コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

昨日の月曜休日は、夜に音楽文化会館に行ってきました。
当店おなじみのテューバ奏者、藤田豊さんとサックスの五十嵐文さんが主催する
「サクソフォン&テューバ コンサート〜クラシックとジャズの響き〜」
を聞きに行って来ました!!

このコンサートは明日の10月1日には長岡リリックで行われます。
そしてお二人がメインになって11月9日にはだいしホールでソロ主体のコンサートがあります。
この一連のコンサートについては昨年より藤田さんから熱い想いをうかがっていました。
駆けつけないわけには行きません!!(たとえ風邪気味でも。。。笑)

まず驚いたのは平日の月曜の夜、普通に考えてお客様いらっしゃるのかな〜
「半分も入れば〜」と藤田さんは言ってたのですが、なんと半分どころではなく7〜8割はいらしてたと思います。
それがまずびっくり。
いろいろな地道な活動がこうした時に実を結ぶなぁ〜と思いました。

今回のコンサートはテューバ藤田さんと五十嵐さんをトップに据えたサックス四重奏団「新潟サクソフォニカ」さんの新潟チームに
広島からエリザベト音大サックス講師をつとめられている宮田麻美さんとプロジャズサックス奏者の藤井政美さんを迎えてのコンサートでした。

プログラムは
モーツアルトのディヴェルティメントK439b
ヴィラ=ロボスのブラジル風バッハ第5番
イトゥラルデのヘレニック組曲

サンサーンスの「象」「白鳥」
ガーシュインの3つのプレリュード
ドビュッシーの弦楽四重奏曲第1楽章
ジャクソンのザ・ナスティ

アンコールは2曲

でした。
やはり管楽器関係のコンサートでなにが楽しみかというと
あんまり普通では聞けない作曲家の曲が聴けるのが楽しみです。
イトゥラルデ? E.D.ジャクソン? 普通のクラシックコンサートではあまり聞かないと思います。
2曲とも、とても面白かったです。
あとドビュッシーのカルテットをサックス4本でやるって、最初「へー」と思いましたが、実際聞くと、違和感が全然なくてよかったです。

藤田さん、とりあえず一発目は成功しましたね!!おめでとうございます。

終演後、会場を出ようとしたら声をかけられました。
振り向いたら、津軽三味線の小林さん。久々に話が出来て嬉しかったです。
小林さんもご自身も弦楽四重奏と三味線でのコラボをやったりしますし、クラシックのコンサートでもよくいらしているのを目にします。
すごい勉強熱心なところには頭が下がります。

「なんかさ、小林さんすっげぇビッグになったよね〜」
「いやいや僕なんてまだまだですよ」

と謙遜されてましたが、ソロプレイヤーとしては新潟音楽界屈指の動員数を誇るプレーヤーです。
小林さんをはじめとして、琴の奥村さん、尺八の鯨岡さんなどの活躍も目が離せません。
いつの日かテューバ&三味線なんていう組み合わせも出来るかも知れませんね。

テューバ藤田さんにはこれからもどんどんいろいろなチャレンジをして新潟音楽界を引っ張っていって欲しいと思います。
お疲れさまでした!長岡リリックも頑張って下さい。
by concerto-2 | 2008-09-30 09:52 | 演奏会のこと | Comments(2)

マーラー3番!

日曜日、待ちに待った演奏会に行ってきました!
「新潟メモリアルオーケストラ 第18回定期演奏会」
e0046190_19311686.jpg

プログラムは
マスカーニの「復活祭の朝の合唱」
そして新潟初演! マーラーの交響曲第3番

合唱は新潟メモリアル合唱団、新潟市ジュニア合唱団
独唱メゾソプラノ 与田朝子さん

指揮は御大!現代に蘇ったロマン派的指揮者、山岡重信氏。

今世界中を見回しても山岡さんのような指揮をされる方は見当たらないのではないでしょうか。
現代のクナッパーツブッシュといってもいいと思います。

ikaubon様も御参加の1曲目、マスカーニ。
どうしても今回のプログラムでは付け足しみたいな感じになってしまいましたが、なかなかしっとりとした演奏でよかったです。
パイプオルガンを笠原恒則さんが弾かれたのは嬉しかったです。

そして休憩があって、いよいよマーラー。
プログラムにも、100分を超えるけど途中に休憩はないという旨が書かれていました。
わくわくしましたね。

そして後半がスタート。さすがに奏者の数が多い。
冒頭のホルンのテーマ!! さすがは山岡御大、遅い!実にスケールのでかいテンポbの取り方でした。
予想通り!!

たぶん100分は有に超えていたと思います。
でも私は全然眠くありませんでした。へぇ〜こうやって演奏するんだ〜と見ててすごく楽しかったです。特に8人でまわされてた打楽器チームさんは見てて面白かったですね。

全員すごく頑張ってらっしゃいました。大きなミスもなかったと思います。
個人的にはオーボエ&フルートのトップのお二人のコンビさんがすごくいいなと聞いてました。
金管も大活躍でしたし、弦楽器も厚いアンサンブル。

このオケはなかなか練習回数がとれないオケですが、こうして本番で結果を出すと言うのは立派だと思います。
奇跡のオケですね。

最後の第6楽章は感動的!コンマスの奈良さんお疲れ様でした。

この新潟メモリアルオーケストラさん、次はまた新潟メモリアル合唱団との共演になりまして
ホルストの惑星
ハイドンの四季
というプログラムになります。これまた大きなプログラムですね。
指揮は同じく山岡重信さん。
またロマンあふれる演奏になることでしょう。

素晴らしい100分超でした!!ありがとうございました。
by concerto-2 | 2008-09-28 19:31 | 演奏会のこと | Comments(0)

明日はマラ3 !!

今日帰ってきて夕刊を見たらびっくり!
「漫画家 美内さんメーカーを告訴」
おばさん、こんなことで新潟の新聞にのるとは。。。

でもこうなったか〜というのが第一の感想。
旦那さんであるおじさんとは私も電話で話したのですが、すごいレストランだったんですよ。
それが火事で全焼してしまってたいへんだったんです。
エアコンから火が出ると言うのは実はよくあることなんですが、司法の場でどう判断されるのか。。
びっくりしました。

それと今日放送されたK-1ではピーター・アーツに燃えました。
ついベテランが頑張っていると嬉しくなるのは私が年をとった証拠でしょうね。
横浜でまだ現役を続ける工藤公康は私と同い年です。来期も頑張ってほしいですねー。

今日「33分探偵」が終わってこの夏のドラマがみんな終わりました。
今回のベストは「コードブルー/ドクターヘリ」でしたね。面白かった!!
あとは「正義の味方」が面白いと思った以外はかなり低調なクールだと思いました。残念。

さて明日はいよいよ新潟メモリアルオーケストラさんによるマーラーの交響曲第3番です!新潟初演です!!
当たるも八卦当たらぬも八卦みたいな出たとこ勝負での名演奏が魅力のメモリアルオケさん。
わくわくするような名演、楽しみにしています!!
無料です!ぜひ歴史的なマーラー3番の演奏会。ぜひ聞きにいきましょう。
by concerto-2 | 2008-09-27 23:49 | テレビ・ラジオのこと | Comments(2)
りゅーとぴあさんに新しいエーンターテインメント・カレンダーが出ましたね。
ジルヴェスターの記事が表表紙になってて赤い色調のです。

読んでみると、2つほど詳細が出てたのがあったので、ついでにここでもご紹介。
まずはわれらが素敵なオルガニスト、山本真希さん。
シリーズとなっているオルガンリサイタルも10月5日のメシアン・プロがvol.5です。
そして、その次のvol.6が発表になってました。
次はスペイン!!
作曲家でいうとヒメネスとかブルーナとかです。スペインのオルガン曲っておもしろいんですよ。
それになんといってもりゅーとぴあのパイプオルガンはスペイン式。
ぴったりではないでしょうか。
2月22日の日曜日15時開演。チケットは1500円で一般発売は11月7日より。

もう一つはギター村治佳織さん。
村治佳織さんのコンサートは3月8日の日曜日。16時開演。
チケットはS席 4500円 A席 3500円 の2タイプ。一般発売は12月14日から。
楽しみにされてる方も多い事でしょう。

さてもう今週も週末になりました。
この週末の目玉は日曜日の新潟メモリアルオーケストラさんによる新潟初演! マーラーの交響曲第3番でしょう。
すさまじい曲です。体調を万全にして聴きに行かねば。無料のコンサートになるので興味ある方はぜひ聴きに行きましょう。
またその日はだいしホールで同時刻に新潟フルートアンサンブルアカデミーさんの定期もあります。
こちらもお勧めですよ。

そして週末が終わったら、、、そうサックス&テューバを聴きに行きましょう!!
これです!!
e0046190_19204456.jpg

9月29日の月曜日、19時開演。音楽文化会館です。
一般は2000円 高校生以下はなんと500円!!
「サクソフォンとテューバアンサンブル クラシックとジャズの響き」
と題されたこのコンサート。いかがですか!!

主催者としても頑張っているテューバ奏者の藤田豊さんによるコメントです。
「今回のコンサートは、私の友人でサクソフォン奏者の五十嵐文さんからの呼びかけにより始まりました。その呼びかけは多岐に渡り、エリザベト音楽大学サクソフォン講師の藤井政美さん、新潟サクソフォニカ、そして私と多彩な顔ぶれとなっています。

私の演奏する「ヘレニック組曲」、「ザ・ナスティ」はサクソフォン・サンサンブルによって演奏される曲ですが、今回のためにテューバを加えて編曲されました。
そして「ディヴェルティメント第2番」は、2本のバセットホルンとファゴットのための曲ですが、以前、私がユーフォニアムとテューバの編曲による演奏を聴いた事があり、サクソフォンとテューバでも演奏出来るのでは、というアイディアから選曲しました。

新しい編成によるアンサンブルなので、アイディアを持ち寄り、試行錯誤しながら日々取り組んでいます。

この編成しかできない「新しい響き」を皆様に楽しんでいただけますよう努力いたしますので、ご多忙中とは存じますが、ぜひ御来場いただけますようよろしくお願いします。

藤田豊」

ということです。藤田さんがこのコンサートにかける想いはとっても熱いものがあって、月曜と言うどちらかというと不利な曜日しか会場が空いてなかったんですが、それでも聴いてもらいたい!!ということでこの日になったんです。
新潟と言う街でプロの管楽器奏者さんたちが、どのくらいのものをやれるんだ!ということに藤田さんはこれからチャレンジされていかれるようです!頑張って下さい。
私も微力ながらエールを送りたいと思います。

もしよろしかったらぜひ会場にお越し下さい。よろしくお願いします。
by concerto-2 | 2008-09-26 19:32 | 演奏会のこと | Comments(4)
まず最初に!
りゅーとぴあインフォの皆さんありがとう!
すっごい美味しいよ。ピュア・ドゥのチーズケーキ。
ありがとうございました。

今日は雨模様の中、多くの人に来ていただいてありがとうございました。
小さな大巨人市橋靖子さんのオカリナサークルの県政記念館での発表会はつつがなく終わったかな。
行けなくてすいませんでした。

今日は一人日だし、予定しているコンサートもないし。。

と思っていたら
夕方に琴の奥村健一さんが来られ
「これどうぞ」とチケットをいただきました。

おぉーこれは!
今日りゅーとぴあであった鮫島有美子さんのリサイタルのチケット!!
新潟信用金庫さんの主催で何か月も前に往復はがきで申し込んでチケットをおくってもらうというコンサートだったんですね。そんでもって無料!!
私はまぁいいかと思って応募しなかったのです。

そんなチケットをいただいてしまって!!奥村さんありがとー!!

閉店後にりゅーとぴあさんに行ったら丁度まん中の休憩時間でした。
後半から聞くことが出来ました。
お客様けっこう入ってますね〜。まぁ無料というのもあるんでしょうね〜。

プログラムは
前半がドイツロマン派の歌と題し、メンデルスゾーンとリストの歌曲から
そして日本のメロディーと題し、朧月夜や初恋など5曲

後半は日本のうたと題し、團伊玖磨や新実徳英さんなどなど5曲
最後はウイーンのメロディと題しシュトルツなどのウイーン歌曲。

アンコールは2曲でした。

個人的には新実さんの曲「いでそよ人よ」がすごく心に残るメロディでした。よかった。

鮫島さんの歌は当然良かった。。ですが私が座ったのが真横よりちょっと後ろあたりだったので、やはり歌ものは横に行くとちょっと弱く聞こえますね。
その分、鮫島さんの夫君ドイチュさんの蓋も大きく開けたピアノの音が力強く、ばんばん聞こえました。だから歌とピアノのバランスが真横だとちょっと悪かったです。
これはあくまで席のポジションの問題なので演奏者には関係無しです。

でも、一つあ〜と思ったことが。
司会を俳優の辰巳啄郎さんがやられたんですが、事前打ち合わせがほとんどなかったのでは?と思わせる程なんかかみあわない展開で、しかも話が長い。
こんなこというと何だけど、、辰巳さんがいらっしゃらなかった方がよかったのでは。
とちょっと思いました。
あくまで私個人の意見ですよ。まぁ顔ぶれに豪華さを加えると言う意味合いだと思うのですが。。

でも、ほんとうに多くのお客様が喜んでお帰りになられてました。
いいもんですね。みんながにこにこ帰るって。
奥村さんありがとうございました!!

あっそうそう、一つ「へー」と思ったことが。
鮫島さんがトークの時に「さめじま」と今していますが、本名は「さめしま」なんだとのこと。
へー、まるで柏原よしえの本名は「かしわばら」ではなく「かしはら」というのと同じではないか!ほー。
(どっちがマニアックネタか?ってレベルかも)

そう思った私は高校の時、よしえちゃんファンでした。以上は余談。。
by concerto-2 | 2008-09-25 23:41 | 演奏会のこと | Comments(0)
今日って朱鷺の放鳥日でしたっけ?(ん?明日?)
朱鷺といえば昨日の祝日には陸上競技場で国体まであと1年ということでのプレフェスティバルが盛大に開かれていました。
入口前にはどでかいトッキーがいましたよ。
e0046190_132187.jpg

競技場ではお子様と朱鷺とのレースが。
e0046190_13331757.jpg

放たれる朱鷺も自然の中で元気に暮らせますように。

今日いつものようにりゅーとぴあさんにいってたらギャラリーで新潟大学の洋画科さんの展覧会がひらかれていました。
(正式には新潟大学教育学部芸術環境創造課程造形表現コース洋画科 展覧会  なっがい〜)
軽い気持ちで見て入ったのですが、中に素晴らしい作品が1点あり、ず〜〜〜っと眺めていました。
小林愛弥さんの作品で「chinese cabbage」という作品。

さすがに写真は撮って来れませんでしたが、説明するとまず鉛筆画です。
それでぱっとみると真っ白にうっすらなんか書いてあるな〜という作品。
よ〜〜く見てみると中国野菜(なのかな?)が描かれているんです。
でもちょっと遠くなるともうわからない。
5m以内くらいでないと全体像が掴めないような作品なんです。
これがいいんですよね〜。こういう作品は初めてみました。すごいアイディア。
若い人の自由な発想力を感じました。
とっぴな作品って学生さんの作品には多々あるのですが、作品としての高みにあるものってあんまりなかったりします。
この作品は素晴らしかったです。
卒業制作展のときも楽しみに見に行きたいと思いました。

今日の午後は新潟大学に行ってくる予定です。。。

FMのリクエストが1本分まとまりました。御協力頂きましたお客様ありがとうございます!
放送を楽しみにしてくださいね。あさって収録に行って来ます。
なお「Dr横坂のくらくらクラシック」ではひき続きリクエストを募集しております。よろしくお願いします。
by concerto-2 | 2008-09-24 13:31 | 展覧会のこと | Comments(2)

石丸電気新潟店 閉店

9月23日は古町のHMV、そして東大通りの石丸電気新潟店が共に閉店日でした。

夜閉店後に石丸電気に駆けつけました。
おぉ私が情熱を傾けた愛しき石丸電気よ。いい〜店でした。
e0046190_10182850.jpg
e0046190_10191348.jpg

とても愛されていた証拠に、もう商品なんて全くないにも関わらず多くのお客様がご挨拶に次から次へとお見えになられていました。
石丸電気は各担当の人としての力がすごくある店でした。
ただその分マスとして戦うには組織が弱かったのかも知れません。お客様第一を貫く事は効率としてはよくなかったかもしれないし。
でも私が見ているだけでも「あなたがどっかのお店に行ったら、教えてね。必ずまたあなたから買うから」と係員に声をかけて下さるお客様が何人もいらっしゃいました。
社員はみんな素晴らしい人間ばかりでした。パートさん、派遣さんにいたるまで頑張ってました。
e0046190_10251491.jpg

中倉さん、なれないクラシック売り場で大変だったと思うけど、よく勉強してたよ!
いろいろと世話になったね。
e0046190_1027784.jpg

田澤さん、栄光の57年同期組として、いつも先頭にたって頑張ってました。お疲れさまでした!
渋谷さん、西山さん、私はみんなと同期であった事を誇りに思っている!
e0046190_10294629.jpg

そして閉店時間。外に貼られたポップもとられて
e0046190_103040100.jpg

最後にソフト館は社員が入口にならび
集まったお客様に対し、代表で佐藤さんがお礼の言葉を述べられました。
涙涙でしたね。とても写真なんか撮れませんでした。
20人近く集まっていらっしゃったお客様からも暖かい拍手、頑張れよーのかけ声。胸が熱くなりました。
テレビ局さんもいらしてました
e0046190_10333047.jpg

そうして幕は降りました
e0046190_1034844.jpg

ほとんどの社員は退社となり、新たな道にむかって進んでいく事になります。
頑張って下さい。
社に戻って、これから関東のどこかへ配属される人もいます。頑張ってください
(庭山がんばれよー!)

一つの時代が終わったな〜と思いました。
自分が退社する時、なんにも悲しくありませんでしたが、今回のはショックですね。
ほんとうにみんな頑張って下さい。
いい〜店でした。ありがとうございました!
by concerto-2 | 2008-09-24 10:39 | お友達ショップ紹介 | Comments(4)
23日は閉店後に石丸電気に駆け付けました。
最後は涙が出ましたよ。。。そのドキュメントは明日書きます。
自宅のなんとか動いてるパソコンで画像がのっけられないものですから。
石丸電気の皆さんお疲れ様でした。

さて今回はコンチェルトファミリーのエースの一人。
われらがえーちゃんこと
ピアニストの栄長敬子さん!!
毎年ソロリサイタルをやってるんですよ、すごい!

今年のリサイタルを発表してもいいそうなので発表します!!
(えっいいんですよね?えーちゃん)

11月1日(土曜日) 14時開演 場所はりゅーとぴあスタジオA
タイトルは
「栄長敬子ピアノリサイタル 〜3人の作曲家それぞれの究極の響き〜」
プログラムは
バッハ イタリア協奏曲
モーツアルト ピアノソナタK457
シューベルト ピアノソナタD960

今回も大きなプログラムです。
えーちゃんは今年から大学の講師になられて、とても忙しいんです。
昨年まで一緒によく遊んでもらってたのが懐かしい(って子供かい私は)
それなのにシューベルトのD960!!すごいな〜大丈夫かな〜。

ところが大丈夫なんか言ってられないんですよ。
このコンサートに付帯する素晴らしい企画があるのです。
これもすごく注目です!!

栄長敬子さんが講師を勤められている青陵大学で公開講座が時折行われており
そこでこの度、栄長敬子先生として講座をすることになりました!!
テーマが「シューベルトを味わう〜ピアノソナタD960を中心に〜」
すごいですね〜、このD960って好きな人たくさんいらっしゃる名曲です。
それをテーマに公開講座をやっちゃおうというから、これは聞かねば損です!!
そしてなんと!この公開講座を受講すると、11月1日のスタジオAでのコンサートチケットがもれなくついてくる!!二度美味しいぞ!ってな感じなんです。
さすがえーちゃん先生太っ腹だ!

これについて詳しいことはここを御覧下さい↓
http://www.n-seiryo.ac.jp/other/kouza/open08kouki/general01.html
(すいませんコピペになります)

演奏と講座、両方にチャレンジする栄長敬子さん。
「えーちゃん大丈夫〜」と思わず声をかけたくなります。
でも、持ち前のパワーで「大丈夫です!」と明るく返事してくれることでしょう。

チラシとチケットは今月末に出来てくる予定だそうです。
がんばれー栄長敬子さん!当店は応援しまくるぞー!

でも、無理して体調とか壊さないようにね、えーちゃん。
また飲みにでもいきましょう〜。
by concerto-2 | 2008-09-23 23:36 | 演奏会のこと | Comments(2)
今、借りてきた「マリと3匹の子犬たち」観てます。。。
くー!ティッシュががんがん減るぜぇ〜。。
今、山古志の方々がへりにのせられたんだけどマリはのせられないっていうとこ。
くー。。(でもこの映画ちょっと脚色つけすぎではないのか)

現在公開されているので「おくりびと」って映画ありますよね。
あれは今一番みたい一本なんです。しかし、映画館ではみれね〜。。
内容をサイトで見ただけで、これはレンタルまで待とう〜と思ったのです。

今日の休日は支払いとかがあって午前中街に出てきました。
銀行の用事が終わった後、野暮用でFMPORTさんへ。
その後、石丸電気にいってきました。
明日の23日がラストデイ。もう商品もほっとんどありません。でも液晶テレビのちっさいの買ってきました。8割引きの9800円だったもので。おっきい液晶があと3つありましたよ。
いよいよ明日は最終日です。悲しいなぁ。

今回は新たに増えたチケットのお知らせをします。

11月1日(土曜日) トミオカホワイト美術館 15時開演
「高橋アキ ピアノリサイタル」
チケット 3500円 学生 2000円 (当日500円増)
ゲストがなんとフルート小山裕幾さん! いいコンサートになりそうですね。

11月2日(日曜) 新発田市生涯学習センター 16時開演
「レインブック コンサート2008」
チケット 1000円
クラシックではありませんが、ヒーリング系ヴォーカルが魅力のユニットです。
古町でもこの前歌ってらっしゃいましたね。なかなかよいですよ。

11月15日(土曜日) りゅーとぴあ 19時開演
「新潟室内合奏団 第56回演奏会」
チケット 1000円(当日 1200円)
この演奏会、前半はわたくし1回最前列で聞くつもりです!!
ぜひ、当店でお買い求め下さるとありがたいです〜。

11月19日(水曜) だいしホール 18時半開演
「佐々木和子室内楽シリーズ〜ピアノトリオの玉手箱」
チケット 2500円 学生 1500円(当日 500円増)
まいどおなじみ佐々木先生のダイナミックなピアノに東京交響楽団コンサートマスターのニキティンさん(戻ってこられたんですよ!)とチェロ主席のボーマンさんという豪華なピアノトリオでのコンサートです。お勧めです!

11月22日(土曜) 長岡リリック 17時開演
「ふれあいコンサート」
チケット 2000円 高校生以下 1000円
長岡交響楽団さんに公募のメンバーさんをくわえたコンサートです。
おぉチラシにはDaaさんがひときわでっかく写っているではないですか!
今回はメインが幻想交響曲。楽しみです。
公募オケと言うことでフルートには五十嵐冬馬さん、ヴァイオリンには木野裕り乃さんも加わってるとのことで、そういう若い才能ある人たちを聞けるのも楽しみです。
またいつものアリーナ席?で聞きます。楽しみです!

今のところ新規はこんな感じです。
もっともっと増えますよこれから!
by concerto-2 | 2008-09-22 23:45 | 取扱チケットの御案内 | Comments(2)
青島食堂やってました!!
さっそく今日食べにいって聞いたら、ここ数日全店休業してたそうです。
理由はきけませんでしたが。。。なにはともあれよかったよかった。

朝から30度超えしてた昨日と打って変わって小雨の日曜となりました。
静かな日曜でした。。

そんな中、午後2時からだいしホールでおこなわれた
「あんさんぶる響 第3回演奏会」
に行って来ました。
(本当は別のとこであった発表会からお誘いもあったのですが。。N先生ごめんなさい!)

あんさんぶる響さんはヴァイオリンの星理恵子先生、ソプラノの石本陽子先生、ピアノの水戸博道先生といった新潟では重鎮な先生達のアンサンブルです。
今回はゲストとしてシュッツットガルト室内管弦楽団、ドイツバッハゾリスデン、バッハコレギウムの各有名な団体で首席ヴィオラ奏者として活躍されていた林徹也さんをお迎えしてのコンサートでした。
林さんは今年ドイツから日本に戻られて来られるんだとの事。
そういったお話も交えたコンサートになりました。
プログラムは
シューベルト 楽に寄せて
ブラームス ヴァイオリンソナタ第1番

シューマン ピアノソナタ第2番
ブラームス ヴィオラソナタ第1番
ブルッフ ヴァイオリンとヴィオラとピアノのための8つの小品作品83より2曲

でした。
アンコールも同じブルッフの作品83からでした。

渋い!実に渋い内容ですね。秋ぴったし。
個人的には水戸先生のシューマンのピアノソナタ2番はよかったですね〜。

あとブラームスのヴァイオリンとヴィオラのソナタは、するめのような味わいでいいですよね。
特にブラームスの3曲あるヴァイオリンソナタってどれも個性があって素晴らしいと思います。
やはり1番が実演では人気があるようですが、私はなんといっても3番ですね。
ヴァイオリンソナタの王様だと思っています。
でも1番のあの出だし!あれは心がぐっと来ます。。。秋だなぁ。。

話変わって
今日りゅーとぴあのいつものように行ったら、インフォのとこにどどーんと
e0046190_18485451.jpg
e0046190_1849999.jpg

生け花が鎮座ましましてました(笑)
なんでも指揮をしたリッカルド・ムーティさんのファンクラブさんからの寄贈だそうです。
豪華ですね〜、でも突っ立てる竹?が途中で輪になってるのがなんかビミョーのような。。
い、いやこれが今風なのかもしれないですよね。

でも、私にはこの豪華な花々より、偶然振り返ったインフォの新人ピーチフェイスな笑顔がかわいい、マリアンヌたかはしさん(仮)のほうがずっと輝いていると思うなぁー。
まさに「君は薔薇より美しい」by アキラ・フセ
ふっるー!
私オリビア・ハッセー大好きでした!!(って、この略脈をすぐ分かる人は40以上でしょうね)
by concerto-2 | 2008-09-21 18:57 | 演奏会のこと | Comments(4)