コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

今日も素晴らしい五月晴れでした!
月曜休みでしたが、なにせ今日は月末日。一か月で私が一番ブルーになる日です。
朝一から複数の金融機関をまわって。。
あぁ気持ちがどっぷり深海。。

これを一気にはらすべく、一路長岡へGO !!

この春、音楽のラフォルジュルネと双璧の大きな一大イベント
「奈良の古寺と仏像ー会津八一の歌にのせてー」展
に行ってきました!!
e0046190_22373259.jpg

なんせ今週末までですからね。私には行けるラストチャンス。
昨日は隣のリリックで「花いっぱい音楽祭」もありました。
ほんとに花いっぱいです!
e0046190_22392224.jpg

気もちいいですね〜

では、入場。。。。。お、お、おーーー!!
なんか凄まじい行列が!!
しかも係員さんがずっと叫んでて
まず一旦入ってチケットを買ってから行列にならんでくれとのこと。
ちょっと並んでチケット買って、そんで入場待ちの列に並ぶ。。。。並ぶっていったって。。。
最後尾はどこだよ?
館の外に出て。ずっと館の周りを列はつながり。。。えっ!まだ先?
結局最後尾は館の入り口から100メートルはあります。よっぽど帰っちゃおうかと思いましたよ。
でも良かったのが、最後尾の係員さん、これはナイス!
というのもだいたい最後尾の看板持ちさんって無表情で若い人。とかが多いですよね。
ところがその係員さんは年配の方で、並ぶお客さまに声をかけてくれてました
「今1時間待ちです、でもね、昨日なんかこの倍で川の土手までいったんですよ〜今日はラッキーです。もしかしたら50分くらいで入れるかもしれませんよ。お待ち下さいね」と明るく皆さんに話しかけてくれてました。
あとお年寄りの方にはすわれるところを案内して、順番が来たら声かけてくれたり。
これがすごくいい印象をもたらしてますね。
それにしてもこの行列見たら、新潟市美術館でなくてよかったと思いました。あそこはこんなに並べないでしょう。

そしてその最後尾おじさんの言ってくれた通りに焼く50分並んで入れました〜。
入場もちょっと規制していれているので、中に入ったら余裕で見れます。これはいいですね。
入るとすぐに法隆寺のコーナーがあって、百済観音様がいらっしゃいました。
この百済観音様は模造ではありましたが、ほんとうにきれいな観音様です。
法隆寺で見た時を思い出しました。
それでいろいろな名品を見て廻って。。。
最後の大きな会場に今回の話題の中心、国宝の中宮寺の菩薩半跏像様がいらっしゃいました。

も〜〜30分ほどお姿を拝見させていただきました。

通称、中宮寺の弥勒様として名高いこの観音様。
もう言葉になりません。広隆寺の弥勒様とも違う素晴らしさがあります。
お目にかかれて良かったです。ほんとうに感動しました。

でも本当は中宮寺さんにお参りするのが一番なんでしょうけどね。

あと。。。。こういうことを書くとえ〜〜〜と思われるかもしれないのですが。
仏像は美術品ではありません。人々の信仰の対象であり象徴でもあるものなので
できれば見るだけでなく、手を合わせて拝観していただくのがいいと思います。
私の知り合いの方は数珠をお持ちになられて拝んでこられたそうですが、そこまででなくとも手を合わせてみてほしいです。

この素晴らしい催し物は今週末6日までです。
今週末はとてつもなく混むと思いますが、チャレンジしてみる価値はあります。
新潟市美術館の方でも関連展覧会が行われているので、早めに見てきたいと思います。

いってよかったです。
ありがたい気持ちになりました。

もう一つお知らせを。
携帯で見るサイトで、ぜひチェックしてみてほしいのがあるんですよ!
そのサイトとは
まず「ナクソス」で検索していただいて
そうするとナクソスジャパンがやっているサイトで
「クラシックエッセンスフル」
というサイトが検索できます。
それに行って、、、ずっと下にスクロールしていくと
スタッフさんのコラムで「プライベートノクターン」というのがあります。
それをぜひ見てください。
なんとFMPORTの美貌のTディレクターのことが大々的に書かれています!
なんで新潟のFM曲のディレクターのことが、ナクソスのサイトに出てくるかというのは見てのお楽しみ。
も〜〜至る所で頑張ってますね!Tさん。凄いです。
ちょっと猪突猛進すぎて局内でもめたりすることが無いといいけどなぁ
とちょっと心配もしています。
でも頑張ってね!
Tさんのハッスルぶりに感動しました〜ということが書いてあるんですよ。
ぜひ見て下さい。

今日のCDはこちら
e0046190_23474310.jpg

これこそリアルのだめ!だと評判の個性派ピアニスト、ユジャ・ワンさん!
その2枚目のアルバムです。1枚目はセンセーショナルでしたねぇ。
先日、新潟1のブロガーuma3様ともお話したときにも話題になったんですが、たしかにリアルのだめです。
それにuma3様は生の演奏も聴かれたそうで、やはりよかったそうです。
今回はなんかストラウ゛ィンスキーやラヴェルなどでは予想どおりの演奏。迫力!
でもスカルラッティも収録されてるのですが、これがなんか新鮮なんですよね。
ちょっと意外で、でも惹かれるスカルラッティでした。
ぜひ聴いてみてほしい1枚です。お勧めですよ。

火曜日は時間があれば新潟市美術館に行ってこようかな。
by concerto-2 | 2010-05-31 23:52 | 展覧会のこと | Comments(10)

昨日の入荷から。

今日はいい天気です!遅まきながら五月晴れ!といたっところでしょうか。
きっと長岡リリック&近代美術館まわりは花いっぱい音楽祭と仏像展ですごいことになっていることでしょう。
リリックも聴きに行きたかったです。
今日の音文での山本さんのピアノコンサートも断念。きっといいコンサートだと思います。(未練たらたら。。。)

今回は昨日の土曜日に入ったCDでいくつか面白いのがあるのでご紹介。
ま、ちょっと変わったものもありますけどね。
まずはこちら。とてもノーブルなジャケットですねぇ
e0046190_11503896.jpg

今や最高のメゾの一人。アンゲリカ・キルヒシュラーガーによるブラームスの歌曲です。
ハイペリオンレーベルは全集を作るようなので、これがvol.1とのこと。
ドイツロマン派でキルヒシュラーガーとなれば素晴らしい出来なのは予想出来ますね。

次に新潟での演奏もまだ耳に新しい、チェロのウィスペルウエイ。新譜はブリテン!!
e0046190_1155481.jpg

ブリテンのチェロ協奏曲と無伴奏チェロ組曲第1盤という組み合わせです。
協奏曲の指揮は金聖響というのも話題の1枚。ベルギーでのライブ録音です。
素晴らしいチェロの音色がまた聞ける事でしょう。

次は、今や日本人の若い美人の奥様を迎えたとたんに息を吹き返した名手。
e0046190_11581388.jpg

パスカル・ロジェの新譜で「ピアノの詩人たち〜ライヴ・リサイタル」です。
演奏曲はフォーレ、ショパン、プーランク、ドビュッシーなどです。
ロジェも前の奥様とごたごたがあってお別れしたそうで、その頃はレーベルなどから「なんか録音してほし〜な〜」と言っても、もう死んでたそうです。
それが日本美人を伴侶としたとたんにハイペースで新譜を録音されています。
やはり女性の力恐るべしデス!

次は昨日から店内でかけている1枚。
e0046190_1285316.jpg

「神々、皇帝たちと天使」と題されたヴィヴァルディの協奏曲を集めた1枚です。
ヴァイオリン、リコーダー、バスーンなどがソロをとった協奏曲を集めたものです。注目はリコーダーのパメラ・トーヴィーです。
リコーダー界の人気者の一人ですね。
まぁ難しい事はさておき、そもそもヴィヴァルディの曲って「ぼけら〜」と聞いててもいいのが魅力(?)
あぁ〜イタリア〜って感じで青い空を思い浮かべながら、ぼ〜〜〜っと聞くのに最高の1枚です。

ここからは個人的なお勧め。ちょっと変な部類かも。
まずはこちら。
e0046190_12134576.jpg

合唱大国イギリスの若きファンタジスタたち。驚異のアカペラグループ登場!
ヴォーチェス8の「エイセス・ハイ」
というアルバムです。
ま、自分たちでアレンジしてアカペラコーラスに仕上げたというアルバムです。
曲はコール・ポーター、クルト・ワイルといったものからクイーン、ビーチボーイズ、マイケル・ジャクソンなどなどポピュラーの名曲もやっています。
私はこのアルバム聞きましたが、よかったですよ。
特にクイーンの「ラブ・オブ・マイ・ライフ」なんか素晴らしいアレンジでアカペラになっています。
ぜひこういう風に歌ってみたいものだなー
と思わされる1枚です。

そして最後は昨日の入荷で私が一番注目したものです!!
こちら
e0046190_1222393.jpg

ジョン・ロード作曲「フルート、ピアノと弦楽オーケストラのための組曲 トゥ・ノーティス・サッチ・シングス」
という1枚です。
ジョン・ロードの作品のCDとしては2枚目です。
で、、、、、これがなんで最高に注目かと言うと。
ジョン・ロードですよ!といってももうご存じない方も多いかもしれません
ジョン・ロードといえばディープパープルのリーダーです!!
ハモンドオルガン蹴飛ばしてた長髪のハードロッカー。
「ハイウエイスター」の中間ソロを口で「タリラタリラ」と歌って中学にちゃりんこで通ってた私です。
あのジョン・ロードももう60台半ばでしょう。ジャケットに絵がのってますが、今や渋いじーちゃんです。
でもジョンのじーちゃん姿はなんかほのぼのしてていいですけど、リッチー・ブラックモアのじーちゃん姿は見たく無いかなぁ。(いずれにしろ私はツェッペリン派でしたが)
ともかくハードロック界のカリスマだったジョン・ロードの作品集。
どんな感じかと言うと、これがまた優しく柔らかく暖かい作品なんです。
フルートとピアノをソロにして、バックを弦楽アンサンブルが奏でると言う作品。
映画音楽っぽいかもしれません。でもこれ生で演奏するときっと「あら、いい曲ね〜」と思われる人も多いと思います。
そもそもジョン・ロード、リッチー・ブラックモア、フレディー・マーキュリーってロック界のクラシックフリークとしても有名でしたからね。
パープルも初期はクラシックぽいのもやってましたし。
ぜひ若い頃やんちゃだった人が今はしぶ〜くなったダンディおじさま。これも素敵な人生か。。

いろいろと他にもあります。ぜひ見にきて下さいね。
by concerto-2 | 2010-05-30 12:35 | CDの紹介 | Comments(8)
昨日は帰るのが遅くなって「ヤンキー&メガネちゃん」が見れなかった。残念!!
最近のドラマでは「臨場」「新参者」「ヤンキーとメガネちゃん」「mother」が好きです。
「mother」もなんかやけにサスペンスものになってきてますね。
「新参者」での三浦友和の秘書役のマイコさんいいですよね〜。最初映画で出た時はなんかちょっと「?」な感じだったんですが、今ではこのドラマやアキュビューのCMなんかで見ると「いいなぁ〜」と思っています。

でもって

昨日の金曜日は二つのコンサートに行って来ました。
まずはりゅーとぴあさんのお昼にありますワンコインコンサート。
今回は
「歌心溢れる美音 ヴァイオリン」と題したコンサート。
e0046190_14283690.jpg

ヴァイオリンが小野明子さん、ピアノは西脇千花さんのデュオコンサートです。
小野さんはイギリスのメニューイン音楽院の教授をされてらっしゃる方です。
ちなみに使われているヴァイオリンは1772年のガダニーニ。
とても明るくて暖かみのある音でした。まさにお昼に聞くのにふさわしい音色と言いましょうか。
プログラムは
エルガーの愛の挨拶に始まり、モーツアルトやフォーレのソナタの1楽章などを含んだ名曲集、最後はツイゴイネルワイゼン。というプログラムでした。
私の感じでは演奏も、あとお話も後半に行くに従って良くなっていったと思います。
アンコールのパラディスはとっても良かったですね。
夜にはプライムコンサートとしてのフルのコンサートがあったんですね。どうだったでしょうか。
それにしてもこのワンコインコンサートは御客様が多いですね。
平日昼間でもこのくらい御客様が来られるんだという事が素晴らしいです。

夜は
だいしホールで行われた
「歌とギターの世界 in新潟」と題されたコンサートに行って来ました。
e0046190_1429810.jpg

ギターは岩永善信さん、歌はベルギーの歌手でマルティエ・ヴァンデ・ヒンステさん。
岩永さんは毎年新潟にはコンサートや公開レッスンで来られていますので、もうおなじみでしょうね。
日本を代表するギタリストのお一人です。
今回お相手のヒンステさんは初めて。
ベルギーのお生まれでウイーン音楽大学、ノルウエー音楽アカデミーなどで学んだ方です。
特に力を入れているのは北欧のレパートリーとのこと。

今回そのヒンステさんの歌、というか声
素晴らしかったです。
とっても暖かい声で「まぁぁ〜〜〜るい声」とでも言ったら伝わりますかね。そんな素晴らしい声の方でした。
プログラムは
ブリテン編の歌曲で始まり、ファリャ、ヴィラ=ロボスが前半。ブラジル風バッハ5番アリアは感動ものです。
後半は岩永さんのギターソロでサンサーンスの動物の謝肉祭から抜粋、カサドの無伴奏チェロ第三楽章のギター編。
そしてまた歌が入ってグリーグのの歌曲6曲。
ソルベイグの歌にはしびれました。
アンコールも歌とギターでロドリーゴのなんか(すいません曲名わからず)、最後はシューベルトのアヴェマリア

うっとりするようなコンサートでした。

この岩永さんのコンサートは毎年行っているのですが、今回は歌がはいるということで客席には声楽の先生方が何人もお見えになられていました。
こういう歌とギターという組み合わにはどういう感想を持たれたでしょうか。
ピアノがないところでも出来るからいいと思いますよ。新潟にはいいギタリストさんが何人もいらっしゃいますしね。

岩永さんの今年の公開セミナーはこちらです。
e0046190_14294237.jpg

7月18日ですね。聴講のチケットも今日届くようです。
なかなか岩永さんのレッスンを見るのも面白いですよ。

では最後にCD関係でプチセールのお知らせを。
現在ドイツを代表する若手ヴァイオリニスト、ユリア・フィッシャーのペンタトーンレーベルから出ていたものを8種類、ちょっとだけお安くできるプチセールです。
ユリア・フィッシャーといえば20代にして現在ドイツ音大教授の最年少教授であり、またヴァイオリンでも国際コンクールをいくつも制覇して、こうしてCDも何枚も出しています。最近では名門デッカレーベルに移って大活躍。
そして凄いのはピアニストとしても国際コンクールを3つ制覇しているんですね。
一晩のコンサートで前半ヴァイオリンコンチェルト、後半ピアノコンチェルトをやるといことも行っている才能の持ち主。
おまけに美人。
ということで人気のある演奏者さんです。
昨年来日するはずだったのですが某事情で中止になりました。その事情も知っていますが、ちょっとここでは書けないのでご了承を。。(えっ!そうだったの?と思った理由でした。。)
どのくらいお安くなったの?というと1枚ものが普通2880円なのが2200円。なんと680円もお得!
そしてバッハの無伴奏は2枚もので4千円以上だったのを2980円にします!うー太っ腹!
e0046190_14373462.jpg

大手ではやっていないセールなのでいかがでしょうか。

ちなみにペンタトーン輸入元担当東京エムプラスの燃えるトロンボーニストS氏に「第1のお勧めなーに?」と聞いたら、これですね!と燃えるトロンボーニストさん。
e0046190_14391833.jpg

ちょっと珍しいロシアもののヴァイオリン協奏曲を入れたものですね。たしかにこれは盤鬼平林さんも絶賛してました。
私の一押しはこれかな。
e0046190_14402348.jpg

ブラームスのヴァイオリン協奏曲&二重協奏曲です。
それでもーしわけない!んですが二重協奏曲でのチェロがいいんですよ〜。
ダニエル・ミュラー=ショットです。新潟でもシューマンのチェロ協奏曲弾いてましたよね。
いいチェリストだと思います。

他にもモーツアルトのヴァイオリン協奏曲、チャイコフスキーの協奏曲などあります。
この機会にいかがでしょうか。

今週の週末はコンサートにいかず。(しくしく)
今後への充電をしていようかと思っています。
明日の長岡は花いっぱい音楽祭ですね。Daaさん、村山薫さん、頑張って下さい!
仏像展もあって、おそらくリリック周辺は凄い事になっている事でしょう。
by concerto-2 | 2010-05-29 14:50 | CDの紹介 | Comments(4)
タイトルを見て、、何この3人の女性は。
と思われた方もいらっしゃるか、、、もしくは「知ってる!」と思われた方も中にはいらっしゃるでしょうか。

行ってきました〜昨日。
県民会館で行われた
「3人娘メモリアル・コンサート〜ニッポンを元気に〜」
e0046190_1220358.jpg

3人娘とは
伊東ゆかりさん
中尾ミエさん
園まりさん

これが40年前だったら、若者たちが頭にバンダナまいて「ゆかりちゃーん!」とか野太い声援が渦を巻いたかもしれませんね。
昨日は見渡す限り、みんな私の人生の先輩の皆様、特に3人と同年輩と思われるお嬢様方の渦!!
そんな中、場違いのように若者の私はチョコンと座ってみてました。

いや〜ビックリしました!驚きました。
素晴らしい!
なにが素晴らしいって

伊東ゆかりさん!!!

すごいですよ。
中尾さんと園さんはもともと中低音中心なタイプな事もあるのでしょうが、音の大小とヴィヴラートを用いて歌われていました。まぁだいたいベテランの歌手の方はそうだと思います。
ただ伊東ゆかりさんの歌は全然違います!
ものすごくスーっと伸びるんです、そしてあまりヴィブラートもかけない。とてもきれいな声。
そして一番凄いと思ったのは言葉がとってもよく聴こえる。発音、発声が良いんですね。
3人でハモる時なんかも高いパートをきっちりと決めてらっしゃいました。
とても(失礼ながら)還暦を超えた方とは思えません。
しかも動き回ったりもした後でも揺れがないんですね。お体なんかもスレンダーなのに。
「小指の想い出」も当然歌われましたが、後半にソロで歌われた「百万本のバラ」には感動してしまいました。
ドラマティックなヴォーカリストなら高橋真梨子さんが最高だと思いますが、リリカルな持ち味でのベテランヴォーカリストでは伊東ゆかりさんって最高の部類に入るのではないのでしょうか。
これからもうひとブレイクあってもいいと思いました。いやあるべき!
中尾さんと園さんもよかったですよ。トークは冴え渡ってましたし。場内のお嬢様大爆笑の渦!

このコンサート、そもそもなんで私が行ったかというと。。。
私がいつもお世話になっている御客様から、行けないからと譲り受けたのだったんです。
まぁ正直な所。。。あまり行きたいと思ってませんでしたし、、、ほんとは昨日ある事すら忘れてました。
開演2時間前に思い出して、いつもお世話になっているから、せめて感想だけでもお話せねば。。
と思って、いったコンサート。

よかったです。
とにかく伊東ゆかりさんいいですよ〜。

さてこの三人娘さんのコンサートは「ニッポンを元気に」というサブタイトルです。
やはりこうしたベテランお姉様が元気だと活気も良くなるってものです!

で、新潟音楽界に目を移すと
おぉいらっしゃいましたよ、活気をよくするような姐御が!!
e0046190_1201429.jpg

豊栄が生んだ一節太郎以来の大歌手、五十嵐尚子先生です!!
写真は五十嵐さんのデビューアルバムです! 全国発売ですよ。レコ芸にも評がのったんですよ。
CDもいいですが、生の五十嵐先生はこの10倍良いです!
6月4日の東北電力グリーンプラザに五十嵐さんとフルートの榎本正一さん、ピアノの高木明子さんという、昨日の3人娘にも勝るとも劣らないトリオの名演が聞けます。なんと無料で!
ぜひ6月4日、もしゲキチにいかないようでしたら。。。東北電力グリーンプラザにお越し下さいね。夜6時半からです。

もう1枚活気が出るようなのをご紹介。新譜から
e0046190_124335.jpg

クラシック界に吹いたラテンの嵐!
ドゥダメル率いるシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラによる
ストラヴィンスキーの「春の祭典」
そしてレブエンタスの「マヤの夜」のCDです。
こえは聞いてないけどよさそう!
特に「春の祭典」はもう人気曲ですけど、「マヤの夜」はまだ知られていない隠れた名曲です。なかなかのりのいいリズムが底に流れる、いかにもラテンクラシックという曲です。
中南米の作曲家ってもっともっと知られて良いですよね。
お勧めの新譜です。

CDのご紹介もう1枚。
今日は木曜日。ということは新潟室内合奏団さんの練習日です。
次の公演にむけて頑張ってらっしゃることでしょう。
次の曲目はリストのピアノ協奏曲第1盤とシューマンのライン交響曲、、、そして!
シューベルトの歌劇「アルフォンゾとエストレッラ」序曲!なんじゃそりゃ!と私も思ってしまったんです。
なかなか知られざる曲ですね〜。

一応当店ではナクソスでご用意しております。
e0046190_12113346.jpg

もしよろしければ。。

明日の金曜日は
お昼にりゅーとぴあさんでワンコインコンサートがありますね。今回はヴァイオリンの小野明子さんとピアノ西脇千花さんのデュオです。またプライムコンサートとして夜にも豪華版なこのお二人のコンサートもありますね。
ぜひ皆様りゅーとぴあにお越し下さい。

また、だいしホールでは
ギタリスト岩永善信さんのリサイタルがあります。今回は北欧のソプラノの方をゲストにしたコンサートになっています。日本最高のギタリストのお一人岩永さん。
こちらもきっといいコンサートになる事でしょう。当店でもチケット扱っております。夜6時45分開演。
私も行ってきます。
e0046190_12214579.jpg

なので明日は6時半頃すいません店を閉めます。すいませんよろしくお願いします。
by concerto-2 | 2010-05-27 12:15 | 演奏会のこと | Comments(2)
昨日ちろっと書いたシネウインドのことについて

月刊ウインドの6月号が到着しました!!
e0046190_105214.jpg

毎月25日にはシネウインドの、今や顔となった武田まっちゃんが入れ替えにきてくれるのです。
それで私はいつも、すぐには帰さない。。

自分が行けなかった映画のストーリーを話させたり。。ラストまで(笑)
いろいろな今後と予定とか、あれこれ聞きます。
やはりそういったことを分かって、人に勧めたいですからね。

よくウインドってなんか、きも〜ち悪い映画ばっかやるところでしょ〜。
という声を聞く事があります。

そんなことないですよ!明るい青春映画だってやるし、ガッキーの名作「恋するマドリ」だって上映はウインドでしたし。アニメだってやる時があるし。気持ち悪く無いですよ〜

と言ったりしてます。
し、し、しかし今年の夏のラインナップは。。
ちょっと暗めのラインナップが続くかもしれません。。。

そして武田まっちゃんが言うのです。
「佐藤さん、また前売り券持ってきましたよ。佐藤さん好みの暗いやつ」
と前売りチケットを預かりました。
(いや別に私は暗いの専門でもないけど。。。でも好きかも)

ということで現在ウインドの前売りは、この3つを預かっています。
e0046190_10581855.jpg

7月24日から公開の「マザーテレサ映画祭」
7月31日から後悔の「ヒロシマ・ピョンヤン」
8月14日から公開の「キャタピラー」
の3つです。
う〜〜ん明るくはないかも。。まっちゃん「武士道シックスティーン」が実は欲しかったぞ。。

マザーテレサ映画祭はマザーテレサに関してのドキュメンタリーを7本上映します。
ヒロシマ・ピョンヤンはサブタイトルが「捨てられた被爆者」ということでわかると思います。平壌と広島に分かれて暮らす母娘を追ったドキュメンタリー。

そしてなんといっても最大の話題作は「キャタピラー」でしょう。
35年振りにベルリン国際映画祭で銀熊賞を獲得して、その時マスメディアにもいろいろと取り上げられた、この作品。
監督が若松孝二というだけで、普通の映画ではない事は予想出来るでしょう。
それにいろいろなテレビ、雑誌などでも取り上げられたので見た、読んだという方も多いと思います。
私も映画は見ていませんが、雑誌のを読みました。

く〜〜暗いの好きな私でも、これはちょっち暗すぎるかもしれません。
すごい映画だということは感じるのですが。

映画を楽しみとするのでなく、映画に向かって戦いを挑む気持ちをもって見る
そういう映画なのかもしれません。
見たいような。。。怖いような。。。
それにしてもこういうシネコンではやりにくいような作品を上映する映画館があるということを誇りに思いたいと思います。  
もう1軒くらいあれば、なお最高なんですけどね。。
そういえば主演の寺島しのぶさんも公開の頃に新潟に来られるとの事。ウインドで挨拶でもあるのかな。

そんな暗めの作品3つ、お得な前売りチケット取り扱っております。

そして今回まっちゃんから教えてもらって
おー!!!と思わず雄叫びをあげてしまったのが
ウインドさんで5月29日から6月11日まで上映される作品で
「ずっとあなたを愛している」
があります。先日も新潟日報でレビューが書かれていましたし、いろいろなところでも話題になっている作品です。
私もこれは見に行くものの一つに考えているものです。
主演のクリスティン・スコット・トーマスさんって、イングリッシュ・ペイシェントの女優さんですよね。
あの作品見て感動しました。そしてきれいな人だな〜と思ったものです。
今回はノーメイクで影のある女性を演じています。
とても話題の作品。ちょっと暗めで重いテーマながら、とても心が温かくなるような作品という事です。

この作品をテーマにした講座が行われます。
場所は新潟国際情報大学の古町にあります中央キャンパス。
6月10日(木曜日) 時間は19時開演
「2010年度 映画の中の市民社会」と題されたシリーズです。
全体テーマ「家族の肖像」
その1回目としてこの映画を課題にして

講師がFMPORT 遠藤麻理さん!!!!!

これは申し込まなくては。
聴講は無料。
申し込みは国際情報大学さんまで 025−227−7111

遠藤さんは講演をよくやられているのですが、私は聞くのは初めてです。
ぜひ、事前に映画を見て予習をして、遠藤さんの講演に臨みたいと思います。
ぜひたくさんの皆さんが集まられると良いですね。
いや、きっと大スターの遠藤さんの事なので、瞬殺ソールドアウトかも。
ぜひ御早めにお申し込みを。

ちなみに第2回目は
同じ場所で6月17日に情報大学講師の松尾先生による、インド映画「家族の四季」についての講演が予定されています。

ぜひシネウインドやこうした講演にも足をお運びください。
ウインドでは6月いろいろな作品が上映されます。情報はぜひ月刊ウインドで。
当店でも170円にて絶賛発売中です。
よろしくお願いします。
by concerto-2 | 2010-05-26 11:27 | 映画のこと | Comments(4)
今にも降ってきそうな曇り空の火曜日。
午後1時からりゅーとぴあスタジオAで行われた
「音楽を楽しむ旅」トーク&コンサート

に行ってきました。
JTB関東さんとヤマハ新潟店さんの共同企画のイベントです。
このお二つの共同企画は初めてとの事。記念すべきことですね。
この日のために一ヶ月前からがんばって来られた美しき御担当中村さんも、テレビ「新潟一番」などにも出られPRに一生懸命でらっしゃいました。
そのかいあって、ほぼ会場は満席に近い御客様でした。
JTBさんのロイヤル会員様たちなのでしょうか、そんな中にボンビーな私が混じっていいのだろうか。。。と思ってました。えーいヨーロッパ旅行くらいなんぼでもいっちゃるわい!!
と言えるようならいいのですけど。。
そうだ、皆様にお得な情報が。中村さんから私、クーポン券もらったんですよ!
なんと旅行代金の3%が割引!!
ちなみにその旅行って、ヨーロッパ158万円だったかな(笑)
えーい、もう太っ腹!!
もし欲しい方いらっしゃれば私まで。。。

と、横道にそれましたが
このイベントのプログラムは

第1部
ピアノコンサート/小黒亜紀さん
ショパンのスケルツォ第2番、エチュード「木枯らし」

トークショー/山本直幸さん(JTBコーディネーター)
音楽旅行の楽しみ方、ショパンゆかりの地や生涯についてのご案内、おすすめツアーのご紹介

第2部
ピアノコンサート/小黒亜紀さん
ショパンの子犬のワルツ、エチュード「黒鍵」、ノクターン第13番
ラフマニノフのコレルリの主題による変奏曲

アンコールはショパンの幻想即興曲

という内容でした。
だいたい2時間半のた〜っぷり充実したイベントでした。

まず小黒亜紀さんのピアノ。
さすがです。聴くたびに上手くなるな〜というのが最初の感想。
小黒亜紀さんと言えば重く豪快、でもキレがある演奏です。その意味で言えばプログラムにラフマニノフを入れたのは良かったですね。やはりショパンだと小黒亜紀さんの爆発力はちょっと出せる箇所がすくないかな〜と思ってました。
ラフマニノフはこれぞ小黒亜紀さんと言う演奏でした。小黒さんの「なんかのりうつってるんでないのか演奏」と勝手に私が心の中で思ってる、その期待通りの演奏でした。
ショパンはスケルツォの2番が良かったですね。私はこの曲の場合いつもチェックポイントにしている箇所があるのですが、小黒さんの演奏はOKでした。さすが。

終演後に、会場にわざわざ長岡から駆けつけて来られたピアニスト村山薫さんが小黒さんにお会いしたいというので、一緒に待ってました。
村山さんと小黒さんは東京音大の先輩後輩になるんですね。でもちゃんとお会いするのは初めてだったそうです。
長岡を代表する若手の村山さんと新潟を代表する若手の小黒さん、楽しくお話しされてるのを見て。。。

「あぁ若いっていいなぁ。。」

と思いました。新しい出会い、そこから発展する未来!
お二人ともこれから輝ける未来に向かってがんばって下さい。

村山さんもこうして一人一人、お知り合いが増えて行くのは、今後の活動にとてもプラスになると思います。
どんどん新潟市にきてください。そしてコンサートしましょう!!
今度、「村山薫うちわ内覧会コンサート」でもしますか。
企画しますよ〜。

小黒亜紀さんもとてもアグレッシブに活動をスタートされています。
これからもいくつも本番が決まっているんですよ。
そして来年の4月には初めてのソロコンサートをされるとのこと。
素晴らしいピアニストさんです。ぜひ皆様応援をお願いします。聞きにいらして下さいね!

トークショー担当の山本さんはJTBに「クラシック音楽ものであれば、この方!!」というようなすごい方でらっしゃいました。
ヨーロッパ音楽ツアーを何十年もされて、毎年夏はザルツブルクに滞在。音楽の友などにも寄稿されてらっしゃる方です。
豊富な知識と体験からくる、楽しく有益な情報をたくさんお話しになられました。
きっと心動かされて
「ヨーロッパにコンサートツアーいっちゃおうかしら!」と決意された御客様もいらっしゃったんではないでしょうか。
私と一緒に今回参加したマダムシャンパーニュさんも終演後に山本さんにいろいろとご教授受けてました。
ヨーロッパ音楽ツアーに関しては、なんでもござれなプロフェッショナルな方なんですね。
貴重なお話を伺えた事は、今後役立てる事が出来ればと思っています。

このイベント、司会はいつもりゅーとぴあ展望レストランでお世話になっている平井さんでした。
さり〜げなくレストランのことも宣伝できたのでよかったですね。

これでツアーの希望者が増えれば大成功!JTB中村さんおめでとうございます。
となることを祈っております。
いいイベントでした。

お土産もたっくさん!
e0046190_19525060.jpg

さすがはJTB&ヤマハという一流企業!!
特にエコボトルは嬉しいな!ありがとうございます。
よーし!150万円のツアーでも行くかな!! (宝くじがあたったら。。)

長岡の村山薫さん、新潟の小黒亜紀さん。。。とくればこの人を忘れては行けません!
白根の小杉真二さん!!!
今日のCDはこれ
e0046190_19553239.jpg

白根と言っても今は新潟市ですし、それに小杉さんはそんなローカルな枠で語る人ではありませんよね。失礼失礼〜
小杉真二さんのサードアルバムが出ました!!
本日入荷しています。
チラシもあるんですよ。
e0046190_1957311.jpg

曲目は
バッハ(ヘス編)/主よ人の望みの喜びよ
モーツアルト/きらきら星変奏曲
シューベルト/3つの小品より第1番
ブラームス/6つの小品より間奏曲イ長調
ショパン/前奏曲OP45
リスト/小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ
ベートーヴェン/エリーゼのために
ベートーヴェン/ピアノソナタ第23番「熱情」
ショパン/練習曲「別れの曲」

というラインナップです。
コロナホールで録音、ピアノはホールのベーゼンドルファーということ。
税込み2000円です。
よろしくお願いします。

最後にりゅーとぴあさんに出た新しいチラシ。
これは早くチケット買わなくては!
e0046190_2011092.jpg

8月22日 ジュニアオーケストラフェスティバル2010in NIIGATA メインコンサートです。
今回の参加は岡山市ジュニアオーケストラ
北九州市ジュニアオーケストラ
みたかジュニアオーケストラ
仙台ジュニアオーケストラ
トリフォニーホールジュニアオーケストラ
ジュニアオーケストラ浜松
新潟市ジュニアオーケストラ
フェスティバルオーケストラ(7団体選抜による合同オケ)
です。
チケットは一般2000円、高校生以下1000円 発売は6月8日(会員)6月9日(一般)
もーこれはほんとに早くにチケット完売になるので、早く買わないとです!!
なんせ全国から集まってきますからね。前回はあやうく買えない寸前だったんです。
指揮者も岡山は山田和樹さん、トリフォニーは松尾葉子さん、このお二人はブサンソンコンクール優勝者ですよね。
仙台は山下一史さん。などなど強力な面々が揃います。
夏の大イベントです。ぜひチケットはお早めに。

今日は25日なのでシネウインドの武田まっちゃんが月刊ウインドの入れ替えにきてくれました。
見たら。。。なぬ!遠藤麻理さんの講演があるではないか!!これは行かねば。
テーマは何だ!恐怖の館か、地獄の日曜日かぁ!! 。。。えっ?女性の生き方を語る。。。みたいなのだって?
ホ、ホ、ホラーではないのかぁ!

それらについてのことは次回に。。。
by concerto-2 | 2010-05-25 20:11 | 演奏会のこと | Comments(5)

合唱のことでお知らせ。

今日の休みは雨風が凄かった。
いつもの朝マックもお客さまは半分でした。
「雨風勘弁してよぉ〜」と思いましたが
夕方のニュースで市野瀬瞳さんが「この雨で植物がいきいきとなるでしょ〜」みたいなことを、おっしゃられてました。
あぁ私は汚れた大人の考えしかうかばす恥ずかし!とか思いました。
そっか植物さんお水をもらってイキイキっ!ですね。。w

さて、松下耕さんってご存じでしょうか。
も〜日本作曲界の今では大物です。特に合唱の世界では超ビッグ!!

そんな松下さんのマネージャーさんからメールをいただきました。
びっくり。

*******************
コンチェルト様

偶然ブログを拝見させていただき、メールする次第です。

突然のメールで申し訳ありません。

毎年8月に長野県軽井沢町で「軽井沢合唱フェスティバル」を開催しているのですが(今年で6回目)、今年は上信越の合唱団を中心で行う「信濃うたまつり」というものを企画しております。

活動の盛んな合唱団というより、地道に活動されている団体で、なかなか演奏会等も開けないような、小さな合唱団の方に紹介したく、現在宣伝をおこなっておりところです。

この信濃うたまつりは8月21日、同じような形でおこなわれるアンサンブルコンテスト(これは全国対象)は20日に開催されます。



新潟方面で活動されている合唱団にお声をかけていただけないかと思い、勝手なメールを出させていただきました。

何かお知恵等ございましたら、ご検討いただければ幸いです。



例年、新潟からも個人のお客様がたくさんいらっしゃいます(合唱団NEWSさん等)ので、そちらのショップをフェスティバルで紹介することも可能です。

よろしくお願いいたします。



以下詳細です。

信濃うたまつり詳細

*2010年8月21日(土)13:00〜20:00のメインコンサート内(集合:10:00)

*本番は 13:10 〜15:10 を予定

*募集団体数:8団体程度 編成・人数は問いません

*演奏時間:各団体10分以内(演奏曲目・曲数は問いません

*)参加費(1名):¥2,000 (参加費¥500 +メインコンサート通し鑑賞優待¥1,500)

※オンステージの人数ならびに演奏曲の決定は6月20日に締め切りとなります。

※参加合唱団は、松下耕・伊藤恵司・ほかの講師陣より講評があります。参加合唱団相互による感想・意見等の交換を予定しております。

※松下耕の指揮・指導で「信じる」の合同合唱を行います。(楽譜は贈呈いたします)

※参加合唱団は松下耕が招聘した国内トップレベルの合唱団によるプレミアムコンサートおよび耕友会ありがとうコンサートを聴くことができます。



また、アンサンブルコンテストもございます。

詳しくは

http://ktmusic.jimdo.com/

を、ご覧いただければ幸いです。

*********************

といことでした。
それでこのメールをいただいたのは2週間くらい前だったんです。マネージャーT様、遅くなってすいません!

もうチラシ関係もできていますね。目にされた方も多いと思いますし、当店でも置いています。
e0046190_23424453.jpg

e0046190_234348.jpg

e0046190_23444939.jpg

ちょうどその頃新潟でも合唱連盟さんのコンクールがあるので、難しいとも思うのですが、コンクールに出ない団体さんとかにはいいのではないでしょうか。
実際、参加されたことのある方にお話を伺いましたら、得難い経験で素晴らしかった!とのことでした。
いかがでしょうか。

火曜日は午後1時からスタジオAで行われるJTBさん主催のトーク&ピアノコンサートにいってくる予定です。
小黒亜紀さんのピアノが楽しみです!
たぶん定員に達していないと思うので(どうかな?)
聴きたいと言う方はスタジオAにお越し下さい。千円です。
by concerto-2 | 2010-05-24 23:50 | 演奏会のこと | Comments(0)
日曜日はまず午前10時半から西堀ローサのPianoPianoで行われた
「坂井加納 ピアノミニライブVol.2」
に行ってきました。
Vol.1の時はなかなか中に入って座ってお聞きになられるお客さまがいらっしゃらなかったんです。。。
ところが「驚き!!」
今回は満員!!!立ち見のお客さまもいらっしゃったりして。
凄い! PianoPianoさんの月間予定表にもちゃんと載ってて、それを見てこられるお客さまも多かったようです。
そして演奏は当然いい演奏でした。あそこのピアノいい〜音するんですよ。
もちろんオープンスペースですから、外の音なんかもじゃんじゃんするし、歩いてる人の話声だってする。
でもそれがいいんですよね〜。こういうところでこそお客さまの耳に訴えかけれる演奏者ほど力があるといえると思います。
このPianoPianoさんはいい修練の場ともいえますね。貴重な場です。
とてもいい〜ミニコンサートでした。
坂井さんはこれからいろいととコンサートがあります。
HPもお持ちですので、ぜひ御覧下さい。お名前で検索できると思います。

そして午後は、なにかあるかな〜とチェックしたら
あるではないですか。
だいしホールで。ふむふむ、、なになに、、混声合唱団ポコ・ア・ポコ。。どっかで聞いたことがあるよなぁ、、、
と、そこにご来店なのが合唱関係者の椎茸さん。
「ポコ・ア・ポコって知ってますか?」
「あーNEWSと一緒にやってる上越の合唱団ですよ!」
「そっか!思い出したぞ!!そうそう!これはいかねば」

急いで駆け付けました!
上越のポコ・ア・ポコさんはまだ聞いたことが無かったんです。それにNEWSさんといえば、個人的に女性陣のヴィジュアル度高し!の合唱団。
ということは。。。こ、こ、これは聞きにいかねば!
という、なんたる不純な動機もあったり(冗談ですからね)

ところが
だいしホールに入ったら。。。なんかお客さまの年齢層が高い。。
プログラムをいただいて、開けてみたら。。なんか曲が唱歌とかがメインの懐かし系。

なんと!勘違いでしたー
上越のポコ・ア・ポコさんではなくって
新潟市の東五十嵐自治会館で練習されている、人生の大先輩の皆様によってつくられた混声合唱団さんのポコ・ア・ポコさんでした。

でもなかなかじっくりと聞かせてくれる合唱団さんでした。
日本叙情歌やシューベルトの曲などがとても素敵な合唱となってホールに響いていました。

そして
「来て良かったー!」
と思ったのが後半の前半にあったゲストコーナー。
ゲストは昨年新潟に戻られたヴァイオリンの佐藤博志さん(伴奏 佐藤陸さん)
曲目は
ポンセ:エストレリータ
クライスラー:愛の喜び
ヴィターリ:シャコンヌ
ヴュータン:アメリカの思いで
タルティーニ/クライスラー編:コレルリの主題によるヴァリエーション

でした。
素晴らしい演奏!!特にヴィターリのシャコンヌは凄い熱演、聞いていて鳥肌が立ちそうなくらいの演奏でした。そもそもこの曲は有名な割に生で聞くことが少ないです。プロの演奏となるとほとんど聞けない曲と言えるのでは。
感動の演奏でした。さすがはジョセフ・シルバースタイン、シャンドール・ヴェーグというアメリカ&ヨーロッパの大ヴァイオリニストにも師事された佐藤さんです。
実に足が地に着いた演奏です。
また新潟市に素晴らしいヴァイオリニストさんが戻られたことを喜びたいですし、これからぜひ多くの方に聞いてもらう機会もあると思います。
ぜひ佐藤博志さんのお名前を覚えて下さいね。
大人のヴァイリニストさんです!

この佐藤さんのヴァイオリンが聞けたのが、とても嬉しかったです。
椎茸さんにお話を聞かなければ聞けませんでした。上越の合唱団さんではありませんでしたが、結果的に大満足。椎茸さんありがとうございました!!

合唱の関係ではお知らせしたいことがあります。
それはこの次に。
by concerto-2 | 2010-05-23 23:58 | 演奏会のこと | Comments(4)
土曜日はまた長岡のキュートなピアニスト村山薫さんがご来店されました。
ありがとうございます!
それに来週火曜日の小黒亜紀さんのショパンが聴けるJTBさんのイベントをお誘いしたら
来てくれることになりました!嬉しい。
まだ火曜日のイベント、大丈夫だと思います。ぜひ小黒亜紀さんのショパン聴きにきて下さい。

ではまた新しい演奏会のチラシをご紹介。
まずチケットも届いているものを。
また今年もリサイタルをされます!
e0046190_2338452.jpg

8月8日(日曜日)だいしホール 午後3時開演
「稲庭達 ヴァイオリン名曲紀行vol.4」
チケット 3000円です。
名古屋フィル、大阪フィル、大阪センチュリーのコンサートマスターを歴任されてた稲庭さん。
だいしでのコンサートも4年目ですね。
チケットも届いています。よろしくお願いします。

ちょっと遠いですが、こちらもチケット来ています。
e0046190_23405691.jpg

トミオカホワイト美術館さんでのコンサートです。
6月27日(日曜日)午後3時開演
実力派の3人によるピアノトリオのコンサートです!
チケット届いております。よろしくお願いします。

チケットはきていませんが
今日、お母さまがチラシをお持ちになられました。(いつもありがとうございます)
e0046190_23431216.jpg

井上静香さんの東京でのヴァイオリンコンサートです!
伴奏はもちろん成嶋志保さん。
ぜひ東京のお知り合いの方などにご紹介して、聞きにいってもらえると嬉しいですね。
盤鬼さんにも話してみようかな。
もし「行きたいー」という人いらっしゃれば、私の方でチケットをご予約できるようにもしますので。
よろしくお願いします。

それと新発田でもこんなコンサートが。
e0046190_23462955.jpg

新発田出身のチューバ奏者、板倉久徳さんのミュージアムコンサートです。
6月20日、場所は蕗谷虹児記念館!!いい〜ところですよ。
きっといい〜響きのコンサートでしょうね〜

新潟のチューバ奏者藤田さんもそろそろまた始動かな。楽しみにしてますよ。

今日のCDは
まず盤鬼平林直哉さんの新譜です。
e0046190_23512968.jpg

クナッパーツブッシュのブルックナーの5番。
オープンテープからの復刻。なかなかふくらみのあるいい音になっています。
演奏はもう定評ある名盤ですしね。
また平林さんからもうすぐ出るのかな?クラシック・スナイパー誌をもらいました。
あいかわらず過激なクラシック雑誌です。でも編曲ものの連載やチェロ曲紹介シリーズの記事とかはすごくためになるんですよね。
それにしても過激なクラシック誌です。。

もう一つヒストリカルもので。
本日入荷したのです。
2つのベートーヴェン交響曲全集。大特価。
e0046190_23543947.jpg

フルトウ゛ェングラーとクレンペラーです。
共に全集で1980円。
ライブでのものですがいかがですか。

日曜日は午前中、PianoPianoでの坂井加納さんのピアノライブにいってくるつもりです。
坂井さん楽しみにしてますねー。
よろしければ午前10時半からです。オープンスペースですので、お気軽にお越し下さい!
by concerto-2 | 2010-05-22 23:56 | 演奏会のこと | Comments(0)
久々と言っても3日振りでしたが。
新しいチラシが沢山出ていました。

の、前に。
県文化振興財団さんが出している「カルチャーにいがた」の最新号が出ました!
トップの特集はハーピストの山宮るり子さんです!!
e0046190_1933110.jpg

ぜひご覧下さい!当店にも置いてますので。
山宮さんがゲストのTOKIカルテット、新潟市の公演は8月26日です!

では
いくつか新しいチラシより、りゅーとぴあさん関係のものをご紹介!
(りゅーとぴあ広報のYさん今日はお名前を間違えてしまいましたね。すぐ気づきましたがごめんなさいです)

まずはガラコンサート!
e0046190_196132.jpg

9月8日(水曜日) 午前11時開演 全席指定1500円。
りゅーとぴあさんがやられている、お昼のワンコインコンサート。その8年間の中の演奏者さんの中から御客様の投票で決める、このガラコンサート。
結果はカルテット・スピリタス、デュオ・グレイス、浜まゆみ&羽田めぐみさんが選ばれました!!
私はこの3組のワンコイン全部聴いています。納得の3組ですね。
個人的にはデュオ・グレイスさんが選ばれたのが嬉しい!!!
デュオ・グレイスさんとは友にショパンコンクール第5位の実績を持つ高橋多佳子さんと宮谷理香さんのデュオです。
も〜〜高橋多佳子さんが最高なのです。演奏もともかく、あのトークが!!!!萌えーーー!って感じですよ。
もちろんピアノも最高です。
このガラコンサートは間違いなく完売になります!前回もそうでした。チケットは来月4日(会員)5日(一般)です。御早めに!

次に
マッキーズ集結です!!
e0046190_191289.jpg

我らが山本真希さんが出られる「夏休み・オルガンコンサート」です!
共演はシンディ・カスティーヨさん。
8月4日(水曜日) 午前11時半開演 小学生以下無料、4歳以上入場可、中学生以上500円/全席自由
このオルガンコンサートは楽しいですよ。
大きなモニターでもって演奏者さんの手や足などを大きく写して見る事が出来るんです。
普段ちょっと距離があって「オルガニストさんって遠いな〜」と思っている方は、ぜひ見に来て下さい。目からウロコぼとりです!
あとパイプオルガンはちょっとやそっとのお子さんの声とかで動じるサウンドではありません。
ぜひ4歳以上の小さなお子さんもお連れになられてパイプオルガンを一緒に聴きましょう。
肩身が狭くなる事なんて全然ないコンサートです。
チケット発売は6月10日(会員)11日(一般)です。

そして心洗われる天使の歌声。
e0046190_19181648.jpg

新潟市ジュニア合唱団さんの第20回定期演奏会です。
7月18日(日曜日) 午後2時開演 入場は無料(要整理券)
新潟ジュニア合唱団てお聴きになられた事ありますか?
泣けます!!おじさんやおばさんの疲れた心に染み入る天使のハーモニー。
「あぁ俺の人生悔い改めなければ。。。」と思わず改心しちゃう素晴らしさがあります。
これは聞いてみていただいて体感してみないとわからない感動です。
それにいつも歌われる小六禮次郎さんの曲がいいんですよね〜。
ぜひお勧めです。整理券は6月2日から配布。当店でももらって来ておきますね。

そして公立としては日本唯一のジュニア邦楽教室さんの定期。
e0046190_1933518.jpg

新潟市ジュニア邦楽教室 第15回定期演奏会」
8月1日(日曜日) 午後2時開演 入場無料(要整理券)
邦楽っていいんですよね〜、やはり日本人のソウルミュージックですよ。
魂を揺さぶられます。
それにこのジュニア邦楽さんは指導の先生がいかしてますからね〜
新潟邦楽界三銃士の一人(と勝手に私が言ってるのですが)
熱き男!尺八の鯨岡徹さんです。
熱き男の指導に熱く応える生徒さんのサウンドをぜひ暑き時期に聞いちゃいましょう!
邦楽って実はとっても新しい響きがあります。曲だって実は新しいんです。
もっともっと注目をしてみてください。

今日のCDはガラコンサートにご出演が決まった高橋多佳子様!!
その高橋さんのショパンを作曲順に収録したアルバム、「ショパンの旅」シリーズをまとめたお得なボックスが出ました。
e0046190_1940819.jpg

7枚CDでなんと1万円です!!これはお得です。
いやぁ〜高橋多佳子さん、ぜひりゅーとぴあに聞きにいらしてください。ほんといいですよ!

今日の金曜日は、上古町にまた新たなスポットがオープンしました。
上古町3の百貨さかいさん向かいにできたのが
「越後KOME&SAKE交流館 ナジーラ」さんです。
午前11時のオープニングセレモニーにはたくさんの関係者や御客様や報道の皆さんが集まりました。
e0046190_19435661.jpg

もしかすると私もどこかのニュースに写ってるかもしれません。
BSNの實石さんやNSTの近藤さんも取材にいらしてましたね。
新潟の米と酒の物産館のようなスペースです。
販売もしていますので、酒好きの方はぜひ来てみて下さい。試飲は。。。。できるのかな?今日はできる状態ではありませんでしたけど、これからはどうなんでしょう。
なんにせよ賑わう場所が増えたというのはいいことです。
ぜひ上古町におこしの際はお立ち寄りください。

今週ももう週末です。早いものですね。
でも今週末はコンサート関係があまり無いような。。
私の予定は土曜日はショパン鑑賞会の会に参加、日曜日はPianoPianoで午前中ある坂井加納さんの2回目のピアノコンサートにいってきます。皆さんもいかがですか?午前10時半からです。ぜひ!!

長岡の仏像展もいよいよお越しになられるようです。火曜日から公開でしょうか。きっとすごいことになるでしょうね〜
私は31日に行ってくる予定にしています。混んでいるかな〜。

みんないい天気でありますように!
by concerto-2 | 2010-05-21 19:52 | 演奏会のこと | Comments(2)