コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

輝いて06

土曜日はりゅーとぴあにて見逃せない演奏会がありました。
「輝いて06 新潟県合同新人演奏会」

これは毎年この時期に開かれる演奏会でその年の春にそれぞれの音大などを卒業してこられた新潟出身の方々を一堂に集めて「これからこういう新しい方々が新潟で音楽活動を行いますよ」というお披露目コンサートです。

今回の出演者は25人。
開演が11時、終わるのが4時というマラソンコンサートでした。
お客様はけっこう入っていましたね、私はもっと少ないかと思っていたのですが毎年この新人演奏会をご覧になられる方々が多いようでした。
やはりこれからいろいろなところで活躍する若手の人を一気に見れる聴けるというのは貴重ですからいい趣旨の演奏会だと思います。

演奏者を一人一人コメントはできないのですが桐朋学園の卒業生から今回は3名出られていました。
さすがにこの3人は別格でしたね。
それに3人とも既に新潟では何回も演奏会をやっていらっしゃるので有名です。
ついでに言えば他の出演者の方々とは演目そのものが違ってます。
ヴァイオリンの白澤さんがベルクのヴァイオリン協奏曲、ピアノの加藤さんが三善晃のピアノソナタ、小黒さんがヒンデミットのピアノソナタとあまり聴かない演目、それでいて演奏レベルが高いのでちゃんと聞いていて「いいなぁ~」と思いましたよ。さすが。

その他でもこの人はいいな!と強く思った人が二人いらっしゃいました。
まず声楽の清水咲子さん(新潟中央高校ー国立音大)
声自体がとても素晴らしく、表情豊かに歌い上げられて大きな拍手をいただいてました。
ぜひ次もみたい!と思いました。
その次にピアノの刀根瞳さん。(新潟高校ー新潟大学)
実は当店のお客様で刀根さんのファンの方がいらっしゃりお話は前から聞いていました。
私も前に聞いたことがあったのですが覚えていなかったんですね。
それで今回改めて聴いてみました。
「おもしろい」それが感想。
他のピアニストさんとは目指しているものが違うような気がしました。
派手さが無いので印象に残りにくいのですが、もしかするとこれから大化けするかもしれません。要注目です。

もちろん後の方々もとても立派でした。
ぜひこれからも素敵な演奏を聞かせてください!楽しみにしています。

何人かでも当店のミニコンサートにでもでてくれたらなーとか思ってしまいました(贅沢っすね)

あと今回私も初めての新人演奏会だったのでわかりませんでしたが。
昼休憩が15分しかなかったのはびっくり!!!
なれている人たちは皆さん弁当とかおにぎり食べてましたよ。
私は長蛇の列に並んでドーナツ2個。。。。。
正直最後の方は空腹との戦いでもありました。。。
また痩せてしまったかもしれません。。。
次回はぜひ弁当持参で見たいと思いました。
by concerto-2 | 2006-04-30 08:44 | 演奏会のこと | Comments(2)
まずはassh様に感謝!
asshをご覧になられて初めて来られたと言うお客様いらっしゃいました。
ありがとうございました!

さて今日は月刊ウインド誌の入れ替えでシネウインドさんに行って来ました。
受付の大滝嬢におみやげでも~と思ってチョコとか買って。
なんと行ったら出てこられたのは新潟では超有名人のウインド代表の斉藤さん。
お聞きしたら大滝さんは20日で退社されたとのこと。
数ヶ月の在社だったんですね。
まぁ~斉藤さんとやっていくのもたいへんだったとは思うけど。。。
この斉藤代表はまさしく「個性」が服着て歩いてるような方で、私もお話したのは初めてですがオーラでてましたね。
でも斉藤代表の方で私のことを知っておられたのは驚きました。
昨年閉店されたショップ「モーツアルト」の井上オーナーさんから話を聞いていたよとのこと。
井上さんありがとうございます。
あと皆さんウインドではこれから話題作がどっと公開されます!見に行きましょう!
私は「歓びを歌にのせて」「白バラの祈り」「ホテル・ルワンダ」の3つは逃せないなと思っています。
当店にも「月刊ウインド」最新号販売しています!

そして今日の午後には新潟室内合奏団のオーボエのエース!川又さんがおこしになられました。
楽器もお持ちとのこと。。。。キラーン!
「吹いてぇ~」「はい!」おっあっさりと。。。ええ人や~
おまけに吹いているところを写真撮ったら顔が出てもいいですよ~とのことなので勇姿をパチリ!
e0046190_0173895.jpg

店内でひとしきり吹いていただいた後、友達の野口さんがオーナーをやっている喫茶店「カフェ・ド・陶」に一緒に行ってそこでもちょっと吹いてもらいました。
お客様にもとても喜んでいただきよかったです。
私もオーボエ吹かさせていただいたのですが、すごい息の力がいるのでびっくりしました!
でも音は出せたので面白かったです。ありがとうございました。
新潟室内さんの演奏会宣伝しますね!

最後にお昼にいつものよーにりゅーとぴあさんにいきましたらインフォの綺麗なお姉さまたちからいくつもいただきものを。
まず先日のキーシンのアンコール表をいただきました。それによると
1 シマノフスキ「練習曲」変ロ長調作品4-3
2 ショパン「練習曲」嬰ハ短調作品10-4
3 リスト「ハンガリー狂詩曲10番」
4 ショパン「ワルツ7番」
5 モーツアルト「トルコ行進曲」
6 ブラームス「ワルツ15番」
7 ベートーヴェン「コントルダンス」
8 チャイコフスキー「ワルツ」
だったそうです!すごいなぁ~

あとおまんじゅうもありがとうございました。。。
そいでチョコもありがとうございました。。。。(食べ物に滅法弱いのです。。意外と!)
おいしゅうございました。。。ありがとうございます!
by concerto-2 | 2006-04-28 00:29 | いらっしゃいませ! | Comments(0)

はじめまして!

私の記憶に間違いがなければ今朝の朝刊に折り込まれている「アッシュ」に私が寄稿したものが掲載されているかと思います。
たしか新潟日報さんがそこにこのブログも紹介されてたと思います。

ということでそれをご覧になってこのブログをご覧になられましたお客様。
はじめまして!

東堀にありますクラシック専門のCDショップ「コンチェルト」の佐藤と申します。
以後よろしくお願いします。
当店の場所とか私の超簡単なプロフィールは左の下側に書いておきました。

今朝のアッシュにはクラシックのスタッフらしからぬCDについて書いてましたよね。
テーマが「あなたの思い出の1曲」ということでしたので私が一番衝撃を受けた音楽について書いたんです。
クラシックでなくてすいません。
でもほんといいですよ、これ。

さて当店は現在新潟では唯一のクラシック専門のショップです。
しかも輸入盤中心のショップです。
多少マニアックなショップということになるかもしれません。

でも今大きなショップではクラシックが売れていると言っても、いわゆるセミクラシックものが中心です。
国内盤の市場を見ると純粋なクラシックは衰退の一途をたどっているかのような感じを受けると思います。
しょうがありません、ある程度事実ですから。
しかし!世界的に輸入盤の世界を眺めると毎月もんのすごい量の純クラシックの新譜が山のようにリリースされています。
しかも内容もとても素晴らしいものが今この時にも次々と発売されているんです!
国内盤を見るだけではわかってこない世界、ぜひ当店で感じてみてください。

もちろんそんな敷居が高いからと思わなくても大丈夫です。
初めて聞かれるかたにも自信を持ってお勧めいたします。
どうぞお探しやおききになりたいものをおっしゃってくださいね。

演奏をされる側の方々にもよくご利用いただいているのも当店の特徴です。
毎日必ず演奏家の方々にご利用いただいております。
演奏される方々の必要とされる音源がとてもなかなか見つからないと言うことも承知いたしております。
ですからどうぞ必要なものをおっしゃってください。
日常的にそのようなご依頼は毎日ございますので。
お任せくださいね。

なんとか新潟の文化面での向上にも協力いたしていく所存です。
どうか普通とはちょっと違うショップです。
定休日はございません、メールなどでも受付いたします。
皆様のお力になりたいと思っております。
よろしくお願いいたします!
by concerto-2 | 2006-04-27 00:49 | Comments(4)
火曜日は夜、だいしホールにて開かれた「Ars五重奏団コンサート」に行ってきました。

この五重奏団さんは桐朋学園大学の2005年度の卒業生同期の5人で結成された五重奏団さんです。
メンバーの中に新潟市出身の枝並千花さんがいらっしゃることで、新潟の人にはとても親近感がありますね。
前にも載せましたが枝並さんってこの方です↓
e0046190_0515897.jpg

実は火曜日の午前中に枝並さんお母様とご一緒に当店にお越しになられました。
とたんに華やぐ店内って感じでしたね!
私はお母様とお会いすることは何度かあったのですが千花さんご本人とお会いするのは初めてでした。
写真やテレビでお見かけするとちょっと近づきがたい感じかなと思っていたんですが、実際お会いするととてもきさくで素敵な女性でいらっしゃいましたよ。
ある意味普通っぽさがあってちょっと安心。(実はすごいイメージをいだいていたもので)
まぁこれから東京交響楽団での活動が忙しくなってなかなか新潟にも戻って来れないそうですが戻って来れた時は演奏を聞かせていただきたいですね。頑張ってください!!

と横道にそれましたが夜の演奏会。
とってもすがすがしい演奏会でした。
前半が5人それぞれのソロ演奏。
やはり全員若いだけあってすごい「バリバリ!」という演奏だったと思います。
時としてセーブした方がいいんでは?と思う場面もありましたが、今はそれでもいいんではないかな。
ちょっとくらい危ないくらいのストレートな演奏の方が身の丈にあった現時点での最高のパフォーマンスだと思いますから。
前半の主役はピアノの倉澤さんではなかったでしょうか。すごいパワフルな演奏でした。
倉澤杏菜さん↓
e0046190_12373828.jpg

枝並さんの演奏は前半最後でしたが、音を聞いてへぇと思ったのは私の最も身近なヴァイオリニストだったYさん(当店のコンサートでフランクを弾いてくださった方です)にとってもよくにた音色でした。
やはり同門というのもあるんでしょうか。切れがあるけどちょっとベールがかかったような甘い音色。とっても素敵だったしちょっとそのYさんを思い出して懐かしかったです。

後半は五重奏での演奏。
ブラームスのピアノ五重奏がメイン。やはりちょっとあわせるのに苦労してるかな~という感じが少しあったり後半ちょっと軽くなってきてるかな~ともちょっとだけ思いましたけど、それでもすごい熱演だったと思います。
一楽章が終わったところで拍手が起きましたがあれは演奏が素晴らしかったこともありますよ!
一楽章のうねるようなとこがすごくよかったと思います。
さすがにレベルは高いです!
このメンバーでしょっちゅう集まれるわけではないのでしょうが、長く活動されていけばすごいいいチームになるのは間違いないと思いますよ。

アンコールはヴォカリーズとリベルタンゴ。
この2曲アレンジも含めてよかったですね~。
ピアソラはリズム感が皆さんぴったり決まって最高でした。

室内楽っていいな~と素直に思えたとてもいい演奏会でした。
ぜひまたこのメンバーで新潟で演奏してくださいね。ありがとうございました。
by concerto-2 | 2006-04-26 01:18 | 演奏会のこと | Comments(0)

キーシン。様々な感想

土曜日今や世界でも指折りのピアニスト、キーシンが新潟にきました。
私はまいも書きましたがとても高価なチケットに今回は見送りました。

それでいかれた方々に感想をいろいろお聞きしました。

まずさすが!というところがかなりあったとのこと。
いろいろなところで鳥肌ものの演奏があったそうです。

ただ、東京公演もご覧になられた方によると、東京公演は圧倒的に素晴らしかった!
ミスのなさ、世界にはこんなピアニストが実在する!!ということを見せ付けられたそうです。
新潟公演はそれと比べるとやや集中力に欠けたりミスがけっこうあったりして、やはり東京の演奏会にかけた情熱が新潟ではおや?というところがあった。
やはり地方都市だということか。。。。ということを思われたそうです。
う~~ん哀しいことですが実際にそういうことはあるでしょうね~

それとキーシンと言えばアンコール!
なにせ一時間くらいアンコールをやるので有名なんですね。
今回も8曲、一時間くらいやったそうです。

ただ、その曲がどちらかというと簡単な曲ばかりで、だんだんなんか散漫な感じになってきそうだったとのこと。
あとキーシン自身もちょっといやいやな感じでやる?みたいな感じになってきたそうで拍手をする観客の皆さんも手が痛くなってきて「やめるなら はよやめい!!」と思っちゃったそうです。

長いアンコールというと私が体験した中ではバシュメットがバッハの無伴奏をやり続けたのやガブリリュウクが馬鹿テクで最後まで場内を狂乱の渦に巻き込んだというようなものを思い浮かべます。
いずれもアンコールでだれるってことは無かったです。
なんか今回はちょっとあったという声も聞きました。
一時間やるってのはどうなのかな~と思いますね。

ただ、私は行ってないので人の話だけですのでその場の雰囲気みたいなものはわかりません。
基本的にはすごくよかった!そうです。

次ぎ来た時はぜひ見に行きたいです。(もっと安くしてくれ~)

追伸。
キーシンのあの頭!つーかどでかくてまーるいヘア。
生で見るとすごかったそうです!でかい!!とのこと。
それが演奏するつどゆっさゆっさ揺れて、それがすごかった!という感想もお聞きしました。
やっぱあのヘアースタイルって目立ちますよね~。。ちょっと見たかったな。
by concerto-2 | 2006-04-25 00:26 | 演奏会のこと | Comments(2)
昨日オカリナ合同演奏会に行ってきたと書きましたよね。
なかなかよかった。。。。。

ということで。
e0046190_235404.jpg

買ってしもた!
こんなに金欠の私なのに!
えーきょう受けやすいなぁ~私って。

今日の月曜日はまた練習室に午前中いくのでもって行くつもりです。
今度ちあき先生にでも習おうかな~
ちょっとうきうきしてます。

PS:「すごいギタリストいうらさん」からまたリコーダーとギターの曲の楽譜をいただきました。ありがとうございます。「イタリアン グラウンド」いつかはやれるように頑張ります。ありがとうございました。
by concerto-2 | 2006-04-23 23:59 | Comments(0)
土曜日はなかなかよい演奏会に行ってきました!

というと新潟音楽通の方は「ははぁ、キーシンね」と思われるかと思いますが、「聴く価値がある!」by テレビCM のキーシンですがきっと良かったんだと思います。。
私も懐に余裕があれば聞きたいところでしたがさすがにピアノリサイタルで1万を超えるとちょっと。。
まだ若いので次回はぜひ聴きに行きたいと思っています。
アンコールは何曲やったんでしょうか。
アンコールだけで1時間くらいやると聞いていたのでちょっと見たいとも思ったのですが。。

さてそのリッチな演奏会のことはおいといて。

土曜日は午後2時からNEXT21の6階、新潟市民プラザにて行われた「第15回 オカリナ合同演奏会」に行ってきました。
これは新潟市で活動されているオカリナ愛好会がいくつかあって、その方々が合同で発表する催し物です。
団体は全部で10団体でした。
ほとんどがご妙齢なご婦人の方々。
演奏はとっても楽しめました。オカリナって単体でもそれなりにいい音がしますが、合奏となるとなお一段といい音になりますね。
ちょっと私もオカリナ習おうかな~と思いましたよ。

開演前ロビーではオカリナをいくつか並べてメンバーの方による説明もやられていました。
よいことですね。

この演奏会ですが、全ての曲の団体の指導と指揮をフルーティストの榎本さん、伴奏と司会をピアニストの高木明子さんという豪華な顔ぶれで演奏会が盛り上がりました。
おまけにゲスト演奏はハーピストの山宮さん。
間近で山宮さんの素晴らしいハープソロは初めて聞いたのですが素晴らしかったです。

それと一番いいなぁ~と思ったのは司会の高木さん。
いつもほんわかぁ~というムードの高木さん、司会がこれまたほんわかとした司会進行で場内を和やかにしてくださりました。
新潟の中堅ピアニストとしてもトップクラスの実力をお持ちの高木さん、これからはぜひいろいろなところでの司会もお聞きしたいですね。

キーシンに負けず劣らず(と思いたい)の素晴らしいアットホームな演奏会でした。
by concerto-2 | 2006-04-23 09:04 | 演奏会のこと | Comments(0)

おけらOG、来る!

あっ来る!というのは「くる」ではなく「きたる」です。
ということで「きたる」第3弾!

あ~っと、でも今日はあいにくの雨でお客様も少なかった。。。
「CHEEZEさん、来る!」だったけど、ちょくちょく来ていただいてるから今更書くことではないし。。。
と思っていたら夜になって新大オーケストラ(おけら と普通呼ばれています)の先月卒業されたばかりのOGさんがご来店!

つーか、営業でご来店!
民間企業に就職されたんですね、物販業なので外回りに出されているようで、先週も一度来られたんですよ。
営業で来られてるんですが私はいやな気はしません。
むしろちょっとうれしい気もします。
大学を卒業したばかりでまだ社会人としてはひよこさんなわけですね。

企業だって入ったばかりの新人にそんな営業成果を期待しているとは思えません。
どれだけ頑張れるかを見たいのではないのでしょうか。
セールストークを聞いても申し訳ないですがまだまだ。
一応私もそういった研修を受けていますし、物販業で20年以上いるわけですからね。
(接客業は3年ですが)
やっぱり社会はそう甘くはありません。
でも知っている学生さんだったのがこうして一歩社会に踏み出して懸命にやろうとしている。
テクニックもなければ信用もない。それでも私に対して頑張っているのをみて、とっても変な話かわいく思えました。
親が子を見る感じってこんな感じかな。
頑張れ!道はきっと開ける!!そう思って相手しました。
心の中で「応援するよ!」そう思いました。

思ったんですが、おじさまお金が無いのでねぇ~。。。
まぁ社会そんなに甘くは無いってこと認識するのも大事ですしね。

でもなんかとても感激しました。(買いませんでしたが)
あぁ私は情に弱いなぁ~(買ってやりたかったんだけど)
ちょっと楽しくて、感動した夜のちょっとした出来事でした。
by concerto-2 | 2006-04-21 00:46 | いらっしゃいませ! | Comments(0)

市橋先生、来る!

なんてタイトルだとまるでえらい政治家さんが来たみたいですが、市橋さんは新潟で活躍されている若手(!)フルーティストさんです。
あっ、いちおう海外に在住の方です。(。。まぁ。。海外。。)
よく教えてもいらっしゃって生徒さんがよく来られます、皆さん「先生」「先生」とおっしゃるので私もつけてみました。
普段お話しするときはつけませんけどね(つけた方がいいかな)

先週の土曜日にご来店されました。
とても楽しくて明るい方なのでいろいろと話が弾みました。
そこでちょっと話が楽器のことに。
「最近新しい楽器買ったんですよ~」と先生。
「え~そですか~まさか今持ってたりして~」と拙者。
「はい、これです」と先生。
今持っているのがその新しい楽器だったんですね。
e0046190_0431642.jpg

キラーン!!(拙者の目が光る音!)
「ちょ、ちょっと組み立ててみてくださいよぉ~」と拙者。
「組み立てるだけですよぉ~」と先生

おぉ!かっちょええー!黒の木製!ウッドです!
ポーズなんかとってもらいました↓
e0046190_0494354.jpg


ちょっとだけ吹いてもいただきました。いい音です。
ありがとうございます。
下世話な話、お値段をお聞きしたらなんと我が家のプリ助君(プリウス)の本体価格より高価でした。
やはり演奏家ってすごいですねぇ。
さて新潟若手(!)フルーティストの第一人者の市橋さん、次の演奏会は5月12日(金曜)に萬代橋たもとにあるラシントンカフェでのバイキングディナー公演だそうです。
共演はピアノに青柳佐和子さん、パーカッションに枡口玲子さん。
夜7時からで4000円(料理込)
楽しみですね。
それともし当店がまたうちわコンサートするとき出てもいいとのこと、ありがとうございます!
ありがとうございます!!
いつも海外からのお越し大変だと思いますが頑張ってくださいね!!
帰りのジェットホイルが鯨とぶつからないように祈ってまーす!
先生は佐渡在住なのです。。。。一応。。海外。。ですよねw
by concerto-2 | 2006-04-20 00:58 | いらっしゃいませ! | Comments(4)

アメディ 来る!

以前、古町にあるイタリアンレストランさんでイタリアで「チョコのロマネコンティ」なんていわれて昨年ロンドンで行われた第1回チョコレートアワードで金賞を受賞したイタリアの名品「アメディ」を扱い始めました~新潟では唯一ですよ~なんて書きましたよね!

な。な。な。な~~んと!そのチョコのビットタイプのものだけ当店でも販売できるようになりました!!!やったぁ!
これはそのレストランのオーナーさんのご好意で可能になりました。

大きな板チョコタイプのものは置きません、ビットタイプのものを置きます。全部で5種類あって、いずれも個性的な味ですよ。
これを5種類全部お求めいただくと580円になります。
いかがでしょうか、一度この580円セットで試しに食べてみませんか?

もちろん1個だけでもかまいません、5種類のうち4個は一個100円、1種類だけが180円です。
この180円のがチョコアワードで金賞取ったのなんですね!
後味がすごいプルーンな味がしておいしいです!この味は初めてですね。
アメディのサイトがありますので詳しくはそこに書いてあります。

まぁCD見に来たけどなんか~いいのないしぃ~。。。でもせっかく来たし。。
という時にピッタリ!!です。
お土産にアメディ!!お勧めです!

早速私もちゃんと100円だして食べてます!食べすぎには気をつけないと(笑)
e0046190_23254996.jpg

by concerto-2 | 2006-04-18 23:21 | Comments(4)