コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧

昨日は午前中に奥村愛さんが来られたと思ったら、夕方には先日の県音楽コンクールで弦楽部門最優秀賞の河本さんとピアノ部門最優秀賞の小林さんがお二人で来てくれました。
お二人は新潟中央高校の同じ2年生の仲良しさんなんです。
いろいろと楽しいお話ありがとうございました。
二人で受賞者コンサートを目指そう!と頑張られたお二人、残念ながら部門最高位まであと一歩だったので残念でしたね。
でも頑張りました!!今度はお二人でのデュオを聞かせて下さい。楽しみにしてます。

さて今回は普段飲み食いの事は意識して書かないのですが、とっても大切な友人であり、また紹介してもいいよ〜と許可ももらえたので宣伝。
私のマイ・フェイバリット・カフェである「カフェ・ド・陶」さんをご紹介します。
よく店に演奏家さんとかこられて、時間があるという時はよくお連れしたりするとこなんですよ。
だから音楽関係の方もたまに静かにいらっしゃったりする喫茶店です。

まず場所がわかりにくいかも。ほとんど隠れ家のようなとこです。
東堀前通り6の本町市場側角。1階は蕎麦屋さん。でもってその2階です。
目印はちっこい看板?
e0046190_12285751.jpg

そこの脇の階段を上がって。。。。
e0046190_1230429.jpg

えっこんな暗い階段の先に喫茶店なんかあるの?と思われそうなんですがご安心を。
e0046190_12314696.jpg

扉がありますので、入って下さい。
するとちゃんと喫茶店なのです。
e0046190_12324786.jpg

ここのお勧めは飲み物で言えばコーヒーより紅茶。そしてなんといってもスイーツ!
日によって違いますから。
昨日の私のお勧めはこれ!!
e0046190_12354192.jpg

パンナコッタです。隠し味のリキュールがきいていて大人の味。うまい!

どちらかというと大人の女性が静かにケーキや紅茶をいただいている。そんなシックな隠れ家です。
あまりおじさん一人でいる人は見かけません。。。(友人で良かったぁ〜)
切り盛りしているオーナーは野口智恵子さん。私のちょっと妹分みたいな感じです。
なんか女性演奏家さんを連れて行くと「オーナーさんかっこいいぃぃぃ〜」とやたら評判がいいみたい。
理想の喫茶店オーナーみたいに見えるらしいです。
なかなかキリリ!とした姐御です。
初めての時はちょっと怖く見えるかも、そんな時は私から紹介されたと言うとにこやかになるかも。(というか、すごく朗らかで明るい人です)
実は野口さんはクラシックギターをやられてて、うちのミニコンにも第1回の時に演奏された事もあるんですよ。

アルコール関係は出さないので学生さんでもOK、そして禁煙。
すごくきれいでいい所です。街中のオアシススポットとでもいうかな。
特に女性の方にはお勧めのカフェです。

定休日は日曜と月曜。午後1時から午後7時まで。土曜日は午後6時まで。
あと野口さんが旅に出る時はお休み。でもこの前パリにいってきたばかりだから当分は行けないな〜ともうしておりました。
ランチとかはありません。

そうそう私の一押しは!1日限定3個の「ごまプリン」!!
すごい美味しいです。前にFMPORTの高橋カナ子さんをお連れした時、ごまプリン食べたとたんに椅子から跳ねてました(ほんとに、隣でびっくりしました!)
なんか番組でも紹介してくれてたそうですね。カナちゃん先生ありがとうございました。
1日3個だから、あれば超ラッキー!です。一日いいことありますよ!

今の隠れ家のような状態も常連としては好きなのですが、やはりもっとお客様にもきてほしいので、もしよかったらカフェ・ド・陶に一度立ち寄ってみて下さい。
よろしくお願いします。
by concerto-2 | 2008-07-31 12:57 | お友達ショップ紹介 | Comments(0)
今日の午前中、ご来店されたお客様を見て「あっ、お帰りなさい」
チェリストの奥村景さんでした。
景さんはいつも新潟に戻って来られると、立ち寄ってくれるんです。
なかなかのCDおたく、、いやマニアックな方なんですよ。

そうしてたら、お父様の奥村先生がお見えになり、、それで奥村愛さんもお嬢様の手を引いてお越しになられました。景さんは奥村愛さんの弟さんなんです。
当店で待ち合わせをして下さったようなんですね。ありがとうございます。
私は奥村愛さんとは初対面でした、少し話も出来ました。
でもそれ以上にわざわざ自宅からとんできたFMPORTのTディレクターは感動の嵐だったようです。これからの番組作りにいかせるといいですね、Tさん。

景さんは今月末にはN響のエキストラで参加されるそうです。
景さんも愛さんもほんと頑張って欲しいですね!

では宣伝。
この奥村さんご一家を中心としたアンサンブルのコンサートが9月5日にだいしホールであります!!
当店ではチケット扱っています。さすがに売れ行きが早いです。お早めにどうぞ。
e0046190_13454041.jpg

ちなみに右側に見えるのは奥村和雄先生門下のアンサンブル発表会のチラシです。
8月3日 音楽文化会館で午後2時からです。入場無料です。ぜひいらして下さいね。

あと今日の入荷からお勧めものがあるんです!
それはクリストファーズ&シックスティーンの新譜、ヘンデルの「メサイア」です!
e0046190_13571294.jpg

本日入荷して来ました。
シックスティーンのメサイア、、、もうよさそうな香りがプンプンしてきますよね。
おまけに参加している歌手の中に私の大好きなキャロリン・サンプソンが加わっている〜。
これは甘くとろけるような演奏なのではないのでしょうか。大注目の逸品です。

あと情報を一つ。
あまり話題にはなっていませんが、この秋にピアニスト館野泉さんのコンサートがありますね。
11月16日(日曜)午後2時開演 りゅーとぴあコンサートホール。
全席指定で2000円です。お得ですね〜。チケットの発売は8月30日からだそうです。
by concerto-2 | 2008-07-30 14:01 | いらっしゃいませ! | Comments(2)
タイトルですが3つのことを無理矢理くっつけてますんで(笑)

まず!当代一の人気ヴァイオリニスト!
レイチェル・ポッジャーのモーツアルト・ソナタシリーズ、最新作のvol.6が入荷しました!!
e0046190_1325127.jpg

今回の収録曲は32番K376、12番K27、24番K296、33番K377 となかなかの美味しき所です。
今かけてますが、いつ聞いてもポッジャーのヴァイオリンは明るいですね〜ヘンデルやってくれないかな〜。
好評絶賛発売中です!!よろしくお願いします。

次に
既に情報としてわかっていたことなんですが、りゅーとぴあさんの許可を貰ってからの方がいいかな。と思って書かなかったことです。
9月20日のウイーンフィル新潟公演ですが、予想通り「立ち見席」での販売も行われます!
2回と3回のサイド側の席の最後方のところになります

受付は
8月16日(土曜日) 午前11時から チケット専用ダイアル025−224−5521での電話受付のみ。(会員・一般同時発売)
価格は9000円!!!(うーん5000円という予想は甘太郎だった!)

ちなみに
一回の電話で2枚まで。
場所指定は不可。
椅子持ち込みは不可。
床座り込みも不可。
とのこと。

やっぱちゃんとした席がいいなぁ〜という方は急いでS席をゲットしましょう。もうちょっとあるらしいですから。

最後に今日のりゅーとぴあ巡りで「えー!!」と思わず声が出てしまったんです。
初めて出たチラシに。
「ヘレン・メリル ラストコンサート」

えっ!まだヘレン・メリルって歌ってらっしゃったの?
(えっ、まだご存命だったの?。。。。という方もいらっしゃることでしょうね)

ヘレン・メリルとはジャズのヴォーカリストさんです。
かっては「ニューヨークのため息」とまでいわれて、超!人気大歌手。
私もCD持ってます。あの天折の名トランぺッター、クリフォード・ブラウンと組んだ例のやつを!
いやいや驚きです。見たら御年79歳。
今回は一緒に名テナーサックス奏者のスコット・ハミルトンandテッド・ローゼンタール・トリオという組み合わせです。
いや〜驚き。

このコンサートは9月16日(火曜日) 午後7時開演
全席指定 一般6000円 高校生以下 3000円
んでもって場所ですが。。。。。まぁ新潟県内ですが。。。糸魚川市民会館です!!
ちっと遠いな〜でも熱烈なファンもいらっしゃることでしょう。
でもこの前のバッハコレギウムもそうですし、糸魚川市民会館さん、なかなかやりますね〜。
思わず口をついて出て来ます
「ゆっびぃ〜そ〜な〜いす、つぅかむほ〜む、とぅ〜」
(you d be so nice to come home to)
↑超名曲です。
by concerto-2 | 2008-07-29 13:55 | CDの紹介 | Comments(0)
昨夜3つにわけたレポートで書きました新潟県音楽コンクール。
朝刊に結果が載ってましたね。

まず大賞はやはり!ソプラノの原璃菜子さん。
まぁ今回はダントツでしたね。

あと当店ファミリーのヴァイオリンの河本さん、やったぁ!最優秀賞ゲットです!
おめでとうございました!

同じくヴァイオリンの大賞候補に考えていた木野さんは優秀賞でした。
ちょっと今回あまりにも落ち着き過ぎていたかもしれませんね。きっといつかは大賞とれる人です!

私の予想も半分くらいはあたっていたかな?
しかしそれにしても今回は、というか前にも思ってたことですが。どうも納得しがたいこともありました。でもそれは心の中にとどめておきます。

それでは今回の受賞者さんです

大賞 ソプラノ 原璃菜子さん(国立音大4年)

県知事賞 ピアノ 山崎慶子さん(燕・吉田南小6年)
県知事賞 ヴァイオリン 近藤ほなみさん(新潟・関屋小1年)

最優秀賞 ヴァイオリン 河本彩さん(新潟・中央高校2年)
最優秀賞 クラリネット 宮尾寛子さん(昭和音大2年)
最優秀賞 ピアノ 小林浩子さん(新潟・中央高校2年)

優秀賞 ピアノ 鈴木麻生さん(新潟・小針小2年)
優秀賞 ピアノ 丸山友紗理さん(弥彦・弥彦小3年)
優秀賞 ピアノ 中濱保菜美さん(新潟・江南小5年)
優秀賞 ピアノ 末武英恵さん(長岡・南中1年)
優秀賞 ピアノ連弾 阿部沙衣子さん(燕・燕中等教育学校1年)&川上実李さん(弥彦・弥彦中1年)
優秀賞 ピアノ 稲田夏帆さん(燕・燕中等教育学校4年)
優秀賞 ピアノ 二宮麻里子さん(東京音大3年)
優秀賞 ヴァイオリン 木野裕り乃さん(長岡・新大付属長岡中2年)
優秀賞 ソプラノ 松村綾菜さん(新潟・中央高校3年)
優秀賞 ソプラノ 鎮西幸恵さん(新潟・中央高校3年)
優秀賞 ソプラノ 滝田繁美さん(上越市)
優秀賞 フルート 栗岡美央さん(上越・高田北城高3年)
優秀賞 サックス 川村杏枝さん(東京都)

奨励賞 フルート 渡辺梨乃さん(新潟・高志高3年)

受賞者の皆様おめでとうございます。
残念ながら選に入らなかった皆様、またチャレンジを!!
皆様お疲れ様でした!!

なお、今回のピアノ、弦楽、管楽、声楽の最高位受賞者さんによる受賞者コンサートは11月8日(土)にだいしホールで行われます!
お楽しみに。
by concerto-2 | 2008-07-28 23:28 | 演奏会のこと | Comments(4)
さあいよいよ今年の音楽コンクールも最後の第3部!!
あっ携帯でこれ御覧になられると、この第3部の記事が出てるんですよね。
一応最初の第1部から、第2部へと3つにわけて書いています。
前の記事はカテゴリーで「演奏会のこと」を選ぶと出ると思いますので。

そんでもって個人的な感想でかき進めています!
結果は見ずに帰ってきたので今現在誰が受賞したかわかりません!
まったく個人的な感想と言うことで御容赦下さい。
もちろん予選をくぐり抜けての本選ですから、残った人全員が素晴らしいのは言うまでもありません。

第3部はピアノの連弾、独奏高校生、一般の部です。
まずはここ最近の本選では珍しい連弾。
1組、中学生のコンビです。
でもこの中学生のコンビはただ者ではありません。
燕・燕中等教育学校1年の阿部沙衣子さんと弥彦・弥彦中1年の川上実李さん。
お二人とも既に県コン本選には出られてますし、阿部さんは一昨年の県知事賞受賞者です。
若いけど、とても上手い二人による連弾でした。曲はドヴォルザークの「騒がしい時」。
すごくよかったですよ!

そして独奏高校生の部。
ここから先はプロをも目指そうか!という方々の登場となります。
雰囲気もちょっとピリピリしたものになりますね。
もう全員うまいです!!
私ごときがどうのこうのいうレベルではありませんよ。

そんな中、ピックアップするのは燕・燕中等教育学校4年の稲田夏帆さん。
フォーレのヴァルス・カプリスをとても素敵に弾かれました。
とふと思ったのですが、今までわりとピアノの後半の部ではプロコフィエフやショスタコーヴィチとかスクリャービンなどのロシアものが多かったと思ったのですが、今回は全くありませんでした。
その分多かったのがドイツ・ウイーンもの。やはりコンクールでの流行?ってあるんでしょうかね。
そんな中、フランスもののフォーレはとてもいい感じに響きました。

最後はピアノ独奏一般の部。
ベートーベンの熱情を弾かれた新大2年の本間さん。
ブラームスの8つの小品からを弾かれた東京音大の二宮さん。
ドビュッシーの前奏曲を弾かれた新大1年の金川さん。
メンデルスゾーンの厳格なる変奏曲を弾かれた東京音大の玉木さん。
の4名。
この中では。。。僅差で東京音大の玉木さんかな。。ってまったく私の個人的感想です。

本選終了後はフランス在住のピアニスト成嶋志保さんのゲスト演奏が行われてます。
そして結果発表と。

さてさて実際の結果はどうだったのか。朝刊を待つことにしましょう。
以上今年の新潟県音楽コンクール・リポートでした!
by concerto-2 | 2008-07-28 01:41 | 演奏会のこと | Comments(2)
1部が終わって30分の休憩。
バッグより取り出したるサンドイッチをがばっと食べて、知り合いのピアノの先生からいただいたお茶を(あっT先生ありがとうございました)ずずっと飲んで、いざ第2部へ!!
第1部にも書きましたが、結果を私は知らないので書いたことと受賞者が違っていても勘弁して下さい!素人の感想ですから!!

さて第2部は弦楽、声楽、管楽の審査。まぁ分かりやすく言うと「ピアノ以外」
ですね。
でも私はこの第2部から大賞がでたのでは!!ないのかなーーー。。。。と思っているのですが。。うー明日新聞を見るのが不安。。。
もしピアノ部門から大賞が出てたら受賞者さんごめんなさい。
再度書きますが、みーーんな素晴らしい方ばかりでしたから!!

でもって第2部最初は弦楽部門。
弦楽の本選出場は4名。全員ヴァイオリン。弦楽参加者さんがもっと増えるといいですね〜。
ここではまず私が勝手に大賞候補の一人と思っている長岡・新大付属中2年の木野裕り乃さん。一昨年には優秀賞をとられています。
今後必ずもっともっと有名になって行く奏者さんです。間違いありません!!
今回の曲はラロのスペイン交響曲の1楽章。弾いている姿には余裕さえ感じられました。おそらく入賞していることは間違いないと思うのですがどうだったかな?

そして全出場者の中で個人的には一番応援していたのが新潟・中央高校2年の河本彩さん!!当店のうちわリレーコンサートにも何度も出ていただいていることもあって、勝手にコンチェルト・ファミリー期待の星!!と思っているんです。(ほんとに勝手に思ってるだけ、あっご本人に迷惑かも。)
今回はラヴェルのツィガーヌ。いい演奏だったと思う!入賞は確実だったと思う!
あ〜どうだったのかな〜。朝刊が待ち遠しい。
河本さんは昨年と5年前と2度優秀賞に輝いています。となるとその上をとってほしい!!朝刊が待ち遠しい。。。

第2部次は声楽部門。
まずはジュニア部門。高校生までです。
ここでのピックアップは新潟・中央高校2年の鎮西幸恵さん。
この方、予選でも聞いてて「あっこの人、本選に残るといいな〜」と思ってた方なんです。ヴィヴァルディの「私はジャスミンの花」をとても感動的に歌ってらっしゃいました。

そして声楽一般の部。
ここは上手い人が多かったです。
でもやはりというか、私も今回の大賞候補のひとりと思ってた国立音大4年の原璃菜子さん。
ちょっと格が違う感じがしました。ちょっと声が荒れてる?かなとも思いましたが(気のせいかも)堂々とされててました。素晴らしかったです。
やはり声楽の方にはコンクールと言えども、あまりおずおずとしているのではなく、一つの舞台だという感じでやってほしいのです。
昨年大賞の今井あいさんはまさにその通りでしたよね。
原さんもきっとなにがしらの賞、しかもけっこう高い賞をいただいたのではないでしょうか。

第2部最後は管楽部門。
今回の本選出場者さんはフルート2名、クラリネット1名、サックス1名の4名。
フルートさんもよかったし、クラリネットさんもよかった、クラリネットさんは曲がよかったですね。
バッシ作曲「歌劇リゴレットの旋律による演奏会用幻想曲」。Daaさんこれって有名な曲です?
そのクラリネットさんもすごく良かったのですが、そして一番うっとりしたのはサックスの東京都在住の川村杏枝さん。
りゅーとぴあのホールにサックスの音色が合うんですよ!演奏も良いと思いましたが、とにかくサックスの音色にしびれました。消化がよくなるような音色でした。

コンクールと関係ないのですが、りゅーとぴあのホールって木管とか金管のソロって実に良い響きがしますよね。
春の新人演奏会の時もオーボエソロさんの音色がホールに響いてうっとりしたことがありました。今回もサックスの音は素晴らしかったです。

ということでここまでで6時間経過。そろそろ聞く方も辛くなってくる頃。
休憩15分をとってから第3部へ突入でした!
続く!
by concerto-2 | 2008-07-28 00:23 | 演奏会のこと | Comments(2)
日曜日は2008年、新潟県音楽コンクールの日!!
朝10時過ぎから本選終了の5時半まで、ずっとりゅーとぴあさんにいました。
さすがに7時間近くで48人を聞くとなると疲れます。
正直意識が無くなりそうな時もしばしば。。。
審査員さんはすごい!

いつものように私は本選終了の時点で会場を後にしています。
ほんとのほんとに結果を知りません!その上で感想を書きます。
その胸御承知置きを!どうせ素人の感想と思って下さいね。
私がピックアップしてない方が受賞されているかもしれません。ごめんなさい!!
(と、長い詫びを最初に。。。)
もちろん本選ですから私がピックアップしなくてもみんな!全員!素晴らしいんですよ。今回の平均レベルは高い!と思ってます。

では!
最初はピアノ部門独奏小学生1・2年生の部。
ここで私のピックアップは燕市吉田小2年生の佐藤海月さん。バルトークのタンバリンが印象的でした。いい曲ですね。

次はピアノ独奏小学生3・4年生の部。
ここでのピックアップは佐渡、金井小4年生の本間帆風さんと弥彦、弥彦小3年生の丸山友紗理さん。
本間さんをコンクールで見るのは2度目、今回はモーツアルトのK545の1、3楽章。とても心地良い音でした。それと弾く前と弾いた後の笑顔が最高です!このまま大きくなってほしいものです。
弥彦の丸山さんですが弥彦と言うと良い先生がいらっしゃってコンクールにも多くの方が出てこられますね。まだ小3の丸山さんの弾いたのはリュバルスキーとシチェドリン!とても丁寧に弾かれてたと思います。

次はピアノ独奏小学生5・6年生の部。
このあたりになるとぐっと皆さんレベルが上がります。小さい子がかわいく弾いて〜なんて段階ではないですね。
なかなか激選区のここからのピックアップは弥彦・弥彦小6年の三宅月海さん。
演目は中田喜直作曲「変奏的練習曲」。
パワフルではないのですがじっくりと変奏を弾かれてました。
あと同じシャブリエの「スケルツォ・ワルツ」を弾かれた野口さんと鈴木さんもタイプが違っていて楽しかったです。

第1部最後はピアノ独奏中学生の部。
実はこの部がすごく楽しみだったのです!
というのは過去に県コンに出られて、その時に受賞はしなかったものの私的にすごく良い!!と印象に残っていた人が二人残ってたんです。
一昨年に小学生の部に出られてた長岡・南中1年の末武英恵さん。
そして昨年出られてた新潟・小新中3年の味岡保江さん。
たしか末武さんは小学生のときにスケールの大きなメンデルスゾーンを弾かれてて「おぉ!」と思いました。今回のショパンの華麗なる変奏曲もよかったですよ。
味岡さんの前回はたしかベートーヴェンの悲愴だったと思いました。とってもユニークな悲愴で強く印象に残ってました。
今回はハチャトリアンのピアノソナタ第1楽章。味岡さんはリズム感がとてもいい方なんだと思います。そういう意味ではぴったりの選曲で演奏も良かったです。

あとこの部最後に弾かれた村山さんは後半ぐんぐんよくなりましたね。なんかの賞を受賞しているとは思います。

とここまでで2時間経過。若い人は気持ち良さそうに弾きますね。
とりあえずvol.1はここまで。第2部は弦楽、声楽、管楽です!!
by concerto-2 | 2008-07-27 23:36 | Comments(0)

土曜日徒然。

土曜日はいきたいものが4つも重なった一日でした。
まずは午後のスタジオAでの「岩永善信 公開レッスンin新潟」
そして同時刻スタートの「干場かなえinローサ公開録音」
夕方からスタートのNoism
夜からのモーツアルト観賞会

残念ながらNoismさんは今回行けない。。ようです。残念。

まずはなんといっても岩永さんの公開レッスン!
午後2時から始まってよる8時半頃までつづく長丁場の公開レッスン。
受講者の持ち時間は50分。
とても全部聞けるわけではないのですが、なんと開始一人目の受講者がcheeseさんだったのです。これはどうしても聞かねば!
もうメンヒさんやいうらさんなどの皆様もcheeseさんのプレイは聞かねば!と早々に集まってこられてました。
ピアノがメインで、ギターはサブのcheeseさんでしたが、今回テーマにされた曲、バッハの無伴奏ヴァイオリンパルティータ1番BWV1002よりサラバンドとドゥーブル。
すっっごく緊張されてたようですが、岩永さんの絶妙のリードと指摘説明で見違えるように(聞き違えるように?)ぐんぐん良くなって行きました。
ちーぱっぱ様もおっしゃられてましたが、岩永さんに直接教えてもらうのは受講料分はあるよ、むしろ安いくらい!というのももっともだなと思いました。
cheeseさんが終わったとこで私は退出。。。ちーぱっぱ様、sakana様、わたべさんごめんなさい。

ローサに急いで行ったら公開収録は終わっていましたが、干場かなえさんがCDを買われた方にサイン会をしてました。
かわいかったですよ。
干場さんのしゃべりは天才的だと思ってます!これからきっと有名になりますよ!
干場かなえさんの番組はFMPORTの月曜夜8時からの「ミュージックコンボイ」です。

そして夜は午後6時半から関屋公民館で毎月1回行われている、モーツアルト観賞会さんの会に参加してきました。
モーツアルトの全作品を作品番号順に全部聞いて行こうと言うこの観賞会さん。
今回とりあげられたのは歌劇「ドン・ジョバンニ」K527。
講師の福耳先生による解説付きでの魅惑の2時間半でした。
久々にピアニスト栄長敬子さんにも会えたし、よかったよかった。

明日の日曜日はいよいよ新潟県音楽コンクール!!
今頃、出場される方々は緊張のことでしょう。皆さん実力を思う存分発揮して下さい!

友人が今、夏風邪で苦しんでいます。こんな暑い時期だからこそ気をつけないといけませんね。
by concerto-2 | 2008-07-26 23:39 | 演奏会のこと | Comments(4)
久々に強い雨の一日です。
でも涼しくなっていいのかもしれません。

今日は東北電力グリーンプラザで今日からはじまった
「あさひやま動物園ー今津秀邦写真展」
を見て来ました。
e0046190_18371986.jpg

テレビなどマスコミにも取り上げられる、今や日本一の動物園!
旭山動物園に私も行ってみたいですね。
e0046190_18393888.jpg

行動展示で生き生きとした動物たちの姿がとても微笑ましいものでした。
ほぼ実物大というシロクマの写真があって記念撮影出来るようにもなってました。
この写真展は8月16日までです。

グリーンプラザ内にはこんな告知もありましたよ。
e0046190_184392.jpg

8月23日(土曜日) 午前11時から〜と午後2時から〜
「夏休みふれあいワクワク 親子コンサート」
やさしいクラシック&ポピュラーコンサート
出演者はリコーダー大作綾さん、リコーダー他が白澤亨さん、ヴァイオリンが太田玲奈さん、チェンバロが井山靖子さん。の4人。
ただ、これは誰でもが聞けるのではなく、小さなお子さんと親御さんという親子のためのコンサートです。
日頃、演奏会では肩身の狭い思いをされてるかもしれないお母さんたちにも気兼ねなく参加して頂こうと言うコンサートです。
ぜひそういうお母さんはお子様と一緒に聞きにきて頂きたいですね。
きっとマルチン大作がどっと会場を湧かせるギャグでもイッパツかましますから(笑)
なんかリコーダー持ってくれば全員で合奏するようなこともするらしいですよ。

さて。。。実はこの親子限定のイベント、担当者さんから私も来ていいですよ。。といわれてたような。。リコーダーもっていこうかな。。
by concerto-2 | 2008-07-25 19:13 | 展覧会のこと | Comments(2)
昨日、東堀が双方向解禁になってから急に車の交通量が増えました。
活性化になるといいのですが。。。まずはとにかく、警察の皆さんお疲れさまです。

久々に取り扱いチケットの御案内をします!
前回のお知らせから新たに加わったのは5つ
「関口智子リサイタル」「アンサンブル奏音」「あんさんぶる響」「ルネッサンス合唱」「田中弦楽」です。
だいしライフアップコンサートのチケットも今後扱います。
既にお問い合わせもあった12月のラドゥロヴィッチ&カーンも扱いますから。(でもまだ発売してませんので)


● 現在取り扱っている演奏会のチケット

7月26日(土曜日)午後2時〜7時 りゅーとぴあスタジオA
「岩永善信 公開レッスンin新潟 5th」
聴講料 2000円

6月半ばにだいしホールで素晴らしい演奏会を行われた10弦ギタリスト岩永善信さん。
その岩永さんを迎えてのギター公開レッスンです。
今回はピアノの公開レッスンもされるそうです。
受講される方にどのようなレッスンをして、どう音楽が変わっていくか、そのプロセスを聞ける面白さがあると思います。
岩永さんの人となりもわかる機会になると思います。

7月27日(日曜日)午前10時半から りゅーとぴあコンサートホール
「第43会 新潟県音楽コンクール本選会」
入場料 1500円(当日300円増)

毎年ドラマが生まれる!県コンクール本選会、私は最初から最前列中央でじっと見てます!
緊張感漂いますね。
今年も知っている方々が何人も受けるのです、無事予選を通過する事を祈っています。
これから新潟音楽界を支えていくかもしれない若手の方々の演奏、ぜひ聞いてみませんか。
今回ゲスト演奏はピアニスト成嶋志保さんです。


8月4日(月曜日) 午後6時半開演 りゅーとぴあコンサートホール
「東京大学 音楽部管弦楽団」
入場料 1000円

チケット届きました!!ぜひお願いします。
東大オケさんは聴く所によると日本でも屈指の大学オケなのだそうです。
さすがは日本最高学府。
今回のプログラムはチャイコの「ロメオ&ジュリエット」、リスト「レ・プレリュード」「メンデルスゾーン「スコットランド」
という誰が聴いても楽しめるようなプログラムですね。
とにかくせっかく来てくれるのでぜひいっぱいのお客様でお迎えしたいものです。
今回の公演には新潟高校さん卒業の方もお二人団員として入ってるとのこと。
指揮は大御所、三石精一氏。
月曜日ではありますがぜひ聴きに行きましょう!


8月9日(土曜日) 午後3時開演 だいしホール
「稲庭達 ヴァイオリン名曲紀行vol、2」
入場料 3000円(当日3500円)

昨年もだいしホールで演奏会を行い大好評だった稲庭さん。
新潟市の御出身で東京芸大を卒業後、名古屋フィル、大坂フィル、大坂センチュリー管などでコンサートマスターを歴任後、ソロで大活躍されていらっしゃる方です。
今年もヴァイオリン名曲紀行と題し、名曲の数々を演奏されます。
なかなかヴァラエティにとんだ良いプログラムですね。
個人的には大好きなブラームスの3番ソナタが入っているのが見逃せません!
昨年は聞きにいけなかったので、ぜひ今年は私も聞きに行きたいと思っています。
ヴァイオリン好きの方にはぜひお勧め!の演奏会です。

NEW
8月10日(日) 午後7時開演 だいしホール
「関口智子 ヴァイオリン・リサイタル」
入場料 3500円。駄菓子付き(当日は3800円)

新潟のご出身で現在はロンドンを中心にヨーロッパで活躍中の関口さん。
何度もだいしホールでリサイタルもされているので、お聞きになられた方も多い事でしょう。
今回はヴィヴァルディやレスピーギのヴァイオリンソナタ、ガーシュイン作曲ハイフェッツ編曲のナンバーなど多彩なプログラムです。
楽しみにしましょう。。。駄菓子付きっというのもユニークですね〜


NEW
9月5日(金曜日) 午後7時開演 だいしホール
「アンサンブル奏音(かのん)〜時の流れを紡いで〜」
入場料 2000円

だいしライフアップコンサートのコンサートシリーズです。やっと当店もチケット扱える事になりました。
このアンサンブル奏音(かのん)さん。メンバーは
奥村愛さん、白井元さん(ヴァイオリン)、奥村和雄さん(ヴィオラ)、奥村景さん(チェロ)、相馬上子さん(ピアノ)
によるアンサンブルです。
プログラムはモーツアルトの弦楽四重奏曲第2番
ボロディンの弦楽四重奏曲第2番
ドヴォルザークのピアノ五重奏曲イ長調
おそらく満員になるのではないかなと思われる、このコンサート。チケットは当店では明日25日から発売です。


9月6日(土曜日) 第1部午後1時〜3時半 第2部午後4時20分〜6時45分 りゅーとぴあスタジオA
「第4回 新潟古楽フェスティバル」
入場料 第1部、2部 各1500円(当日は各2000円)

大人気、超満員!昨年も数日前にはチケット完売になってしまった新潟古楽フェスティバル!
今年も楽しいプログラムになっています
第1部は「フォリアの饗宴」「クラヴィコード徹底解剖」「ブランデンブルク協奏曲第6番」
第2部は「現代に生まれかわったバロック音楽」「ルネサンスの宝石箱」
新潟古楽界の総力を挙げたこのフェスティバル!!
ぜひお早めにご購入のほど!よろしくお願いします。


9月7日(日曜日)午後2時開演 カトリック花園教会
「山崎陽子門下オルガンコンサート vol.2〜バッハを巡る作曲家たち」
入場料 1000円(当日 1200円)

古楽フェスティバルの翌日は花園カトリック教会でオルガンコンサートです!!
演奏は渡辺まゆみさん(オルガン)と大作綾さん(オルガン&リコーダー)
演目はバッハ、メンデルスゾーン、リスト、シューマン 他
となっています。
このコンサートは同じ内容で長岡公演もあります
9月21日(日曜日) 午後2時開演 カトリック長岡表町教会
入場料 1000円(当日1200円)
長岡公演のチケットも扱っております。マルチン大作頑張っております!よろしくお願い致します。


9月8日(月曜日) 午後7時開演 新潟市音楽文化会館
「国立音楽大学コンサートシリーズ モーツアルトの美意識を探る 第3回 あなたは長調、それとも短調?」
入場料 2000円 高校生以下1000円

なんといってもこのメンバー!!
ヴァイオリン:大関博明さん(国立音大教授、SAWA QUARTET、元バンベルク響)
ヴィオラ:松井直之さん(読売交響楽団)
コントラバス:志賀信雄さん(国立音大教授、もとN響フォアシュピーラー)
オーボエ:杉浦直基さん(国立音大教授、元東京交響楽団首席)
ファゴット:坪井隆明さん(国立音大教授、新日本フィル副主席)
ソプラノ:澤畑恵美さん(国立音大准教授、二期会会員)
バリトン:山下浩司さん(国立音大専任講師、二期会会員)
ピアノ:久元祐子さん(国立音大講師)
ヴァイオリン:松岡聡子さん(アドヴァンスト・コース)
チェロ:阪田宏彰さん(YAMATO弦楽四重奏団)
フルート:立川和男さん(国立音大准教授、元日本フィル首席)
クラリネット:大和田智彦さん(国立音大講師)
ホルン:大野良雄さん(国立音大教授、元N響)
ソプラノ:品田昭子さん(二期会会員)

そしてお話が磯山雅さん(国立音大教授)
という総勢15人の方々が来られ演奏されるモーツアルト・プログラムです。
それで2000円だったらお得ではないのでしょうか?
ふつうの月曜日ではありますが、充分お勧め!!の演奏会です。


9月10日(水曜日) 午後7時開演 りゅーとぴあコンサートホール
「TOKI弦楽アンサンブル2008in NIIGATA」
入場料 3000円 大学生以下 1500円

今年で5回目と言うTOKI弦楽アンサンブルさん。
今回も強力なメンバーでやってこられます
演目はシューベルトの「ます」とドヴォルザークの弦楽5重奏曲第2番です。
私はこのメンバーの中でヴィオラの小熊さんってすごい!と思ってます。
同じヴィオラの鈴木さんも凄い!
このお二人のヴィオラは一聴の価値有りでしょう。
もちろん他のメンバーも。
場所が音文からりゅーとぴあさんになりましたが、また満員になるといいですね!

NEW
9月14日(日曜日) 午後2時開演 だいしホール
「ルネッサンス合唱音楽の楽しみ」
入場料 1000円 学生500円

個人的にものすごく楽しみなコンサートです。
こういうコンサートを待っていた!のです。
合唱はコール・フロイデさん、今回のは創立15周年記念の演奏会なのだそうです。
指揮は久住和麿さん、チェンバロは吉村陽子さん、チェロは渡辺靖子さん。
演目の作曲者はジョスカン・デ・プレ、オルランド・ディ・ラッソ、トーマス・モーリー、ジョン・ダウランド 他となっています。うわぁパレストリーナやデュファイやビクトリアもやらないかなぁ〜とついついリクエストしたくなる顔ぶれ。

こういう一般的にはほとんど知名度がないルネッサンス作曲家さんをとりあげるコンサート。ぜひ多くの人に入って欲しいものです!でも実際どのくらいお越しになられるのだろう?と興味もあります。多くのお客様に聴いて欲しいですね。


NEW
9月21日(日曜日) 午後2時開演 だいしホール
「あんさんぶる響 第3回演奏会」
入場料 2000円(当日2500円)

あんさんぶる響さんのメンバーは
ヴァイオリンの星里恵子先生、ソプラノの石本陽子先生、ヴィオラの林先生、ピアノの水戸先生という新潟では奏者としても指導者としてもご高名でいらっしゃる方々のアンサンブルです。
プログラムは
ブラームスのヴァイオリンソナタ1番、ヴィオラソナタ1番、シューマンのピアノソナタ2番、シューベルトの音楽に寄す。
そしてメインはブルッフのヴァイオリン、ヴィオラとピアノによる8つの小品。おぉ!これの生って初めて聴きます。ブルッフの秘めたる名曲の一つですね。これは楽しみです。


NEW
10月18日(土曜日) 午後6時開演 だいしホール
「田中弦楽アンサンブル 第14回演奏会」
入場料 1000円

毎年、秋に行われる田中弦楽さんの演奏会、今年のプログラムは面白いですよ。
ハイドンの弦楽四重奏曲第79番「ラルゴ」
モーツアルト:「魔笛」より抜粋フルート四重奏曲編曲版
ブラームス:弦楽六重奏曲第1番

今回のメンバーは田中御夫妻、ヴァイオリンの松村牧子さん、チェロの瀬高さん、津久井さんのいつもの田中弦楽の方々にヴィオラの原さん、そしてフルートに巨匠!榎本正一師匠が参加されます。師匠頑張って下さい!!

とここまでが現在、当店が扱っているチケットです。

●お客様よりキャンセル分の転売を依頼されているチケット

現在ございません。
by concerto-2 | 2008-07-24 18:31 | 取扱チケットの御案内 | Comments(2)