コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 10月 ( 39 )   > この月の画像一覧

あれやこれや。

昨日の日曜日、FM新津で一緒にやっている野村さんが次の収録の打ち合わせに来てくれました。
ちょうどその時、よく番組を聴いてくださっている新津のお客様もいらっしゃったので、野村さんを紹介しました。
そのお客様「い、いやぁきれいな人ですね」と。
なんかわが娘を褒められたようで、とてもうれしかったですね。新津でホルンを吹かれているK様ありがとうございました。
私も野村さんはFM新津のホームページの写真よりはるかに本物の方がきれいだと思っています。
実は明日の火曜日が来月分の収録日なんです。頑張るぞ!

さてそのFM新津での番組「Dr横坂のくらくらクラシック」。
メインはなんといっても横坂先生!私も間近でお話ができるのでたいへん貴重でありがたいと思っています。
その横坂先生のご子息はご存知の方も多いと思いますが、今や若手演奏者としては日本トップクラスのチェリスト。横坂源さん!!
その源さんに関して、いろいろな露出があるので宣伝しますね。
私も「チーム横坂」の一員としてがんばらねば(と気分は医龍)

まず、紀尾井ホールでのリサイタル(9月18日)の一部が 『Mostly Classic 』12月号(すでに発売)のDVDに収録されましたそうです。これは見てみないと!
11月3日午前11:00からは、NSTで15分のドキュメンタリーが放映され、
11月17日夜19:20からのNHK・FM「名曲リサイタル」にも出演されるそうです。
頑張っていますね。
以前CDを出しませんかという話もあったそうですが、まだその時期と言うことでないということで断ったと言う源さん。
いつかその日が来て、CDが出た暁には大プッシュします!
弦の都市、新潟市からの期待の星の一人です!ぜひ頑張って欲しいですね。
11月3日のNST、11月17日のNHKFMよろしくお願いします!

横坂先生明日の収録もよろしくお願いします!!

話し変わって。。
りゅーとぴあのアナスタシアと話してたら、彼女お得意の食べ物の話へ(その道の権威なのです)
今、大和百貨店で金沢物産展やってますよね。あっ!たしかこの火曜日までだ!!
そこで「メープルハウス」という金沢のお店が出店してて、そこの「サクサクメープルシュー」というシュークリームがすっげぇ!美味しいのだそうです。
アナちゃんいわく「あたしの生涯でのシュークリームナンバー1!!」だそうですね。
以前食べたときにあまりに美味しかったので、そこの社長にメール送ったほど感動したのだそうです。
ふむふむ。。。。。そこまでのものか。。。
ということで。
e0046190_012555.jpg

即買ってきました!
ふむふむ。。さくさくの皮も美味しいが、それ以上に中のクリームがいいですね~。
噂通りの美味しさです!これはお勧めできます。

私の最近でのちょーお勧めものってのもあるんですよ。
それはこれ
e0046190_048422.jpg

私が絶対の信頼を寄せる「岩塚製菓」さん。
その岩塚製菓さんの新作「揚げみつせん」!!
これがうまい!!

私のフェイバリット米菓のビッグ4は
1位 岩塚製菓さんの「ソフト豆もちサラダ」
2位 同じく岩塚製菓さんの「マカデミアおかき」
3位 亀田製菓の「柿の種」
4位 亀田製菓の「サラダホープ」
なのですが、今度からはこの「揚げみつせん」も上位に入ることは間違いありません!
さすがは岩塚製菓さん!岩塚製菓さんの工場見学にいくのが私の夢です!

では明日は新津、雨が降らないよう祈ってます!
by concerto-2 | 2007-10-22 23:48 | うんめもんのこと | Comments(2)
日曜日は天気も良かったり悪かったりと落ち着かない天気でした。
そんな中
「新潟室内合奏団 第54回演奏会」
にいってきました!
りゅーとぴあコンサートホールで午後2時からの開演。

新潟のオーケストラの中では小編成ながら腕自慢の奏者が集うレベルの高いオーケストラです。
今回のプログラムは
モーツアルトの交響曲第35番「ハフナー」
メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲

コープランドの静かな街
ハイドンの交響曲第103番「太鼓連打」

といったプログラムです。
古典を中心としながら、1曲だけコープランドのような近代ものを入れるところがおもしろい選曲ですね。
それにこの曲目だとメンデルスゾーンはもちろんのこと、コープランドはトランペットとイングリッシュホルン。ハイドンではティンパニーとコンサートマスターの弾くヴァイオリンとソリスト的な要素がある曲目が並んでいて、とても楽しいです。

お客様はりゅーとぴあの1階と2階でけっこう入っていました。
メンデルスゾーンでソロを弾かれる奥村愛さんの人気もあったでしょうね。

演奏の方、まずハフナー。オープニングに交響曲を持ってくるのは珍しいと思うのですが、この曲でのスタートはなかなかいいですね。
ハフナー交響曲というと今年はジュニアオケフェスティバルでの豊田市ジュニアオーケストラさんの素晴らしい演奏が耳に残っています。
あれと比べるとやはり大人のモーツアルトかなという感じですね。
でもあの豊田市ジュニアさんは名演でした。

今回の目玉メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲。
奥村愛さんが新潟で協奏曲を弾くのはほんと久しぶりだと思います。
これからは新潟で演奏される機会が多くなりそうだということ。嬉しいですね。
たしかこの曲は最近、奥村さんがベトナムで弾いてこられたばかりのはずです。
そういうこともあってか実に手馴れた演奏でした。
けれんみのない鮮やかな演奏といいましょうか。
アイドルのイメージが強いのですが、実力派の若手演奏家さんなんです。
これからいろいろな曲を聞かせて欲しい1人です!頑張って下さい。

休憩明けはコープランドの「静かな街」
あまり知られていない曲ですが、いい曲なんですよ。
オケは弦楽合奏のみ。そこにソロでトランペットとイングリッシュホルンが静かなメロディを奏でる曲です。
ソロのお二人はオケのトップのお二人。トランペットの田村さんは「どこでも田村さん」と勝手に私は言ってるのですが、新潟市のオケにはどこにでもいらっしゃったりする演奏者さんです。
イングリッシュホルンはイケメン先生の清水さん。
お二人ともこうしたオケの演奏会でのソリストってあまりされないと思うのですが、なかなか聞かせてくれました。田村さんが舞台の奥の方、清水さんは舞台の前の方というソリスト位置もおもしろかったですね。あれはそう指定されてるのかな?

そして最後は私が個人的に一番楽しみにしてたハイドン「太鼓連打」
この曲の出だしはご存知の方も多いと思いますがティンパニーソロで始まります。
そして作曲者のハイドンはこのソロに強弱指定を付けてないんですね。(わざとかもしれません)
なので演奏側にどうするかが任せられるソロなんです。
現在ではほとんど強打の連打が主流です。
そして新潟室内のトップティンパニーといえば!燃える兄貴!福田さん!!
とーぜん強打のティンパニーロールでしょう~と思ってたら予想通り!
くーしびれるねぇ~って感じでした。
そしてこのハイドンではフルートのトップを吹かれた福田さんのフルートがまた素晴らしかった。
このお二人、ご夫婦をまさに祝福するかのようなめでたいハイドンでした!!やんややんや♪

でも、こんなこと書くと水を差すようですがハイドンって難しいですね。。

アンコールはベートーヴェンの「プロメテウスの創造物」よりパストラーレ。
なかなか珍しい曲を持ってこられましたが、アンコール曲としてはなかなかよかったです。

盛況のうちに終わりました新潟室内合奏団さん。
次は来年5月10日に音文です。
モーツアルトのクラリネット協奏曲、ソロは五十嵐美香さん(私今日まで五十嵐さんってピアニストだとばっかり思ってました!)
メインはベートーヴェンの交響曲第1番
あとなんか小さなのを前プロとして1曲。
指揮はおー楽しみ!コンチェルトファミリーといっても過言ではない高橋裕之さん!!
いつも練習翌日には朝から店に来てくれるんです。
とても謙虚で勉強熱心な指揮者さんです。おかえりなさい!と迎えるつもりです。

新潟室内合奏団の皆さんお疲れ様でした。
楽しませていただきました。ありがとうございました!
by concerto-2 | 2007-10-21 23:34 | 演奏会のこと | Comments(2)
土曜日、夜リコーダー連盟主催の「リコーダーアンサンブルの夕べ」がありました。
よかった。。。このような演奏会があって。。。

ちょっと、それまでブルーな気持ちでいたのです。
時間を戻しましょう。。。

土曜日は午後2時から朱鷺メッセに行ってきました!
「1980年代民衆美術と韓国リアリズム美術の流れ」という講座に参加するためでした。
会場は11回の会議室、行ったら早かったので一人しかいらっしゃいませんでした。
e0046190_0161340.jpg

最終的には10名ほどでしょうか。

戦後、独立してからの韓国の政治と美術の関係、作品、作家についての講義でした。
講師の万代美術館(略してバンビ)の主任学芸員の高さんのお話はテンポよく明るいのですが、いかんせん内容が暗い。。。弾圧と抵抗の歴史ですね。
たしかに今でこそ普通の民主国家ですがほんの20年ちょっと前までは韓国は軍政国家でしたからね。私も世代的に朴政権の時代も知っています。その後の全政権、盧政権も。
それに何年か前に韓国に行ったときもガイドさんは暗い歴史のことにはあえて触れてませんでした。
そういう時代がほんのちょっと前にはあったのです。
そういうものをこれでもか!とつきつけられる作品について説明をうけたわけです。
ちょっとめげるなぁ。。。

それで2時間近い講座の後に5階の美術館に行ってきました。
その展覧会「民衆の鼓動ー韓国美術のリアリズム1945-2005」を見てきました。
さきほどレクチャーを受けてきた作品を見るわけです。
本物はプロジェクターで見るのとは迫力が違います。
うわぁ~きっついなぁ~。。。。
見ていくうちにだんだん力が抜けていく感じがしました。
作品のパワーがすごいんです。
良い意味で言えば「超骨太の作品群!」との賛辞もあるでしょうね。
ただ素人の私にはきっつい。。。もう歩く元気もなくなってきそうでした。。
中には「こんなの展示していいのか。。。」というのもあったりして。
一応、会場の入口にはお子さん向けの注意書きがあります。
そういう心構えで見なければならない企画展です。

出口を出ると気分は「どよよよぉぉぉぉん。。。」
それでもわずかな幸福な一筋の光はバンビの受付が私の大好きな人だったというのが光か。
バンビさんはきれいな女性多いんですよね~(余談)
e0046190_0381110.jpg


くら~い気持ちで外に出たら小雨と大風!
そんな中自転車をこいで、店に戻ったんです。どよよよよぉぉぉ~ん。
一応、私の知り合いのバンビの偉い方にメールをうちました。
「Oさ~ん、行ったよ~どよよよぉぉぉぉ~んだよ~。。。」
てな感じで。。。
そうしたらなんとそこに当のバンビのえらい方がご来店!
一応感想を伝えました。
でもまぁ県立の美術館ですから、受け狙いみたいなのばっかでなく、こうしたシュールなのもやるというのは使命ですね!
とも付け加えて。
でも、今回の企画展は入場者数が超低空飛行だそうです。
普通なら私も「ぜひ行ってください!お勧め!」なんていうところですが、こればかりは。。。
でも興味ある方はまだ会期が一月近くあります!見に行ってください。

あぁ~後を引く展覧会だったなぁ~どよよよぉ~ん。。。
あっ栄長さんに連絡、この偉い方は先日当店で栄長さんとお話された方です。
リサイタル来てくださるそうです!当店内でファン一人ゲット!でしたね。

そんなブルーな気持ちをすかっ!とさせてくれたのが、夜7時から音楽文化会館でおこなわれた
「リコーダーアンサンブルの夕べ」でした!
私は後半から入りました。
お客様の数は。。。えーい、「そんなの関係ねぇ!!」

やっぱいいなぁ~リコーダーアンサンブル。
それに私が入ってから演奏されたチームがスーパー・リコーダー・アンサンブルさん!!
すごいチーム名!
ソプラノリコーダーの丸山先生の切れのよさもありますが、渋くテナーリコーダーで中低音を支えるのが我らがおいわどんさん!!
新潟のアマチュア笛界のスポークスマンです!!
いやぁ~みんなうまいなぁ~
このチームの最後の曲はラデッツキー行進曲。
くーテンポを早くしたりするとこなんか4人のアンサンブルも見事でさすが!
どよよよぉぉぉ~んな気持ちが一気に爽やか気分になりました。

この演奏会ラストは丸山先生のソロ、奥様のピアノでブレスゲン作曲「ソナチネ」。
初めて聞いた曲ですが、なかなかかっこいい曲でした。
丸山先生はいつも新しい曲にチャレンジしているところが素晴らしい!
どうしてもリコーダーだと古い曲が中心になりますからね。

とっても楽しい演奏会でした。
でもこの演奏会、もっと参加チームが増えて欲しいですね~。
そうすればお客様にもっと強くお勧めできるし。

リコーダー好きな人ってきっと多いと思うんですよね~。
あっ私ですか?私はとてもとても人前にでれるような腕でないので勘弁ですね~。

でもリコーダーの音って癒されますよ。
もしドレミファ~の指使いくらいでしたら私教えますよ!!(それが限界っす)

さて!!いよいよ日曜日は!
新潟を代表するスーパーアマチュアフルーティストおいわどんさんも出る!!
華麗なる聖なる神よりのお告げオーボエ、川又さんも出る!
書いちゃってもいいよね、これがあたいの主席デビューさ!炎のチェリストANDHYPENさんも出る!!
(みんな笑ってね、暗くならないくださいね)
(あっANDHYPENさん、例のCDあったよー!)
新潟室内合奏団の定期です。
今回はモーツアルトのハフナーシンフォニー、メンデルスゾーンのヴァイオリンコンチェルト、コープランドの静かなる街、ハイドンの太鼓連打と楽しさ満開!のプロです。
ヴァイオリンソロは奥村愛さんです!
個人的には太鼓連打での福田さんの燃えるティンパニーに注目してください!

りゅーとぴあで午後2時からです。これはギガお勧めです!!
by concerto-2 | 2007-10-20 23:50 | 展覧会のこと | Comments(2)
まずは今日のお昼はりゅーとぴあのワンコインコンサートに行って来ました。
ワンコインはいつもお客様入りますね〜。
ソプラノ、メゾ、テノール、バリトンの4人とピアニストの鈴木さんという組合わせのコンサート。
内容は前半がロシアもの、後半が北欧ものでした。
やっぱラフマニノフのヴォカリーズはいい!とってもいい!
聞き入りました。

なかなか良い演奏会でした。。。

といつもに比べてすごい短いリポートなんですが理由があります!1
今私は興奮しています!!ううううううおー!

さっきたまたまりゅーとぴあのインフォ・キューティUさんと会って情報(チラシ)をもらったんですよ。
なんじゃこれはぁぁ!!!広島じゃけんのぉー!(って関係ありません)

11月16から18日まで朱鷺メッセで大規模なセミナーというかオープンカレッジやるって知ってました?
わりとこういうことには敏感だとちょいと自負している私も全く知りませんでした!
このセミナー内容がすごすぎる!!
詳細はここでダウンロードしてみて下さい→http://www.enjin01.org/index2.html

初日には江原啓之や茂木健一郎、秋元康に林真理子、それにー!!なにー!布袋寅泰だってぇ!それで2時間半のセミナーが2つ
あっちなみに一つのセミナーは500円です。500円でこんな人達の話が聞けるんです!

2日目が超すごい!!書ききれません!!
さかもと未明、三枝成彰、島田雅彦、下村満子、大友直人、秋元康、林真理子、池坊美香、猪瀬直樹、南美希子、川島なおみ、辰巳琢郎、安部譲二、日比野克彦、わたせせいぞう、吉村作治、安藤和津、草刈民代、稲越功一、田中眞紀子、田原総一朗などなど、もっともっとでこの3倍はいるんです。
それで朝9時半からよる5時半まで4時間目までの授業みたいな感じで区切り10会場でやるんですって!すごい!これで一つ500円!
ちなみに音楽関係は9時半からF教室で講師大友直人&やすみりえでF教室、2時間目はG教室で講師大友直人&三枝成彰&猿谷紀郎他。
日本酒講座は川島なおみさんと辰巳啄郎さんが講師。
なにせこの日は合計37授業あります!
そして夜には新潟市内の飲食店で夜の集い!!
3日目はクロージングということで映画の上映やらがあります。

それで全てのセミナーの統一テーマが「笑い」なんです。
だからクラシックのも「笑えるクラシック」と「子供のための音楽」となってますね

この人達ほんとにみんな新潟に来るの?まじ?
もしかして衛星中継を使ってのプロジェクターでのセミナーでないの?
と、よ〜くパンフを見たけど、やっぱ来るみたい。夜の集いもあるし。

チケットは今月13日から発売になっているようです!
発売はサークルKとファミリーマート、伊勢丹5階、ウイズビル5階とかです。
キューティUさんに聞いたら、各セミナーに振られている番号がわかったほうが良いみたいですね。
ぜひさっきのサイトからダウンロードして内容をチェックしてみて下さい!
すごいです!!

キューティUさんありがとう!
by concerto-2 | 2007-10-19 17:03 | 展覧会のこと | Comments(2)
なぜか今日こういうお問い合わせが3件もありました。
「県政記念館で木曜日にコンサートやっていると聞いたのですが今日ですか?」
なぜに?とも思いましたが、1年やっていてお客様間での口コミみたいなものが広がっていっているということの現われなんだと思います。うれしいことです。。
記念館で行われた演奏をお聞きになられたいという方は当店までご相談ください。

そして宣伝を一つ。
その県政記念館で今期最後の木曜コンサートを先週やっていただいた「楽路歴程」の3人(大作さん、白澤さん、笠原さん)の演奏会が20日に五頭のペンション「ぽっぽ五頭」さんで行われます。
詳細はこちら→「ぽっぽ五頭開催イベント」(クリックして下さい)
ちょーっと遠いんですが宿泊プランもあります。
なかなか快適なところらしいですよ。いかがでしょうか。
当然聞くだけでもいいですよ。
演奏内容は県政記念館のときとはまた一味違った感じになるとのことです。
よろしくお願いします。

先日、ここでお知らせをしましたNEXTの中の新潟市民プラザでの弦楽四重奏のコンサート。
なんと当店のご常連様で主催の新潟国際情報大学にお勤めの方がいらっしゃり、その方からそのチケットを扱って欲しいと申し出がありました。
。。。と、いうことで!
10月31日(水曜日)新潟市民プラザで夜7時開演
「ウイーン・ザイフェルト弦楽四重奏団 2007新潟初公演」
全席指定!!2500円

をチケット取り扱います!!

まぁご想像の通り。。。チケットが売れていないんだそうです。
たしかに知られていませんよね~。
それになぜ市民プラザ?ということもありますし。
そのご常連様は直接の担当ではなく、御同僚の方が担当なんだそうです。情報大学さんではジャズの後援はしたことがあってもクラシックは初。なのでノウハウみたいなものがまるで手探りなんだそうです。
正直私も今日まで傍観者としてしか見てなかったし、別にいかなくてもいいかな~とも思ってたんですが明日からは心入れ替えます!!
積極的にプッシュしたいと思います!!
しかし、、、あそこで全席指定というのはなぁ~(おっと愚痴ってはいけないぞ私!!)
あとこのチケットを当店で購入いただけると「ちょっといいこと!」があります。
ここで書けません!ぜひ当店でご購入を。。。

あと、おそらくこれもほとんど知られていないと思われるコンサートのご紹介。
11月10日(土曜日)新潟市万代のヤマハホールで
「奥村愛 アルティーダ・コンサート」があります。
開演は午後5時で入場料は2500円。
チケットは当然ながらヤマハ新潟店さんにて販売中。です。
曲目はクライスラー「愛の悲しみ」「中国の太鼓」、ヴュータン「ヤンキードゥードゥル風アメリカの思い出」、モンティ「チャルダッシュ」他
伴奏はピアノ、青木京子さん。
ということです。ちなみにアルティーダというのは当日使用するヤマハさんの楽器のことだそうですね。
ヤマハホールはそれほど広くは無いので定員も多くは無いでしょう。
奥村愛さんの人気も考えると早めにチケットは入手した方がいいかもしれませんね。

奥村愛さんというと新潟発の美人ヴァイオリニストさんですが
私個人的には奥村愛さんには負けないくらいの美人ヴァイオリニストだと思っている庄司愛さん。
先日もネーベル合奏団でソリストとして活躍されてたそうですね。
その庄司愛さんとピアニスト貝津摩理さんが演奏されるイベントがあります。
11月1日(木曜日)
新潟県民会館大ホールで午後1時からひらかれる
「清心フェスタ07」という新潟清心女子中学校さんのイベントで最後の特別コンサートでお二人の演奏があります。
庄司愛さんはストラヴィンスキーの「イタリア組曲」
貝津摩理さんはドビュッシーの「ベルガマスク組曲」他 です。
入場は無料ですがこのフェスタ実行委員会さんあてに申し込みがいるようですね。
お問い合わせは清心フェスタ07実行委員会さん025-269-2041まで。

さて庄司愛さんといえば私が勝手に新潟音楽界最高の演奏ユニットと思っているトリオベルガルモのメンバーですね。
いよいよトリオベルガルモさん復活です。11月11日に新発田で久々にコンサートがありますね。庄司さん、渋谷さん、石井さんの3人での演奏は久々なので楽しみです。
そこにフルートの市橋さんまで加わるのでほんとに楽しみです。
ぜひ新潟市でもお願いしますね!

そのフルートの市橋さんとチェロの渋谷さんでのデュオミニコンサートというのも実は来月あるんです。ただこれに関しては小さなところでの演奏会なので、もう満員になっているかもしれません。
詳細はこちら→「蔵織 ライブ情報」

ベルガルモさんも来年はまた活躍されることと思います。
楽しみにして待つことにしましょう!

あと明日の土曜日には旧亀田町の本町にある押木内科医院さんで音楽療法ピアニストの内田美果さんがミニコンサートをやられますね。午後2時から。
皆さん頑張っています!

今日はりゅーとぴあでお昼のワンコインコンサートや夜は音文でパーカッション・アンサンブルのコンサートがあります!

生の音楽にぜひ触れてみてください。うわぁもう寝ないと。。。
by concerto-2 | 2007-10-19 02:31 | 演奏会のこと | Comments(4)
昨夜は新潟市音楽文化会館でよる7時からひらかれた
「佐藤園子 ピアノリサイタル」
に行って来ました。

ただ閉店後から行ったので会場に着いたら前半最後のショパンになっていました。場内で聴けたのは後半のみ。

プログラムは
ハイドン:ヴァリエーションf-moll
ベートーヴェン:ピアノソナタ第17番「テンペスト」
ショパン:ワルツop(post)e-moll,Op64.Op34

リスト:愛の夢第3番
シューベルト(リスト編曲)アヴェマリア
リスト:コンソレーション第3番
リスト:スペイン狂詩曲

いつもながらのタフなプログラムです。
実は場内には入らなかったのですが着いた時やっていたショパンのワルツは内扉の外で聞いていました。
すごい早く快活なテンポ。今日の佐藤園子さんは絶好調のようです。

後半のリストからは席で聴きました。やはり最後のスペイン狂詩曲にむけて山場を持って来ているような感じを受けました。
とはいうものの全部気の抜けないような曲です。
やっぱリストは大変ですね。熱演でした。
ピアノの音色がちょっと、なんか響きが豊かでないような気がしました。(気のせいかも知れません)

佐藤園子さんがすごくよくやっているなぁと思うのはピアノの先生もされている訳ですが、ふつうにピアノの先生をされている方ってものすごく多いです。
でも、ご自身が演奏会をやられるとなるとぐっと少なくなります。
しかも毎年となるとほんとに数える位でしょう。
これはピアノだけに限らず他の楽器でも。

教えているのではあるけれどコンサート奏者としても現役である!という気概みたいなものをお持ちというのは大切な事なのかもしれませんね。
もちろんそうでなくてはならないということはありません。別に名伯楽として教育に力を注いで立派に若手を育てるのだってすごいことです。
それに体力的に難しい場合だってあるでしょうし。
だから現役でできるのであれば、ですが、なるべくワンマンコンサートでなくてもいいのでどんどん演奏会をやっていってほしいですね。

スタッフの皆様もお疲れさまでした。
お客様も昨年よりかは増えていたように思いました。よかったですね。
どうもありがとうございました。
by concerto-2 | 2007-10-18 11:57 | 演奏会のこと | Comments(2)
今日はさっき、心優しきテューバ奏者の藤田さんと燃えるピアニスト栄長敬子さんが偶然同時にいらっしゃいました。
お二人とも面識が無かったとの事ですが、話もとてもあったようで新たなユニットとしてお客様も前に出るのも近いのでは!!(かも)

どちらかというと若い演奏者の方々には横のつながりと言うか、楽器や学校のワクを超えて知り合える場が少ないのだそうです。
そうした一つの「出会い」の場になれたらなぁ〜と思っています。
栄長さん!ぜひ演奏会「栄長敬子と愉快な仲間たちシリーズ」実現しましょう!

今日のお昼には第3水曜日は新潟市役所ロビーコンサートの日。なんです。
今回の出演者さんは先日の洋楽協会の時にも出演された
ソプラノの五十嵐尚子さんとアンサンブル・モーイの皆さん。
アンサンブル・モーイはフルート、広川伸さん、ピアノが村田千晶さん、ヴァイオリンが小池吾郎さんのユニットです。

プログラムは
千住明:「風林火山」メインテーマ
山田耕筰:赤とんぼ
ルロイ・アンダーソン:シンコペーティッド・クロック
田澤弘子:新潟市民歌「砂浜で」
小林秀雄:落葉松
新井満:千の風になって

アンコールは「ふるさと」でした。

私にはなんといってもトップの「風林火山」!!!
始まるぎりぎりに着いたのでプログラム見てなかったんですね。
それで何の曲が始まるのか分からない状態で聞いてて。。。。
ん?な、な、な、なんか聞いた事のあるイントロ。。。。おー!このテーマはぁぁぁぁ!
この曲は燃えますね〜!ナイス選曲です!

全体的に歌に比重を置きつつもこの風林火山で始まったことや、途中には五十嵐さんもパーカッションで演奏に加わったシンコペーティッド・クロックなどとてもいろいろあって楽しいミニコンサートでしたね。
あとやはりフェリーチェさんもそうだし、すみよさんなんかもそうだけど声楽の人は話が上手い!
みんなちょっと話が長かったりする所もにてる。。かな。。

お客様はとっても多かったです。100人は超えてたのではないでしょうか。
たいへん楽しいロビーコンサートでした。

この市役所ロビーコンサート、次は11月21日(水曜日)フラメンコギターの徳永武昭さんです!
新潟ではフラメンコギターの第一人者ですね。乞うご期待!!
by concerto-2 | 2007-10-17 16:21 | 演奏会のこと | Comments(2)
芸術の秋という事で毎週のように演奏会がたてこんでいます。

そんな中、残念だけどほとんど知られていないと思われる演奏会を、せっかくなのでここで宣伝しておきますね。

10月31日(水曜日)19時開演。
NEXTにある新潟市民プラザでおこなわれる
「ウイーン・ザイフェルト弦楽四重奏団 2007新潟初公演」
です。

どうでしょうか?詳細って皆さんご存知でしょうか。
えっそんなのあるの?という方も多いかも。

プログラムは
シューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」
休憩
ポルムベルク:望郷のバラード
ファリャ:7つのスペイン民謡より子守唄
ヨーゼフ・シュトラウス:「ウイーンポルカ」シュネルポルカop13
チャイコフスキー:なつかしい土地の想い出op42-3メロディ
ベルクマン:ジグザグ・シュネルポルカ
Jシュトラウス:「突撃」シュネルポルカ

ということだそうです。最初に「死と乙女」をどーんと思って来て後半は小品ということですね。
通の方には「う〜ん」かもしれないけど、それなりに楽しそうではありますよね。
あとは市民プラザという場所かなぁ〜。

市民プラザでやるということが先にありきだったかもしれないので、あまりどうのこうのは言いません。県政記念館もそうですが市民プラザも民間管理になっています。やる気はすごいあるんですよね。
市民プラザと燕喜館は新潟ビルサービスさんがやられていますが、代表の方と3号さんご友人との事でいろいろと話は聞いてました。
音響面ではどうかなぁ〜とは思いますが、多目的にもっとどんどん使えるホールではありますよね。

ザイルフェルトSQって私は知りませんが、まぁウイーンフィルのメンバーだそうですね。
もっといろいろなところにチラシを置いてもいいのに全く見ませんね。
NSTさん主催、新潟国際情報大学さん後援ということです。

せっかくなので宣伝してみました。
e0046190_1126878.jpg

by concerto-2 | 2007-10-17 11:29 | 演奏会のこと | Comments(0)
昨日の事ですが新潟市美術館で開かれている
「アートエキスポにいがた 新潟市の美術館・博物館展」
に行って来ました。
e0046190_101320.jpg

主催の方に当店のお客様がいらして、お招きを受けたんですね。
ここだけの話ですがあまり来場者数が芳しくないようです。
新潟市内にある美術館から選りすぐった逸品を集めているのですが、近くにあるからいつでも見れるということなんでしょうか。。。

でも素晴らしい展覧会です!私は行って感動したし1時間半くらいいてしまいました。
新潟市内にあるといっても私も行った事の無い美術館が多いです。
そういったところからのものがすごくよかったです。

ぜひ興味ある方は21日までです!もう会期があまりありません。
お勧めの展覧会です。

特に私がよかったと感動したものから3つあげると
まず最高によかったのが新津記念館から出品された人間国宝の藤原啓さんの「備前擂座壺」!!これは素晴らしい。ダントツでこれが一番。
写真をネットで探したのですが残念ながらなかったんです。
備前焼の藤原家というば有名なんだという事も初めて知りました。
そんな初心者の私でもこれはすごい!と思った逸品でした。

次に幕末の三書と言われた書家の巻菱湖さんの記念館から出品の数々の書。
様々な書体での手本みたいなのが多く展示されていました。
巻菱湖という人物の事など、これまた全然知りませんでした。それにその記念館が私の住んでいるとこの近くにあるという事も知りませんでした。
世の中おもしろいものが近くにあるものです。

そしてこれは大物ですね
棟方志功さんの「釈迦十大弟子」。この作品は見ればあ〜これかというほど有名な作品です。イタリアやブラジルでも熱狂的に受け入れられた作品ですね。
こういうのがちゃんと新潟市内にあるんだな〜と思いました。

他にも素晴らしい作品が沢山あります。
ぜひ新潟市美術館にも足を運んでみてください。
by concerto-2 | 2007-10-17 10:11 | 展覧会のこと | Comments(0)
久々にチケットのお知らせです。たまってしまった。。。持って来てくれた方々遅くなってすいません。
今回は3件追加です。
それと「ギターの夕べ」で預かっていた分完売しました。メンヒさんいつでもいいので清算しますからね。
でもまだ欲しいのですがちーぱっぱ様お持ちではないでしょうか。

では3件追加分のご紹介。
11月24日(土曜日)14時開演 りゅーとぴあコンサートホール
「新潟ユース合唱団2007&レディースクワイヤJune,合唱団ユートライの饗宴」
~魂の指揮者・雨森文也 来県!~
全席自由 一般1500円  学生1000円 (当日は300円増) 高校生以下無料。

こ、こ、これはすごい演奏会です!!合唱好きならずともこれは注目です!
それぞれ単独でもコンサートをやれる実力の3団体が合同でやるなんて!
それに魂の指揮者雨森氏ってなんかすごそう。これは聞かねば!

11月25日(日曜日) 14時開演 りゅーとぴあコンサートホール
「新潟交響楽団 第81回定期演奏会」
当店では自由席を扱います 1000円(当日は200円増)

おなじみ新潟交響楽団さん。今回はフランス・プログラムです。
デュカス:魔法使いの弟子
ドビュッシー:小組曲
サンサーンス:交響曲第3番「オルガン付き」
う~んあと書きたいことあるのですが今は書けません。
ぜひお楽しみに!というところです。
新潟のトップオケともいうべき新潟交響楽団さん。ぜひ期待しましょう!

12月8日(土曜日) 18時半開演 新潟市音楽文化会館
「新潟大学クラシックギター部 第44回定期演奏会」
前売り 400円 当日 500円 小学生以下無料

こちらもおなじみですね。毎年年末に定期公演をされる新大のクラシックギター部さん。
私も毎年行ってますが、なかなか楽しいですよ。
今回のプログラムを見ると
メンケン:美女と野獣
ムソルグスキー:展覧会の絵より 他
となっています。へー展覧会の絵ねぇ、どんな演奏になるんだろう。と楽しみです。

以上3件、新たにチケット取扱いたしました。よろしくお願いします。

● 現在取り扱っている演奏会のチケット

10月17日(水曜日)19時開演 新潟市音楽文化会館
「第15回 佐藤園子ピアノリサイタル」前売り3000円 学生子供2000円

10月28日(日曜)だいしホール 13時半開場 14時開演
「リュリ氏を偲んで」全席自由 前売り・当日1000円

10月19日(金曜日) 18時開場 18時半開演 新潟市音楽文化会館
「打楽器アンサンブルグループ Ripple Ring 1st.concert」
全席自由 一般2500円 学生1500円

10月21日(日曜日)13時半開場 14時開演 りゅーとぴあコンサートホール
「新潟室内合奏団 第54回演奏会」(独奏 奥村愛)前売り1000円 

10月27日(土曜日)18時開場 18時半開演 だいしホール
「田中幸治 plays シューマンVol.2」前売り一般3000円 ペア券5000円

10月27日(土曜日)18時半開演 新潟市音楽文化会館
「第27回 ギターの夕べ」前売り1000円(当日1200円)


10月28日(日曜日)14時半開場 15時開演 長岡リリックホール
「ふれあいコンサート~音とこころがつながるオーケストラ」前売り一般2000円 高校生以下1000円

11月8日(木曜日)だいしホール 19時開演
「桐山建志 無伴奏ヴァイオリンリサイタル」前売り2500円(当日3000円)

11月18日(日曜日)だいしホール 13時半開場 14時開演
「栄長敬子ピアノリサイタル」
一般2000円 学生1000円 当日は500円増し

11月23日(金曜日祝日)13時開場 13時半開演 カトリック花園教会(定員80名)
同日 17時半開場 18時開演 古町8羊画廊 (定員30名)
「花岡和生 岡田龍之介 リコーダー・チェンバロコンサート」
昼・夜いずれも3000円

11月23日(金曜日)14時開場 14時半開演 だいしホール
「広瀬恵子 ギター&ピアノデュオへの誘い 6」
全席自由 一般2500円 学生1500円(当日は500円増し)

NEW
11月24日(土曜日)14時開演 りゅーとぴあコンサートホール
「新潟ユース合唱団2007&レディースクワイヤJune,合唱団ユートライの饗宴」
~魂の指揮者・雨森文也 来県!~
全席自由 一般1500円  学生1000円 (当日は300円増) 高校生以下無料。

NEW
11月25日(日曜日) 14時開演 りゅーとぴあコンサートホール
「新潟交響楽団 第81回定期演奏会」
当店では自由席を扱います 1000円(当日は200円増)

NEW
12月8日(土曜日) 18時半開演 新潟市音楽文化会館
「新潟大学クラシックギター部 第44回定期演奏会」
前売り 400円 当日 500円 小学生以下無料


12月16日(日曜日)りゅーとぴあ劇場 15時開場 15時半開演
「渋谷文太郎 リサイタル2007新潟 vol.4」
全席自由 3500円(当日4000円)


●お客様よりキャンセル分の転売を依頼されているチケット

現在ございません。

10月16日 午後8時時点です。
by concerto-2 | 2007-10-16 23:45 | 取扱チケットの御案内 | Comments(4)