コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 09月 ( 38 )   > この月の画像一覧

ぐっと涼しくなったこの土曜日、りゅーとぴあさんでは「秋のオルガンスペシャル」と題されたイベントが催されました。
(なんか「なんとかスペシャル!」ってタイトルいいですね)

これはりゅーとぴあのパイプオルガンを使って1日いろいろなことをしようというイベントです。
午前11時から11時半までは一般の人も申し込み不要で聞きにいけた
「オルガン・ファミリー コンサート」

11時40分から午後3時20分までは、ピアノが弾けるくらいの人までを対象としたレッスン
「オルガン体験レッスン」

午後4時から9時までは、もっと専門的に弾ける人にパイプオルガンを弾いてもらおうという
「思いっきりオルガン演奏」

という3つの企画ですね。

私は一般参加が唯一可能な午前のファミリーコンサートに行ってきました。
このコンサートは、ぜひ小さなお子様もご一緒に聞きに来てくださいね。という最初からうたったコンサートです。
開場にはおよそ100名くらいのお客様でしょうか。
小さなお子様を連れられた若いご夫婦がほとんどでした。

このような「小さなお子様と若いご夫婦」にどんどん聞きに来てくださいという趣旨の演奏会っていいですよね。
もっとどんどんあってもいいと思います。
新潟市では定例化しているのでは、やはりりゅーとぴあさんで開かれているヴァイオリンの星先生が中心のアンサンブルのもの、あと音楽文化会館でやられている「楽しい室内楽」(だったかな)コンサートが主なものではありますね。

やはり音楽好きなご夫婦でも普段なかなか小さなお子様と一緒にというのは気が引けるようです。残念なことです。
私は小さなお子様のだす音って雑音だとはちっとも思わないのですが。。
いずれにしても、こういった肩身が狭くなるようなことなく若いファミリーがみんなで楽しめる演奏会は必要ですね。

今回のコンサートを見て思ったのは、そのような趣旨でやる演奏会としてはパイプオルガンというのは実は一番適していると思いました。
まず会場がりゅーとぴあコンサートホールということもあって、演奏者と客席との間に距離があります。これが近いと演奏者はやりにくいかもしれないし、親御さんも気を使うと思うのです。
距離があるために演奏中に泣いたり笑ったりしても演奏の妨げには全然ならないし、ホールを歩いたり、あるいはお母さんがあやしたりしても、とても自然でした。

それとなんといってもパイプオルガンの「音」
演奏の山本さんがお話しているときに、しゃべってたり泣いてたりするお子様も、いざパイプオルガンが鳴り出すと「ぴたりと」静かになって聞き入ってました。
パイプオルガンの音に弾きつけられるんでしょうね。

私にはパイプオルガンの奏でる音楽に幼児の笑い声や泣き声、その辺を歩きまわったり、あやすお母さん、静かに聴いているお子様を抱いた若いご夫婦。
その全てが天上の音楽のような感じを受けました。
そもそも音楽って「楽しい」という言葉が入っているのですから、こういう演奏会がほんとの「音楽会」なのかもしれませんね。
音楽会は「通」の人だけのものではありません。

遅れましたがプログラムは
ヒメネス:バッターリャ
バッハ:トッカータニ短調
クラーク:トランペット・ヴォランタリー
エルガー:威風堂々第1番行進曲

でした。
威風堂々のオルガンソロ版って初めて聞きました。
よかった!なんかすごく感動しました。

やはりこの演奏会、一番頑張っていたのはなんといっても演奏とお話をされた山本真希さん。
こんなにたくさん話された山本さんを見たのは初めてでした。
話し上手じゃないですか!
ちょっと認識を新たにしました。
夜、マルチン大作さんとも話をしてたのですが、山本さんの頑張りというのが多くの人にもかなり浸透してきてると思います。
すっかり大作さんは山本さんのファンになってますし。
りゅーとぴあのイメージアップにも大きく貢献してきていますね。

30分と短かったですが、とても素晴らしく微笑ましい演奏会でした。
午前中のミニコンサートというのもいいですね。

さっきも書きましたが夜には「思いっきりオルガン演奏」でパイプオルガンを思いっきり弾いてきた大作さんが興奮の面持ちで来店。
弾いている間、山本さんがずっと脇でストップ(パイプオルガンのスイッチみたいなものです)を操作してくれてたとかで、ますますファン度が高まったそうです。
やはり同じ楽器の演奏をするということや(多分)同い年らしいということで相通じるものがあるのでしょう。出身地もわりと近いし。
この機会からお友達になれると良いですね。

さてこのりゅーとぴあのパイプオルガンですが、この後の演奏会予定は
10月7日(日曜日)午後2時から
「りゅーとぴあオルガン講座 第1回発表会」
これは春からオルガン講座を受講されている受講者さんの発表会ですね。

11月16日(金曜日)午後7時から
「ヘルムート・ドイチュ オルガンリサイタル」

12月21日(金曜日)午後7時から
「オルガン・クリスマス・コンサート」
演奏:三浦はつみさん、山本真希さん
語り」横山道子さん

とあります。
よろしかったらぜひ足を運んでみてください。

おぉこんな時間だっ!

あっ今見たら昨日の記事に、ちーまま様がこのオルガンコンサートについて素晴らしいコメントを書いてくださっています。
実際の子育て中のママさんのご意見です、ぜひ読んでみて下さい。
ちーまま様ありがとうございます。いつかフルート再開されたら聞かせてくださいね。
by concerto-2 | 2007-09-30 02:52 | 演奏会のこと | Comments(2)

この週末は!

あっついなぁ~なんて言ってた9月もこの週末で終わりです。
早いもんだ。あっという間。
いよいよ涼しくなると音楽シーズンもスタート。

それでこの週末ですが
29日土曜日は
まずいきなり午前11時からりゅーとぴあでパイプオルガンのミニミニコンサートがあります。
30分間の小さなコンサートです。ファミリーコンサートのようですね。無料。
音楽文化会館では午後2時から和楽器ぐるーぷ新潟さんの演奏会があります。入場料1000円。

夜はりゅーとぴあスタジオAでは声楽のコンサート「シューマン・ブラームスのリート」というコンサートがあります。夜6時半から。
これは閉店後ちょっといってみようかなと思っています。最大の興味はピアノでなくハンマーフリューゲルをおそらく思ってくるということが興味あります。

だいしホールではフルートアンサンブルアカデミーの演奏会があります。夜6時半から。
これは新潟在住のフルーティストさんたちの祭典です。
とっても楽しいですよ~お勧めです。

あと東北電力グリーンプラザで午後3時からオペラデュオ・フェリーチェさんのコンサートがあります。今回はミュージカルナンバーを歌うそうです。おぉ新レパートリーですね。
きっと楽しいですよ。無料です!

30日の日曜日は
意外に音楽コンサートが無いんです。
県民会館小ホールで午後1時から「DIVAの会」というのがありますね~わからないな~。
昼プログラムをもらいにいってこよう。

スタジオAでは午後1時から「青い鳥の会 ピアノ発表会」がありますね。
う~んこれもわからないな~。要チェック。

それとワタミチで一ヶ月のロングラン公演をやっていた二人演劇もこの日が千秋楽。
高橋景子さん、安達修子さんお疲れ様でした。
今度はおふたりそれぞれの劇団での公演を楽しみにしていますね。

そんなものかな?
なんかこの日は少ないですね。
もったいない。

ぜひなんかにお越しください。

最後に私のブログ上下10個からのお勧め。
今回はたまたま外国でお暮らしの方のブログが2つありましたので、それをご紹介。
まずはベルギーでお暮らしのsmallcountryさんのブログ「小国での日々」
それとフランスで暮らされているkana-cocoさんのブログ「12ヶ月の食卓」
どちらもおっしゃれ~ですね。
こういうの見るとヨーロッパに暮らしたい!とか思うのでしょうね。

いやいや新潟、東堀もいいーところです。
ぜひお越しください。

そういえば、、、たしか、、、30日は午後古町7でnegiccoのライブもあったかも。
見れたら見たいですね。生で聞くといいんですよ~。
時間を確認しなくては。
negiccoお勧めです!
by concerto-2 | 2007-09-29 01:20 | 演奏会のこと | Comments(4)
まずはうれしいことから。
「良くなかったら返品してもいいです!」みたいな感じで私がちょー強力に推して買っていただいたCDがあります。
いかにケラスさんのバッハがよかろうと今年のNo1はこれに決定!と早々と決めている
ボールド指揮のフィンジ管弦楽作品集(リリタ レーベル)

なかば押し売り状態で3名のお客様にここ1月くらいの間に買っていただいたんです。
なんと全員の方から「素晴らしい!」「知らなかった作曲家だけど一日かけてる」「あとどんな作品あるの?いいねぇ~」とメールやお電話をいただきました。
やったぁ!うれしい。
なかば新潟にフィンジを広めるのを使命と考えている私にとってほんとにうれしいお言葉でした。
しかしこのボールトの演奏はすごくいい。(ジャケットは最悪だけど)
ナクソスやマリナーので、もうその曲は持ってるよ。という方にもぜひ聞いて欲しいです。
生でまたやってほしい!!

話し変わって
当店では地元の演奏家さんのCDもおいています。
今大きなショップではおいてもらえないでしょうしね。
今おいてる自主制作ものは
榎本正一師匠の「大切な贈り物」
小杉真二さんの「~piano~」(来月セカンドアルバム発売予定)
フェリーチェさんの「アモーレ」(今週土曜日午後3時から東北電力で無料ミニコンサートありますよ!ぜひ)
クラシックだけじゃありませんよ
新潟出身のシャンソン歌手、湯川かすみさんの「熱愛」
地元ジャズベーシストの永井賢さんの「風」
あたりはおいてます。

それに1枚また地元演奏者のディスクが加わりました!
けっこう市内では有名(かな)
ジャズギター奏者のファビオ・ボッタツォさんのデビューアルバムです!!
今日ご本人がお持ちになられました。

イタリア人のファビオさん、今は日本人の奥様と新津に在住です。
とっても腰が低くておだやかなファビオさん。既に新潟ジャズシーンでは人気者です。
今回のデビューアルバムはファビオさんのギターと加茂在住のウッドベーシストアズマサトシさんとの2人だけでの演奏が収録されています。
曲は自作の曲からケニーバレルやチャーリーパーカー、ソニーロリンズなどのスタンダードもの、あるいはバッハも1曲あったりして。最後は中山晋平「ゴンドラのうた」。
とっても落ち着いたシンプルで心地よいサウンドに仕上がっています。
BGMにも良いですよこれ。
これからもどんどん演奏の場が増えていくはずです。
たしか以前、ソプラノの宮沢優子さんのバックもされたことがありますね。
宮沢さんに「今度うちのミニコン出ない?」と聞いたら「出たい!ファビオと出ようかな~」とか言ってたので、もしかするとまたそのコンビできけるかもしれない。

とても高感度高いミュージシャンです。ファビオお勧めです!
心優しきイタリアン、日本語もばっちしですよ。
1枚2千円で発売してます!コントラバスやられる方にもいいかもしれませんね。
よろしくお願いします!
e0046190_091064.jpg

by concerto-2 | 2007-09-28 00:11 | CDの紹介 | Comments(0)
今日、水曜日いつものりゅーとぴあさん昼参拝から店に戻るときチェリストの根津要さんとお会いしました。
昨年はお体の具合が良くなく演奏会も中止になったりしたので心配していたのですが、現在はとても元気になられてました。
また演奏会などもする予定ですと力強いお話でした。よかったです、頑張ってください。

午後シネウインドに「月刊ウインド」の入れ替えに行ってきました。
廣瀬さんが辞められて、またもや空席になっていたスタッフも新たに武田さんという方が入られました。
「皆さんにどれだけ続くかね~」なんていわれるんですよ。なんて笑っておっしゃられてました。
なかなか厳しいポジションだと思いますが頑張ってください!
ということで「月刊ウインド」最新号到着です!170円。

その後、以前から行ってみたかった白桃美術館に行ってきました。
今やっている展示会は「歴史に見る動物画 展」
なかなか見ごたえありました。そんなに点数があるわけではありませんが、一つ一ついい作品が展示されています。
英一蝶や森祖仙の作品が見れたのはよかったです。
しかし私が一番いいなぁ~と思ったのは常設展示の堂本印象の魚の絵が一番気に入りました。
でも小さいながらとはいえ立派な館です。
これを個人でやられているのはたいしたものだと思いました。
展示室にも館長さんの意気込みみたいなものが書いてありました。
やはり小さなとこにはガッツ!ですね。
静かないいところです、水島町という新潟駅にもりゅーとぴあにも近いところにあります。
ぜひ一度行ってみてください。

ちなみにこの美術館の道を挟んだ向かいのマンションの1階は、実は当店「コンチェルト」の最初に考えてた出店場所だったんですね。
いろいろあってそこはだめになったんですけどね。結果的に東堀で大正解だったと思っています。

さて!今回追加のチケットはお客様からのキャンセル預かり分です。
新潟が誇るダンス・カンパニー「noism」
このnoismの新作公演「W-view」の初日!10月5日(金曜日)19時開演
席も2階の前の方でほぼ正面というとてもよい席です。
このチケット通常5000円を3500円でいかがでしょうか。
欲しい!という方いらっしゃればメール、お電話などでご連絡ください。


● 現在取り扱っている演奏会のチケット

9月29日(土曜日)18:30開演 だいしホール
「新潟フルートアンサンブル・アカデミー第8回演奏会」前売り1500円

9月29日(土曜日)14時開演 トミオカホワイト美術館
「第15回 佐藤園子ピアノリサイタル」前売り2500円 学生子供1500円

10月2日(火曜日)18時半開場 19時開演 新潟市音楽文化会館
「東京交響楽団弦楽アンサンブル~中越沖地震復興支援チャリティーコンサート」前売り2500円

10月7日(日曜日)14時開演 音楽文化会館ホール
「ネーベル室内合奏協会 第59回定期演奏会」前売り1000円 学生500円

10月7日(日曜日)18時半開演 りゅーとぴあスタジオA
「藤田 豊 テューバ・コンサート」前売り1500円

10月10日(水曜日)18時開場 18時半開演 だいしホール
「T.セーヴェルー&E.J.ロッティンゲン ジョイント・リサイタル2007」
全席自由 一般2000円 学生1000円 1枚のチケットで2名まで入場できます。

10月13日(土曜日)18時開演 だいしホール
「田中弦楽アンサンブル 第13回演奏会」前売り1000円

10月14日(日曜日)13時半開場 14時開演 だいしホール
「ピアノアンサンブルによるFiori MUSICALI 3 名曲を集めて」前売り1500円

10月14日(日曜日) りゅーとぴあコンサートホール 14時開場 14時半開演
「洋楽の夕べシリーズ〜5人のアーティストによるジョイントリサイタル」
入場料 1000円 全席自由

10月15日(月曜日)、10月16日(火曜日) 
タウンR(新潟市西区山田749−1 駐車場あり) 18時半開場 19時開演 20時20分終了予定
「五十嵐尚子&アンサンブル モーイ October Concert」
一般1800円 高校生以下800円

10月17日(水曜日)19時開演 新潟市音楽文化会館
「第15回 佐藤園子ピアノリサイタル」前売り3000円 学生子供2000円

10月28日(日曜)だいしホール 13時半開場 14時開演
「リュリ氏を偲んで」全席自由 前売り・当日1000円

10月19日(金曜日) 18時開場 18時半開演 新潟市音楽文化会館
「打楽器アンサンブルグループ Ripple Ring 1st.concert」
全席自由 一般2500円 学生1500円

10月21日(日曜日)13時半開場 14時開演 りゅーとぴあコンサートホール
「新潟室内合奏団 第54回演奏会」(独奏 奥村愛)前売り1000円 

10月27日(土曜日)18時開場 18時半開演 だいしホール
「田中幸治 plays シューマンVol.2」前売り一般3000円 ペア券5000円

10月28日(日曜日)14時半開場 15時開演 長岡リリックホール
「ふれあいコンサート~音とこころがつながるオーケストラ」前売り一般2000円 高校生以下1000円

11月8日(木曜日)だいしホール 19時開演
「桐山建志 無伴奏ヴァイオリンリサイタル」前売り2500円(当日3000円)

11月18日(日曜日)だいしホール 13時半開場 14時開演
「栄長敬子ピアノリサイタル」
一般2000円 学生1000円 当日は500円増し

11月23日(金曜日祝日)13時開場 13時半開演 カトリック花園教会(定員80名)
同日 17時半開場 18時開演 古町8羊画廊 (定員30名)
「花岡和生 岡田龍之介 リコーダー・チェンバロコンサート」
昼・夜いずれも3000円

11月23日(金曜日)14時開場 14時半開演 だいしホール
「広瀬恵子 ギター&ピアノデュオへの誘い 6」
全席自由 一般2500円 学生1500円(当日は500円増し)

12月16日(日曜日)りゅーとぴあ劇場 15時開場 15時半開演
「渋谷文太郎 リサイタル2007新潟 vol.4」
全席自由 3500円(当日4000円)


●お客様よりキャンセル分の転売を依頼されているチケット

NEW
noismの新作公演「W-view」の初日!10月5日(金曜日)19時開演
席も2階の前の方でほぼ正面というとてもよい席です。
このチケット通常5000円を3500円でいかがでしょうか

10月13日(土曜日)横浜みなとみらいホール 14時開演
「上岡敏之 指揮 ヴッパータール交響楽団」
席は1階の16列です。9000円をご好意により8000円で。


9月25日 午後8時時点でのお知らせです

最後にいつもの私のブログ上下10から。
今日はnozopooさんのブログ「nozopooな毎日(東北人の大阪顛末記)」
私も思いました「大阪は外国じゃ」って。
そんなことを思い起こしながら楽しく読んでました。
(でも大阪の女性は日本一だと思ったなぁ)
by concerto-2 | 2007-09-26 23:29 | 取扱チケットの御案内 | Comments(2)

「天井桟敷の人々」

今日は昨日の振り替え休日でした。
よしあそこ行ってこよう!というとこがあったんですよ。

それは新潟市豊栄図書館。
安藤忠雄さんが新潟市で最初に設計した建築ということで知られた図書館です。
前からいつか行こうと思っていたのですが、月曜が休館日なので行けなかったんです。
こういう時こそチャンス。

しかし、前日5時起き、そして今日は朝4時まで起きてて7時に目が覚めました。
かなりむちゃくちゃな睡眠をしたら今朝は頭がいたくて午前中いっぱい寝てました。
ということで豊栄図書館はキャンセル。
うーんむちゃはできない年齢になったなぁ~。

そういえば来週の月曜日はたしか新潟市に新しくオープンする図書館「ほんぽーと」の開館日です!やった月曜日にオープンするなんて嬉しい。
行かなくては。楽しみです。

一眠りして午後には体調も復調して、それでは今日はDVDを見ようかな~ということで選んだのが
「天井桟敷の人々」です!
これとにかく長いので(188分)なかなかきちんと見れなかったんですよね。
このDVD、お客様からの頂き物なんです。ちゃんと見ないと。
実は見たこと無かったんです。
歴代の洋画ランキングとかあると必ずベスト10に入る名作中の名作ですね。

見た感想。
1部と2部に分かれています。おそらく上映では休憩を入れるのだと思います。
やっぱちょっと長いかも。
しかしなかなか面白いです。
特にこれ見た人は必ずみんな言うと思いますが主役のパントマイム役者バチスト役のジャン=ルイ・バローの無言劇はすごい!
劇団の中の話のことなので劇中劇シーンが多いのです。
恋敵役の方の劇シーンもいいのですが、ルイ・バローさんのパントマイムには目を釘付けにされます。これだけでも見る価値ありです。
この方って調べたらパントマイムの神様といわれるマルセル・マルソーと同門の兄弟弟子なんですね。ほんとすごいです。
長いですが、やはり見る価値あり、さすが現在でも名作中の名作と言われるだけのことはあります。
唯一のネックは何人もの男に惚れられることになるヒロイン役の女優さんがちょっとお年がいってる。。。かな~。(当時47歳)
でも有名な女優さんであったことと、ドイツ軍とのからみもあったようですね。
一番驚きなのはこの作品は1945年、ドイツに占領されていた時代のフランスの作品ということです。
全然そういう時代背景を感じさせない作品です。

とにかくジャン=ルイ・バローさんのパントマイムを見るだけも価値ありです。
良い作品を観ました。

最後に昨日のブログ順位上下10からのご紹介はfelice30さんのブログ「ひとつぶの幸せ」
なんか感動します。じーんときました。
by concerto-2 | 2007-09-25 23:49 | 映画のこと | Comments(2)
祝日の月曜、私の予定はまずFM新津さんでの「Dr横坂のくらくらクラシック」の収録からスタートしました。
今回は朝8時半からの打ち合わせになるので早く行かなくては。
と思って5時台に起きて準備。余裕を持って7時台に新津到着。
いつものように新津駅からは徒歩。朝の風が心地よかったです。

収録の方はまぁまぁうまくできたのではないかな~と思っています。
やはり横坂先生がいらっしゃると進行がスムーズ。さすがです。
今日私が収録したのは来月の第1週土曜日の朝9時からです(再放送は翌週水曜日夜9時から)
76.1Hzですから、よろしくお願いします。

収録を終わってからすぐ店に戻り、そして午後2時からはりゅーとぴあコンサートホールで行われた
「新潟メモリアルオーケストラ第17回定期演奏会」に行ってきました。

このオーケストラは新潟大学オケの卒業生オケです。
遠方に行かれてるOBOGの中にもこの演奏のために戻ってこられる方々もいらっしゃるんですよ。
年1回のこの演奏会、指揮は日本指揮界の重鎮山岡重信さん。
現代においてはとても珍しくなったロマン的な指揮をされる方です。
フルトヴェングラーやクナッパーツブッシュの感じと思っていただければよいかと。
あまりに個性が強いので好き嫌いはあると思いますが、とにかく強烈な個性ゆえに聞き逃すことはできません。
プログラムは
ブラームス:大学祝典序曲
R.シュトラウス:ドンファン
ブルックナー:交響曲第4番

アンコールはブルックナー:交響曲第7番第3楽章からトリオ

最初のブラームスから山岡節炸裂でした。
ねばるテンポ、大きく開けられる休符、濃い~表情。
いやいや御見それいたします。
このブラームス、最後の和音であまりに大きく間を開けた解釈のため、なんと1発目の和音のあとまだあとが続くのに拍手が起きてしまうというおまけまでつきました。
無理からぬ怪演でした。

そして「ドンファン」オケが頑張っていました。木管の方々の熱演が光りました。特にオーボエさん。

休憩後はいよいよメインのブルックナー4番!!
最初のホルンソロ大丈夫なんだろうかとどきどきしていましたが、なかなかの滑り出し!
新潟メモリアルオケのホルンパートさんって最近すごくレベルアップされてきたと思います。
ブル4全体を通して一番頑張っていましたよ。ブラボー!

演奏は山岡さんにしては(しては、です)普通かな~と思っていました。
しかし最終楽章!!やってくれますね~
私もこの4楽章ってものすごく好きなんですよ。
その大好きな4楽章をここまでか!というくらいに個性的にやった演奏でした。
テンポの変化や大きな間を空けて強調するところ、全てが決まっていたと思います。
聞いていても力はいりました。
それにほんとこの4楽章って曲が最高ですよね。ブルックナーの交響曲楽章の中でも私は5本の指に入れます。

熱演でした。
御大の指揮に合わせて演奏されたオケの皆さんもお疲れ様でした。
なじみの方々にはいつも終演後感想のメールを送ってるのですが今回できませんでした。あさって送りますね。秋田に戻られたチェロのIさん参加されてたんですね。うれしかったですよ!

このいつも記憶に残る演奏を行う新潟メモリアルオケ、次回はマーラーの3番!!
これは壮絶な演奏になりそうです。
楽しみにしています。

話し変わって今回りゅーとぴあさんに早い者勝ちの告知がありましたのでご紹介。
限定100名様限りでヴァイオリンの磯絵里子さんのリサイタルがスタジオAで開かれます。
11月21日(水曜日)19時開演。
プログラムがすごいんですよ!「オール・ベルギー・プログラム」。
ヴュータン、イザイからともに数曲、そしてメインはルクーのソナタ!すごい!
そして伴奏のピアニストが岡田将さんというのも大きな魅力です。
これは早い者勝ちです!
(インフォの皆さん私も1枚!あさって行きます)

あとこれも知られてないかもしれませんが11月17日に新津美術館で19時から
「磯絵里子&高橋多佳子 デュオリサイタル」があります。
こちらは美術館さんに聞いたらまだ席があるそうです。チケットとかはなくて美術館さんに直接頼むそうです、電話でも可。料金は2500円。
とーーってもいいコンビですよね。それに話も上手なお二人なのできっと楽しいコンサートになるのは間違いありません。(それに二人とも美人だし。。)
う~ん行きたいけどちょっと場所が遠いなぁ~。
この二人でならりゅーとぴあコンサートホールでもきっと大丈夫ですよね。
いつか来て欲しいものです。

以上はお得な(お得になりましたでしょうか?)お知らせでした。

今日のFMの収録でも横坂先生がおっしゃられていました。
「秋になりました、ぜひ演奏会に足をお運びいただいて生の音楽に触れてみてください」
あぁ私と同じことおっしゃられている、、感激!でした。
これからいろいろあります。ぜひ!コンサート会場にお越しください!
by concerto-2 | 2007-09-24 23:53 | 演奏会のこと | Comments(2)
「月刊にいがた」という新潟で発売しているタウン誌があります。
まぁ新潟のタウン誌としてはもっとも部数が多い方の月刊誌ですね。

その最新号、特集はカフェ特集。。

ふ~ん。。。と思ってつらつらめくって。。ふと思うのは私のマイフェバリット喫茶店、東堀の「カフェド陶」がちらっとでものってるのかなぁ~。。。でもあそこは知る人ぞ知るというところが~い・い・と・こ・ろ♪(by葛城ミサトさん風)

と思っていたら、なんとどどーーん!と1ページも使って出ているではありませんか。
思わず書店で「えぇー!」と声が出てしまいました。
マスコミ嫌いではなかったのか~。すごいぞ。

そのカフェド陶についてご説明しますね。
東堀なので当店と同じ通りです、でもちょっと4ブロック離れてるので近くではないです。でも歩いて5分くらいかな。
なかなか場所もすぐにはわからないとこにあります。あえてそれは説明しません。
店内に入るとかっちょええ美人のオーナーが出迎えてくれますよ。

正直ちょっと男性一人では敷居も高いかも。私は全然気にしてませんが。
それと「う~ん僕はコーヒーの味にはうるさくてねぇ~」という方は歓迎されませんから。

特に女性にはたまらない空間でしょうね。
ちょっとした隠れ家的なところです。音楽家の方にもファンが多いんです。
私も何人かお連れしたことがあります。

そしてここはなんといってもスイーツが絶品!
オーナーは友人なのですが「君は天才だ!」とか私は言ってます。

この秋には新作が2つ加わりました。
私はさっそく両方食べましたよ!
1つは「季節の果物とチーズクリーム」おいしかったですぅ!
そしてもぷ1つのこれが絶品!「いちじくのスパイシーソース」
e0046190_22312535.jpg

私が食べたのは冷たいのですが、熱いのもあります。
「やはりおみゃは天才じゃ!」とオーナーには言いました。

この「カフェド陶」なかなかいいとこですよ。
落ち着けます。
私のブログを見て来ました。。といけば何がいいことが。。。あるかなぁ~(別にありません)

あとご紹介したいのがもう1件
以前、西堀にこんなのできたんですよ~って書いた「紙織」、おぉなんて馬鹿な私。
名前が違ってました!
「蔵織」が正しい。そして読みを「クラオレ」と思ってました。(テレビでもそう言ってた)
正しくは「クラオリ」でした。
2回ほど行って来ました。ほんとよくできています。
今やってる展示はこれ
e0046190_22473994.jpg

「アンダーグラウンドポスター展」
サイケなポスターがたくさん並んでいます。
そんな中大感動したものが!これです。
e0046190_22492664.jpg

なんとここクラオリの志賀オーナーが東芝EMI時代に作ったグランドファンクレイルロードのポスターです。(おお!「孤独な叫び」最高!)
そしてなんとこのポスターはビルボード誌にもでかく取り上げられたというポスターなんです。
おぉこれはすごい。
あとEMIの1971年のカレンダーもオーナーがつくられたそうで展示されてました。
ビートルズやグランドファンク、バンド、ステッペンウルフ、そしてピンクフロイドなどなどが出ています。涙ものですよ~。
オールドロックファンは駆けつけるべしです。

今日はいろいろと志賀オーナーからもお話してもらいました。ありがとうございます。
西堀の新たなスポット!なかなかいいですよ。

もう1つ。
コメントまでよせてくださったssd-clinicさんのブログ「SSDクリニック」をご紹介します。
とてもためになります。最近医療ものに関心あるんです。
医療のお仕事というのはたいへんですね。
でもとても大事なお仕事です。頑張ってください。

明日はFMの収録です、寝ぼけないようにしないと。
そして午後はコンサートです。新潟メモリアルオケの皆さん楽しみにしてます!
新潟屈指のリコーダー奏者N先生いけなくてすいません!

うおー来週の「風林火山」は絶対見なくては!燃えるぜ川中島決戦!
by concerto-2 | 2007-09-23 22:54 | お友達ショップ紹介 | Comments(4)
土曜日はりゅーとぴあコンサートホールで午後5時から行われた
「山本真希オルガンリサイタルシリーズNo3」

今回のテーマは「オルガンソナタ」
サブタイトルは「バッハのトリオソナタから珍しいオルガンとピアノのソナタまで」
演奏された曲は
CPEバッハ:オルガンソナタwq70/6
JSバッハ:トリオソナタ第1番BWV525
メンデルスゾーン:オルガンソナタ第1番

ラウクヴィック:オルガンとピアノのためのソナタ
ロイプケ:オルガンソナタハ短調詩篇94番

アンコールはヒンデミットのオルガンソナタから(ピアノとオルガンでの演奏)

アンコールの曲とラウクヴィックの曲は山本さんのオルガンに園田文子さんのピアノが加わります。
パイプオルガンとピアノのデュオというのははじめて聞きました。
なかなかよかったです。
でも合わせるのはたいへんそうですね。ピアノ側にモニタースピーカーがセットされてましたが、やはり必要になるのでしょうね。

それでこの山本さんの今期のオルガンシリーズは全部聞いているのですが、全て後半が素晴らしいですね。
前半も悪くはないのですがどちらかというと前半が一般的なプログラムにしているのに対し、後半は山本さんがほんとに弾きたい曲というのを持ってこられているのではないでしょうか。
前回のフランスプロのときも前半より後半が良かったです。
今回も後半の2曲は全く聴いたことがなかった曲でしたが聞き入りましたよ。
おかげ様で終演後店に戻ってたら、やはりコンサートを聞いてこられたお客様が何人か来られて「さっきの最後の曲のCDありますか?」と聞かれました。
無かったのですがとりよせることになりました。山本さんに感謝。

それと今回アンコールの前に山本さんが珍しく長くお話になられましたね。
これがとてもよかったです。
どことなくクールなイメージがあって近づきがたいような感じを受ける山本さんですが、こうしてお話になられることは客席との距離感がぐっと縮まることになります。
すごくよかったです。

その山本さんのお話にもありましたが、りゅーとぴあでは今年だけでもまだこのパイプオルガンに触れることができるコンサートがまだ4つもあります。
9月29日(土曜日)11時~11時半「春のオルガンスペシャル、オルガンファミリーコンサート」入場無料
10月7日(日曜日)14時~「りゅーとぴあオルガン講座受講生発表会」入場無料
11月16日(金曜日)19時~「ヘルムート・ドイチュ オルガンリサイタル」
12月21日(金曜日)19時~「オルガンクリスマスコンサート」
最初の2つは入場無料です。
せっかくあんな大きく高価なパイプオルガンがあるんです。
多くのお客様に聞いて欲しいですね。もったいないですよ。
ぜひ迫力ある低音から繊細な高音まで魅力ある楽器です。ぜひ聞いてみてください。

とてもよい演奏会でした。
山本真希さん、園田文子さんありがとうございました。
e0046190_27096.jpg


あとちょっと私ごとではありますが、昨日は私の28歳プラス192ヶ月の誕生日でした。
インフォのみなさんありがとうございました。
e0046190_293744.jpg

アトリエ エリナのだなんて感動です。
お返しは期待しててね。
ほんとにありがとうございました。あぁまた肥える。。

最後に昨日のブログランキングの前後10からのお勧め
naru8090さんのブログ「Mrtn Directory」折り紙の達人さんのようです。すごいですよ。
あとこの前新潟でも展示会があったロバート・サブダのことも書いてありました。
思わず1冊買いましたが、ほんとすごいですからね。

今日の日曜日はだいしホールでアゴスティーニさんのコンサートがあります!
たくさんのお客様が集まってくださるかな!
by concerto-2 | 2007-09-23 02:14 | 演奏会のこと | Comments(4)

この3連休は!

昨日はFM新津さんで一緒に番組「Dr横坂のくらくらクラシック」をやっている野村さんがきてくれてかる〜く打ち合わせ。
収録は来週の月曜。
「え〜っとたしか9時集合ですよね」と私。
「いえ9時から収録なので、事前のミーティングは8時半からですよ」(えっ!)
く〜頑張って遅れないようにしなくては。。。

最近、店にご来店されたお客様から、このFMの感想を聞く事が多くなりました。
なにせやってる本人たちが放送聞いていないので、あまり今まで「どう聞かれているのか」
を私もあまり気にして無かったのですが、反応やご意見を聞くと嬉しいものです。
ぜひ放送は土曜日の朝9時からと再放送が翌週水曜日の夜9時からです。
新潟市内からでも場所によってとか車に乗ってという状況でも聞けたりします。
チャンネルは76.1hz
感想とかありましたら、ぜひ私の方まででも。

来週の収録は来月の1週目のを収録して来ます。
私の時はわか〜り易いのをお届けしますので。

さてそれでこれから始まる3連休ですが、まず最初の22日土曜日!
FMでの我々の親分こと横坂先生のご子息、横坂源さんのリサイタルがあります!
新潟市(旧 豊栄市)北区柳原 こまくさ保育園 18時半開演
入場料は3000円です。
プログラムは ストラヴィンスキーのイタリア組曲、コダーイの無伴奏チェロソナタ、ブラームスのチェロソナタ第1番。
私も先生からお誘いを受けたのですが、すいません!!

で、なぜに「すいません」かというと、こちらの方にいくことになっていたからなんです。
りゅーとぴあコンサートホールで17時開演
「山本真希オルガンリサイタルシリーズNo3」

我らが素敵なオルガニスト、山本真希さんのリサイタルがあります。
これに私やマルチン大作さんなどはいくんですね。
このシリーズ、前回のフランスプロはもんのすごくよかった!ビックリするほど。
も〜マルチンさんなどは感動のあまり涙が出たそうです。
同じオルガニストとして私なんかより感じるものがあったんでしょうね。ちなみに年齢も同じそうですし。
今回も楽しみにしています。このコンサートはまだ席もあるそうなので、興味ある方にはぜひお勧めです!

その他この土曜日には
音楽文化会館で声楽(合唱だったかな)の「風」の10周年記念コンサートがあります。14時開演。
上古町のワタミチでは夜9時から堀川久子さんの舞踏があります。
古町6の喫茶MAKIさんではわが師匠、榎本正一と高木明子さんのジョイントコンサートがあります。こちらは夜7時から。

そして日曜日。
この日はなんといってもだいしホールで行われる
「アゴスティーニ&岡田龍之介 デュオコンサート」でしょう。午後2時から開演。
当店からはスタッフとして1号さんが行く事になっています。
これはお勧め!

長岡の方では佐渡裕&シエナのコンサートがありますね。おそらく超満員なことでしょう。

そして祝日の月曜日。
この日はりゅーとぴあコンサートホールで新潟メモリアルオーケストラの定期演奏会があります。
今回のメイン曲はブルックナーの4番。
指揮は御大、山岡重信さん。
山岡さんの指揮は今世界を見回してもあまりいないと思われる個性的な指揮です。
メモリアルオケの熱演に御期待を!

同じくりゅーとぴあのスタジオAでは先日県政記念館で楽しいコンサートされてばかりのチェンバリスト八百板さんのチェンバロ教室発表会があります。
チェンバロが聞けるのはもちろんの事、リコーダーや声楽とのアンサンブルも聞けるようですよ。
ぜひ新潟屈指のリコーダー吹きの方も登場されます!きっと楽しいかと思いますよ。無料です。

音楽文化会館ではやはり午後2時から鈴木メソッドさんの発表会があるようです。
こちらも無料。

ワタミチでは午後3時から中央ヤマモダンの公演があります。コントで笑ってみたい方はぜひお勧め。きっと汗だくで頑張る山本団長に感動する事でしょう!
夜にはロングラン継続中の二人芝居があります。

ちょっと遠いですが胎内の方では鮫島有美子さんがコンサートをされます。チケットは早々に完売だったとのこと。相変わらず人気は高いですね。

ぜひ生の演奏会に足をお運び下さい。
by concerto-2 | 2007-09-22 10:10 | 演奏会のこと | Comments(0)
もうまもなく日も変わりますが、この9月20日って日は、かっては特別な一日だったんです。
以前勤めていた会社の本決算日が9月20日だったんです。
何をするかというと店内にある商品やら資材やらを全部数える!
だいたい数え終わるのが午前様の1時頃。それからまたPCの作業とかして退社するのが2時か2時半。
今でも9月20日になると、そんなことを思って懐かしんでいます。

それで今日の木曜日は一人店番の曜日。
今日は特にお電話での問い合わせが多かったです。
開店前にはペギー葉山さんのご注文!!
他にも平等院にある国宝ものをイメージして作曲されたオルガン曲とか。。
韓国ドラマの曲とか。。。
最近あったものでは野鳥のDVDとか、すごいのではお客様がディストリビューターとして加入されてる某企業のパーティーのDVDの中で偉い人が出てくるときにかかってる曲!!などなど。
クラシックに限らず、何でも受けます!!
けっこう他ジャンルのものを調べるというのも楽しいです。(うんうん悩みながら調べてるのが楽しい)
裏を返せば一般的なCDショップにマイナージャンルのものがなかなか無くなって来たということでしょうね。

そんな中新たにお持ちいただいた演奏会チケットがあります。
それは「シャンソン」!!
前にもこのブログで書いたことがある新潟出身の若手シャンソン歌手の渋谷文太郎さんです。
ぜひ応援よろしくお願いします!

12月16日(日曜日)りゅーとぴあ劇場 15時開場 15時半開演
「渋谷文太郎 リサイタル2007新潟 vol.4」
全席自由 3500円(当日4000円)
曲目
バラ色の人生
アルディラ
君に涙と微笑を
千の風になって
おおわが人生
etc。。。


続きましてチケットの転売希望でのお預かり分です。2件です!
まずは10月8日(月曜日、祝日)りゅーとぴあコンサートホール 17時開演
東京交響楽団さん新潟定期。
席は正面の2階の前列あたりです。S席。
5000円のチケットをご購入者のご好意により4500円。
演目がモーツアルトのレクイエムなので真正面で合唱が聞けます。とてもいい席ですよ。

もう1件は横浜。
10月13日(土曜日)横浜みなとみらいホール 14時開演
「上岡敏之 指揮 ヴッパータール交響楽団」
席は1階の16列です。9000円をご好意により8000円で。
演目はモーツアルトのピアノ協奏曲23番とブルックナーの7番。
上岡さんのブル7は演奏時間が世界最長だということで話題になってますよね。
それに指揮者の上岡さんそのものが今すごい話題の人です。
さぁどれだけすごいのか実際聞いてみるのが1番ですね。

以上2件です。なお詳しい席の場所などについてはメール、電話などでお尋ねください。


● 現在取り扱っている演奏会のチケット

9月23日(日曜日)14時開演 だいしホール
「フェデリコ・アゴスティーニ&岡田龍之介 スピリチュアル・コンサート」前売り3500円

9月29日(土曜日)18:30開演 だいしホール
「新潟フルートアンサンブル・アカデミー第8回演奏会」前売り1500円

9月29日(土曜日)14時開演 トミオカホワイト美術館
「第15回 佐藤園子ピアノリサイタル」前売り2500円 学生子供1500円

10月2日(火曜日)18時半開場 19時開演 新潟市音楽文化会館
「東京交響楽団弦楽アンサンブル~中越沖地震復興支援チャリティーコンサート」前売り2500円

10月7日(日曜日)14時開演 音楽文化会館ホール
「ネーベル室内合奏協会 第59回定期演奏会」前売り1000円 学生500円

10月7日(日曜日)18時半開演 りゅーとぴあスタジオA
「藤田 豊 テューバ・コンサート」前売り1500円

10月10日(水曜日)18時開場 18時半開演 だいしホール
「T.セーヴェルー&E.J.ロッティンゲン ジョイント・リサイタル2007」
全席自由 一般2000円 学生1000円 1枚のチケットで2名まで入場できます。

10月13日(土曜日)18時開演 だいしホール
「田中弦楽アンサンブル 第13回演奏会」前売り1000円

10月14日(日曜日)13時半開場 14時開演 だいしホール
「ピアノアンサンブルによるFiori MUSICALI 3 名曲を集めて」前売り1500円

10月14日(日曜日) りゅーとぴあコンサートホール 14時開場 14時半開演
「洋楽の夕べシリーズ〜5人のアーティストによるジョイントリサイタル」
入場料 1000円 全席自由

10月15日(月曜日)、10月16日(火曜日) 
タウンR(新潟市西区山田749−1 駐車場あり) 18時半開場 19時開演 20時20分終了予定
「五十嵐尚子&アンサンブル モーイ October Concert」
一般1800円 高校生以下800円

10月17日(水曜日)19時開演 新潟市音楽文化会館
「第15回 佐藤園子ピアノリサイタル」前売り3000円 学生子供2000円

10月28日(日曜)だいしホール 13時半開場 14時開演
「リュリ氏を偲んで」全席自由 前売り・当日1000円

10月19日(金曜日) 18時開場 18時半開演 新潟市音楽文化会館
「打楽器アンサンブルグループ Ripple Ring 1st.concert」
全席自由 一般2500円 学生1500円

10月21日(日曜日)13時半開場 14時開演 りゅーとぴあコンサートホール
「新潟室内合奏団 第54回演奏会」(独奏 奥村愛)前売り1000円 

10月27日(土曜日)18時開場 18時半開演 だいしホール
「田中幸治 plays シューマンVol.2」前売り一般3000円 ペア券5000円

10月28日(日曜日)14時半開場 15時開演 長岡リリックホール
「ふれあいコンサート~音とこころがつながるオーケストラ」前売り一般2000円 高校生以下1000円

11月8日(木曜日)だいしホール 19時開演
「桐山建志 無伴奏ヴァイオリンリサイタル」前売り2500円(当日3000円)

11月18日(日曜日)だいしホール 13時半開場 14時開演
「栄長敬子ピアノリサイタル」
一般2000円 学生1000円 当日は500円増し

11月23日(金曜日祝日)13時開場 13時半開演 カトリック花園教会(定員80名)
同日 17時半開場 18時開演 古町8羊画廊 (定員30名)
「花岡和生 岡田龍之介 リコーダー・チェンバロコンサート」
昼・夜いずれも3000円

11月23日(金曜日)14時開場 14時半開演 だいしホール
「広瀬恵子 ギター&ピアノデュオへの誘い 6」
全席自由 一般2500円 学生1500円(当日は500円増し)

NEW
12月16日(日曜日)りゅーとぴあ劇場 15時開場 15時半開演
「渋谷文太郎 リサイタル2007新潟 vol.4」
全席自由 3500円(当日4000円)


●お客様よりキャンセル分の転売を依頼されているチケット

NEW
10月8日(月曜日、祝日)りゅーとぴあコンサートホール 17時開演
東京交響楽団さん新潟定期。
席は正面の2階の前列あたりです。S席。
5000円のチケットをご購入者のご好意により4500円。

NEW
10月13日(土曜日)横浜みなとみらいホール 14時開演
「上岡敏之 指揮 ヴッパータール交響楽団」
席は1階の16列です。9000円をご好意により8000円で。


9月20日 午後8時時点でのお知らせです

最後に恒例のブログランキングにおける私の前後10のブログからご紹介。
まずは、びっくり!私が楽しんでみてるテレビ番組「アイチテル」にレギュラーで出ているレイラさんのブログ「レイラ」さすがはモデルさん、かっこいいですね。でもオーディションだとかアルバイトだとか、テレビに出てるといってもそんなに裕福なわけではないようですね。そういうものか。。

続いて、釣り好きにはたまらないかも。
一魚一会さんのブログ「年がら年中天竜川」
つりが好きだー!というのがよく伝わる楽しいブログです。写真もきれい。

あとおまけに私が最近見つけたのを一つ。
カーリングのマリリンこと本橋麻里さんのブログがスタートしてます。
「カーリング本橋麻里 公式ブログMariLog」
この人いっつもにこにこしてて好きです。プレーヤーとしても大きくなって欲しいですね。
by concerto-2 | 2007-09-20 23:17 | 取扱チケットの御案内 | Comments(0)