での出品作品がとても素晴らしかったんです。少しお話も出来たのでよかったです。
大人のコンサートでしたね。

終演後はNSTさんの2階フロア&テラスで行われていたフラダンスフェスティバルをみて来ました!
e0046190_19255760.jpg

こちらも大人の女性の魅力満載です。お姉様やおおおおおおお姉様の皆様頑張ってらっしゃいました!
私も夏場はアロハにしようかな〜。

猪爪さんの展覧会はNSTギャラリーでまだ行われています。ぜひご覧下さい。

展覧会と言えば、新潟絵屋さんでスタートした
「フジタ ヨウコ 展」
こちらも小さな展覧会ですが、素晴らしいですよ!
e0046190_19285742.jpg

特にこのボードにも写真が載っている作品「風を運ぶ鳥」。これは名作です!
実物は大きめの陶器の作品なのですが、家の上を巨大な鳥が飛んでいるという作品。
ちょっとSFっぽいかもしれませんが、みているとそんな事を全く感じさせません。
むしろなんか風や潮の匂いを感じる、そんな作品です。
フジタさんの個展は何度も見た事がありますが、今までの中では最高ではないでしょうか。
こちらは新潟絵屋さんで今月30日まで行われています。お勧めです。
ちなみにフジタさんご本人も今日はいらっしゃいました。フィギアの安藤美姫を倍きれいにしたような素敵な方ですよ。フジタさんご本人もお勧めです(笑)

今日は新潟でのオールスター野球ということで古町7ではパブリックビューイングが行われてますね。
e0046190_19374776.jpg

FMPORTの生放送ではTディレクターが頑張っているはずです。お疲れさまです!
よかったらPORTさんのオールスター聞いて下さいね。

今日のCDは
や〜〜〜っと入って来た。。マチカネタンホイザーです。。(あっ待ちかねたよぉ〜ってことですW)
私も大好きな1枚です。
e0046190_19392312.jpg

チェリスト、ルディンが弾いた
ミヤスコフスキーのチェロソナタ&チェロ協奏曲です。

ミヤスコフスキーのチェロソナタ第1番ってお聴きになられて事ありますか?
知られざる名曲中の名曲です!冒頭なんか泣けちゃいますよ。
私はこのCDでその良さを知って、それからいろいろ集めました。
集めたと言っても、そもそも出ている種類があんまりありません。
4枚持っています。ルディンで2枚、カンカで1枚、モルクで1枚。
でもこの盤が一番良いですね。しかも圧倒的に。
このレーベル「チェロクラシックス」はチェロだけ出してると言うレーベルです。
なっかなか入って来ない。。今回も半年位待ちました。
いい1枚ですよ。
ルディンのアルテノヴァレーベルのを持っているという方もぜひお買い求め頂いていい1枚です。

さて!いよいよ明日は新潟県音楽コンクールです。
今からワクワクしますね。
私も今晩は早く寝て明日は意識もぱっちり長続きするよう頑張ります!!
エントリーされてる皆さんも万全のコンディションでチャレンジしましょう! 頑張って下さい。

本選結果は明日中にアップします!!
by concerto-2 | 2010-07-24 19:46 | 演奏会のこと | Comments(0)
金曜日は谷口さん!
と書きましたが、その谷口玲理さんのコンサートに行ってきました。

「ルトゥルミー谷口玲理ピアノコンサート」
だいしホール 18時半開演

プログラムは

ラモー:つむじ風、やさしい訴え、キュクロプス
ブラームス:ピアノ小曲集作品118

ショパン:24の前奏曲

アンコールはモーツアルトのキラキラ星変奏曲

でした。
私は後半から聞きました。
お客様の入りもまぁまぁでしょうか。

ショパンの24のプレリュードを全曲演奏というのは、新潟ではなかなか貴重です。
ジュルネのようなイベントならともかく、普通のコンサートではなかなか聴けません。
やはり演奏者さんに大きな壁となるような作品なんだと思います。
24曲というより、全曲でひとつの作品ですよね。大交響曲と同じですよ。
ショパンの最高傑作としてこの曲をあげる人が多いのもわかります。
23曲やって最後の24番に入ると聞くほうも興奮しますよね!
そして最後のあの音!!あの音を聞くために24曲あるんですよ~。
生で聞けて最高でした。

で、肝心の演奏ですが
面白かった!!もー面白かったです!
この大作、しかも様々な曲を演奏し分けていくのは大変です。
なのでつっこみどころもあったかもしれませんが
とにかく谷口さんのパワフルな演奏は突進力抜群で、いろんな障害をなぎ倒して突き進む!
みたいな感じがとっても聞いてて楽しめました。
やはり生の演奏はこうでなくては!と思いましたね。

5年前に聞いたときも「すげー」と思いましたが、今回も「ほえぇーすげー」と思いましたよ。
アンコールにモーツアルトのキラキラ星というのも驚きました。パワーありますね。

ぜひまた新潟でコンサートをしてください。
回数を重ねていくと、どんどんお客様も増えていくと思います。
魅力あふれるコンサートでした。

受付では市橋靖子さんが忙しそうに動いたり、走ったりされてました(笑)
なんか市橋さんの受付。。。いいですね。感じいいですよ。
同級生っていいもんですね。
それにしても元TENYのアナウンサー林妙さんも同級生とか。どんな学年なんだいったい!って感じですよ。スーパースターぞろいの同級生ですね。きっと同級会とかは、さぞ華やかなんでしょう。

そんな市橋靖子さんは日曜日に音楽文化会館で大活躍されますよ。
e0046190_23495969.jpg

新潟のフルート奏者さんの集結に加え、元NHK交響楽団主席フルートの小出さんも出演されて無料です!県コンクールもありますが、フルート好きの方はぜひこちらにもお越しください。

あとだいしホールさん主催事業、秋の目玉です!
e0046190_23475793.jpg

これは完売間違いないでしょう!!
速攻でチケットのお求めをお勧めします。
そして当店はもうチケット販売しています!
だいしホールでチェロ水谷川さんとピアノ山本さん!りゅーとぴあコンサートホールでもいけそうなデュオですよ。
しかも低価格。
ぜひお早めにお求めを!
再度告知ですが当店でも販売中でございます!よろしくお願いします。

土曜日は午前中ちょっとお届けものがあったり、午後は柳本さんのミニコンサートがNSTであったりと出かけます。暑いだろうなぁ、倒れないようにがんばります!
by concerto-2 | 2010-07-23 23:55 | 演奏会のこと | Comments(4)
暑い日々が続きます。。。
もう〜コンビニの冷蔵ショーケースに頭突っ込みたい〜〜〜〜


思ってケースを見たら、つぶらな瞳がこっちを見てた。。ん?
e0046190_1032883.jpg

おぉスライムがにこやかな笑顔で見ているではありませんか!
なんじゃこれは!
赤いのがメラ! 青いのがホイミだって〜。懐かしいではないか!!!
思わず頭の中でドラゴンクエストマーチが高らかに鳴りはじめました。
サントリーが発売したこのサイダー(なのかな?)
すっごく興味あるんですけど。。。むちゃ高い!!300円くらいするんですよ。なんでじゃ!
かってドラクエおにーさんだったおじさんの心を、いや懐を直撃のこの謎の飲料。
まだ飲めてません。。。ぜめて200円以内なら。。。

ドラクエの1の後半出てくる最強のキャラと言えばドラゴン。
よく負けたものです。
「ごぉぉぉぉードラゴンは火を噴いた」
「としくんは倒れた」テケテテッテテーン。みたいな。
最初にボスドラゴンに勝った時は思わず涙してしまいましたからね。
ドラゴンといえば。。恐竜!(またまた強引な展開w)

東北電力グリーンプラザさんではこんなものをやられてますよ。
e0046190_1037759.jpg

恐竜フィギア作家として有名な荒木一成さんのフィギア展です。
なかなか面白いですよ。入場無料で8月8日までです。

展覧会と言えば、この前書きました「人体の不思議 展」。
いろいろと御意見頂きました。コメントもいただきましたが、直接メールでもご意見をいただきました。
そのメールで戴きましたご意見でびっくりしたことがあったんです。
小学校に割引券が配布されて、行く事を奨励されている。
とのこと。
ビックリです!
私はこの展覧会、はっきり言って小学生は見るべきではないと思います。
人間の尊厳というものを大事にして欲しいから。
奨励するって、学校の教師の方々ご自身はご覧になっているのでしょうか?
もし見ていないで、それで奨励するとしたら無責任極まりないと思います。
個人個人が見たいと言うなら見れば良いし、見たく無ければ見なければ良い。
でも人に勧めるというようなものではないと思います。
再び言いますが私は子供に見せるべきでないと思います。
奨励されているという学校の先生と呼ばれる職種の皆さん。今一度ご自分の目で見てからご判断してください。
私は見て来てからカツが食べれません。。。食べれるものがパンダ並に種類が限られている私にとってカツが食べられないのは痛い。。

この話は以上で終り。

で!!
今週ですがまず明日の金曜日にはこちらのコンサートがあります!
e0046190_12594824.jpg

「ルトゥルミー谷口玲理 ピアノコンサート」
だいしホール 18時半開演 チケット一般2500円 学生 1000円 ペア券 4000円です。当日は一般が3000円、学生&ペアの券は前売りのみとなります。
当店でもチケット扱っております。

谷口さんは現在フランス在住。ルトゥルミーというのは旦那さんの姓かな。
新潟市のご出身で、新潟清心女子高から国立音大へ進まれ、その後パリの音楽院へ。という方です。
清心の同級生には新潟音楽界小さな大巨人市橋靖子さんや、人気マンガ家の魚喃キリコさんがいらっしゃるということです。すごい顔ぶれですね!
谷口さんも新潟県音楽コンクールでは大賞をとられています。
フランスのコンクールでも1位をとられてますね。
私も5年前に一度聴きましたが、すっごくいいピアニストさんです!!
今回のプログラムは前半にラモー、ブラームスときて後半はショパンの24の前奏曲全曲!!
このショパンは聞き物だと思いますよ。
ぜひお勧めです。
私も最初からは無理でも、ぜめて後半のショパンだけでも聴きに行こうと思っています。

そして土曜日にはこちらがありますね。今朝の新潟日報にも載ってましたね。ご覧になられましたでしょうか。
e0046190_13105447.jpg

「絵画とルネッサンス音楽の世界」
NSTギャラリー 13時半開演 入場料 3000円
ソプラノ:柳本幸子さん  リュート:白澤亨さん

NSTギャラリーで行われている「猪爪彦一 展」の中でのコンサートです。
今回が2回目。
前回は柳本さんの独唱だけでしたが、今回は白澤さんのリュートが入ります。
きっといいと思いますよ。
柳本さんの活躍の場も広がって来ましたね。
新潟古楽界では人気者の白澤さんとの共演、ぜひ楽しみにしたいと思います。

猪爪さんの作品と言えば、現在アートウエイブ2010という展覧会が県民会館とりゅーとぴあのギャラリーで行われていますが、りゅーとぴあのギャラリーの方に猪爪さんの新作が掲示されています。
ちょっと新鮮な作品でびっくりしたんですよ。
猪爪さんと言えば黄色ー赤ー黒というベースなんですけど。
その作品は青がふんだんに使われているんです。とても見事な作品です。
ぜひりゅーとぴあギャラリーにある猪爪さんの作品も見て下さい。

そして日曜日はなんといっても新潟県音楽コンクールです。
早く前の晩寝て体調を整えねば!

でも隣の音文ではフルートのお祭りがあります。こちらもいいコンサートなんでよね。お勧めです!

あと24日には野球のオールスターが新潟でありますよね。この生放送をFMPORTさんがやられるのですが、ディレクターはTさんです!!ぜひよかったらPORTさんの放送聞いて下さいね。

そして
くぅぅぅぅ悲しいけど嬉しいニュースが。
りゅーとぴあのインフォの中で、くるっとしたムーンフェイスとぱっちりしたお目目がとってもチャーミングだった高橋さんが今月でお辞めになられるそうです。くぅぅ悲しい。。。
でもめでたいことでなので。明るく見送りたいと思います!
おめでとう!!!
おじさんはすっかり花嫁の父みたいな感じです。。。ウルウルきそう。。

最後に今日のCD
こんな暑い日はギターとかかけてると、なんかちょっと涼しげな感じがしませんかね。
今や日本ギター界のゴッドファーザー、福田進一さんの新譜が出ました。
e0046190_13581435.jpg

「タレガ作品集2」です。
2とはいえアルハンブラの思い出やアヴェマリアなど私でも知ってそうな曲が入っています。
なかなか落ち着いたいい1枚ですよ。
福田進一さん新潟にきませんかねぇ〜。

まだまだ暑いですね。でもほんの数ヶ月前は。。。
e0046190_1404410.jpg

これよりは今の方がいいかな(笑)
by concerto-2 | 2010-07-22 13:26 | 演奏会のこと | Comments(0)