コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今日の金曜日はりゅーとぴあスタジオAで19時から行われた
クアルテット・エクセルシオさんの「りゅーとぴあ・ハイドン・ツィクルス弦楽四重奏曲連続演奏会」
に行ってきました。
や〜〜っとエクセルシオさん聞く事が出来ました。というのもたしか新潟で演奏会をやられるのは4回目だと思います。最初は榎本師匠のリサイタルにゲストでですよね、師匠のリサイタルは行くのが当然の私もその時はだめだったんです。そしてこのハイドン連続演奏会も初回と2回目がだめで。。。周りからは高い評価が耳に入るし。。。
やっと今回聞けました!閉店してからだったので後半のプログラムだけでしたが、それでも大満足でした!
プログラムは
ハイドン
弦楽四重奏曲作品64−6「ひばり」
弦楽四重奏曲作品76−2「五度」

弦楽四重奏曲作品77−2「雲が行くまで待とう」

アンコールは弦楽四重奏曲作品20−2より第1楽章

というプログラムでした。
なんか「五度がよかったね〜〜」とおっしゃる御客様もいらっしゃいましたが、後半の「雲が〜」もよかったですよ。
この曲は私はなじみが無い曲でしたが、ちっとも開きませんでした。ハイドン=退屈というイメージが世間には有ったりもしますがそんなことはありません。聞けば充分面白いのですよね。
それに演奏がいい。特に第1ヴァイオリンの方は「端正でありながらダイナミックであり、そしてスリリングである」という訳の分かんない例えですいませんが。聞いてて退屈させない、聴き所をしっかり聞かせる。そういった感じの演奏に思いました。歌謡性を充分に伝えて来られてると言うか。
さすがは若手カルテットではトップクラスという実力聞かせていただきました。

余談ですが。
スタジオAに休憩時間に入ったのですが、席をどこにしよ〜かな〜としてたら
声をかけられました。振り返ったらかっこいい美女が。
おー!私が新潟関係の演奏者さんで2番目に大好きなヴィオラ奏者の羽柴累さん!!
新潟室内の演奏会で井上静香さんとモーツアルトのコンチェルトを弾くためにウイーンから帰ってきてらしたんですね。
私も会うのは1年ぶりくらいです。
これから新潟室内さんの本番までモーツアルトをさらってよりいい演奏になるべく頑張るとのことです。
ぜひ11月7日(土曜日)りゅーとぴあコンサートホール 18時45分開演です。
新潟室内合奏団の公演。チケットも販売しています。Ruiさんの勇姿を見に来てください!
私は協奏曲がある前半は最前列のあたりに潜んでいようと思ってます。Ruiさんや静香さんに迷惑がかからないようチッコクなってます。Ruiさん!静香さん!楽しみにしてますねー!

ともかくRuiさんに会えて嬉しかったし、もちろんエクセルシオさんの素晴らしい演奏も聞けて後半だけでしたが行って良かったコンサートでした。

弦楽カルテットといえば。。。。
地元のカルテットの皆さんによる演奏も週末と祝日にあるんですよ。
まぁイベントの中でのミニ演奏会ですけど。こちらです!
e0046190_19115735.jpg

白山公園にあります燕喜館さん。こちらで11月1〜3日に「超の花飾り」という花を大体的にとりあげた催し物が行われます。
ちょっと小さくて見にくいと思うのですが、内容に「音楽の奏べin花模様」というのがあります。
これは1日と3日に大座敷で行われる弦楽四重奏のミニ演奏会です。ちなみに2日には行われませんのでご注意を。
時間はいずれも11時開演と14時開演の2回。美しい花に囲まれた中で演奏されるメンバーは
弦楽四重奏団「アンサンブル スワン」さん。第1ヴァイオリンは「ポッチャリーノカルテット」の小島さん。小島さんが美しい花に囲まれて素敵な演奏をします。。
これは聞きに、いや見に行かねば(笑)
無料ですから、まだ燕喜館に入ったことが無いと言う方にもお勧めです。

それとこのコンサートのプログラムに折り込まれてたチラシの数々。一つ「おっ」と思うのがありました。これです
山本真希さんのオルガンリサイタルシリーズ「オルガンで聴くハイドン」
このコンサートにトランペットの佐藤友紀さんがで出られるのは知ってましたが、ヴァイオリンの広川さんや佐々木先生、そしてチェロの渋谷陽子さんが出られるとはしりませんでした!
e0046190_1021367.jpg

これは大きなセールスポイントになりますね。聞きに行かねば!

今日のCD。ここ数日ちょっと熱が入り過ぎてたかも知れないので、ぐっと軽いものを。
e0046190_19173688.jpg

ナクソスから出ているボリングの「フルートとジャズピアノトリオのための組曲」です。
CDの帯にはボランと作曲者名がなっているのですが、だいたいみんなボリングと言ってると思うのですが。。
この曲では作曲者自身とランパルが組んだものが有名なのですが、今では廃盤。
入手可能なものではこのナクソスがいいですね。
さてどんな曲かと言うと。。。私はもう〜〜この第1組曲の1、2、3曲目を聴くと胸が熱くなりますよ。
かってFM新津さんの「Dr横坂のくらくらクラシック」を聴いてくださってた方であれば1ッ発で分かります。
1曲目はくらくら〜の最初のテーマ曲。2曲目はアシスタントの野村さんがコンサート情報を話てたコーナーのBGM。そして3曲目は番組のエンディング曲なのです!
だからそれぞれ聴くと横坂先生がここで「皆さんいかがお過ごしですか〜」と入って来るんだよな〜とか思い出が走馬灯のように蘇ります。
いや〜懐かしい。
あんな感じの組曲です。クラシックというよりは〜軽音楽といった方がいいかもしれませんね。
でも曲としてものりがよくていい曲ですよ。
お勧めです。

フルートといえば1日の日曜日にはこんな演奏会があります。
e0046190_19123832.jpg

音文で14時開演。「新潟フルートアンサンブルカーニバル」です。
新潟で活躍されているフルーティストさんが一同に介して演奏を繰り広げる楽しいコンサートです。無料と言うのも嬉しいですね。
もし日曜日なにかコンサート無いかな〜という方はぜひ音文におこし下さい。

夕方、2代目バンブーハウスが完成してました!
5時からセレモニーをするとのことで報道陣の方々も多く来てましたね。
e0046190_19221187.jpg

月間ウインド、FMPORTタイムテーブル 最新号が届いてます。
e0046190_19131321.jpg


土曜日は午後から長岡に行ってこようと思っています。
長岡交響楽団さんの定期があります。

だいしホールではイギリスから帰国された佐々木友子さんのリサイタルが行われますね。
チケットが早々に完売になったと言う人気のコンサートです。きっと素晴らしいコンサートになることでしょう。

砂丘館では個展「MAMECO 展」というのが31日と1日の二日間だけひらかれます。
私も案内いただいたのですが、とてもよさそうな感じの個展のようです。よかったら砂丘館に見に行かれてください。私もなんとか行きたいと思っています。

非公式な場ではありますが31日にはソプラノ宮澤優子さんが某学校でコンサートをされます。生徒さんたちにプロの素晴らしさを感じさせてやってください。頑張ってね。
某ホテルでは企業パーティで琴の奥村御夫妻がコンサートをやられます。普段あまり聴くことが少ないと思われる、琴の音色をたくさんのお客様に聴いていただきましょう。頑張ってください。

みんないろいろな場所で頑張っています。
よそから大物が来るのもいいですが、地元でも頑張っている人がたくさんいて、素晴らしい仕事をしているんだということをもっともっと多くの方に知っていただきたいですね。
みんな頑張りましょう!
by concerto-2 | 2009-10-31 01:23 | 演奏会のこと | Comments(3)
今日の木曜日は実にいい天気!
私は木曜日一人店番なのでバンブーハウスには行けませんでしたが、たぶん完成したのではないかな?

さて昨日の新聞に載ってたニュース、お気づきになられましたでしょうか?
新潟市とナント市の姉妹都市提携調印の記事。
そこに載ってましたね。
市長が提携事業第1弾として来春に新潟市で「ラ・フォル・ジュルネ」を開催すると!
遂にここまできたかって感じです。

新潟での「ラ・フォル・ジュルネ」ってご存知の方もいらっしゃると思いますけど
いろいろとあったわけですよね。私がここに書くわけにはいきませんけど。
昨年、知り合いの市の人にそれ〜となく聞いたら「あの話はまだ消えてないんですよ〜」とのことでした。
ということは近々なんだな〜と思ってました。
09年度にはきっと話が進むだろうとも。

でも来春とはびっくりしましたね。
大丈夫なんでしょうかとも思っちゃいますけど、まぁ市長が発表したんだから公算有ってのことなんでしょう。
ということは水と土の芸術祭は新潟市美術館主導でしたけど、今度はりゅーとぴあさん主導かな?
となれば当店も全面的に協力出来る事が有れば頑張りたいと思いますね。

昨日お知らせしました年末発売予定の「ソレンコワ リサイタル」ですが
本日、盤鬼平林直哉さんからテストサンプル盤が届きました。
e0046190_19425767.jpg

も〜〜〜〜これすごいです!
盤鬼さんが「前出てたCDはさ、つぎはぎで作ってて変なんだよね〜」とおっしゃってたのですが
聞いて分かりました。なるほど〜これが本当のオリジナルなんだ〜。
そして盤鬼のレーベルはリマスター音質が売りな訳ですから、音質がまたすごく改善されてます。
しっかし、ソレンコワすごい。失礼ながら「心に響く歌声」より前に「とにかくすごい」という印象を強烈に持ちます。
最初は技術に圧倒。やはり1950年代のソ連が西側に出して来るだけの事は有ります。
最後の方におまけで入ってるモーツアルトの夜の女王のアリアもあの「あははは、あははは」のとこなんかも(わかる人には分かりますよねw)
お茶の子さいさいって感じで速いテンポでびしっと決めてる。
すごいものです。このCD聞いてて何度も震えが来そうになりますよ。まじです。
新世界レーベルから出ていたCDとは別物と思っていただいていいです。音質も違えば曲順も違うし。収録曲も増えてるし。
ぜひ幸福にも前のを持っていると言う方にもぜひお買い上げ頂きたいです。発売まであと2ヶ月近く、少々お待ちくださいませ。

今日、当店に東京エムプラスの社長様がお見えになられました。
エムプラスさんといえば、ハイペリオン、シャンドス、グロッサ、アヴィー、ギメールなどなど、まだたくさんありますが、そういう多くの海外レーベルをかかえるクラシック日本輸入代理店です。
日本でも5本の指に入る代理店さん。そんな一流企業のトップ様が北陸信越をここ数日まわられているんですね。
新潟にも来られ、当店にもおいでになられたということです。
うぅぅこんなちっこいとこにすいません。
それにしても社長様といろいろなレーベルのお話をしましたが、本当にお好きなんだなぁ〜と思いました。そうでなくてはクラシック輸入盤の代理店はやっていけないでしょうしね。
たいしたものです。

今日のCDはこちら!やっとご紹介出来ました!!当店の必殺ソフトの一つです。
e0046190_19423796.jpg

ヘンデルの「聖セシリアの祝日の頌歌」演奏はロバートキング指揮キングズコンソート。歌うはテノールさんのジルクリストとソプラノのキャロリン・サンプソン!
前にもご紹介したほんとうに素晴らしい歌声のキャロリン・サンプソンさんのこれが私の一番大好きなアルバムなんです。
そしてこの1枚はここ5年間で私の聞いた中でベスト2。第2位のCDです。
第1位は写真でも上にちょこっと写ってるボールトのフィンジ作品集。
でもボールトのフィンジは過去の再発ということなので、新作ということであればこのヘンデルがベスト1です!

この「聖セシリアの祝日のための頌歌」ってご存知ですか?
あんまり知られていませんよね。でももんのすごいいい曲です。
そもそも聖セシリアというのは音楽の守り神。記念日である11月22日にその音楽の守り神に感謝に意を表す音楽です。ヘンデルだけでなくハイドンやパーセルも作曲していますね。
なかでもこのヘンデルのは素晴らしいんです。
そして中でもこのキングとサンプソンのは素晴らしすぎる!!
サンプソンが歌う2曲のアリアには時間を忘れます。特にフルートの神様に感謝に意を表しているアリア「優しい横笛」。この曲はヘンデルの曲の中でも最高のメロディだと思っています。
そしてこのアリアでのサンプソンの歌がも〜〜〜泣けるほど素晴らしい。そして歌に絡むフルートとリュート。もともとフルートに感謝の曲ですからね、フルート映えます。
この聖セシリア〜のCD自体そんなに有りませんが、とびぬけて他の演奏、歌唱では味わえない極上の1枚です。
超極上にお勧めの1枚です。

明日はスタジオAでのクァルテット・エクセルシオさんを後半だけですが聴きに行こうかと思っています。
音文では敬和学園混声合唱部さんのコンサートがありますね。
長岡では市立劇場に東京フィルさんの演奏会が有ります。
いい天気でありますように。
by concerto-2 | 2009-10-29 19:45 | CDの紹介 | Comments(6)
タイトルの前に。
今日の水曜日から新潟市美術館で「市展」が始まりました。
e0046190_22525033.jpg

前半と後半に内容をわけての展示です。
前半は洋画、版画、工芸です。となると後半は写真、日本画、書かな。
初日と言うこともあって、たくさんのお客様が来られてましたね。
そして興味があったのはこの新潟市美術館では7月から水と土の芸術祭の会場にもなっていたわけです。
御覧になられた方も多いと思いますが、市美術館では第1展示室がでか〜い土の山。第2展示室が土の断層展示。第3展示室が真っ暗なお宝展示。
でしたよね。これ市展のときってどうするんだろう?と思っていました。
きれ〜〜〜いに撤去されてましたね。市展が終わっても水と土〜は会期が残っています。
どう今度は展示されるのか興味があります。

市美術館の帰りには東北電力グリーンプラザさんによってきました。
今夜はアンサンブル・オビリーさんのコンサートがおこなわれることになっていましたね。
e0046190_22534681.jpg

ここのコンサートはリハーサルも会場を閉めないので聞けるんですよ。
もしかしてやってるかな〜と思って。。。

とりあえず2階でこんなのを見てたら
e0046190_22541534.jpg

リハが始まってしまいました。なんか今さら「こんにちわ〜」というのも何なので、それにリハーサルを邪魔するのは悪いですしね。
ちょっとの間2階で聞いていました。
なかなかフレッシュな演奏でした。さすが片野さんのチェロはぶいんぶいん唸ってましたね。
きっと夜6時半からの本番も素晴らしかったことと思います。
ぜひまた新潟の方でもコンサートをしてください!

そしてやっとタイトルの事です!
今日のCDはこちら!
e0046190_22545432.jpg

知る人ぞ知るちょーーーーー強力な1枚です。
「ソレンコワ リサイタル」です!!
おぉー!と思われる方も多いと思います。今では幻のCDになってますよね。
3年くらい前に一瞬だけ再発されました。あっという間に完売。そして発売元が倒産。。
タイミング悪く私はその頃にFMで紹介なんかしちゃったら、FM新津さんの局の方へ「CD買いに来ました〜」というお客様までいらっしゃったほど。
すみよさんからもオーダーうけてましたが入手できなかったんで、ごめんなさいとお話してた1枚です。

この幻の1枚。発売になります!!12月の20日頃の予定です。
この情報は今はじめて世にだす情報ですよ!
なんでそう言えるかと言うとですね。
私がお願いして作ってもらうことになったんです。
レーベルはグランドスラム。そう!あの盤鬼平林直哉さんの全国向けレーベルです。
夏くらいから平林さんと話し合ってたんですよ。
今日も電話してたら「そろそろブログにも書いていいよ〜」ということでしたので、今発表!!
まぁ電話の最後には「君のお願いからスタートしたのだから、オーダーはたくさん頼むよ〜(笑)」
盤鬼さんからプレッシャーをかけられています〜。
なんとかレコ芸で褒めてもらって、いろんなとこで書いてもらって〜と願ってます。

思い起こせば春頃に盤鬼から「なんかグランドスラムでだしてほしいのある?」と言われていくつか提案したんですよ。
その中から吟味に吟味を重ねてこれに決定したんです!
盤鬼も「売れるかどうか予測が難しいね〜」とのこと。でも大化けする可能性もあるよね。とも。

なにせこのCDはすごいんです!このソレンコワさんというソプラノさんは当時最高の演奏家しか西側に出さなかったソ連が自信を持って出してきたソプラノです。
このCDを聞けば分かりますが、人間業ではありません!!
声楽界最高の超絶技巧がここに記録されています。
特に「なつかしきヴォルガ」は、ラジオとかでかける場合、あるコメントを言わないと局にクレームの電話が来ること間違いありません。
それは
「決して局のCDプレーヤーの故障ではありませんから」
とのことを言わないと。。。
ほんとに最初聞くとぶったまげますよ。

そして!もうこの録音を持っているよ〜という方もいらっしゃると思います。
そこはさすが盤鬼です!
なんと追加で幻の中の幻!ソレンコワの夜の女王のアリアを入れて発売します。
私も聞いたことがありません。
サイボーグのようだとも言われるソレンコワの歌声。
おそらくCDで全国に出回るのは初めてでしょう。倒産した前のとこはあんまりどこでも売っているということではありませんでしたからね。
これは年末最大のサプライズ盤となることでしょう。
ぜひ!ぜひぜひよろしくお願いします。
盤鬼と私のコラボ盤、12月20日発売予定です。
できれば当店から買ってください。盤鬼からのノルマがぁぁぁぁ〜。

ちなみに盤鬼は年内には新潟にいくよ〜。ということですが会いたいという方はいらっしゃいますかね。なんでしたらサイン会でもしたらいいかな〜。
写真のCDの後ろに写ってるのは盤鬼がかってこの録音を絶賛した本です。
「ソレンコワ リサイタル」よろしくお願いします!!

最後に今日の夜に長岡交響楽団さんの村山団長様が来店されました。
遠い所ありがとうございます。
プッシュしますね!今週の土曜日です。
e0046190_22552874.jpg

長岡交響楽団さんの公演はいつも心に残る演奏会となります。今回のメインは巨匠チェリスト林さんがソロを弾くドヴォルザークのチェロ協奏曲です!
それにDaaさんのクラリネットも炸裂する!。。はずです(笑)
チケット扱っています!よろしくお願いします。
by concerto-2 | 2009-10-28 23:40 | CDの紹介 | Comments(4)
台風で倒壊したバンブーハウス。
今日もボランティアの方々をも含めた必死の作業でここまで出来ました。
e0046190_10244112.jpg

すごい早いですね。竹の色も若々しくグリーンです。
そしてさっき水&土の事務局、白井さんからメールが来ました。

*************************************

コンチェルト 佐藤さま

お世話になっております。

水と土の芸術祭事務局の白井です。
先日は,古町どんどんでお会いできて嬉しかったです。

さて,先日の市報にいがたにも掲載しましたが,
11月14日(土)に奥村愛さんのコンサートを行います。

会場は旧齋藤家・夏の別邸です。
http://www.city.niigata.jp/sihou/2009/091025/2226_6_2.html

齋藤家で演奏会を行うのは初の試みです。
紅葉のステキな庭をバックに愛さんの演奏が聞けるなんて,
ステキじゃないですか??

暖房がないので,寒いと思いますが,
そして,芸術祭の作品があるので,
愛ちゃんが見えづらいお席もあるかと思いますが,
アートと庭と音楽のコラボレーションということで,
何卒宣伝にご協力いただけると幸いです。


もうひとつ,日曜日に出演依頼をして決まったことが!
アコーディオンの佐藤芳明さんからも演奏していただけることになりました。
信濃川やすらぎ堤の王さんのバンブーハウスの中です。

11月21日(土)を予定しています。
こちらも間違いなく寒いですが,王さんの作品とアコーディオンは,
絶対ステキだと思うんです!!

佐藤さんも快諾してくださいまして,
これから中身を詰めていきたいと思っております。


今週末もイベント盛りだくさんです。
10月31日
祖父興野米倉庫 15:30〜17:00
(18:00からは信濃川プロジェクトの花火をみんなで鑑賞)
http://www.mizu-tsuchi.jp/2009/10/1031-47.html

10月31日
空中庭園2 19:00〜20:00
Cross Talk:水橋清吾/サックス ちはる/キーボード
http://www.mizu-tsuchi.jp/2009/10/post-124.html


また,10月30日に王さんの作品が完成する予定。
夕方,それに合わせてイベントを王さんを囲む会をやります。
灯をともしたり,音楽を演奏したり。
(詳細はいま検討中)。

PRにご協力いただけるととっても嬉しいです。
そして,ぜひぜひ遊びにきてください!


水と土の芸術祭
Blog http://blog.mizu-tsuchi.jp
Homepage  http://www.mizu-tsuchi.jp

実行委員会事務局 白井

************************
とのこと。あぁ〜このPCではURLのはりつけが何故か出来ないのでコピペでHPを見に行って下さい。

なかなかこの芸術祭も大詰めに来て盛りだくさんですね。
まぁ私もいろいろと〜思うとこもあったけど、白井さんが頑張っているのを見ると応援しないと〜と思います。
先日もANDHYPENさんと二人してそんなこと言いあってました。
白井さんは新潟室内合奏団や新潟交響楽団のメンバーでもあるのですが、おそらくこの秋の公演はパスかな?どうかな? お疲れさまです。

そしてこれは水と土〜のイベントではありませんが、趣旨は近いものがあるでしょう。
万代にあるNST本社のギャラリーで行われている
「景山 健 ドローイング展」
を見に行って来ました。今月末日の大スペクタクル!信濃川プロジェクトin新潟の
「1000発の花火で浮かび上がる信濃川」
の前振りになるイメージドローイング作品展です。

10月31日の17時59分から18時09分にかけて信濃川の津南から川に沿って花火をスタートさせて日本海に至まで全長155キロ、これをリレー形式で花火をどんどん打ち上げて10分で河口まで!
イメージとしてはこんな感じです。
e0046190_1247151.jpg

花火がぼんぼん打ち上げてる感じが分かるでしょうか。
なんかエヴァンゲリオンの十字架みたいですよね〜(ってマニアックなたとえ。。。)
景山健さんはこのプロジェクトの発起人さんです。
すごいイベントですよね。途中でアクシデントなく津南から新潟港まで来て欲しいですね。
こんなの見れるの一生でもそうないでしょう。
ぜひ見ましょう!!

あぁでも私はその頃長岡リリックにいるので、帰ってからテレビで見たいと思います。
長岡リリックでは長岡交響楽団さんの定期演奏会があります!!
チケットも扱っています。どうぞよろしくお願いしますね。

今日のCDはこちら
e0046190_12462043.jpg

24歳の美人ヴァイオリニスト、アリーナ・イブラギモヴァのバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ&パルティータ全曲です。
店内でもよくかけているので、ご来店された御客様にはもう聞いていただいてるものです。
ハイペリオンと言うそんなに若手だからといってちやほやしない、どちらかというと渋めのレーベルがバッハの無伴奏全曲を録音させたというのは、実力の証しだと思います。

実は。。私最初聞いた時あんまりいいと思いませんでした。。。なんというか「弱さ」みたいなものを感じてしまって。
最近出たムローヴァの強靭な演奏を聞いてたからかも知れませんが、可憐かもしれないけどもっと強さが欲しい〜と思ってました。
でも。。
何度も聴いてるとなんか、意外に、あれっ?って感じに心に入って来るんですよね。
すごい「ひたむき」な演奏ではないかと今では感じています。
必ずともこの曲の名演の山に並ぶとは思ってませんが、とても「後ろ髪ひかれるいい演奏」ですよ。
悪くありません。シャコンヌなんか「グッ!」と来ます。
充分お薦め出来る一品であると思います。

そしてCDの後ろにちょこんとあるのは、文庫サイズ版コミック「ガラスの仮面」第1巻です!!
夕方古町のブックオフを見たら、なんと105円で販売されてました。すかさずゲット!
店内においておきますので、ぜひ「ガラスの仮面」ってどんなのなの?と思われる方はぜひご覧下さいね。
続刊も見つけたら買い足しておきますね。うぅ中古でね。。。ボンビーや。。
1巻では初めて芝居をする事になった学校演劇会での「お笑いものビビ」が読んでて「ぐっ!」と来ますね。
2巻以降は更に面白くなって行くんですよね〜。
増やして行きます。お楽しみに。

24歳若手美人ヴァイオリニストのイブラギモヴァのことを書きましたが、今日最後の御客様は新潟大学管弦楽団さんの来年度からコンサートミストレスをされる方でした。
私も1年生の頃からチェックさせていただいてた人なので、ほんとにコンミスになることになって嬉しいです。
今までのコンミスさんとはちょっとタイプも違うかも知れませんが(笑)と〜〜ってもキュートな方です。私も協力したいと思っています。
ぜひお楽しみに!
あっまだ今期の暮れの定期もまだありますので、それもチケットが扱う事になっています。
新潟管弦楽団 定期公演 12月12日(土曜日)夜6時半からです。
だいしのメジューエワさんのコンサートを聞いてから新大オケというコースがお勧めです。

メジューエワさんのだいしホールリサイタルも好評発売中です!
よろしくお願いします。

明日の水曜日は
だいしホールで古畑由美子さんのピアノリサイタル。チケット扱っています。
東北電力グリーンプラザさんではアンサンブルオビリーさんの無料コンサート。夜6時半からです。
りゅーとぴあさんでは名曲の花束〜ゲオルギェヴァ&ソフィアゾリスデン
朱鷺メッセ展望室ではホルントリオ
と賑やかな一日になりそうですね。
by concerto-2 | 2009-10-27 20:09 | 展覧会のこと | Comments(3)
月曜日の休日は朝7時くらいから古町にいるのです。
昨日その頃本町の辺りを東堀に向かって歩いていたら、只今修復中の水と土の芸術祭のシンボルアート「バンブーハウス」の作者である王さんとすれ違いました。
きっとこれから出陣!というところだったのでしょう。
バンブーもドームの外側になる竹が立てられてきました。関係者の方にお話を伺ったら予想より早くできそうとのこと。
王さんがいらっしゃるのもあと数日ですからね。
声をおかけできなかったのが残念。。。

ここ数ヶ月休日に行けるときはなるべく中央図書館ほんぽーとに行くようにしています。
やはり図書館は楽しい。
昨日はある御客様から、ぜひこれはお勧めだよ!と教えていただいた
ミラン・クンデラの「裏切られた遺言」
を先週見つけたので、読んできました。
e0046190_1185022.jpg

不勉強な私はクンデラといえば「存在の絶えられない軽さ」の作者という事しか知りませんでした。
驚きました。
こんなに音楽に詳しいだなんて!
この「裏切られた遺言」は評論集です。メインに流れるのはカフカの小説の事なのですが、それに加えて音楽の事、特にバッハ、ストラヴィンスキ−そしてヤナーチェク。この3人については独特の評論がなされています。
特に!(特にを重ねてすいませんが)同郷のヤナーチェクについてはほんとうに詳しく書いてあります。
とても面白い本でした。ご紹介頂いた県内から在京オケに通われていると言う某お客様。ありがとうございました。

次に読む本も見つけて来ました。
みすず書房さんが出している「理想の教室」という芸術作品をテーマにした評論集みたいなもの。
その1冊のカミュの「よそもの」についての考察という本。
ん?カミュの「よそもの」? カミュが好きだった私も知らない作品か!
とちょっと読んだら「異邦人」を新訳したタイトルでした。
本文をテキストに考察をしていくという本。う〜んわくわくします。
でも〜冒頭の有名な一文が
「きょう母親が死んだ〜」と新約されてたのですが、新潮で慣れ親しんだものには「きょうママンが死んだ〜」
の方がしっくりきます。ママでもなんだかな〜と思ってるんですよね。ママンでなくては。
私はこの「異邦人」、そして太宰治の「人間失格」に中学生の時で会えたのはほんとうに幸運だと思っています。
それにしても、ほんぽーとは楽しい。パンもおいしいし。家からもわりと近いし。ほんと良い所が出来たものだと喜んでいます。

さてそんなちょっと難しい話はおいといて。
今日、独自の路線を走るマイスターミュージックさんの新譜が届きました。3種類。
e0046190_11101322.jpg

上の左から
「カノンXカノン」 パッヘルベルのカノンをいくつものアレンジで行われた演奏をまとめたものです。
上段の右は
「エレジー」N響首席チェリストの藤森さんのソロアルバムです。なかなか凝った選曲でチェロを弾かれる方にはお勧めの1枚です。

そして最大の注目は下の
「アヴェマリア」 国内オケで最も人気のある奏者さんのお一人、オーボエ奏者の池田昭子さんの2枚目のソロアルバムです!
今回はいくつものアヴェマリアを中心に数々の名曲をオーボエとイングリッシホルンで演奏されています。
そしてこのジャケットがまた。。きれい!!

ということで今日のCDもこちらです。
e0046190_11154853.jpg

来年のN響新潟公演には来てもらえるのでしょうか。ぜひ来て欲しいですね〜。

雨ちょっとあがりました。よかったぁ。
ついに私の身近にも新型インフルが近づいて来ました。
気を付けたいと思いますが、仕事上人の多い所にも行くので、もしかかったら集中して静養したいと思ってます。まだかかってませんけどね(笑)
かかった方はお大事にされてくださいね。
by concerto-2 | 2009-10-27 11:18 | CDの紹介 | Comments(0)
今日の日曜日は一つお知らせも忘れたし、私自信すっかり忘れてたものがありました。
くー知っていたんだけど。悔しい!
川岸町のAPAアップルガーデンでチェロ内田佳宏さんのミニリサイタルがあったんですよね。11〜12時。
無料ということとAPAのその場所ってどんな場所なの?と興味があって手帳にも書いていたんですが忘れてしまいました。
このコンサートを主催された鏡淵小学校区議会さんの話では今後も続けていかれるらしいので、チェックを怠らないようにしたいと思っています。
行かれた当店のお客様のお話ではすごくよかったとのこと。残念。

それで私は午後1時半から音楽文化会館で行われた
「第43回 新潟市合唱祭」に行ってきました。
ここで歌われるEwig Chor Niigata男声合唱団さんを聞きに行くため。
指揮者のマエストロ青木氏は当店オープン時からの大常連様なので、お誘いをうけては断れなく(いや、断る気はありませんでしたよ 笑)
実はこの演奏会の後にもう一つ演奏会を聞きに行くことがあったので、マエストロが出られる前半を聞いて帰ろうと思っていたのですが、プログラムを見て。。あら?

後半に「新潟オペラ合唱団」とある。。。あれっ!すみよさん率いる合唱団ではないですか。
これは聞かないと後が恐いかな〜〜〜と思って客席をちょっと見渡したら、、、いきなりちょっと離れたとこにいらした、すみよ御大と目があって、、手を振りあって。。に、逃げられない(笑)

それにしても合唱はいいですね〜。うまい下手を問わずに多くの人が大きな声を出して一生懸命歌うのは見てて無条件に感動します。
知らなかった曲に出会えるのも嬉しい。木崎コミュニティ楽笑団さんが歌われた新井満さんの「この街で」という曲にはうるっときました。

すみよさん軍団は予想通りのプチオペラコミックのような楽しいステージでした。すみよさんも「うちは色物集団で〜」と紹介時に話てましたが、お客様にも大受けでしたね。
諸事情で少ない人数となったそうで大変だったと思いますが、よかったと思いますよ。

そして個人的にメインと思っていたマエストロ青木さんのWeig Chor Niigata男声合唱団ですが

素晴らしかった!!

とても昨日集結した皆さんとは思えませんでした。新大合唱部OBの皆さんがメンバーなのですが、皆さんなんというか〜平均年齢だと60歳は超えてらっしゃるのではないかと思うのですが、声の張り、声量、アンサンブル。どれも素晴らしく感動しました。
マエストロの指揮も切れ味素晴らしく、どんな音を求めているのか客席で見ててもわかるような気がしました。演奏が終わったら「ブラボー」の声もかかりましたが、今回私が後半途中まで聞いた団体の中ではダントツでしたね。
感動しました。

そして夕方4時半からは当店すぐ近所の妙覚寺さんで行われた
寺宵コンサートシリーズvol.5 「寺宵・秋高」コンサートに行ってきました。
西堀界隈のお寺をつかってカフェや住職様のトーク、音楽コンサートを行うこの企画。
もうおなじみになりつつありますね。
今回の演奏者はアコーディオンの佐藤芳明さん。
私も今年の2月の時の画廊フルムーンコンサートの時にお世話になりました。
日本を代表するアコーディオン奏者のお一人です。

アコーディオンってあんまり身近な楽器とはいえないかもしれませんが、実際に目の前で演奏するのを見ると凄まじい楽器ですよ。演奏する指を見てるだけでもすごい!特に左手。
神業とも思っちゃいますね。
新潟市にも田中トシユキさんという素晴らしい奏者さんがいらっしゃいますが、違ったタイプの、ちょっと尖ったタイプとでも言ったらいいでしょうか。かっこよかったですね。

この寺宵シリーズ、次回は来年2月10日の西堀の瑞光寺さんです。演奏者は津軽三味線の小林史佳さん&唄の須藤雲栄先生です。須藤先生は日本を代表するすごい方なんですよ。私は二度お二人での演奏を聞いたことがありますが、すっごくいいです。お楽しみに。

今日入手した新しい演奏会のチラシを御紹介。
まずは、のだめカンタービレコンサート。
e0046190_2314759.jpg

2月28日 りゅーとぴあコンサートホールです。
メインは記念イヤーになるショパン。茂木さんの楽しい解説があります。そしてなんといっても注目は日本最高のショパン奏者である高橋多佳子さんの参加でしょうね。
それに高橋さんは聞いても最高ですが見ても!話しても!ほんとうに映えますからね〜。あのなんとも萌ぇ〜な感じのトークが楽しみです。

そして年明けのオルガンコンサート
e0046190_2318470.jpg

1月16と17日。二日間のようですね。マリンバの本間さんも昨年に続いて入るのが楽しみです。
山本真希さんのりゅーとぴあ専属として聞けるのも残り少なくなってきました。一回一回を大切に聞きたいものです。マッキーズ(山本真希さんファン)の人たちも心して聞きましょう!

東京交響楽団さんの今年度シーズン最後の2つです。
e0046190_2322695.jpg

e0046190_23224970.jpg

2月のカルミナも楽しみですが、ピアノ協奏曲のソリスト川村尚子さんは大注目のピアニストです。
そちらもお楽しみに。
3月は南米プログラム!!これ個人的にもんのすごく楽しみにしてます。こういうのをやってくれるって東響さんありがとう!って感じです。
ピアソラのバンドネオン協奏曲は昨シーズンに新潟室内合奏団さんがやられてましたよね。
ソリストは今日の寺宵コンサートでも演奏された佐藤芳明さん。この協奏曲はピアノも重要なんですよね。新潟室内の時はピアノばっかり見てました。(ほ、ほかは目に入らなかった〜 だって・・・)
いずれも楽しみですね。
東響さんもそろそろ来シーズンの発表がある頃でしょうね。もうすぐかな。。。

今日のCDは合唱ものから。
e0046190_23293450.jpg

合唱好きの方には有名な1枚でしょう。
アクサンチュス室内合唱団の「トランスクプリションズ」です。

このCDは数年前に新潟合唱会の重鎮の方から「これいいよ〜ちょっとBGMっぽいけどね」とお勧めいただいたのが出合いでした。
聞いて、、、す、すげー!
と思いました。このCDは正直1曲目と2曲目を聞くと言うのがほとんどになりました。
す、すげー!と思ったのが1曲目のバーバーのあのアダージョを合唱版にした「アニュス・デイ」。
あのくら〜〜いアダージョですが「素晴らしく!」くら〜〜〜くなっています。
これは暗いもの好きFMPORT遠藤麻理さんに聞いてもらいたいな〜。

2曲目はマーラーの交響曲5番の4楽章アダージェットの合唱版。
これもすごい!ソプラノさんの高音部なんて驚愕ものです。
これはFMPORTのマーラーフリーク美貌のTディレクターに聞いてもらいたいなぁ〜。

3曲目以降もすごいのですが、この最初の2曲で胸いっぱいになります。
合唱と言うジャンルのすごさを感じることのできる1枚といえると思います。
お勧めです!

イリーナ・メジューエワの12月12日のコンサートも超お勧めです!!
e0046190_2340851.jpg

チケット絶賛発売中です!!
よろしくお願いします。
by concerto-2 | 2009-10-25 23:42 | 演奏会のこと | Comments(2)
今日の土曜日。
昨日も書きましたがたっくさんありました。
どこかにいかれましたでしょうか。

私は二つ。その二つはいずれも想定外のコンサートでした。
まず午後2時から万代市民会館で行われた
e0046190_22503312.jpg

「ソプラノ ふるさとで歌う 宮澤優子コンサート」
に行ってきました。
昨日わたくし「〜ミニコンサート」と書いちゃいましたが、これ想定外というか私の早とちり。
休憩を入れて1時間半のフルコンサートでした。
それで無料でしたからお徳でしたよ〜。
前半は「乾杯の歌」からはじまるイタリアもの。
でも〜なんか私が数年前に見た宮澤優子さんとはちょっとイメージが違いました。
かっての宮澤さんといえば、外人のようなファンクな容姿というのもありましたが、あぁなんか。。。日本人になっている。。色も白くなってる。。ドレスも白くて。。
なんか日本人としてきれいになってる〜。ボディもちょっと細くなったようだし。
ということでもないのですが前半はちょっといつものパワーが足りないかな?ちょっと固いかな?
と感じました。あら〜心配。。

ところが!後半はドレスもジーンズ地でできてるという黒っぽいものになって
スタートの曲はお得意のカルメンからハバネラ!!これだよ宮澤さんはさ〜かわいいソプラノで無くてすごみのある歌声っすよ!
そのまま日本の歌メドレー、そしてヘンデルのラルゴと見事なつなぎ。
トークもお上品だった前半とは違いどこぞの食い物がうまいとか酒がうまいとか、すっかりリラックスして会場をも盛り上げます。
尊敬しているという美空ひばりの「愛燦々」、そしてラストはタイムトゥセイグッバイ。
満場の拍手でアンコール。小学校の時の思い出の曲という「翼をください」、そして更にこれぞイタリア、オーソレミオ!!
盛り上がりましたね。
これぞ宮澤優子さんです。
木戸地区のスーパースターに一歩又進みましたね。お疲れ様でした。とっても楽しかったです。
それと宮澤さんのだいしホールでのリサイタルの時もそうでしたが、伴奏の大園麻衣子さんのピアノがほんとうに上手い!!ほれぼれするピアノでした。

そして今日二つ目は夜6時からだいしホールでおこなわれた
「田中弦楽アンサンブル 第15回演奏会」

わたくし、この演奏会でおこなわれる曲目ってチェックしてませんでした。
会場に入ってプログラムを見て。。。
モーツアルトの弦楽五重奏曲第4番があってシューベルトの「ます」、休憩があってシューベルトの弦楽五重奏曲ということ。。。

ん?これ。。ながくね?
このことが想定外でした。。よかった〜夕食食べてから来て。
前半の2曲が終わったのは7時23分頃。前半だけで約1時間半!!
実は私、昨夜寝たのが昨夜でなく今日の3時半頃。7時半に起きたので4時間の睡眠でした。
1曲目のモーツアルトはきつかったぁ〜何度意識がとんだことか。
必死に寝ないように頑張りました。
ふと、横を見るとANDHYPENさんが。。。完落ちしてました。。なんかおっかしくなって私の意識が戻りました!サンキューANDHYPENどの。

「ます」は凄い熱の入った演奏でした!もうこの曲が終わった時点ですごい拍手ということもあって
「あぁ〜いい演奏会だったぜ」と全部終わった気になりそうでした。
まだ後半に更に巨大な曲が待っていたのに。
交響曲でいえば「ジュピター」やって「エロイカ」やって最後に「グレート」やるようなものですからね。
弦楽五重奏はあまり生で聞く機会も少ないのでずっと集中して聞きました。
とてもよかったですね。
全部終わったのは8時半すぎ。壮大なる室内楽演奏会!お腹たっぷり!のいい演奏会でした。
田中先生御夫妻は全曲出ずっぱりでした。お疲れだったと思います。ありがとうございました。

今日のCDは
素敵なチェロもの。
e0046190_23413771.jpg

チェリスト、カッドゥーリの「ALBUM LEAVES」というアルバムです。
中身はグリエールのチェロとピアノの小品集とグレチャニノフのチェロソナタ。
グリエールとグレチャニノフって、あんまり聞かない作曲家だと思いますね。
これがまたいい〜んですよ〜。ロシアンロマンた〜っぷり。
あま〜いメロディをチェロが奏でます。
特にグリエールの「ワルツ」はぜひだれか弾いてくれないかな〜と思います。
全然難しくなく気軽にきけるチェロ作品集です。秋のBGMとしてもいいですよ。
お勧めです。
グリエールって短い曲はとっても素敵なんですよね。長くなると・・・

日曜日は合唱とアコーディオンに行ってこようと思っています!

おっと今日新たに入手したコンサートのチラシを二つ程御紹介。
N響出ましたね。
e0046190_2359758.jpg

そしてこれは今日の田中弦楽さんに折り込まれてました。
音泉室内合奏団さん。私は初耳の団体さんです。
e0046190_012810.jpg

1月16日(土曜日)音楽文化会館 18時半開演。
ストラヴィンスキーの弦楽の為の協奏曲
Jシュトラウスのウインナワルツポルカ
ブラームスの交響曲第4番です。
興味津々です。

12月12日のイリーナ・メジューエワさんのコンサート!
チケット好評発売中です。
よろしくお願いします!
by concerto-2 | 2009-10-24 23:50 | 演奏会のこと | Comments(2)

この週末は大騒ぎ。

まず最初はこのお知らせから!
今日から古町8「羊画廊」でスタートした「近藤美紀子 展」
e0046190_22523199.jpg

行ってきました。相変わらず素晴らしい。
昼と夜の2回行ってきたのですが、まだ初日と言うのに絵の方は半分以上売れていました。
いつもだいたい近藤さんの個展は完売なんですよ。
夜には御本人もいらっしゃって、久々にお話しできました。
ほんとに素敵な方なんですよ。クラシック好きの方でもあります。
今回の作品も草原で演奏する弦楽四重奏団という素敵な作品もありました。これはパシフィカSQを生で聞いた時の感覚を元にして書いたのだとの事。いい絵ですよ。
特にJAMの皆さんにはぜひ見に行ってほしいですね。
11月3日まで行われています。

さてさて明日の土曜日。すごいことになってますねぇ。
時間順にいいますと。
万代市民会館 14時開演 入場無料 「宮澤優子ソプラノミニコンサート」
りゅーとぴあスタジオA 14時開演 入場無料(要整理券)「第1回にいがたコーラスアンサンブルフェスティバル」
豊栄総合体育館 14時開演 ペア1200円 おひとり700円 「オーケストラを楽しもうinとよさか〜新潟大学管弦楽団ファミリーコンサート」

だいしホール 18時開演 チケット1000円 「田中弦楽アンサンブル第15回演奏会」
まるやまヒーリングホール 18時開演 入場無料「第2回リコーダーアンサンブルの夕べ@ヒーリングホール」

音楽文化会館 18時半開演 チケット1200円 「第29回 ギターの夕べ」
砂丘館 18時半開演 入場料2500円 「フルートとチェンバロによる ヘンデル名曲集」

というラインナップです。皆さんはどちらにいかれますか?
私は悩みに悩むのでありますが、いろいろと大人の事情もあって(笑)午後2時からの宮澤優子ミニコンと18時からの田中弦楽さんにいこうかと思っています。
それでスタジオAのコーラスフェスに行きたいけど整理券が〜という方がいらしたらわたし1枚持ってます。でも無くても入れるのではないのかな〜。。。tek310さん?頑張ってくださいね。お疲れさまです。

それとギターの夕べも、もし行きたいんだけどチケットまだ買って無い〜という方がいらしたら2枚で良ければ前売り券、当店にもありますのでぜひ。
ギターの夕べも行きたいんだけど〜。。巻古典の皆さん、けろ君、頑張ってね〜。

そして日曜日は
音楽文化会館 13時半開演 入場無料 「第43回新潟市合唱祭」
りゅーとぴあコンサートホール 15時開演 S席3000円 A席 2000円 こども1000円 「さわはたえみ&くぼかずのり ファミリーできく にほんのうた のコンサート」 
妙覚寺 16時半開演 チケット 2000円 「寺宵・秋高」
があります。

音文の合唱祭は新潟市の合唱団を中心とした12団体が一挙に出演されます。これは合唱好きにはたまらないでしょう。
あと寺宵コンサートシリーズ、今回は当店のすぐ近くにある妙覚寺さんで出演はアコーディオンの佐藤芳明さんです。2月には画廊フルムーンで奥様のチェリスト渋谷陽子さんとの素晴らしいデュオコンサートをしていただきました。今回はソロ演奏となります。私も聞きにいきます!楽しみにしています。

あと。。新発田の某小学校ではソプラノ五十嵐尚子さんと我がコンチェルトファミリーのファンタジスタ渡部さんとのコンビでのミニコンサートも行われます。
渡部さん頑張ってねー!

秋のコンサートもこれから更に多くなってきます。どれに行こうかな〜と嬉しい悩みですね。

今日新たに到着しましたコンサートのチラシ&チケットを御紹介。
e0046190_2339274.jpg

12月6日(日曜日) 花園カトリック教会 14時開演
「新潟オルガン研究会例会第50回記念 合同リサイタルシリーズ 第1回」
チケットは1000円。(当日は200円増)もうチケットも届いています。
今回の演奏者さんとテーマがのってますね。
市川純子さん 「フランスとイギリスの小品」
大作綾さん 「ラインベルガーのオルガン音楽を普及させる活動をしております、ワタクシ。」
八百板正己さん 「ルネサンスとバロックのはざまで」
渡辺まゆみさん 「メンデルスゾーン生誕200年」
飯田万里子さん 「最愛のパーセル」
戸田加代子さん 「バッハの手鍵盤曲の魅力」
となっています。なかなか魅力的なものがならびますね。
それにしてもマルチンのテーマは笑っちゃう。考えたのぉお主(笑)
電話予約も承っています。よろしくお願い致します。

今日のCDはこちら
e0046190_029433.jpg

フリードリヒ・グルダの「4つの即興曲&楽興の時」です。
とても面白い1枚として人気のアルバムですよね。
というのも
収録されているのはシューベルトの即興曲作品90の4曲、それと楽興の時作品94
そして!これがミソなんですけど
グルダ作曲 ゴロヴィンの森の物語(J.シュトラウスへのオマージュ)
という曲も入っています。
この曲がまたおもしろいんですね。20分程の曲なんですがベートーヴェンの「悲愴」や「運命」のテーマなんかも突然出てきたり後半かなりジャズっぽくなるし、最後にはグルダの歌まで入るワルツ調の作品。かなり面白いです。

シューベルトもとってもユニークな演奏です。有名な楽興の時の3番等も思わず微笑んでしまいそうなチャーミングな演奏です。これぞグルダ!といったとこですね。
グルダの演奏を聞くと私がイメージするのは「猫のタッチ」、あっ当然私が勝手に思ってるだけの言葉です。
バーン!と鳴らすのでなく、こちょこちょ〜とした、粒立ちがいい!というのでもなくなめらか〜に。それがなんとなく「猫」というイメージに私の頭の中ではインプットされてます。

このCDが世に出たエピソードがあるんですね。
グルダは2000年1月にウイーンで亡くなったのです。
その年の夏にグルダと親交のあった日本人の方がオーストリアのリンツを訪れ、町の小さなCDショップにぶらっと入ったら、なんとそこに見たことも無かったグルダのCDがあった!
それがこのCDだったんですね。
なぜ親しい人ですら見たことも無かったかというと、このCDはグルダが自分のスタジオで録音して、それを自らCD店に売り込んでいたんだそうです。このへんもいかにも自由人グルダですね〜。
そしてこれは世に出さねば!ということになり東芝EMIという大きな後ろ楯を得て発売にこぎつけた。ということです。
とてもプライベートな盤だったんですね。それだけに晩年のグルダが一番心に思い描いた演奏ということがいえるでしょう。
シューベルトは完成度の高さでいえばツイメルマンとかピリスの録音の方がいいかもしれません。
でもなんかこのグルダの演奏って、縁側で聞くおばあちゃんなシューベルト。みたいな感じがして静かな感動を覚えます。
そして最後の自作は演奏者というより舞台人としての最後の挨拶みたいな感じです。
ベスト1に選ばれる1枚では無いと思いますが、なんか感動的でいい〜1枚です。
お勧めです。

台風で倒壊したバンブーハウス、今日から復旧作業にかかりました。
e0046190_10531.jpg

今日はボランティアさんが30名程集まってこられたとのこと。
なんせ1週間で完成させようというのですからスピードが勝負ですね。
作者の王さんもいらして作業をされてました。
思いのほか早めに出来そうだとの事です。

今朝の朝刊でWITHビルの事が載ってましたね。これも私は聞いてたことなんですが中身を大々的に変えるそうですね、いいお店が入るといいですね。大和さんもそうですけど。
どうかHMVさんやタワーさんが入りませんように。。。と日夜祈ってる私であります(せこい人間や!)
by concerto-2 | 2009-10-23 23:47 | 演奏会のこと | Comments(2)
今日の午前中、東北電力グリーンプラザのスタッフ美女軍団のチーフ、小林さんが来られました。
11月にグリーンプラザで行われるコンサートのチラシができたとのこと。
ふむふむなかなかいい出来ではないですか。こんな感じです。
e0046190_1835089.jpg

e0046190_1844698.jpg

11月19日(木曜日)18時半開演 尺八カルテット「破竹ーHACHIKU-」さん
11月25日(水曜日)18時半開演 古楽アンサンブル「楽路歴程」さん
です。グリーンプラザさんのコンサートは入場無料です。
尺八カルテットはリーダー鯨岡氏に注目です!楽しいトークもお楽しみに。汗が何リットルでるかもお楽しみに!
そして楽路歴程さん、笠原さんのチェンバロの音色に聞き惚れて下さい。西門さんの歌。コンチェルト4号の先輩、高橋さんのヴァイオリン、そしてマルチン大作の相方でおなじみ白澤さんのヴィオラ・ダ・ガンバといずれも名手の皆さん。これはぜひお楽しみに!
しかしこんな演奏会が1時間とはいえ、無料だなんて。。東北電力グリーンプラザさんたいしたものです。

ちなみに今月は28日(水曜日)です。18時半開演。
出た!アンサンブル・オビリーさんの登場です。これはトップメンバーでのカルテットです!
こんな演奏会が無料だなんて。
ぜひぜひたくさんの人に聴いていただきたいですね。ほんとにすっごくいい演奏されるはずですよ。

このグリーンプラザコンサート、12月もなかなかの演奏者で予定が組まれています。
いやぁほんと頑張ってます。

次に
1月31日のNHK交響楽団さんの新潟公演ですが、詳細が発表になってましたね。お知らせします。

1月31日(日曜日) 16時開演 りゅーとぴあコンサートホール
「新潟開港140周年記念 NHK交響楽団新潟公演」
指揮:エドワード・ガードナー
ピアノ:セヴェリン・フォン・エッカードシュタイン

エルガー:弦楽セレナード作品20
グリーグ:ピアノ協奏曲
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

チケットは10月29日より販売。S-6000,A-5000,B-4000,C-3000 円
プレイガイドはりゅーとぴあ、伊勢丹、三越、大和

ということです。近々にチラシも出るのではないでしょうか。
ガードナーという指揮者は知りませんが、エッカードシュタインはCDも何枚も出ていますね。たしかエリザヴェートコンクールを始めとして数々のコンクールを制覇した現在31歳のピアニストです。
玄人筋には既に注目されているピアニストです。これは楽しみだと思います。
N響さんはあ〜んまりこれまでいい評判を聞かなかったので、全部払拭するような演奏を楽しみにしたいですね!
会場もりゅーとぴあですし。

今日のCDはこちら。
e0046190_18531436.jpg

最近の新譜で、波多野睦美さんと高橋悠治さんという個性あるお二人が組んだアルバム
「ゆめのよる」です。
収録されているのはモンポウ、プーランク、ブーランジェ、サティ、あと高橋さんの自作もちょっと
というフランス&スペインの曲が中心です。
波多野睦美さんといえばイギリス古典のスペシャリストですが、こうしたものもとりくまれているのですね。
フランス歌曲というにはちょっと異次元的な感じもしますが、波多野さんワールド全開といったとこでしょうか。
波多野睦美さんには最近マイナーなとこからも出た新譜もあるので、それはまたご紹介しますね。

イリーナ・メジューエワさんのコンサートもよろしくお願いします。
e0046190_19231754.jpg

昨日はプログラムにう〜ん。。。みたいな感じの事を書きましたが、帰ってからその曲をいろいろと聞いたんです。
うん、なかなかいいプログラムだ!と思い直しました。
特にスクリャービンの2番ソナタっていい〜〜〜曲なんですよね。
私はリヒテルで持っているのですが、なかなかの名曲です。
待ち遠しいですね。チケット好評販売中です!

明日は羊画廊さんで近藤美紀子さんの個展がスタートです!!
こちらもよろしくお願いします。

セブイレファイブ前の岩木の葉っぱもまた今日つけたそうです。記念に持って行かれるのかな〜。
西堀マックも朝いつもより混んでました。名残惜しい〜あと1ヶ月。何度もいくぞ!
もうサンタの足音が聴こえて来そうな時期になってきましたね〜。早いものです。
by concerto-2 | 2009-10-22 19:10 | 演奏会のこと | Comments(0)

メジューエワ発表!!

お待たせしました!
12月12日のイリーナ・メジューエワさんのだいしホールコンサート。プログラム発表です!
e0046190_1963173.jpg

ショパンの
ポロネーズ第1番
ノクターン作品15−2
スケルツォ第3番
3つのワルツ作品64
スケルツォ第4番

ラフマニノフの
プレリュード作品3−2
プレリュード作品32−5
練習曲「音の絵」作品33の2
楽興の時より第1番、第3番、第4番

スクリャービンの
ピアノソナタ第2番「幻想ソナタ」

という内容です。
さぁ!どうでしょう。。。。なんか私が聞いてたのとちょっと違ったんですが(メトネルが入ってると聞いてたんです)
なんか、うーん。ちょっと微妙かも。。。いや、悪くはないけどね。。みたいな感じがしてる方多いかも知れませんね。
私もちょっとだけそんな感じもしてるのですが。。。
でもですね!一番心配してたのは翌日のりゅーとぴあで公演がある及川さんのピアノリサイタルと曲がかぶらないか?ということでした。
向こうもショパン&ラフマニノフ&スクリャービン&リストですからね。
照合してみました。1曲もだぶりません!おかしいくらいにニアミスではありますが全くかぶりません。ご安心を。
ただ一応このプログラムは予定ですので、変更の可能性もあります。あしからず。
あと私の予告で開演時間が違っていましたね。午後2時でなく午後2時半開演です。
いずれにしても当日夜の新大オケには間に合いますね!
前売りは2000円。当日は2500円です。前売り完売の際には当日券は出ませんので、ぜひ御早めに前売りをお買い求め頂くようお薦めします。
チケットも届きました!!皆様よろしくお願い致します!

ちょっと早めに今日のCD。
e0046190_19161794.jpg

メジューエワさんのプログラムにもあるショパンのスケルツォを中心とした1枚です。
私がメジューエワさんを「いいじゃん」と思った最初のCDなんです。やはりそれまでは〜あのジャケット写真の妖精イメージが強すぎて聞いてませんでした
このスケルツォ集は2番から始まるのですが、有名な冒頭を聞いて「おっ」と思ったんです。
当日はスケルツォの3番と4番が演奏されます。楽しみにしたいですね。あとはその時期インフルエンザが猛威をふるってないように祈るだけですね。

そして今日の小ネタ集。
まず今朝私はテレビで「ズームイン朝」を見ててウルッとしてしまいました。
羽鳥君が出演したファンキーモンキーベイビーズの新曲「ヒーロー」のPV。
これに夫婦そろって泣けてしまいました。おやじ世代はこういうのに弱い。。見てない方も今後見る時があったら、ぜひティッシュ片手に用意する事をお薦めします。

次にハッピーニュース!!!
おめでとー!セブイレファイブ!!
e0046190_19245919.jpg

私が毎日一回は必ず立ちよる古町5にありますセブンイレブン。通称セブイレファイブ!通称と言ったって私しかそう呼んでませんが。
今日10月21日で開店5周年なんですよ。
2004に当店が8月28日、セブイレファイブが10月21日。2ヶ月違いのいわば同期生なんです。
ほんとうはそれに2004年6月オープンの古町4にあった「ロックパレス」も同期で、私は同士だと思っていたんです。
でもロックパレスは昨年閉店してしまいました。
セブイレファイブも、もう〜〜たいへんな状況だと思います。よく話をするのですがお互い暗い話しか出ません。
お互い無事に6周年を迎えられるよう頑張りたいと思います。
しっかしそれにしても、岩木の葉っぱまた取られたんですね。いかんなぁ〜。。

さっきメールが1通届きました。FMPORTの美貌のTディレクターから。
見たら、えーーーーー!がーーーーん、超ショックだ!!
きっと小さな大巨人もショックだと思う!
私の憩いの場の一つ、西堀マックが来月一杯で閉店するとのこと!!!
とほ、とほ、とほほ。。。カフェ・ド・陶より早いのか。。
私は何所でくつろげばいいんだよ〜〜。
それにしてもローサはあんなだし、大和もあんなだし、そして西堀マック。。。も〜古町6に自転車とめるななんて監視してる場合じゃないですよ!市役所さん。
現在古町6では社会実験という事で駐輪を監視しているんですよ。
目的が「駐輪場の認知のため」となっているのですが。古町6に用事があるのにNEXTの裏までいく人はいませんよ。お年寄りにあんな距離を歩けというのか。
西堀に特設駐輪所を設けたから。。。てあんなとこがらがらです。雨が降ったらどうするの?
もう今の時期にあんな社会実験なんてのをやることが必要なんだろうか?
しかもまだ3週間くらいやるそうですけど。
なんかなぁ〜と思っています。ますます古町中心部に人が出なくなることでしょう。
むしろ積極的に駐輪をしてもらうということを前提にした取り組みをした方が良いと思います。
まだまだこれから古町地盤沈下は続きそうです。なんかそういう新情報も今日某所より聞きました。
え〜〜あそこも!と驚きました。書けませんけどね。
たいへんです。
頑張って生き残って行きたいと思っています。当店只今5歳2ヶ月です。。

あと今日のお昼は新潟市役所ロビーコンサートでした。
今回の出演はヴォーカルアンサンブル「四つ葉のクローバー」さん。
息のあった歌声でした。
そして次回11月18日はこれは楽しみ!クラリネット伊奈るり子先生と電子ピアノ山田美子先生のデュオです!
新潟音楽界の重鎮お二人による演奏です。ロビコンの枠を越えたすごい演奏になるような予感が来てます、来てます〜。
ぜひ多くの方にお越しいただきたいです。11月18日の12時20分からです。

最後に
昨夜はスタジオAで室内楽のいいコンサートがあったんです。
私は行けませんでした。残念!
Nobui先生が行って来られ、感想をコメント欄にお書き頂いたので、ここでもコピペをしたいと思います。
ぜっかくいい感想送っていただいたので。では。
****************
昨晩(20日)上記演奏会(連続演奏会の第2回)を聞いてきました。細身細面(ほそみほそおもて)のオネエさん3人とチェロの男性による演奏でした。やはり弦楽四重奏曲のような室内楽は大きなホールではなく、ここ(りゅーとぴあスタジオA)のような小さい会場がぴったりのようです。客席の床も木なので、チェロの強奏時には床が振動しているのが足から伝わってきました。演奏も前回(連続演奏会の第1回)同様にすばらしいものでした。
ナマの演奏を聴いた時に感じる独特の「空気感、臨場感」というのは再生装置から出すのはほとんど無理のようです。演奏会の魅力・醍醐味の一つはこのような空気感を感じることのように思われました。

****************
やはり生の演奏の魅力は格別ですね。先生ありがとうございました。

とにかく!メジューエワさんのコンサート。よろしくお願い致します!!
今年はトリオ・ベルガルモさんの公演が無いので、このメジューエワさんのコンサートを全力を注ぎます!
よろしくお願い致します〜〜〜。
by concerto-2 | 2009-10-21 19:47 | 演奏会のこと | Comments(4)