コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

イタリア

今日の午後は4号のちょっとした用事があって、そのことで一緒に古町に行ったんです。
その件もかたづき、その後一緒にNEXTで食事しました。
e0046190_2232333.jpg

そこでいろいろと話した中でちょっと驚きのことが!

4号もこの3月で大学を卒業するんですね。それでまぁよくあることなんだそうですが「卒業旅行」っつーんですか?
それに行くそうで、それがなんと「イタリア」!
ほえぇ~今時の大学生って大学生って。。。
でも今は安くいけるんだそうです。いい時代ですね。

ん?イタリア?
実は今度新潟で立ち上がる「新潟イタリア協会」さんの立ち上げ式にちょっと協力もしてるんですよ。
その件もあったので4号も一緒に「新潟イタリア協会」のまとめ役をされてる方のとこにも行っていろいろお話を聞いてきました。
その方も来月イタリアにいくので「4号さん、もしかするとお会いできるかもしれませんね」とのこと。
いいなぁ4号。
冗談でヴァイオリン持って行って街角で弾いたら?なんて言ったんですが、音楽は言語を越えるのでやれるわけですよね。
うらやましい!(やらないって言ってましたが)

イタリアでは町のいたるところに音楽があるそうです!
新潟もめざすぞ!

ということで木曜日の夜に新潟県政記念館の音楽イベントの関係者のミーティングがあります。
私も参加してきますが楽しいものができるように努力したいですね。
by concerto-2 | 2007-01-31 23:20 | Comments(4)
日曜日、午前中は天気も良くてちょっと出かけてました。
まず上古町の「もめんの花束」さんで榎本師匠の一日オカリナライブ午前の部をちょっと外から視察。
おぉ10時台というのに満員のお客様をもう集めている。さすがだ。やっぱ当店においてるCDもサインしてもらえばよかったかなぁ?
榎本師匠は3月の東北電力ロビコンにもお出になられるはずです。

その後「ココロ」さんに寄って見ました。
土曜日にまた演奏会をやって盛況だったそうです。お礼状を書かれてました。
が、その横にフルートが。
オーナーの神林さんは50過ぎてからピアノを習われて、ここ数年はフルートを習われていらっしゃるんですね。
お客様も私だけだったのでちょっとお願いしてオーナーさんミニミニコンサートをしてもらいました。
やっぱ一生懸命練習すればできるもんなんだな~と思いました。
「佐藤さんも今度なんかして」というので今度ココロさんにお客様が誰もいないとき(←これ絶対)ちょっとやってこようかと思ってます。。
フルートも習いたいなとちょっと思いました。

さて日曜日は新潟音楽ファンの集いの場とも言える東京交響楽団さんの新潟定期がありました。
プログラムは

細川俊夫 オーケストラのための「空の風景」
イベール アルト・サクソフォーンと11の楽器のための室内小協奏曲
シベリウス 交響曲第2番

指揮は大友直人さん
サックスは須川展也さん
細川さんの曲は東京交響楽団委嘱の新作です。
e0046190_910622.jpg

そしてコンサートミストレスは久々に大谷康子さん!
入ってこられた時はひときわ大きな拍手がおこってましたね。
やっぱりこのオケは大谷さんがいるとしっくりきますね!さすが大スターです貫禄充分。

細川さんの新曲はよくわかんなかったですが、それなりにメリハリがあってまぁまとまってた方の曲ではなかったでしょうか。
それよりこの曲の時お腹がすいて~違ったサウンドがホールに鳴るのをこらえてて辛かったですw
イベールは須川さんのサックスはいい音ですね。聞きほれました。こういった珍しい小さな佳品の曲もやってくれるのはうれしいです。
いつか東響でフィンジもやっていただきたいです。

メインのシベリウスは盛り上がりましたね。
ただ今回オケにいつものクラのヌブーさん、フルートの甲藤さん、そしてシベリウスの2番はティンパニーの活躍にあり!と思っている私、いつものいかりやさんの豪快な演奏を期待したのですが今回は前半出られただけ。そういうおなじみの方々がいらっしゃらなかったのがちょっと残念。
でもハミルさんのホルンをはじめとしてファゴット、ティンパニーさんなどはすごく良かったと思いました。

もちろん我らが枝並千花さんも頑張っていましたよ!
ということで枝並さんニュースをひとつ。
枝並さんがブログを始められています。
「枝並千花のOGダイアリー」
枝並さんのお母様から教えていただきました。
せっかくなので宣伝しときますね。

そうだ宣伝といえば!
終演後にロビーで東響の枝並さんにも負けじ劣らずの新潟交響楽団の華!
美人ヴァイオリニストのSさんにお会いしました。
2月3日のだいしホールでの新潟交響楽団団員による室内楽演奏会にも出られるとのこと。
「出るから宣伝してねー」と。。。。。言ってたっけかなぁ。。ちょっと違ったかもしんないけど、まぁいいか(笑)
地元の演奏家さんも2月はいろいろとやってますよ!
またお知らせしますね。
by concerto-2 | 2007-01-29 09:37 | 演奏会のこと | Comments(0)
昨日の土曜日はフルーティストの市橋さんにご招待を受けて、新潟県民会館小ホールで午後2時から行われた
「YAMAHA~マイリビングコンサート〜」

に行って来ました。
行ってわかったんですが入場者は招待の方だけと言う催し物でした。
市橋さんありがとうございました。

演奏のメンバーは
フルートが市橋靖子さん
ピアノが吉田珠美さん
マリンバが本間美恵子さん
ヴァイオリンが廣川抄子さん

という新潟ではとても豪華な4人です。
いずれもソロでも十分お客様を集める事が出来る方々ですね。

当然のごとく会場はほぼ満員。
やはりコンサートの性格上でお子様がとても多いですね。
ちょっと賑やかで走り回ったり泣いたり。
でもそういう趣旨もあってのコンサートなのですから、目くじらはたてられませんね。
いいことだと思いますよ。
先日「ココロ」のオーナーさんとも話した中にお嬢様が小さかった頃に演奏会に行きたかったけれど周りに迷惑かけそうでいけなかったんだよね。ということでした。
たしかにそうかもしれません。

それであれば始めからそういう状況ありのコンサートがあれば良いんですよね。
昨日もちょっと賑やかでしたがそれもコンサートの一部でした。楽しかったですよ。

プログラムは前半が
バロックホーダウン(4人で)
中国の太鼓(廣川さん&吉田さん)
シチリアーノ(廣川さん&吉田さん)
ハンガリア舞曲第5番(広川さん&吉田さん)
道化師のギャロップ(本間さん&吉田さん)
白鳥(本間さん&吉田さん)
熊ん蜂の飛行(本間さん&吉田さん)
星に願いを(本間さん)
チャルダッシュ(本間さん&吉田さん)

後半が
吉田珠美さんによる作曲コーナー(あまりの見事さに会場ためいき)
アルルの女からメヌエット(市橋さん&吉田さん)
やさしさに包まれたなら(市橋さん&吉田さん)
コンドルは飛んで行く(オカリナで市橋さん)
涙そうそう(市橋さん&吉田さん)
千の風になって(市橋さん&吉田さん)
誰も寝てはならぬ(全員で)
ブラジレイラ(全員で)

アンコールは
プリンクプランクプリンク(でいいかな?)全員で

というほんとに楽しいコンサートでした。
皆さん芸達者なので演奏だけでなくお話でも盛り上げで下さりとってもよかったです。
勝手にMVPはマリンバのみならず数々のパーカッションや太鼓を駆使して会場を沸かせた本間さん。ほんとにすごい人なんですよ。特に最近の本間さんは特殊なパワーを備えているのですごく輝いてました。
このコンサートでマリンバやる人が増えると良いですね。

今りゅーとぴあさんで地元の演奏家によるワンコインコンサートの出演者を募集していますが。こういった聞いて楽しい見て楽しいというチームだといいだろうになぁと思いましたよ。
とてもいって幸せな気持ちになりました♪
皆さんありがとう!

今日の日曜日は東京交響楽団さんの新潟定期です。
あぁまだ青島ラーメンさんが病気で休まれています。東響の皆さんも残念なことだと思います。
メインプロはシベリウスの2番!
それとお昼のロビーコンサートは首席クラリネットの十亀さんによるウエーバーだと思いました。
ぜひ足をお運び下さい!
by concerto-2 | 2007-01-28 10:30 | 演奏会のこと | Comments(0)
昨日はもう一つコンサートに行って来ました。

夜6時半から県民会館大ホール開かれた

東儀秀樹 新春コンサート 「春の夜の夢」

こちらに出かけて来ました。
会場は2階は閉めてましたが1階は満員でした。なんか最前列の方にはおっかけらしい御夫人たちのお姿もちらほらと。。

演奏会というよりはコンサートですね。
2部構成になっていまして前半第1部はもう完全に古典!
薬師寺にある面や衣装をもとにした装束の踊り手さんやちょっと大道芸のような要素を取り入れた舞台の中演奏されるは雅楽!もう意外なほど雅楽100%。
やはり新しいものをやっても日本古来の雅楽、あるいはもっと前の伎楽、や猿楽などは継承して行くのが使命と言うだけあって完全に舞台は平安朝でした。
(でも最初はいいんですが、なにせテンポがゆっくりのが延々続くので少々まぶたが。。危険でした。。)

休憩を挟んで第2部は衣装も現代風の衣装に着替えての篳篥(ひちりき)でのオリジナル曲演奏。
最初は笙(なんと東儀さんのお母さん)と竜笛(なんと東儀さんのお姉さん)の3人での演奏。
リズムセクションはSEという感じですね。
(しかし一家でツアーまわってるとは知らなかった)

後半も途中から古典の衣装に身を包んだ楽師や踊り手なども加わって、アンコールは大盛り上がりでした。
私は感動〜まではちょっと行きませんでしたが、こうして古典の世界を守っている人がいるんだということを感じとてもよかったです。
東儀さんはよくテレビのバラエティーなんかにも出てたりしてくだけたイメージもあったりしますが、昨日のトークなどでもほんとに「くそ真面目」なほど古典の継承をしている人でした。
意外なくらいでしたよ。

一度は見ておくのも良いかもというコンサートです。
東儀秀樹さん、たいした人です!
by concerto-2 | 2007-01-27 12:57 | 演奏会のこと | Comments(0)
なんか天候も荒れてゆき何か降るんじゃない!
なーんて予報もありましたがこの通り。
e0046190_169090.jpg

りゅーとぴあ能楽堂のロビーから見た県政記念館です。
裏側にあたりますがカッコいいでしょ!

さてさっきまでりゅーとぴあ能楽堂で行われていました
りゅーとぴあ能楽堂クラシックライブvol.4「女神と俊才」
に行って来ました。
今日の昼、夜と明日の昼と3回公演があって早々に完売になっていた演奏会ですね。
出演は
ヴァイオリンデュオのデュオ・プリマ (磯絵里子さんと神谷未穂さん)
とギターの鈴木大介さん
という3人でのトリオ演奏です。

プログラムは
前半が
バルトーク/ルーマニア民俗舞曲
ファリャ/「6つのスペイン民謡」よりナナ、ポロ、ホタ
トゥリーナ/セヴィリア風幻想曲
パガニーニ/カンタービレ
ドビュッシー/亜麻色の髪の乙女
サラサーテ/ツイゴイネルワイゼン

後半が
モンポウ/「歌と踊り」第13番鳥の歌
ラヴェル/ハバネラ風小品
イベール/間奏曲
バカロフ/イル・ポスティーノ
ピアソラ/オブリビオン
ピアソラ/カフェ1930、ナイトクラブ1960

という内容です。
アンコールは。。。。それはまだこれから2公演もありますので秘密。
最後はちょっと凝った演出で「この曲かぁ!」って感じの曲でしたよ。

会場は満員!私は橋掛かりといわれる場所、まぁあの出演者の出入り口と言った方がわかりやすいでしょうかね。そこの席でした。そこからステージ見るとこんな感じ。
e0046190_1625167.jpg

ほとんど横から見る感じですね。
偶然私の後ろには当店のお客様もいらっしゃってました。今日の日のために休みをとっていたそうです。
演奏は当然ながら素晴らしいですね。
女性お二人もとてもきれいでステージも華やいでいましたし、鈴木大介さんもなんかヴィジュアルがずいぶん落ち着きましたよね(失礼な言い方かも)
それぞれがトークもうまくさすがはりゅーとぴあワンコインコンサートでの人気投票1位と2位です。(鈴木さん1位、磯さん2位)

私はなんといっても最後のピアソラ3曲!好きなんですよね〜この3曲。
演奏も熱が入っていて良かったです!!
(でもできればカフェとナイトクラブの曲間に拍手はして欲しくなかった)
特にカフェとナイトクラブは鈴木大介さん曰く「日本で一番この曲をかって弾いていたギタリスト」というだけあってよかったです。
あぁまたこの3曲どなたかにやってもらおう〜と思いました。
オブリビオンはやっぱオーボエがいいなぁ〜。。。頭に思い浮かぶコンビさんもいらっしゃるし。。やってくれないかなぁ。。。

とても気持ちいいコンサートでした!

今日の夜は東儀さんの演奏会にいってきます!!

それと詳しい事は書けないけどインフォの皆さんありがとうございました!!
師匠いつもすんません!
キューティUさん、約束の条件はきっちりとしますからね〜。
ありがとうございました。
by concerto-2 | 2007-01-26 16:45 | 演奏会のこと | Comments(0)
大好評のうちに昨年終了した「のだめカンタービレ」実写版。
そのアニメ版がやっと新潟でも放送されました。。。

ってどのくらいの人が見たんでしょ?
なんつったって昨夜というか今日になりますが午前2時からの放送でした!
とても良い子は見れませんね。
もっと早い時間かゴールデンとは言わないまでも11時台ならもっと見れる人多いと思いますよね。
我が家では録画して今朝出勤前に見て来ました。

う〜〜ん最初っからやるのかぁ〜〜
しかも実写版同様に原作に忠実に。なのでコミック読んでた人はコミック、実写、アニメと3度も同じ展開、台詞を聞く(見る)ことになります。

再びしかも!
どう〜も実写版のイメージが強すぎて物足りなさを感じますね〜
そんだけ玉木&上野etcの実写版が完成度が高かったということなんでしょうけど。
これだとちょっと深夜まで起きてリアルタイムに見るというとこまで根性湧かないかもしれません。
まぁばたばたしながら見てたので熟視してないから断言はできませんが。
とにかく東京より2週間ではあっても新潟でも始まったということは歓迎デスね。

歓迎と言えば。
毎朝私に社会情勢の資料を提供してくれる、、いや、、言い方を変えよう。。。
マンガ本の立ち読みをさせてくれる(許可もらってるわけではないけど)当店の盟友店セブンイレブン古町5番町に今朝の資料を読破して(ヤンマガとか)いつものように照り焼きソーセージおにぎりを買ってレジにいったら、なんとそこにちょっと驚いたものがありました。
e0046190_9341528.jpg

なんと昨年閉店した古町のラーメン屋さん「かも屋」さんのカップラーメン!
ちょっと通っていたこともある私としては懐かしかったです。
こうして名店と言われながらも姿を消して行ったお店の味を残していくっていいですね。
たとえ期間限定であっても。
なんか感激しました。

かも屋さんには苦い思い出が。。
食べてる時にスープの入りどころが悪かったらしく(私の喉に)
いきなり咳き込んでしまったんですね。。。うっこの後はあまりに悲惨で書けない。。
店内が異様な緊張感に包まれてという事だけは書いておきましょう。
それ以来行ってなかったんですよね。
今度カップ買ってみようっと。と思いました。。しみじみ。。
by concerto-2 | 2007-01-26 09:42 | テレビ・ラジオのこと | Comments(0)

目標撤回。街角で。

今日、上古町を用事があって歩いていたら、今週の月曜日にテレビで紹介されてたレストランの奥さんと会って「テレビみましたよ~」なんて話していたんです。

そうしたらなんとそこにその番組でも司会をしてた新潟放送の伊勢みずほさんが現れました。
またこれからの分の撮影をしてたんですね。

e0046190_23552567.jpg

お話しするのは初めてだったのに、ふつーにしゃべってしまいました。気を悪くされてたらすいません。

そこで「今度、東堀もやっていただけるといいなぁ」と言ったら
「あぁこれ商店街をやってる番組なんですよ」とのこと。。。。

(そっか。。東堀って商店街でないからやってもらえないのかぁ。。。)

ちょっとガーンときましたけど、まぁしょうがないですね。
いいんです、東堀は少数精鋭でやりますから。

最近私もいろいろと飛び込みでいろんなお店に入ってお話をしてきたりしているのですが、西堀の画廊さんとかギャラリーさんとかとお話すると、西堀の人は東堀をよくわからないそうです。
東と西ってほんの百メートルくらいしか離れてないのですが意識上の距離ってもっと大きいなと感じました。
なんとかその距離もっと縮めたいなと思っています。
西堀の皆様よろしくお願いしますね。

まぁ「街角みずほ」に出るぞ今年!とか言ってましたが撤回です。
やはり地道にこつこつと頑張ります。

お昼には上古町にある手芸関係のお店にちょっと行ってきました。
実はそこは我が師匠、榎本正一先生も立ち寄られるお店で、なんと今度の日曜日にその手芸店の中でオカリナ・ミニコンサートを行うとのこと。
しかも3回か4回やるそうで、おまけにそのミニコンサート全公演札止め満員だそうです。
サイン会もやるそうでさすが師匠!巨匠とは思えないフットワークのよさ!
ご立派です。
私も聞きに行きたかった!時間さえ合えば店の外からでも見に行こうか思っています。

インストアライブをやるお店がけっこう増えてきています。
それだけ生演奏に触れる機会が増えるということでうれしいです。
私もそろそろ次の当店主催のミニコンを段取りしないとな~と思いました。
実はもう「出たい」という新しい方もいらして、ちょっと焦っています。。。
by concerto-2 | 2007-01-25 00:17 | テレビ・ラジオのこと | Comments(6)

お手紙

時折、私宛にお客様からお手紙をいただくことがあります。

ハガキの場合もありますが、ご丁寧なお手紙の時はやはり封を開ける時は緊張します。

最近もあるご婦人の方よりとてもご丁寧に書かれたお手紙をいただきました。

先月とある発表会で初めて発表演奏をされた方よりのお手紙でした。
お読みすると私がこのブログで書いたことを喜んでいただいたということと、発表会で演奏するまでのことなどをお書きになられていました。

もちろんここでその内容を書くつもりはありませんが、とても人生の哀しい節目の一年でいらしたそうです。
そのいろいろな思いを演奏に込めて一生懸命弾かれたとのことでした。
私も読んでいくうちに胸が熱くなりました。
そのお手紙は大切に保管しています、いただいて数日経ちましたが時々読み返しています。
読むたびに感動しています。ほんとうにありがとうございました。
お返事なかなか書けず申し訳ございません。

私は発表会というものを聞きに行くのが好きです。
そこにはこの日に向けて一生懸命、それこそいろんな想いを胸に必死に努力している姿があります。
音を間違えようが指が回らないとか、そういったものを越えた感動があります。

いろいろな発表会がありますが、これからも真摯な態度で聞いていたいと思います。

実はいただいた手紙にお返事をださねばと思っているのですが、なかなか書くのは難しいですね。
メール打つのとは全然違いますね。

送っていただいた真心にすこしでもお返しできるように頑張りたいと思います。
by concerto-2 | 2007-01-23 23:47 | Comments(0)

「ミラクル バナナ」

くっそう!くっそうぉぉぉぉぉー!
今日は休みで映画を観に行ってきました。
そうして万代の近くまで来た時ぽつぽつと雨が。。。

万代のマックでマックグリドルを食べてたらますます雨が強くなってきて。
これはいかん!と食べ終わってからすぐに近くのコンビニでビニ傘を購入!
たっかいんだよ~コンビニ傘は~

それでも雨振ってたからしかたないなぁ~。
そう思って映画をみて。。。。終わってでたら青空晴天!
ご、ご、ご百円もしたのに。。。(号泣)

さてそうして見に行ったのはシネウインドさんでやっている
「ミラクル バナナ」

これは前にも書きましたが新潟市というか巻出身の今や売れっ子になった女優さん
小山田サユリさんが主演しています。
たぶん主演というのは初ではないんでしょうか。

小山田サユリさんと聞いてピンとこられますでしょうか?
一応事務所での紹介ページはここ
イオンやライオンのCMでご覧になられた方も多いかもしれませんね。
私は映画「オードヴィー」の印象が強いんです。あれはなんとも印象的な映画でした。

そんな小山田サユリさんの初主演作ということで名古屋や東京での先行上映会の頃から見たいな~と思っていました。

さっきの紹介ページからミラクルバナナのホームページへもリンクでとぶので、そこで詳しいストーリー紹介もありますが、いつもの私のすっげぇアバウトなストーリー紹介!ですと。
外務省に勤める主人公(小山田サユリさん)が赴任先として希望していたのがタヒチ。
しかし勘違いからタヒチでなくハイチに行くことになってしまいます。
南国の楽園からゾンビとブードー教で有名なとこに変わっちゃったんです。

それでも明るい主人公は赴任していき、水も不便、停電はしょっちゅう、街では暴動もおき、気を抜くとひったくりにあうという日本とは全く違った環境をを体験することになります。
大使館で子供の学校の調査をすることになった主人公は貧困のため学校にも行けない子供が多く、また病気にかかっても医療を受けることが出来ないことなどを知りなにか産業になるようなものがないかを模索します。
偶然日本の大学でバナナの幹から紙をつくる研究をしていることを知り、その研究室の人と和紙つくりの名人(緒方拳さん)の協力を得てつくることに成功する。
というのがだいたいのお話。

こうして文字にするとひたすらくら~~~いお話なんですが、これをとーっても明るい感じで作っています。出てくる主要な人はみんな優しく、奮闘する主人公を助ける。
ハイチの人も協力的で。
きれいな自然と共にみんなの努力が報われる!!!

なんですが。なんか私にはちょっと物足りなさが残りました。
文部省ご推薦みたいな感じなんですね。エンドロール見たらやっぱりという「文化庁」お墨付き作品でした。
う~ん中学生や小学生の高学年の皆さんにお見せすると「よし!僕も将来は外国に行って現地の人々のために頑張るぞ!」と奮い立つお子さんが現れるかもね。って感じです。

なんか充分汚れたおじさんの私には「ちょっと、ちょっとそんな上手く物事がいくもんかねぇ~」とつっこみたくなるような感じもちょっとありました。
なので50点!
でも小山田サユリさんは好きだしもっと有名になって欲しいから期待点入れて55点てとこかな。
小山田サユリさん、ぜひ覚えてくださいね!

二ヶ月ぶりにウインドの斉藤代表にお会いしました。
今年もいろいろとやりたいことを掲げられてましたね。楽しみにしてます。
私もなんとか安吾好きになるよう、また挑戦してみます。
(実はあんまり坂口安吾好きでない。というよりよくわからないのです)
今年もよろしくお願いします。
by concerto-2 | 2007-01-22 23:47 | 映画のこと | Comments(0)
すごくいい天気な日曜日。
や~~~っとりゅーとぴあさんで演奏会がありました。
ほんとに今月は少ない。ついでにいえば来月も少ないんですよね。
なんか対策をこうじてもいいのでは。
例えば1月2月はホールの利用料金下げるとか。

なんかこのままだといっつも1月2月は少ないなぁ~が続いてしまいそう。

今日は久々に多くの人がりゅーとぴあさんに集まりましたね。
劇場では桂三枝さん。能楽堂もありましたし。
それで私はホールのほうで開かれた

「津軽三味線 小林史佳 撥からの挑戦」

にいってきました。
e0046190_065885.jpg

ぶれててすいません。

いやぁ。。。すごい演奏者になったなぁ。。。というのが感想。
小林さんと知り合ったのは2年前くらいで、いろいろなところで会って話をしたりしたこともあって、身近に思っていた人なんです。
かって「ねぇいつかさ、うちの実家で三味線弾いてくんない」
「あぁいいですよ」
なんてことを話し合っていたりしたものです。

いやぁ今日の演奏会聞いたら「それは大それたことかも」と思いましたよ。
素晴らしい演奏会でした。

小林さんは三味線奏者でなく三味線プレイヤーと自らをよんでいますね。
古典芸能の枠にとらわれない新しい試みに挑戦していってます。
今回は三味線と弦楽四重奏、それとパーカッションという編成に挑戦されています。

これがいいんですよ。
古典芸能者が新しいものと一緒にやるとなんか変な感じになりがちなのですが、とてもよかったんです。
津軽じょんがら節もボンゴとの共演ですごくリズムの強い演奏でした。
弦楽四重奏も違和感がない、それにカルテットさんすごく上手。
資料を見たら全員、東京芸大卒のメンバーでウイーンに留学経験もあるような人たち。
どういう経緯でこのようなメンバーが集まれたのかわかりませんが素晴らしいことだと思います。

りゅーとぴあホールの1階と2階半分を客席として開放してたのですが、来場されるお客様が後をたたず結局2階席全部を開放するというお客様の入りでした。
千人は楽に越えてましたね。

小林さんのりゅーとぴあでの演奏会は全て見に行ってましたが、最初にここで演奏会をやった時と比べて実に落ち着いた舞台さばきになりましたね。

なんかほんとすごくなったなぁ。。と思いました。

今週の末からウイーンとバルセロナに演奏をするために行って来られるそうです。
その後来月は砂丘館でのコンサート。
夏にはハワイで演奏会。
「新潟から世界にむけて発信するんだ!」との夢、次々と実現させています。

まだお聞きになられたことのない方はぜひ一度小林史佳三味線プレイヤー!聞いてみて下さい!
CDも3枚出していますが、やはり生できく彼の三味線は絶品です。
空気がほんとうに震える感覚、体験してみてください。
三味線プレイヤー小林史佳、ほんといい男です!
by concerto-2 | 2007-01-22 00:10 | 演奏会のこと | Comments(0)