コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 05月 04日 ( 1 )

昨日のここ蔵織は19世紀ギター植木和輝さん&ブラームスギターのジョセフ・エアレンプレイスさんのライブをやりました。
当日に来られたお客様もいらっしゃり満員!ありがとうございました。
リハーサルでの二人。
e0046190_17191768.jpg
ブラームスギター面白いですね。8弦でエンドピン、チェロのように弾くんですがいい音がします。

お二人とも19世紀ギターでのデュオもありましたよ。
e0046190_17204115.jpg
このジョセフさん、写真で見ていると20代後半くらいかな~とか思ってたんですが、実際にお会いしてみたら若い!まだ21歳でした!!フレッシュなジョセフくんって感じでしたね。
いつもにこにこでお客様にも好印象でした。
私はいつものように扉の外で聴いていましたが、いいライブでしたね。

ブラームスギターでのバッハの無伴奏チェロ組曲は聴き入りました。
また現代曲も演奏されてました。これがまたよかった。

なんとジョセフくんも明日のクラシックストリートの植木さんの枠に飛び入りで共演するそうです!!
ぜひギターファンの方はお楽しみにされてください。

そう!明日はクラシックストリートなのです。
e0046190_17241191.jpg
天候もおそらくいいと思います。絶好の徒歩行楽日和!
まずはこのパンフレットをゲットしてください。
千円で何会場も巡れます。ぜひいかがでしょうか。


こちらのチラシができてきました!

新潟中央高校音楽科さんの卒業生の会が発足しました。
その記念の立ち上げコンサートですね。
さすがに第1回ということもあってオールスターです!
e0046190_17545691.jpg
e0046190_17555195.jpg
6月10日(土曜日)新潟市音楽文化会館さんで14時開演です。
チケットも扱っております。ぜひいかがでしょうか。

で、そのコンサートが14時開演なのでして。。。。。もしならこちらも掛け持ちできますね。
新潟県政記念館さんで夜あります。
e0046190_18065881.jpg
ボサコルデオンさんのチェロ渋谷陽子さんが加わるというライブ。
こちらは6月10日の18時開演です。
ぜひ両方いかがでしょうか。

昨年12月3日にりゅーとぴあコンサートホールで素晴らしい演奏を聴かせてくれたイリーナ・メジューエワさん。
その!そのりゅーとぴあライブがCDになりました!
こちら
e0046190_18085445.jpg
その時の写真ですね。
あの20~30分にもわたるアンコールもすべて収録されています。

メーカーコメントはこちら

メジューエワ日本コンサートデビュー20周年記念リリース第2弾
日本屈指の音響を誇るコンサートホールに
華麗なスタインウェイ・サウンドが響き渡る

メジューエワによる2016年12月の新潟リサイタルのライヴ録音。日本屈指の音響を誇るりゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館に1925年製ニューヨーク・スタインウェイの華麗なサウンドが響き渡った贅沢なコンサートです。
 オーケストラでも親しまれている楽曲を集めたプログラムはピアニスティックな色彩感に溢れたもの。得意とする『展覧会の絵』は4度目の録音となりますが、ヴィンテージ楽器を使用した今回のヴァージョンは究極ともいうべきクオリティの高さを示しています。凡そ20分におよぶアンコール(8曲)まで含めた当日の演奏曲全てを収録。聴き応えじゅうぶんの二枚組です。(販売元情報)

【収録情報】
Disc1

● ウェーバー:舞踏への勧誘
● リスト:メフィスト・ワルツ第1番『村の居酒屋での踊り』
● ワーグナー/リスト編:イゾルデの愛の死
● ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
● ラヴェル:道化師の朝の歌

Disc2
● ムソルグスキー:組曲『展覧会の絵』
● プロコフィエフ:束の間の幻想 op.22 より第3番、第14番
● スクリャービン:プレリュード op.74-1
● ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女
● シューベルト/リスト編:連祷
● メトネル:おとぎ話 変ロ短調 op.20-1
● ショパン:マズルカ 嬰ハ短調 op.6-2
● ショパン:ワルツ ロ短調 op.69-2

 イリーナ・メジューエワ(ピアノ/1925年製ニューヨーク・スタインウェイCD135)

 録音時期:2016年12月3日
 録音場所:りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホール
 録音方式:ステレオ(デジタル 96kHz-24Bit/ライヴ)

ということです。
ちなみに解説書には私もちょこっと書かさせていただきました。
頭をひねりながら何度もこの音源をいただいて繰り返し聴いていましたが、何度聴いても素晴らしい演奏です!
5月20日発売予定。税込み3700円です。ぜひいかがでしょうか!!
おなたの拍手も入っていますよ!w

このCDってなんとかマスコミさんにも取り上げてほしいものですね。
こんなにすごい演奏が新潟nりゅーとぴあで繰り広げられていて、それが全国流通されるわけですから。
新潟からの発信の一つともいえますよね。

そういう意味でも新潟で爆発的なセールスを記録して、メジュ様にも喜んでほしいと思っています。


イリーナ・メジューエワさんと言えばバリバリのロシアが生んだ演奏者さんです。
そんなロシア音楽ファンの皆様へぜひご紹介したいものが。
この漫画本です。
e0046190_18181525.jpg
「ロシア音楽物語」というこの漫画、実によく書けていますよ。
グリンカからムソルグスキー、リムスキー=コルサコフ、ボロディン、ラフマニノフ、ショスタコーヴィチが取り上げられています。
なかなか面白いですよ。こうしたマンガもっといろんな作曲家さんをやってほしいです。
例えばフィンジとか。。w
ぜひ書店であったら手に取ってみてください。おっとぜひ買ってくださいw

明日はクラシックストリートぜひご参加ください。

by concerto-2 | 2017-05-04 18:22 | CDの紹介 | Comments(0)