コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧

拝啓、先輩様。

日曜日は雨模様と言う予報でしたが、とってもいい天気。というか暑い!
今年は各所で大雨が降ったりしてましたが新潟市内はそれほどのひどい雨はなかったです。
被害にあわれた地域の方々はほんとうにたいへんなことだろうと思います。

さて、天気も良かったので日曜日午前中はお客様のお宅に商品のお届けに行ってきました。
現在東は沼垂、西は関屋分水。このエリアに関しては私はお届けします!!
それで今日は新潟駅の隣にあります某大手さんのマンションがお届け先。
お持ちする商品はクラシックCDではなくて、演歌のミュージックテープ!!
石丸の家電売り場にいる私の同期から「頼む!」とお願いをうけたお客様なんです。
先日暑い中わざわざ当店までお越しになられ、テープを御注文いただき到着したら私が届けますから。としてあったんですね。
もうお年は85歳と言うおばあさま。暑い中すいませんでした。。

それで出かける時に、伺う旨お電話したら。。ついでにテレビとビデオとラジオとテレコを教えてほしいー。とのこと。
こりゃぁ大変だと思って出かけました。

伺ってみてびっくり。。。某巨大マンションの最上階。
広いお宅!マンションなのに小さいながら中庭みたいなのもある。
とにかくテープをお届けして、まずラジオの使い方、テレコの使い方、そしてビデオの使い方を御説明して、一緒にやっていただいたりしました。
紙に書いたりシールをはったり。。
とりあえず大丈夫かな〜と思えるようになるまで、一緒に復習&練習しました。およそ30分ちょっと。
その後練習の合間にいろいろとお話をしたのですが。
この広いマンションにお一人でお住いなのだそうです。息子さん御夫婦は仕事でニューヨークにいらっしゃって、年に1度か2度帰ってこられるんだとのこと。
「息子が戻ってきた時いつもやり方聞いてるんだけど覚えられなくてね〜」
とおっしゃられてました。
「80過ぎてても、今の世の中生きていかなければダメだから、こういう機械も覚えなきゃね」と笑ってらっしゃいました。
実は30分近く一緒にやったりしたのですが、お一人ではちょっと不安な感じ。
なので私も今後聞かれた時にスムーズにお答えできるようにテレコとビデオの操作ボタンのあたりを携帯で写真撮ってきたんですね。
そして1時間程いた後、おじゃました際にわざわざエレベーターのところまで出てきてていただき、私もエレベーターに入ってボタンをおしておじぎをしました。。。
そして私が顔を上げたらお客様が。。。。
エレベーターのガラスドアの向こうで
私に向かって拝んでいらっしゃいました。。。

なんか。。胸がいっぱいになりました。。

お年寄りが元気といわれる現代。たしかにパソコンを駆使してネットショッピングしたりAV機器を使いこなしている方もいらっしゃることでしょう。
でも大多数の方はそうではないと思います。
そういったお客様にも喜んでもらうのが路面店の勤めでは。と思っています。
70の方は昔から70なわけでは無くて、10代があって20代があって〜とそれぞれが立派な御経験をもたれて70になられていらっしゃる。
素晴らしいことです。
尊敬の念を忘れてはいけないといつも思っています。

当店のご常連様でお年の順でお話をするのも大変失礼なのですが、いつもいつも私が教えていただいているお客様がいらっしゃいます。

70代後半でいらっしゃるけれど、とてもお元気で、むしろパワフル。
御自身で音楽観賞会を主催されたり、本を執筆されたり、某吹奏楽団の名誉顧問もされたりされているI先生。モーツアルトに対しての愛情をお話の中でもひしひしと感じ、またピアノ曲についてのお話もとても勉強になります。お話を聞くだけで人を感動させるものをおもちの方でいらっしゃいます。

そのI先生より少し御高齢のH様。
終戦直後から新潟にバッハやヘンデルの音楽を広めるべく御努力をされ、今でも新潟で年末にヘンデルのメサイアが行われるのはH様の御尽力あってのことです。
それに今なお新しい曲、知らない曲にチャレンジする姿勢は若い私でも見習わないと行けないといつも思います。
いつもダンディでにこやか、若い音楽ファンの方ともお話をされたり。
素敵なお年の取り方をされているH様。特に声楽の作品についてはいっつも教えていただいてます。

そして当店のご常連様としては最高齢になられるO先生。
とてもチャーミングな先生で医学の某分野ではとてもご高名な方でいらっしゃるのに、いつも控えめで折り目正しい方です。
すごいのは音楽だけで無く絵画、映画、仏像など広いジャンルにとてもお詳しく、資料等をよくいただきます。勉強になります。
どうかいつまでもお元気でいらして下さい。

いつも私が尊敬している3人の方です。
加えて、ほんとうにいつもありがたいな〜と思っているのは当店にお越しいただいているお客様の方々です。
各ジャンルについてのスペシャリストの方々がいらっしゃり、困ったことがあるといつも助けていただいてます。
優れた先輩としてのお客様あっての当店です。

人生の大先輩の方がはじめて当店にお越しになられても「来て良かったな」と思っていただけるよう頑張りたいと思います。
私自身ももっと勉強して成長しないといけませんね。
目標 素敵なじーさんになるぞ! 具体的には NHK「おじゃる丸」のトミーおじいさん!!
by concerto-2 | 2008-08-31 23:42 | いらっしゃいませ! | Comments(2)
今朝の土曜朝9時から、FM新津「Dr横坂のくらくらクラシック」をお聞きの方はどのくらいいらっしゃいましたでしょうか。
番組初のリクエスト特集!!

この回は私の担当で、私も構成、収録にタッチしていながら。。。

「やったぁー!!」
と自分のコメント&リクエストが車のラジオからながれた瞬間叫んでしまいました。

そう、最後のは私のリクエストなんです。
そんで選んだのも私。だから別に放送されたときに歓喜することはバカみたいなんですけど。収録も見てたし。
やっぱそれでも嬉しいものですね〜ちょっち照れくさくて。
言葉にすると「うひゃひゃひゃ」みたいな(笑)

ぜひ皆様にもこの感激を味わっていただきたいものです!!
リクエストとコメントをお待ちしております。
あなたのコメントをラジオで読み上げてもらいましょう!
当店までメールをお送り下さい。現在10月のリクエストを募っています。
締め切りは9月6日まで。

ほんとうに感激しますよ!!他の読み上げられた皆さんはいかがだったでしょうか。
ちなみに今日の分は来週水曜日の夜9時から再放送されます。
そして来週の土曜朝9時の回は私の新譜紹介の回です。
ぜひお聞き下さい。

話変わって
現在、東京で東京音楽コンクールなるものがおこなわれています。
これは日本音楽コンクールをも上回るのでは無いかと言うハイレベルなコンクールです。
そこで27日に弦楽器部門審査が行われて
今や新潟出身という言葉さえ不要なくらい大活躍をされている井上静香さんが第2位をとられたそうです!!
そしてなお嬉しいのは「聴衆賞」とかいうのがあるのだそうですが、聴衆の皆さんが選ぶ最高演奏者の賞、これを獲得されたそうです!!観客が選んだ第1位ということです!
おめでとうございます!
演奏した曲はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲だったそうです。
以前に新潟交響楽団さんとの定期でもこの曲を演奏して、あまりの熱演に第1楽章が終わったとき大きな拍手が沸き起こったものです。
これからもっともっと大きな演奏家になられることでしょう。
また新潟で聞く機会を楽しみに待っています。

おめでとうございました!!
by concerto-2 | 2008-08-30 21:55 | テレビ・ラジオのこと | Comments(2)
昨日の金曜日、いろいろなことがあって一つ一つ詳細にとも思いましたが
これからもいろいろな事がありそうなので、小ネタメドレーにします。

まず、アリアCD様よりまたセール品を送ってもらいました。
なるほどね〜という80枚。
今回はどちらかというとヒストリカル系が多いかな〜。
ぜひご来店の際にはのぞいてみて下さい。

古町8にある「羊画廊」さんに行ってきました。
木曜日からはじまった「長谷部 昇 展」を見て来ました。なかなかの迫力。火曜日までしか行われていませんが一見の価値有りです。
そして羊画廊さんで行われるコンサートの打ち合わせもしてきたんです。
ここでも宣伝しますね。
10月31日(たしか金曜かな)場所は羊画廊さん内。夜7時からになると思います。
フルート中林恭子さん&ギター中村博さんのお二人によるデュオコンサートです。
一応私も関わっているのでぜひ聞きにきて頂けると嬉しいです。
細かい事はまだ決まってないのですが、予約は受けてますので羊画廊さんか、もしくは私までご連絡下さい。そのうちチラシとかもできてくるはずです。
よろしくお願いします。

こういう街の中でのコンサートってどんどん増えていくと良いですね。
で、そのことにもちょっと関わるのですが
先日あるシンポジウムに出席した際、当店のお客様と会って「あら佐藤さん、この前新しいレストランさんがコンサートを月一でやりたいと言ってたから、あなたのこと話しておいたから一度顔を出して来て」と言われました。ありがたいお話。
ところがそのレストラン(カフェレストランみたいな感じかな)すっごいおしゃれなお店で、とてもおじさん一人ではチャレンジャー極まりないんです。
それで先日ハープの石井さんに、いつか一緒に行こうよ。とお願いしてあったんです。
そして昨日、石井さんが今からならオッケーということで急遽行ってきました。
レストランでありながら頼んだのは紅茶1ポット。。しょぼいお客さんと思われた事でしょう。。
でもしっかと名刺を渡して、なにかコンサートで演奏家さんが必要な場合にはお声をかけて下さい。と宣伝してきました。
これでレストランコンサートの依頼が来るとまた楽しい場所が一つ増えます。
どうか。。来ますように。。

そして金曜の夜には映画レイトショーに行ってきました!!
見たかったのがあるんですよ!
「デトロイト・メタル・シティ」!!!
とにかく面白い!
やたらに面白いです。映画館内爆笑が何度もおきました。
ハードなデスメタルロックのヒーロが実はなよなよした青年だったということで、というストーリー。
主演の松山ケンイチさんはなかなかの好演。なかなか彼はデスノートのLのイメージが強くてその後今ひとつだった感じがありましたが、これはいいです!
ロックはちょっと〜という方、全然そんな事気にする必要はありません。
ぜひ見て笑って下さい。
個人的には後半にある挫折ー田舎に帰省ーでも復活。というのはちょっといかにも邦画なウエット感みたいなのがどうかな〜と思いましたが、最後への盛り上げも見事でこれはお勧めです!!観て良かった。

映画の中で「あなたの演奏はお客さんに夢を与えているんだよ」というような台詞があるのですが、それは新潟で活躍されている演奏者さんなんかでもいえることでしょう。
たとえプロでなくてアマチュアであろうと、演奏会を通してお客様に夢を与えている事は同じだと思います。
先日、マルチン大作が来た時、よくマルチンの演奏会を聴きに行かれているお客様がご来店されていたので、お引き合わせをしたんです。
もんのすごくお客様喜ばれてました。
あぁマルチンも夢を与えているんだな〜と思いました。
この秋も多くの演奏者さんが多くのお客様に夢を与える事でしょう。
そんなことも映画を観ながら思った次第です。

ぜひ「デトロイト・メタル・シティ」お勧めです!
by concerto-2 | 2008-08-30 11:41 | 映画のこと | Comments(4)
あっという間に8月も終わりそうです。
そしていよいよ秋9月!!コンサートも数多く行われる季節です。
楽しみです。

● 現在取り扱っている演奏会のチケット

9月6日(土曜日) 第1部午後1時〜3時半 第2部午後4時20分〜6時45分 りゅーとぴあスタジオA
「第4回 新潟古楽フェスティバル」
入場料 第1部、2部 各1500円(当日は各2000円)

大人気、超満員!昨年も数日前にはチケット完売になってしまった新潟古楽フェスティバル!
今年も楽しいプログラムになっています
第1部は「フォリアの饗宴」「クラヴィコード徹底解剖」「ブランデンブルク協奏曲第6番」
第2部は「現代に生まれかわったバロック音楽」「ルネサンスの宝石箱」
新潟古楽界の総力を挙げたこのフェスティバル!!
ぜひお早めにご購入のほど!よろしくお願いします。そろそろストップがかかりそうですよ!


9月7日(日曜日)午後2時開演 カトリック花園教会
「山崎陽子門下オルガンコンサート vol.2〜バッハを巡る作曲家たち」
入場料 1000円(当日 1200円)

古楽フェスティバルの翌日は花園カトリック教会でオルガンコンサートです!!
演奏は渡辺まゆみさん(オルガン)と大作綾さん(オルガン&リコーダー)
演目はバッハ、メンデルスゾーン、リスト、シューマン 他
となっています。
このコンサートは同じ内容で長岡公演もあります
9月21日(日曜日) 午後2時開演 カトリック長岡表町教会
入場料 1000円(当日1200円)
長岡公演のチケットも扱っております。マルチン大作頑張っております!よろしくお願い致します。


9月8日(月曜日) 午後7時開演 新潟市音楽文化会館
「国立音楽大学コンサートシリーズ モーツアルトの美意識を探る 第3回 あなたは長調、それとも短調?」
入場料 2000円 高校生以下1000円

なんといってもこのメンバー!!
ヴァイオリン:大関博明さん(国立音大教授、SAWA QUARTET、元バンベルク響)
ヴィオラ:松井直之さん(読売交響楽団)
コントラバス:志賀信雄さん(国立音大教授、もとN響フォアシュピーラー)
オーボエ:杉浦直基さん(国立音大教授、元東京交響楽団首席)
ファゴット:坪井隆明さん(国立音大教授、新日本フィル副主席)
ソプラノ:澤畑恵美さん(国立音大准教授、二期会会員)
バリトン:山下浩司さん(国立音大専任講師、二期会会員)
ピアノ:久元祐子さん(国立音大講師)
ヴァイオリン:松岡聡子さん(アドヴァンスト・コース)
チェロ:阪田宏彰さん(YAMATO弦楽四重奏団)
フルート:立川和男さん(国立音大准教授、元日本フィル首席)
クラリネット:大和田智彦さん(国立音大講師)
ホルン:大野良雄さん(国立音大教授、元N響)
ソプラノ:品田昭子さん(二期会会員)

そしてお話が磯山雅さん(国立音大教授)
という総勢15人の方々が来られ演奏されるモーツアルト・プログラムです。
それで2000円だったらお得ではないのでしょうか?
ふつうの月曜日ではありますが、充分お勧め!!の演奏会です。


9月10日(水曜日) 午後7時開演 りゅーとぴあコンサートホール
「TOKI弦楽アンサンブル2008in NIIGATA」
入場料 3000円 大学生以下 1500円

今年で5回目と言うTOKI弦楽アンサンブルさん。
今回も強力なメンバーでやってこられます
演目はシューベルトの「ます」とドヴォルザークの弦楽5重奏曲第2番です。
私はこのメンバーの中でヴィオラの小熊さんってすごい!と思ってます。
同じヴィオラの鈴木さんも凄い!
このお二人のヴィオラは一聴の価値有りでしょう。
もちろん他のメンバーも。
場所が音文からりゅーとぴあさんになりましたが、また満員になるといいですね!

9月14日(日曜日) 午後2時開演 だいしホール
「ルネッサンス合唱音楽の楽しみ」
入場料 1000円 学生500円

個人的にものすごく楽しみなコンサートです。
こういうコンサートを待っていた!のです。
合唱はコール・フロイデさん、今回のは創立15周年記念の演奏会なのだそうです。
指揮は久住和麿さん、チェンバロは吉村陽子さん、チェロは渡辺靖子さん。
演目の作曲者はジョスカン・デ・プレ、オルランド・ディ・ラッソ、トーマス・モーリー、ジョン・ダウランド 他となっています。うわぁパレストリーナやデュファイやビクトリアもやらないかなぁ〜とついついリクエストしたくなる顔ぶれ。

こういう一般的にはほとんど知名度がないルネッサンス作曲家さんをとりあげるコンサート。ぜひ多くの人に入って欲しいものです!でも実際どのくらいお越しになられるのだろう?と興味もあります。多くのお客様に聴いて欲しいですね。

NEW
9月15日(月曜祝日) 午後5時半開演 新発田市生涯学習センター
「オペラ・ガラ・コンサート」
入場料 一般1000円 高校生以下 1500円

出演はソプラノ 前田多鶴さん テノール 正木庸平さん バリトン 大石洋史さん バリトン/バス 田中大揮さん ピアノ 辻喜久栄さん
全員が昭和音大を卒業された方々ですね。テノールの正木さんは新発田市のご出身という事で新発田で行われるようです。
イタリアオペラからのアリア中心の楽しいコンサートのようですよ。いかがでしょうか。

NEW
9月17日(水曜日) 午後7時半開演 ジョイアミーア
「デュオ・ジャズ・コンサート」
入場料 4500円

ジャズのコンサートです。主催の先生の関係でちょっとだけチケットを御預かりしました。
ベースの藤原清澄さん&ピアノのピーター・マドウセン のデュオコンサートです。
ベースの藤原さんと言えば私でも知ってるベーシストです。ニューヨークフィルの首席について学ばれた方ですね。
ジャズでのウッドベースってすごくいいんですよね。よろしかったらぜひ。


9月21日(日曜日) 午後2時開演 だいしホール
「あんさんぶる響 第3回演奏会」
入場料 2000円(当日2500円)

あんさんぶる響さんのメンバーは
ヴァイオリンの星里恵子先生、ソプラノの石本陽子先生、ヴィオラの林先生、ピアノの水戸先生という新潟では奏者としても指導者としてもご高名でいらっしゃる方々のアンサンブルです。
プログラムは
ブラームスのヴァイオリンソナタ1番、ヴィオラソナタ1番、シューマンのピアノソナタ2番、シューベルトの音楽に寄す。
そしてメインはブルッフのヴァイオリン、ヴィオラとピアノによる8つの小品。おぉ!これの生って初めて聴きます。ブルッフの秘めたる名曲の一つですね。これは楽しみです。

NEW
9月28日(日曜日) 午後2時開演 だいしホール
「新潟フルート・アンサンブル・アカデミー 第9回演奏会」
入場料 2000円(当日500円増)

新潟のフルート好きの方でしたら、もうおなじみのフルートアンサンブルアカデミーさん。
いつも工夫を凝らしたプログラムで素晴らしい演奏をされています。
今年はゲストにパーカッションの山下久樹さんを御迎えしてのコンサートです。
日曜の午後に優雅なフルートの調べを聴いて幸せな気分になること間違いなし!です。

NEW
9月29日(月曜) 午後7時開演 音楽文化会館
「サクソフォンとチューバアンサンブル クラシックとジャズの響き」
入場料 2000円 高校生以下 500円
出演は
サクソフォン 宮田麻美さん 藤井政美さん
サクソフォン四重奏団「新潟サクソフォニカ」
テューバ 藤田豊さん

この演奏会については以前よりテューバ藤田さんから熱い思いを聴いています。
なので後日にピックアップして宣伝します。
月曜というあまり良い日とはいえないかもしれませんが、奏者の熱意がこもった演奏会です。
ぜひよろしくお願いします。
詳しくは後日!!

NEW
10月10日(金曜) 午後6時45分開演 音楽文化会館
「和波孝よし ヴァイオリン チャリティコンサート」
入場料 3500円

すいません「よし」の字が変換出来ませんでした。
和波さんといえば全盲のことを全く感じさせない素晴らしい演奏をされる日本を代表されるヴァイオリニストのお一人ですね。
今回はブラームスやフランクのソナタ、タルティーニやクライスラーなどヴァイオリン好きにはたまらないプログラムになっています。
ヴァイオリンを習われている方などにも最適なコンサートだと思いますよ。

NEW
10月12日(日曜) 午後2時開演 だいしホール
「浅利守宏 フルートリサイタル」
入場料 2500円(当日500増)

新潟出身で今では国際的にも活躍をされている浅利さん。
もう新潟ではおなじみの奏者さんですね。
今回はピアノに田中幸治さんを迎えてのコンサートです。
メインはフランクのソナタ。このお二人の演奏だとすごい演奏になるのではないでしょうか。

尚、浅利さんの東京カザルスホールでの10月17日に行われるコンサートのチケットも扱っております。あわせてよろしくお願いします。(新潟で扱っているのは当店のみだそうです)


NEW
10月12日(日曜) 午後2時開演 音楽文化会館
「新潟シティ合唱団 コール・トゥッテイ 第1回定期演奏会」
入場料2000円(当日300円増)

あまり聞きなじみの無い合唱団さんですが、実はシュパッツェン・コールさんが名称変更された団体です。
今回の演目は
木下牧子 作品集より
フォーレ レクイエム
です。指揮は時任康文さん。
チラシには当店扱いとはなっていないのですが、私の方でお願いして扱わさせて頂く事になりました。よろしくお願いします!!

NEW
10月15日(水曜) 午後7時開演 音楽文化会館
「佐藤園子 ピアノリサイタル」
入場料 3000円 学生 2000円

佐藤園子さんといえば、先日うちわコンサートでも活躍して頂いた渡部さんのお師匠さん。
その他にもcheeseさんや長岡の古川さんなど多数の優れたお弟子さんの先生です。
それでいて、毎年必ずソロリサイタルをされるというのは素晴らしいですね。
しかもいつも内容が大きな曲をかなりやられるんです、すごいことです。
今年はメインがリストのソナタです。いかがでしょうか。


10月18日(土曜日) 午後6時開演 だいしホール
「田中弦楽アンサンブル 第14回演奏会」
入場料 1000円

毎年、秋に行われる田中弦楽さんの演奏会、今年のプログラムは面白いですよ。
ハイドンの弦楽四重奏曲第79番「ラルゴ」
モーツアルト:「魔笛」より抜粋フルート四重奏曲編曲版
ブラームス:弦楽六重奏曲第1番

今回のメンバーは田中御夫妻、ヴァイオリンの松村牧子さん、チェロの瀬高さん、津久井さんのいつもの田中弦楽の方々にヴィオラの原さん、そしてフルートに巨匠!榎本正一師匠が参加されます。師匠頑張って下さい!!

NEW
12月5日(金曜日) 午後7時開演 だいしホール
「中村博 ギターリサイタル」
入場料 2000円(当日500円増)

当店に来られるメンヒさんやちーぱっぱ様やいうらさんなどギターの方々が皆さん言われるんです
「中村先生は新潟一番のギタリスト」と。
私も何度かおき気した事がありますが、その物静かな佇まいから奏でられる確かな音色はさすが!と思わされます。
今年は前半をソロ演奏でブクステフーデ、バッハ、ヴィラ=ロボス。
後半はフルートの浅利さんを迎えてジュリアーニ、ラヴィシャンカール。
どっちもすっごく興味をそそられるプログラムになっています。
私もものすごく楽しみにしているコンサートです。
チラシには載っていませんが、当店でも取り扱っております。
よろしくお願いします。

とここまでが現在、当店が扱っているチケットです。

●お客様よりキャンセル分の転売を依頼されているチケット

10月4日 新潟県民会館でのバレエ「ライモンダ」
11月8日 りゅーとぴあでのアルメニアフィル

いずれも御預かりしているものがあります。席は最高の席です。詳しくはご連絡下さい。

そして
9月20日のウイーンフィル!!既に立ち見まで完売になっていますが
こちらも預かっているものがあります。
詳しくは私まで御問い合わせ下さい。
by concerto-2 | 2008-08-29 11:20 | 取扱チケットの御案内 | Comments(0)
本当は今日は取扱チケットをお知らせしようと思いましたが今日にも2つほど増えたので明日にしたいと思います。
ギターの中村先生わざわざお持ちいただきありがとうございました。
楽しいお話ありがとうございました。

さてタイトルの事ですが。
8月29日は当店のバースデーなのです。
ただプレオープンとして28日にも開けてました。
ということで「コンチェルト」も4歳になりました〜。

4年というのは私も第1目標にしてたんです。
というのは、かって古町にあった伝説のクラシック喫茶「時屋」さん。
もう20年ちょっと前に閉店されてます。
その時屋さんが営業されてたのが4年間だったんですね。
やはり伝説となるには4年はやらなきゃ!
という実に単純な理由で「4年はやらないと!」と思っていたんです。

4年前の28日、第1号のお客様は私達がお呼びした知り合いのお客様では無く、一般のお客様でした。うれしかったですね。
今でもそのお客様は時折お越しいただいていますが、ほんとありがたかったです。

私個人としては最初から思っていたのは
1、ネットに対抗できる品揃え。マニアックなものでもついていきたい。
2、接客は低く低く。クラシックはじめてとか、他のことでこられた方でも入りやすく、話しやすく
3、演奏をする側の方に喜んでいただけるように。
の3本を理念として持っていました。

それが4年経ってどれだけやれてるかはわかりません。
やってる側としては、いっつもなんかしら問題を抱えています。
5年目もこうしてバースデーを迎えられるかはわかりません。保証なんかありませんし。
でも迎えられるよう頑張ってみたいと思います。

最近、そして今日も石丸電気から紹介されてということでお越しになられたお客様がいらっしゃいます。
クラシックだけではなく、演歌だったりカラオケだったり。
当店はなんでもとります!
なによりも紹介してくれる石丸のみんなの心に応えなくては!と思っています。

状況はとても厳しいですね。
ほんとうに路面店ってどうなるんだろう?といつもいつも思っています。
あそこの店はあぶない。。というような噂話をよく聞きます。
今日もびっくりするような大きなところの話を聞きました。
今なにがおこってもおかしくない時代です。

大きなことは言えません、とりあえず5年目を目指して頑張ります。
来店なされたお客様が皆さんハッピーな気分でお帰りになっていただけるような空間を目指します!

これからもどうぞよろしくお願い致します。

一つお知らせ。今も名古屋のアリアCDさんからお預かりしている特売品を展開していますが、御好評で約半分ちかくなくなりました。ありがとうございます。
それで、またアリアCDさんから追加で80枚くらい送ってもらえることになりました。
金曜日に到着予定です。
日本一のクラシックバイヤー松本さんのアリアCD。どんなのがくるか私も楽しみです。
こちらもよろしくお願いします。

4年、あっという間でもあるようですし、まだそんななのかとも思います。
きっとそれは5年だろうと10年だろうと同じなんでしょうね。
次の目標は7年なんです!先は長い、がんばります!
by concerto-2 | 2008-08-28 23:44 | いらっしゃいませ! | Comments(12)
メンヒさんが先週土曜日のうちわコンサートについて、ご自身のブログ(ミクシィ)で「特に」ということで声楽で出られた方の事を総合的な事を書かれた日の後で書かれてました。
それが読んだら、とても素晴らしいんです。
ちょっと感動した私は、すぐにメンヒさんご本人に連絡を取り、承認をいただいた上で
ここにコピペします。
きっと歌われた3人の方もこう書かれると嬉しいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ミニコンサートで聴いた声楽」

先週土曜日のミニコンサートに三人の声楽家が出演し歌を披露してくれた。日頃テレビやラジオで歌謡曲関係を聴く事はあっても、クラシックの声楽となると皆無。プログラムに書いてある曲名も知らないものが多くて、はたして自分は楽しめるかな?と思った。

でも、今回出演したお三方の、歌う曲への共感あふれる表情や曲の紹介がとても良い感じで会場の空気も暖かくやわらかいものになったと思う。

ソプラノの西谷純代さんはチェンバロの笠原さんの伴奏でイタリアの古典歌曲を三曲。これを三つの恋の形と紹介して、歌声とややしぶめに設定したチェンバロのと絶妙な調和を感じさせた。

テノールの高橋宣明さんは、教壇で音楽を指導したり老人施設などで慰問コンサートを続ける中で、生徒等が日本の名歌の事をまるで知らない事に驚き、その素晴らしさを知ってほしくて自分が歌うようになったという。「夏の思い出」と「椰子の実」には、そんな高橋さんの熱意と曲への敬意が感じられた。

最後に登場したソプラノの五十嵐尚子さんは、自然と心を引き付ける雰囲気のある人。簡単な自己紹介の後、伴奏の渡部さんを紹介。「自分の息子より若い」という彼をピアニストとしてきちんと尊重している姿勢には五十嵐さんの人柄を感じた。

それに西谷さんと高橋さんもそうなのだが、自己紹介と曲紹介などでかなりの情報を客席に発信しているのに、トークを「長い」と感じさせないのはさすがだと思う。

今回披露したのは大好きだという大中恩の曲。大中恩という作曲家、「さっちゃん」や「犬のおまわりさん」の作曲者だそうな、へえ!歌う時の表情が豊かで実にいい。

大きな拍手の後、テノールの高橋さんも加わって、デュエットで「見上げてごらん夜の星を」をアンコールに。伴奏の渡部さんも一体となってほんとに素敵なエンディングだった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
読んでいるとメンヒさんが歌に共感されているのがよ〜く伝わりますね。
みんながみんなの演奏に共感できた時間だったかな〜と思っています。
よかったよかった。。やってる方も嬉しいです。皆様に感謝。
by concerto-2 | 2008-08-27 19:26 | 演奏会のこと | Comments(14)

恐竜大陸 展!!

水曜日は行こうと決めてたのがありました!!
朱鷺メッセで現在行われている「恐竜大陸 展」です!!
何ヶ月も前から興味津々だったのですが、ついつい行かずにいたら。。なんと今週金曜日で終わり!
こりゃ行かずにおれんばい!!

さすがに学校も始まってる事もあってか、そんなに混んでませんでした。
e0046190_17112393.jpg
e0046190_17113925.jpg
e0046190_17115645.jpg
e0046190_17131315.jpg

大きなのばっか写真を載せましたが小さなのや、鳥に進化する過程のコーナーなどなかなか勉強になる展覧会です。
でもやっぱ実際生きているでかいワニだとか巨大魚だとかそっちの方が興奮しますね。
ただ悠久の歴史を感じさせてくれる展覧会です。
会期はあさってまでです。

会場に行くまでの2階テラスロビーには新聞にも載ってましたが、国際的なモダンアート画家、森秀雄さんの代表作「偽りの青空」連作が展示されています。
これがなかなかいいのです。
e0046190_17201086.jpg

いいのですが。。。ちょっと森巨匠の作品は幻想的リアリズムを突き詰めた作品で、、、なんというか8作品のうちほぼ半分は服着てないっていうか。。。ちょっと恐竜展ということもありお子ちゃまが多い中、お母さんはハラハラ、お父さんはワクワクってなりそうなのが心配かと。。
まぁアートです、芸術ですから!

そして今日は行きませんでしたが朱鷺メッセにある万代島美術館では現在モネ、ルノワール、マティス、ピカソなどの作品を集めた「ポーラ美術館コレクション 展」を行っています。
こちらも多くのお客様がいらしているようですね。

それはおいといて。。

その次の展覧会!!10月11日から万代島美術館で行われる展覧会
「佐藤哲三の時代 展」
これは超プッシュ!します。
私がいつもいつもお世話になっている美術館の方の現役最後の大仕事なんです。
その方の恩義にも報いるためにも秋は佐藤哲三展を強力に御勧めします。
もうちょっと先の事ですけどね。
by concerto-2 | 2008-08-27 17:28 | 展覧会のこと | Comments(0)
火曜日はFM新津さんの番組「Dr横坂のくらくらクラシック」の収録で新津にいってきました。
新津駅にある東京芸大の宮田学長さんのステンドグラスが一部壊されたと前に記事を読みましたが修復されてたようですね。よかった。
e0046190_2012714.jpg

いつものように歩いて局まで。気温は高いようですが風が強くて気持ちよかったです。

収録の方はいつもの第1週の私が担当の新譜もの。の他に私がかかわるものでは
番組初と言う「リクエストの回」もありました。
これは私は出ないのですが、リクエストを私がまとめてたのでモニタールームで聞いてました。
リクエストを御協力いただいたみなさーん!ちゃんと全員読んで、曲をかけましたよ!
パーソナリティーの野村さんの口調もいつもよりいい感じです!
なかなか楽しい回になりました。この第1回リクエスト特集は今週の土曜日の朝9時から放送です!!(再放送は翌週水曜日夜9時)

横坂先生にもなかなか好評なこともあって、できれば毎月やりたいと思います!!
そこで
ぜひ皆様からリクエストをいただきたいのです、そしてコメントも。
特にテーマは設けませんので。
局の方へメールを送っていただいても良いのですが、私が監修することになりましたので、私の方までメールを送っていただいてかまいません。
公共の電波で自分の書いた文を読んでもらいたい、思い出の1曲をぜひかけてもらいたい!
そのお望みかなえます!
なかなか集まらない場合には今回と同じく、御来店いただいた時に私の方で許可いただければ取材させていただいてもいいです。
ぜひ御協力を〜。野村さんのサインでよければもらってきます〜。
そしてぜひ番組のほうもお聞き下さい。旧新潟市内だと土曜日は苦しいかもしれません。どっちかというと水曜日の夜の方が聞こえるかもしれませんね。
「全然きこえな〜い、どんな番組なの〜?」という興味津々な方は一声かけていただけばサンプルみたいなものをお貸しできるかもしれません。
チャンネルは76.1mhz です。
先ほども書きましたが今週の土曜日朝9時からのはリクエスト第1回です。
どうかお楽しみに。

新たに扱ったチケットがたくさんあります。
明日あたりまた取扱チケットの御紹介をしますね。
さすがに秋は多いです!!

そして連絡をひとつ。
9月5日のだいしホールでおこなわれる奥村ファミリーさんのコンサートは完売になりました。本日主催のだいしホールさんから連絡があって、当店の預かり分も回収されました。さすがは奥村先生!というか奥村愛さん人気かもしれませんがすごい!
9月の分では古楽フェスティバルもそろそろ残り少なそうです、まだお買い求めで無い方はお早めに購入、か御連絡を。電話受け付け予約もしていますので当店まで御連絡を!
by concerto-2 | 2008-08-26 20:12 | テレビ・ラジオのこと | Comments(0)
月曜の休日は来月23日で閉店となる石丸電気新潟店に行ってきました。
というか実はここ2ヶ月程毎週行ってたんですけどね。

一般には発表してなかったと思うのですが、ソフト館は23日から全館セールをしてました。半額&7割り引きです。
土曜日はレジにすごい列ができてたそうです。
並ぶためのラインまで引かれてましたから。

セールをする時点で主要商品は本部に戻していて、そして半額&7割り引きセールでパニック!
ということでもう月曜日はセール3日目にしてほとんど残ってませんでした。
クラシックに関しては8割は無くなってます。いや9割なくなっているといってもいいでしょうね。がらがらの商品棚の端っこにちょぴっと。みたいな感じです。

でもお客様は入ってました〜、なんせ月曜日の午前中なのにですよ!
当店のお客様も何人かいらして、私もプチ接客とかしたりして。
レジもパニック。

でもレジをみてると、係員に声をかけて下さるお客様が多いんです。
それだけフレンドリーな感じが石丸電気のいいところなんですね。
それが今の世では諸刃のなんとかだったのかもしれませんが。

クラシック担当の後輩が「お客様を御紹介しますね(当店に)」と言ってくれました。
帰るときに1階にいるソフト館の責任者(私の同期なんです)に会ったら、演歌のお客様とかも頼む、とか言われました。
とてもあそこの全部を引き受けることは無理。でもできるだけのことはしたいと思っています。

もう商品も少ししか残っていませんが、ぜひ新潟駅前のあたりにいかれた際にはぜひ石丸電気によってみて下さい。できれば良いものがあったら買って下さい。
(あっ東堀にお越しの際はぜひ当店にもおより下さいね 笑)

あそこで頑張っていたことは私の誇りです。創業者である故、石丸前会長のお客さまを第一に考えなさい。ということはそのまま今でも基本だと思っています。
新潟市からあと一月足らずで石丸電気は無くなりますが、そのイズムを叩き込まれた何十人かの一人として頑張りたいと思っています。

火曜日はFMの収録があります。楽しい収録ができますように。。
by concerto-2 | 2008-08-25 23:49 | お友達ショップ紹介 | Comments(2)
雨まじりの日曜日、今日は午後1時半からだいしホールで行われた
「ピアノ ジョイントコンサート」
に行ってきました。

このコンサートは最近は毎年やってらっしゃるのかな?ピアノの藤井晶子先生門下の若手の方々が集まってのコンサートです。
こうした同門の方々が遠くからも集まってつくるコンサートっていいですね。
出演者は7名
畠山正成さん(東京芸高)
湊元なつみさん(桐朋女子高)
川村ちひろさん(新大)
立松美樹さん(国立音大)
工藤健介さん(東京音大)
二宮麻里子さん(東京音大)
小黒亜紀さん(東京音大卒)

皆さんさすがは大学でいつも勉強されている方々です。
最後に弾かれた小黒亜紀さんは、さすがという存在感、演奏でしたね。
今回はショパンのピアノソナタ第2番を弾かれました。
1楽章最初の緊張感、3楽章のゆっくりとしたところの音色のきれいさ。
なかなかです。

いまのところ、まだ小黒亜紀さんと言うとリストやラヴェルなど技巧的なもの、華やかなものを弾いた時の方が素晴らしいと思います。
若いのですから急に渋いものに走ったりするより、豪快さをさらに特徴としてやっていかれてもいいと思います。あのスケール感の大きさはさすがです!
いつかうちわコンサートで弾いてほしい!(とスカウト)

あとコンサートとしては淡々とした進行でした。
最後に挨拶があっても良かったかもしれませんね。
今回弾かれた皆さんの中からこれから先、多くの人を楽しませて下さる奏者さんが何人も出てこられると良いですね。

あっせっかく小黒亜紀さんのお話をしたので宣伝を一つします。
その小黒亜紀さんがチェリスト坪山翔子さんと組んでのデュオコンサートがあります。
9月14日(日)午後2時から
場所がちょっと遠方なのですが十日町にあります「千年の森ホール」というところ。
もしいけるよ〜という方いらしたら聞きに行って下さい。
素晴らしいピアニストさんです。
普通にあって話をすると、ほにゃほにゃした可愛いお嬢さんなのですが、いったんピアノに向かって弾き出すと、何物かに取り付かれたような演奏をされます。
ぜひ小黒亜紀さんに御注目を!!

そして日曜日は店に戻ってからは、火曜日にせまったFmの収録の準備に追われました。。その火曜日が終わればやっと一息つけます。。
取材に御協力いただいた皆様ありがとうございました!
by concerto-2 | 2008-08-24 23:02 | 演奏会のこと | Comments(0)