コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 06月 ( 41 )   > この月の画像一覧

ついに土曜日は待ちに待った新潟大学管弦楽団のサマーコンサートがひらかれました。
半年の練習の成果のおひろめですね。
りゅーとぴあコンサートホールにて夜6時半の開演。

お客様の入はまぁまぁでしょうか。
e0046190_32445.jpg


プログラムは
ヴェルディの歌劇「運命の力」序曲。
通称「ウンリキ」ですね。木管のソロがとてもきれいでしたね。

ストラヴィンスキーのバレエ組曲「火の鳥」
今回の火の鳥はとても珍しい1945年版でした。
私も実演で1945年版を聞いたのは初めてでした。最後のテーマの演奏の仕方が大きな違いですね。1919年版の方を聞きなれてるから新鮮でした。
前半プロとしては異例の盛り上がり。まるでメインプロのようでしたよ。

休憩をはさんでいよいよメイン。
ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」。
まずびっくり!!
おそろしく演奏する人数が多い!
管の倍管はまぁよくあるとして、弦がそれぞれ13~15人くらいでしょうか。
ところ狭しと弦の奏者がならぶ光景にまず驚き。まるでショスタコーヴィチをやるんじゃないか!という感じでした。
最近ベートーヴェンというとスリム化された布陣が普通になので、これは分厚い演奏になるなと思いました。今では珍しいですよ。

でも演奏者が多いということは部員さんが増えたということで歓迎すべきことです。
どんどんレベルアップしていってほしいですね。

演奏は熱い演奏でした。こんだけ弦が多いと木管はちょっとたいへんかなとも思いましたが、各パートがんばっていました。
中でも私はファゴット頑張ってるな~と聞いてましたが、皆さんはどうでしたでしょうか。
最終楽章は鈴木さんの素晴らしいピッコロの音色とともに大盛り上がりでした。
これだけ多くの弦をまとめるパートリーダーの方はたいへんだったと思います。

金管やパーカッションも頑張ったと思います。どのパートもそうですがどんどん若返っていく学生オケの宿命の中、パートのレベルを維持するべく努力があったはずです。そういう意味ではトランペットの井口さんには拍手を送りたいと思います。

若手の奏者にも上手な方が増えました。これからも新大オケはどんどん上手くなりますよ。
2年くらい先には今とまったく性格の違うオケになっているかもしれません。
楽しみにしてます!

アンコールはブラームスのハンガリー舞曲の6番。
こういう曲は指揮者の河地先生の十八番ですね。
いつもながら河地先生の指揮はうまく学生オケをまとめています。
大きくあおったりすることの無い、どちらかというと堅実な演奏をされる方ですが、実に味わいのある演奏です。サヴァリッシュさんとスイトナーさんに師事されてたというのもうなずけます。
OB,OGオケでは山岡先生のもとやれてますし、新大オケは本当に良い指導者に恵まれていると思います。

大変勢いのある学生さんたちのパワーを感じさせてくれたコンサートでした。
皆さんお疲れ様でした。

新大オケの次は12月15日、スメタナの「わが祖国」がメインです。
かなり思い切ったプロですね。期待しましょう!
by concerto-2 | 2007-06-30 23:53 | 演奏会のこと | Comments(6)

ちょっとしたお知らせ

今日の土曜日から日ごろの感謝といたしまして
ちょっとしたセールをしたいと思います。

50パーセント特価品をご用意してます。
ライブCDR盤は全商品半額にします(在庫品に限り)

あっ、でもセールの商品は取りおきはご勘弁下さい。
来週週末まで1週間の予定。

以上ちょっとしたお知らせでした。

さぁ!!いよいよ新潟大学管弦楽団のサマーコンサート当日です!!
ふるって聞きに行きましょう!!

りゅーとぴあで6時半からです。

もし、早く来すぎちゃったよ。という方には5時から音文で新潟チェロアンサンブルが演奏をしてます。ちょっとそっちを先に見てというのもいいでしょう。お勧めです!
by concerto-2 | 2007-06-30 01:28 | いらっしゃいませ! | Comments(5)
強い雨で始まった金曜日。
そんな中お越しいただいたお客様ありがとうございました。

金曜日はりゅーとぴあさん主催でやっている実力派若手ピアニストを招いているピアノリサイタルシリーズの第18回目。
今年は最近バッハのCDなどで俄然注目を浴び始めたドイツ待望の若手ピアニスト、マルティン・シュタットフェルトさんです。

まだ27歳、CDではゴールドベルク変奏曲が個性的な演奏でグールド以来!の演奏とか言われてますよね。
私も聞きましたがなかなか個性的な演奏でした。

今日の演奏会では残念ながらプログラムにはバッハはありませんでした。
プログラムは
モーツアルトの13番ソナタ
シェーンベルクのピアノのための6つの小品
モーツアルトの8番ソナタ

ベルクのソナタ
シューベルトの21番ソナタ

さすがは待望のドイツの若手。ドイツオーストリアもので固めてますね。
これは地元で人気でしょう。
しかし盛りだくさんなプログラムですね。

実は聞いた印象も「盛りだくさん」な感じでした。
なんかいろいろやってるなぁ~って感じに私には思えました。
厳しいーと思えばえらくロマンチックな感じになったりと。
力いっぱいにバーン!ってタイプではないですね。
スケールは小さいけれど小技はきくぜ。ってタイプかな。

モーツアルトはあんまり合ってない気もしたんですが。。
でもシェーンベルクをやってそこで間を空けずにモーツアルトの8番に入ったときは「おぉ」と思いました。
ベルクはちょっと熱い演奏だったかな。
シューベルトは特に2楽章以降よくなってきたかなと思いました。なかなか緊張感ある演奏でしたよ。
アンコールはバッハ2曲。一緒に聞いてたピアノの某先生が「あら、ちょい悪君みたいなバッハだわねぇ」とおっしゃってました。なるへそ~。

シュタットフェルトさんは長身細身でなかなか爽やかな青年でした。
なんか落ち着いてていい感じの若者でしたね。

じっくり腰を落ち着けてレパートリーを徐々に広げていって欲しいものです。
ベートーヴェンやシューマンなんかも楽しみにしたいです。

もうちょっと、、お客様入ってるとよかったですね~。
午後の公演だと入るのかな。多くの人に聞きに着て欲しいシリーズです。
次も楽しみにしてます。(誰かわかりませんが)
by concerto-2 | 2007-06-29 23:54 | 演奏会のこと | Comments(0)

今朝の「アッシュ」

今朝の新潟日報朝刊に折り込まれてた「アッシュ」。
目を通していただけました?

相変わらずクイーン上田のすばらっしい表紙ではじまるこの「アッシュ」
私の記事もあったことを気づいていただけたでしょうか。。。

今日こられたご常連さんに
「今朝のアッシュ見ました?」
「あ~見てない」
(ふ~~ん)

午後コンチェルト3号さんがいらしたので
「今朝のアッシュ見ました?」
「あぁ見たよ、なんかあったっけ?」
「う~んまぁあったというか。。」

「おっ!あれか。栄助寿司の10巻握りセット599円っての?」
(ほぇぇぇぇ~)

ちょうど今日は店に持ってきたのでお見せしました。

何があったかというと、ちょうど真ん中のページ左側に「思い出クラシック」というミニコーナーがあって、そこに私が書いてたのです!
(まぁ別に気に留めていただかなくともいいんですけどね。。。)

どのくらいの人に気づいていただけたか。。。

てきとーにくっちゃべったのを見事にまとめていただいてました。
まぁ大筋は話したとおりですね。

マイフェバリットCDとして取り上げたのは
ドヴォルザーク&サンサーンスのチェロ協奏曲でソロがロストロポーヴィチさん、指揮がカルロ・マリア・ジュリーニさん。というEMIの盤ですね。
これほんとに思い出の盤、当時はレコードですが。
e0046190_2357176.jpg

右がカルロ・マリア・ジュリーニさん。
ドヴォルザークのチェロコンって人に勧める場合にはロストロさんとカラヤンが組んだのをお勧めします。
普通に聞けばその演奏が最高でしょう。まさにチャンピオン同士のぶつかり合い!!

でもこのジュリーニさんがバックをしたのは実に優雅でやわらかく深い。
いかに指揮者で音楽が変わるかということです。
人によっては腰が弱いとか迫力が無いとか言われることでしょう。
でもこの演奏、何度聴いても泣けてきます。
20数年前にジュリーニさんの魅力にとりつかれるようになった、いくつかのうちの一枚です。

アッシュの文面にも書きましたが
私にとってジュリーニさんは理想の大人でした。今でも思っています、あんなおじじになりたい。って。

日が変わって金曜日はりゅーとぴあでマルティン・シュタットフェルトのピアノリサイタルがあります。
夜7時から。
当日券あります!!!(当店では扱ってないですが)
なんかまたまた大変なことになってます。
せっかくの機会、もしご都合よろしければいかがですか。2千円の席もありますよ。
私も聞きに行きます。
こういう若手の演奏家のリサイタルに多くの人集めたいですね~。楽しみにしましょう!

「わたしたちの教科書」最終回なかなかよかったです。さすがは坂元裕二さんの脚本はしっかりしている。心に残る最終回だった。特に朋美役の役者さんはグッジョブ。
ついでにいえば今朝通勤時車の中でFMPORTの遠藤麻里さんの番組をつけたらバンプオブチキンの「天体観測」がいきなり聞こえてきた。
くー!この曲を聴くとドラマ「天体観測」を思い出す。あれは5本の指に入るドラマだったな~。

次のクールにもおもしろいドラマがありますよ~に。
by concerto-2 | 2007-06-28 23:37 | 書籍・コミックのこと | Comments(2)
「新潟市吹フルート大募集中! ご連絡はおいわどんさんまで oiwadon@yahoo.co.jp
とりあえず昨日に引き続きお知らせしてみました。
ぜひやってみたい!という方連絡してみてください。

今日はすごいニュースが!!
エジプト伝説の大女王ハトシェプスト女王のミイラが特定されたというニュース!
家に帰りPCを立ち上げてヤフーを見て飛び上がりました!
へー既に発見されてたんだ~しかも発見者はあのツタンカーメンも見つけてたカーター!!
歴史のロマンですね~。
ハトシェプストといえば数年前に日本の吉村教授が墓を探すぞ!とかいってたのを記憶してます。
まんず驚きました。

テレビといえば先日「山田太郎ものがたり」がドラマになるということを書きましたが、これドカベンの山田太郎のものがたりと思ってる方ほんとにいらっしゃるみたいですね。
まったく別のマンガです。一応少女マンガになるのかな?
すごい面白いですよ!お勧めします。
私全巻持ってました。
よし子は誰がするのかな。。でも好きな原作を実写化されるのは不安です。

さて!水曜日はよ~くこのブログにも書いてる、私が知りうる限り最高のメンチカツを作っている学校町のコロッケ屋さん「クロケット」さんに行ってきました。
行ってきました。。。。と書きましたが。
実は今クロケットさんは閉店しているんですね。
なぜかというと移転するんです。

今までの場所よりぐっと新潟高校に近いとこまでいきます。ちょうど中央高校と新潟高校の真ん中くらいのとこですね。通りは同じ学校町通りです。
(超ローカルな話ですいません)

新しく店舗になるところは空きのまんまで、まだこれから改装するところです。
8月に新規オープンの予定とのこと。
e0046190_0283178.jpg

オーナーの小林さんは当店のご常連様でモーツアルトのファンです。
新しいお店にモーツアルトが響く時を楽しみにしてます!

そんなクラシック好きの小林さん、全然改装に入っていない今でもちゃ~んとこれ貼っててくれました!さすが。
e0046190_037150.jpg

クロケットさんはコロッケがメインです。おいしいです!しかしメンチは感動します!
オープンが待ち遠しいです!!

それとクロケットさんも貼ってくれている新潟大学管弦楽団のサマーコンサートがいよいよ今週の土曜日です!
りゅーとぴあで夜6時半から開演。
プログラムは
ヴェルディの「運命の力」序曲
ストラヴィンスキーの「火の鳥」組曲
それでメインはベートーヴェンの交響曲第5番「運命」です。

白熱のベートーヴェンが聞けると思いますよ。
精一杯の演奏ぜひ聞きにいらしてください!!
by concerto-2 | 2007-06-27 23:39 | お友達ショップ紹介 | Comments(4)

募集!!フルート様。

今日は新潟アマチュアフルート界の人気者である「おいわどん」さんからのお願いがきていたので、ここで告知しますね。
他ならぬおいわどんさんのためなら一肌脱がねば!

新潟市民吹奏楽団さんという新潟でも有名な吹奏楽団さんがあります。
そこでフルートパートがとても少なく、メンバーを募集されているとの事です。
今おいわどんさんと当店のミニコンでも素晴らしい演奏をしてくれた湯浅さんともう一名の3名でやられているそうなのです。
ぜひ私も!と思われる方はおいわどんさんに連絡してみて下さい。
(別においわどんさん怖い人でありませんから、御心配なく(笑))

では私が言うよりおいわどんさんご本人からの募集お願いです
↓ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フルート愛好家「おいわどん」からの団員募集の依頼です。
新潟市民吹奏楽団ではフルートパートの人数が少ないので、フ
ルートパートを募集です。
おいわどんといっしょに、フルートを楽しみませんか?
人数が増えたら、フルートだけのアンサンブルやミニコンサー
トなどを企画したいです。
「おいわどん」メール oiwadon@yahoo.co.jp
「おいわどん」ホームページ http://members.goo.ne.jp/home/oiwakun
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
よろしくお願いします。
by concerto-2 | 2007-06-26 13:49 | 演奏会のこと | Comments(2)
休日の今日、まず朝一番にしたのは
「新聞を見る!!」

う~ん「山田太郎ものがたり」の山田君をやるのが二宮君?う~んイメージ違うよぉ~。大丈夫かTBSドラマ。。。

じゃなくって。。
週末行われた新潟県音楽コンクールの予選通過発表。

まず、この前書いたよく存じ上げている演奏者さん、残念でした。
コンクールは時の運もあるかと思います。

そして見事予選通過された中に知っている人が3人いらっしゃいました。
とりわけ前回、当店のミニコンサートで素晴らしい演奏をしてくれたヴァイオリンとピアノの姉妹さんが揃って通過されてました。おめでとうございます!
でもお二人とも既に数年前に本選にでてらして、なおかつ優秀賞にも輝いているので今回はそれより上を狙えると思います。
本選は見に行きますので楽しみにしてます。心の中で応援してますね!!

その県コンクールで過去に入賞もされていたトランペットの真水京子さんもメンバーに入っているトリオで夜6時半から東北電力グリーンプラザにてロビーコンサートが行われました。
「オリジナルポピュラーコンサート」
トランペット 真水京子さん
パーカッション 柴田祐子さん
ピアノ 五十嵐美香さん

あいにくの雨天でしたがお客様もほぼ満員に近い数でした。
プログラムはチックコリアなどのフュージョンものからビリージョエルやカーペンターズなどのポピュラーもの、ショパンの編曲ものなど多彩に渡った曲が演奏されました。
最後のナンバーがピアソラの「リベルタンゴ」。この曲はラストナンバーとしてはおなじみですね。
でも必ず盛り上がる最高の曲です。演奏も熱演でした!
そしてアンコールは「情熱大陸」。
パーカッションの威力は絶大ですね。柴田さん熱演でした。

なかなか熱くなれたロビーコンサートでしたね。皆さんお疲れ様でした。

あと東北電力のご担当様ありがとうございました。

この東北電力ロビーコンサート、これからの予定は
7月8日 午後2時から午後3時半まで「常夏ハワイアンライブ&フラダンス」
7月11日 夜6時半から7時半まで「オリジナルフォークソング コンサート」
8月26日 「ドキドキわくわく人形劇」
そして!8月31日「summer クラシックコンサート」出演は大作さん白澤さん笠原さんのトリオです。がんばってください!!

あと7月7日の午後には榎本師匠が指導しているオカリナサークル「虹」さんの発表会がここでひらかれますね。
ゲスト演奏で師匠とピアノ高木明子さんが演奏されます。
それも楽しみなんですが、この「虹」さんってすごいですよ。
私の記憶が間違ってなければ、新潟市内のオカリナサークルではダントツのチームです。
ちょっとお勧めしたい演奏会です。

会場内で尺八の鯨岡さんをお見かけしたので、お話したらなんとこのブログも見ていてくださってたとのこと。
ありがとうございます。感激!!
和楽器の世界も琴の奥村さんや三味線の小林さん、そしてこの鯨岡さんとニューウエイブの旗手が何人もいらっしゃいます。今後がすごく楽しみですね。
私もいつもこのお三方についてはチェックいれてました。
お知り合いになれて感激です!皆さん和楽器も聴きましょう!

せっかくなので宣伝。
その鯨岡さんが指導をされている新潟市ジュニア邦楽さんの演奏会が
7月29日の日曜日、午後2時から新潟市音楽文化会館でひらかれます。
入場は無料。
なかなか和楽器のアンサンブル、生で聴くと素晴らしいですよ!
興味ある方はぜひ!
by concerto-2 | 2007-06-25 23:37 | 演奏会のこと | Comments(2)
今日の日曜日はいろいろな演奏会がありました。
天気もよかったのでりゅーとぴあでのフジ子さんの演奏会も盛況だったようです。
当店では楽路歴程さんの演奏会に1号さんが行かれているのでレポートをお楽しみに!

それでも私は今日ちょっとだけお久しぶりの方々にお会いできました。

まずはお昼にりゅーとぴあさんに五十嵐冬馬さんのファーストコンサート(絶賛発売中です!!)のでっかいポスターをインフォの皆さんにお願いしにいったら。。。
フライヤーを並べてある列の端の方に見覚えのある美しき女性が。。

ピアニストの今成真理子さんがいらっしゃいました。
今成さんとは電話やお手紙などのやりとりはありましたがお会いするのは約1年振り。
も〜プッシュしたい演奏会、冬馬さん、白澤美佳さん、中村兄妹、宮澤優子さん、ホルマ御夫妻などを御説明しまして、その他にもいろいろとつもる話あってなかなか有意義な昼休みでした。
今成さんのなんともいえない雰囲気いいんですよねぇ〜。ちょいタイプです。

そうして店に戻ったら、おぉこれは3ヶ月振り!!
コンチェルト4号が来ました。
4月から東京に研修でいってましたが、とりあえず東京に2年いることに決まったそうです(残念!)
ただ今日から1週間は新潟の方で研修とのことで戻って来たんだそうです。
も〜菓子なんか「お土産です」なんてこの〜泣かせるじゃないか!うまいぞ〜この「東京ばなな」。
8月5日の長岡でのシリウス室内管弦楽団には参加するそうです。
夜行バスで練習に来る!だそうで。無理しないと良いけど。
なんか気のせいか、ちょっと大人になったような気がして兄は嬉しかったです。(父ではないから)
そうそうandhypenさんが◯◯さんだということを気づいてなかったらしく、楽しそうにブログ見てましたよ!
とてもたいへんな仕事だと思うけど無理せず頑張るようにね。
肝臓は大事にするんだよw

夕方りゅーとぴあさんにホルマ御夫妻のチラシを補充にいったら、新潟合唱界の若き牽引者tek310さんにお会いしました。
7月14日に音文で夜6時半からおこなわれる「合唱団ユートライ」の定期演奏会の練習とのことでした。
今の所の予定では聴きに行ける予定です。頑張って下さい!!

ishizakiさんからメールで情報をいただきました。
e0046190_18362426.jpg

これはりゅーとぴあのアナスタシアからも聞いていたんですよね。
ただチラシがどこにもなくて詳細がわからなかったんです。
のだめオケのSオケと聞いていたんですが、あのメンバーが来るんでしょうかね?
けっこうあれってすごい面々だと思いました。
でも招致委員会みたいなの作って呼んだと思いましたがなかかやりますねぇ〜。

さて!明日の月曜日は
東北電力グリーンプラザでロビーコンサートが夜6時半から開かれます!!
先日初ライブを終えたばかりの真水京子さんたちのミニコンサートがあります。
トランペット、パーカッション、ピアノのトリオです。
ライブを既に見た方も残念ながら見れなかった方もいかがでしょうか!きっと楽しいと思いますよ。
お勧めします、入場無料です!

あと明日の新潟日報朝刊にはこの週末行われた県音楽コンクールの本選出場者が発表されます。
あまりこの段階の事は今回感心無かったんですが、今日になってすごく良く知っているピアノさんが予選を受けた事を知りました。俄然注目になりました!!
どうか名前が載っていますように。。。
by concerto-2 | 2007-06-24 18:46 | いらっしゃいませ! | Comments(4)
今日、帰りに自宅近所の本屋さんでみた告知。
えっ!!業田良家の名作マンガ「自虐の詩」が映画化されるの!今秋公開!
監督は堤さん!主役は阿部寛と中谷美紀だってぇ~。え~!

ついにあの「自虐の詩」が映画化されるのか、なんか感慨深いものがあります。
急いで映画のサイトを調べました。う~~ん大事な情報がのってないなぁ。
この作品には影の主役がいるんですよ。主人公二人以外に。
ヒロインの学生時代の友達なんですけどね。これが泣かせるんだ。
まだ決まってないのかな?

でも2時間ぐらいの枠では描ききれないのではないのかな。。。ちょっと心配です。
それと「自虐の詩」をまったく知らないような若い人にあの作品がどう受け取られるのか興味あります。

さて土曜日は二つの小さなコンサートに行ってきました。
くしくも新潟フルートアンサンブルアカデミーの新旧代表さんの出られるコンサートです。

順序逆になりますが、まずは夕方6時からホテルオーク新潟の1階ロビーでひらかれたロビーコンサートに行ってきました。
今月の出演者は
フルートの水島あやさん、オーボエの渡辺茜さんの「エルフィン」からのお二人にピアノは高木明子さんが加わってのトリオ。
華やかなホテルのロビーに鮮やかな女性トリオは映えますね。
見ているお客様にもシャンパンが無料でふるまわれました。この辺はなかなか豪華ですね。さすがオークラ。
お客様は50~60人くらいかな。
このロビーコンサートはあまり知られていないように思うんです。
まず、次に誰がやるかがまったくわからないのは改善したほうがいいと思うんですよね~。
今回のプログラムにも「次は7月23日とだけしか書いてないし」。
あと高木明子さんのピアノはいいなぁ~。私は新潟の中堅どころのピアニストではもっとも常によいピアノを聞かせてくれると思ってる実力派さんなのです。聞けてよかったです♪

もう一つ!!これは午前10時半からのコンサート。
ココロでおこなわれた
「癒しの音楽をあなたに フルートとオカリナのしらべⅡ~榎本正一」
に行ってきました。
ココロさんでの榎本師匠のコンサートは今回も満員!

前回と同じく、前半はフルート、後半はオカリナを中心にした演奏でした。
お客様はどちらかというとご年配の方が多いでしょうか。
いやぁやはりこういった小さめの会場での榎本師匠のコンサートは素晴らしい!
つぼを心得たしゃべりで会場をわかせ、素晴らしい演奏でほろりとさせる。
そして今回は途中に「お楽しみコーナー」として、5分でオカリナを手作りしてしまうというコーナーまでありました。
e0046190_1431621.jpg

粘土の塊からあっという間にオカリナを作ってしまい会場から盛大な拍手があがりました。

もうさすが!と思いましたね。まるで演奏会というより「水戸黄門」か「銭形平次」のようなエンターテインメントの域に達していると思いました。
これはリピーターのファンが増えるわけです。
何度となく見ている私でも「ほろっと」してしまいそうになりましたよ。
すごいです。
達人の「芸」を見させていただきました。
師匠お疲れ様でございました。素晴らしかったです。

今日の日曜日は
りゅーとぴあではフジ子ヘミングさんがソロを弾くスペインのオケがありますね。午後2時から。
音楽文化会館では県コンクールの予選(ピアノ小学生、高校生)が午前からやってます。
県民会館ではシティブラス越後さんの定期。午後2時から。
小新の丸山医院ヒーリングホールでは「楽路歴程」演奏会があります。今回は笠原さんと井山さんとでの2台チェンバロのコンサートです。当店からはこの演奏会に1号さんが行くことになってます。

楽しい日曜日になりますように。
by concerto-2 | 2007-06-23 23:40 | 演奏会のこと | Comments(0)
最近遠くの演奏家さんのご本人とかご家族の方から演奏会のチラシやらチケットをよく預かったりしています。
まもなく戻ってくるミラノにいるソプラノの宮澤優子さんやカナダにいらっしゃる中村有人、未来さん兄妹さんとか。

まぁそれだけ当店の知名度が上がったという事かな?
というよりかは、そういったマネージメントをやるところが新潟市に無いということなんでしょうね。
財団や企業、あるいは学閥などの後援組織とかはありますが、ちょっとしたリサイタルとなるとなかなかフットワークよろしく動く所が無いのが現状です。
思わず「そういうのもカバーするような事できないものかな?」とか考えたりする今日この頃です。(でも簡単ではないですね〜)

そんな中ここ数日でまた二つ当店でチケットを扱ってなおかついろいろなところに働きかけようかな。という演奏会が二つ加わりました。
一つは。
水野淳子=ホルマ&テーム・ホルマ御夫妻によるピアノ連弾コンサート。
e0046190_10283874.jpg

7月27日りゅーとぴあスタジオAにおいて夜7時開演です。
プログラムは全て連弾もので
シューベルトの「ヘロルドのオペラ マリーの主題による8つの変奏曲」、「フランス風主題によるディヴェルティメント。
ケクランの「組曲作品19」
グヴィの「ソナタハ短調作品49」
です。う〜んなかなかいいですねぇ。知らないような曲ってわくわくしません?
御夫妻は1997年にチェコで行われた「国際シューベルト ピアノデュオコンクール」で優勝もされていてヨーロッパ各所で活躍されています。
現在はスイス在住。奥様の淳子さんが新潟のご出身ということで今回この演奏会がきまったようですね。
チケットは2500円。ぜひよろしくお願いします!

そしてもう一つは以前から話題にしていましたこの演奏会。
「五十嵐冬馬 ファースト フルートリサイタル」
ついにチラシとチケットが出来上がって来て昨日ご両親が直接お持ちになられました。ありがとうございます。
e0046190_10291520.jpg

現在中学2年生でありながら、小学生の時に日本クラシックコンクール小学生の部でグランプリ、中学生になってすぐに新潟県音楽コンクール管楽器部門最優秀賞。そして全日本学生音楽コンクール中学校の部第1位と凄まじいまでの賞歴です。
同門の先輩小山さんの後を追いかける堀井先生門下の若きエースですね。
その冬馬さんの初めてのコンサートが長岡リリックホールで行われます。
8月5日 夜7時開演。
プログラムは
ブラヴェのソナタ作品2の2
サンカンのソナチネ
ムーケのパンの笛
尾高尚忠のフルート協奏曲
イベールの小品
ボルヌのカルメンファンタジー
とのことです。伴奏は渡辺由美子さん。
おそらくはこれからもっともっと有名になっていくであろう五十嵐冬馬さん。
あせらずじっくりやっていってほしい人ですね。楽しみにしています。
チケットは1000円、高校生以下は500円。とリーズナブルです。
新潟市内ではもしかするとチケット扱いは当店だけかな?もうチケット届いていますので承っています。よろしくお願い致します。
私も2度聞きましたが、ちょっと驚きました。数々のコンクールでの結果は本物ですよ。
楽しみにしています。

ちなみにその8月5日は午後2時から新大OB,OGの方も中心になって作った新しいオケの「シリウス室内管弦楽団」の旗揚げ演奏会が開かれます。
ぜひリリックに午後から夜まで音楽にひたるのも良いのではないでしょうか♪

この2つはいずれも充分お勧めできる演奏会です。
チケット扱っていますのでぜひよろしくお願い致します。
by concerto-2 | 2007-06-22 10:30 | 演奏会のこと | Comments(0)